FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
18年2月9日(金)  晴れ。 昼間は暖かだった。助かる 

今日はFBで気になる記事を見つけたので孫引きする。要約してあるので注意。

うつ病の人がよく使いがちな言葉』(メンタルヘルス

うつ病と言語の関係を調査する方法は、今までは、研究者が被験者のノートを読み、記録することだった。これを、自動解析と機械学習を用いて分析してみたところ、これまで知られていなかった「うつ病」の人たちがよく使う言葉や表現が明らかになってきた。
うつ1
うつ病の人の多くが否定的な感情を示す「形容詞」や「副詞」を多用する傾向にある。しかし、最も興味深いものは代名詞の使用方法にあり、「自分」「自分自身」「私」など一人称の代名詞を多用することが判明した。
逆に「彼ら」「彼女」など三人称の代名詞はほとんど使用されない。この結果から、うつ病の人々は自分自身に強く重きを置いており、他者とのつながりが少ないことを示しているとのこと。研究によると、「うつ」を特定するには「否定的な感情を表す言葉」よりも「代名詞の使い方」を調べる方がより効果的であるとのこと。

うつ2
次に、合計で6400人以上を調査した結果、代名詞や否定的な感情表現とは異なり、「常に」「何もない」「完全に」など、絶対的な大きさや確率を表現する「絶対主義的な言葉」を多用することがわかった。
研究者によると、うつ病の人は白と黒をはっきりさせたい思考を強く持っていると考えられ、「絶対主義的な言葉」を使っている人の有病率は「不安とうつ病」では約50%、「自殺念慮」では約80%とかなり高い値となっていたとのこと。

「代名詞の使い方」は、「絶対主義的な言葉」と似た分布となることは確認できたが、ここまで高い有病率とはなっていないようだ。また、「否定的な感情を表す言葉」で調査すると「自殺念慮」よりも「不安とうつ病」の方が高い結果となったことが明らかになっている。

「回復」段階では「否定的な感情を表す言葉」が大部分を占めており、またポジティブな表現も約70%と高い割合で存在した。しかし、「絶対主義的な言葉」の出現率は「不安とうつ病」よりもわずかに低い値にとどまりつつも存在はしているとのこと。
以前にうつ病を経験した人は現時点で何も問題がなくても、「絶対主義的な言葉」の多用が見られるときは、「うつ」を再発させる兆候であると指摘されている。

出典はここ。詳しく知りたい人はここをクリック!
機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明

今日はちょっと手抜きだ 完璧にパクリになっている。でも、まあ、情報提供ということで・・・

<日記> スルー推奨。読みたい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



09年1月30日(土) 休職774日 雨・・・乾燥していたからいいのかもなあ

雨と寒さで眠い・・・眠い・・・

 「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
<消費税増税がいかにインチキか・・・が良く分かります。おすすめ!>

 『抗うつ剤効果 3割の差』(朝日新聞)
 

「日英伊研究で判明 使いやすさランク作成」

 「薬の種類による差はない」とされてきた抗うつ剤が、効果に30%以上の開きがあることが日英伊の大規模な国際研究でわかった。効果と副作用のバランスをもとに薬の順位づけもした。世界各国の抗うつ剤に関するガイドラインを書き換える可能性がある。29日付の英医学誌ランセットで発表した。

 効果と効用でみた「抗うつ剤」の使いやすさの順位

 ①エスシタロプラム(臨床実験中)
 ②セルトラリン(ジェイゾロフト)
 ③ミルタザピン(承認申請中)
 ④ベンラファキシン
  シタロプラム
  ブプロピオン(臨床実験中)
  ミルナシプラン(トレドミン)
  フルオキセチン
 ⑨デュロキセチン(承認申請中)
 ⑩パロキセチン(パキシル)
 ⑪フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)
 ⑫レボキセチン

 (カッコ内は日本で販売準備状況、販売されている場合は商品名)

 1月30日(土) 朝日新聞 朝刊 岡崎朋子さんの記事より抜粋 



 と、ここまで書いて、『20世紀少年』に集中したいので、続きはのちほど
----------------------------------------------------------------------------

今、見終えました。映画は見てないけど、少年期の回想シーンは懐かしい感じがして良かったです。

 「ああ、ボクも20世紀少年だなあ」と思いましたね。

 さて、記事の追加ですけど、12位と1位の患者に効く率が8週間で37%違った・・・という結果だそうです。でも、薬って、人によって、「合う、合わない」があるよな気がします。

