FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年9月5日(金) 休職581日 晴れてて湿度が高い=過ごしにくい

また、くだらない自民のCMの垂れ流しに付き合わなくちゃならないのかと思うと腹が立つ

 2日の日によっとこさのどっこらしょの思いで上野まで出かけました。
 お目当ては「フェルメール」
 『真珠の首飾りの少女(青いターバンの少女)』が大好きなんです。
 そこで一念発起して・・・行ってきたのでした

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

『フェルメール展』(東京都美術館)

ry-to
 しかし、期待をしたわりには、
 期待はずれだったような気がしました。
 肝心のフェルメールの作品は7点ほどで、
 もちろん、それらは「光の天才」と評されるにふさわしいものでしたが、
 残りのたくさんの展示物は、「フェルメール」の生まれた、
 オランダのデルフトという小都市の画家たちの作品。
 絵画史的にも、展示会的にも、価値は高いものばかりなんだろうけど、
 「そうは言われても・・・」ととまどった感じは否めませんでした。

 見所はやっぱりのフェルメール作品で、特に近年、本人作と認められた「ヴァージナルの前に座る女」は必見。上の「リュートを調弦する女」もフェルメールらしい感じがしました。

 「真珠の首飾りの女」は無かったけど、
 それは知っていたし、前にも見たのでOK。
 でも、ちょっと欲求不満気味・・・そこで、いろいろ看板を見ていると・・・
 東京藝大で「狩野芳崖」の「悲母観音」が展示されていることを知り・・・
 早速、そそくさと見に行ったのでした

『狩野芳崖 悲母観音への軌跡』(東京藝大美術館)

hibokannnonn
 これは良かったです

 期待してなかった分、お得な感じ。
 悲母観音像は初めて本物を見て、「うわあ」と思いました

 神々しいというか、静謐というか・・・圧倒されました。

 芳崖の初期の作品から、フェノラサらと出会い、悲母観音を完成させるまでの画業。
 そして、それに影響を受けた画家たちの作品とか・・・。

 ビックリしたのは、芳崖のデスマスクが展示されていたこと
 ひょっとしたら日本初のデスマスクじゃないかと・・・。

 日本画の底力を見た思いがします。ぜひ一度、拝まれると良いと思います。南無。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 そんなこんなでやっと満足し、
 アメ横を散策し、
 『一蘭』でラーメンを食べ・・・

 しかし、この店はラーメンに集中させるために椅子と椅子の間のカウンターに仕切りがあり・・・
 そう言っている割には、替え玉の時はうるさい機械アナウンスが流れ・・・
 うまいけど、そんなご大層なものじゃないだろうという気がする。

 で、この話には続きがありますが・・・それはまた次回に

 おやすみなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!
スポンサーサイト
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。