 実際に「トレドミン」より、今、飲んでいる「トフラニール」の方がボクには効いているかも。

 副作用の少なく、効果の高い薬ができると良いですね。

 オマケの豆知識(忘れないうちに書いとく)

 オバマのパパの出身地は「ニャンガ州シアヤ県ニャンゴマコゲロ村」・・・何かかわいい

 おやすみなさい。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


関連記事
08年6月27日(金) 休職511日 曇り・・・ちょっとだけ晴れ
眠気が取れない、やる気が出ない、勉強が進まない・・・三ない状態です

 とにかく眠くて動く気がしない。
 実家に行くつもりだったけど、
 嫌気がして止めにした。

 二度寝に入る。

 12時くらいに起きたが食欲はない。
 昼飯抜きでPCに向かう。

 そのあと勉強して、
 父の靴を買いに言って、
 DVDで「スパイダーマン3」を見る。

 結果的には結構がんばった感じだが、
 何か満足感がない。 
 ああ、「四ない」だった

 ちょっと生活に変化をつける必要がありそうだな

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 憑神』(映画)

tukigami
 原作「浅田次郎」
 監督は重鎮「降旗康男
 原作については以前このブログで感想を書いた。
 詳しくは右サイドバーの「Google検索」で「ブログ内検索」で探してください。
 
 今日は映画について語ります。

 結果から言えば期待するほどのものではない。
 かと言って面白くないと言えばそういうわけでもない。

 感情の襞のような部分を期待するなら、小説の方が断然良い。
 だが、これだけの小説を見事に2時間弱でまとめあげるのは至難の技だろう。
 そう考えると、まあ、たいした作品である。

 時代は江戸末期。厭世観が漂う時代だ。現代に似ているかもしれない。
 すぐれた才気を持ちながらも、婿入り先から難癖をつけられて出戻った挙句に、
 くすぶり続けている「彦四郎」(妻ぶき聡)

 ひょんなことから、神頼みをすることにより、次々と取り憑く「祟り神」たち。
 具体的に言ってしまえば「貧乏神」・「疫病神」・「死神」の三点セットだ。

 そして色々起こる不幸の数々・・・
 でも、それを通して逆に「彦四郎」は、武士としての最後の姿にたどり着いていくという設定。

 「貧乏神」は「西田敏行」・・・これは、この人しかないだろうというくらいはまり役
 「疫病神」は「赤井秀和」・・・まあ、こんなもんかな。
 「死神」は初代「ちびまる子ちゃん」?・・・かわいらしいがそれが逆に残酷。

 小説に共感した人には、もの足りないかもしれない。


 「今日の名言」-武士というのは不可思議なものだな-

 家に伝わる家康からの御下賜の刀が偽者と分かって研ぎ師に言う言葉

 「どのような言い伝えがあろうとも、言葉は形にかないません。・・・砥いで下さい。
  あえて申し上げる。言葉に込められた思いを形にはしていただけるものでしょうか」

 取り憑いた死神に対して一言

 「人にはできて、お前たち神にできぬことが一つある。志のために死ぬことだ。
  死ぬことがあるからこそ、命をかけて何かを成し遂げることができる。」


 ボクも「貧乏神」の次が「疫病神」(うつ)で・・・次は「死神」か
 来るなら来い!
 もう怖いもんなんかないぞ・・・のわけないぞ

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 明日は父の見舞い&実家・・・
 とりあえずがんばりますわ・・・

 おやすみなさい。
 
BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


関連記事
08年4月15日(火) 休職435日 晴れ。完璧に春だ 

掃除をがんばった。一週間かけて、元の綺麗な部屋に戻すぞ

 昨日、午前10時くらいに薬を飲んで寝たら、
 何と!夜の12時に起きる!
 てっきり昼だと思っていたら、
 妙に外が暗い(笑)

 さすがにこれにはびっくりしましたぜ。

 さらに寝直したら、また眠れる

 というわけで、今日は6時起床。

 午前中にルーティンワークをすまし、
 午後は家事とお勉強に使おうと決意する。

 今日はまず掃除。
 使っているのはベッドルームくらいなのだから、
 他はきれいにしておこうと・・・

 一日1パーツくらいで1週間くらいで元の状態に戻す
 それが、まず第一の課題。

 話はかわるが、
 今日は歯のメインテナンスの日。
 隅から隅まで綺麗にしてもらう。

 もっと早くこの歯科のお世話になっていたらと思う。
 保険が効けばもっと良いのだが・・・仕方ないな。

 今日は久しぶりに「うつに負けない」シリーズ。
 これもそろそろ終了です。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 うつに負けない57の読む薬51』(斉藤茂太)

 「環境が変わるときには体調にも気をつけよう」

 うつ病は環境が大きく変わるときに再発する可能性があります。引越しや転勤などをしたときは、心や体の変化に注意して、バランスが崩れる前に休養をとったり、医師の診断を受けるなどの対策が必要です。 

休養、睡眠、栄養で切り抜ける
・環境の変化が心と体の調子を崩すきっかけは忙しくなり睡眠や休養を十分とれないため。
・「今は心身ともに疲れやすい時期だから気をつけよう」と肝に命じる。
休養、睡眠、食事の3つに気を配れば、再発は防げる。


★友人や家族とのおしゃべりする時間を大切に
・結婚や昇進などの祝い事もプレッシャーになることもある。
・「肩の力を抜いて、自分にできる範囲でやれば良い」と目標を低く設定する。
・仕事とはまったく関係のない友人や家族とおしゃべりすると気分転換を図れる。
・それでも再発の不安を感じたら、主治医にすぐ相談する。


『九条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 休養、食事、睡眠・・・

 前の二つはOK。
 でも、睡眠は滅茶苦茶だあ。

 生活習慣をみなおさないとなあ

 明日は和室を掃除し、お勉強やお習字ができるようにしたいです。

 お休みなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


08年4月2日(火) 休職425日 天晴れな晴天

今日はお休み。スイッチOFF

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 昨日、NHKでやっていた、福祉『突然のうつ病 回復への軌跡』を紹介する。

「脚本家 一色伸幸 回復への軌跡」

 一色伸幸は、1982年に20歳の早さでデヴュー。バブル期の若者のスキーブームを作ったといわれる映画『私をスキーに連れてって』で有名な脚本家。

 時代の波に乗り、今までの日本映画のまじめ一辺倒な路線に対して、「おもしろければいい」を追求する。1994年には「日本アカデミー脚本賞」も受賞したが、あまりにも一途に「おもしろさ」を上へ上へとまじめに追い求めたため、「うつ」に陥った。

 誰もが陥りやすい「うつの罠」にかかり、彼も、そのつらさを「頭痛薬」や「睡眠薬」に依存し、やがて「無感動でどうしていいかわからない」状況になる。

 そうなって初めて彼は妻に無理矢理、病院に連れて行かれ、「うつ」だと知らされる。

 彼曰く、「病名が付けられ、苦しみの理由が分かってうれしかった

 しかし、2年間もの間、彼は何もできずに寝て過ごすこととなる。

 その苦しみから、彼は次の四点のことを考えたという。


 ①「うつは心の風邪」ではなく「心の癌」
 ②「治ることは願わない」―脳みそがラップで包まれているような感覚
 ③「消えてなくなりたい」―朝日がゆううつになる。朝が来なければいい。
 ④「心にも寿命がある」

           
『九条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック

 彼は延々と死について考え続け、その「研究発表」を深夜2時間に渡って奥さんに話し続けたという。相手にしていた奥さんはただひたすら評価をせずに聞き続けてくれたそうだ。

 やがて、しだいに感情がもどり、ドラマにもなった『彼女が死んじゃった』に結実する。彼は、その過程で、「今、生きているリアル」と「心のメンテナンス」の大切さを知ることになる。


 まあ、ハッピーエンドでよかったなあということだが、この感覚は良く分かる気がする。奥さんも大変だったよなあと思う。

9jyou1


 日記ー!

 昨日と一昨日はお仕事をした。
 5~6時間ずつだけど、良く頑張った

 上司が妙に気を使って、飲み物とか食べ物とかを差し入れしてくれて、
 うれしいような、困ったような・・・。

 今日はお休みし、
 エネルギーを充填するのと、雑用を済ます。

 父の「後期高齢者医療保険証」が届く。
 これも困った制度だが、
 今の政治は突っ込みどころだらけで、
 どこから怒ったらいいか分からない。

 これって、もしかして、政府のワナ?

 住民税の通知も届くし、
 だんだんやりくりも面倒くさくなってきた。
 老後の貯金を少し切り崩すことになりそう。

 どうやっても計算合わんものねえ。
 ないものはない 

 まあ、どれだけ引き伸ばせるかどうかなんだけどね。

 明日はお仕事です。

 お休みなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!



関連記事