FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年3月3日(月) 休職394日 たぶんいい天気だろうけど、ボク的には曇り

節々の痛みはひきましたが、今日も一日OFF 寝てました

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 だらだら寝て、
 起きたらパソコン。
 昼飯を食べる。

 また、テレビを見て、
 だらだら寝て、
 起きたら『東京12CH』の「2時の映画」が終わろうとしていた。

 何か酒場に蒸気機関車が突っ込んできて、
 クリント・イーストウッドがばんばか人を撃ち殺していて、
 最後にはげのおっさんが撃ち殺されてオワリの西部劇。
 多分、このはげのおじさんが悪役なのだろうと思った。

 というわけで書くこともないので、
 日記はここまで。

 「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

 
 今日は映画『おそいひと』の紹介ですが、人によっては不快感や気分の落ち込みがあると思いますので、自分で判断して先にお進みください。

 映画 『おそいひと』

osoihito

 実はボクはこの作品を見ていない。それどころか、この映画の存在すら知らない人も多いだろう。
ボクも先日のニュース番組で初めて知ったものだ。

 なぜなら、この作品は2004年にすでに完成され、外国では一定の支持を受けたものだが、日本では内容が過激と受け取られ、公開が昨年まで自粛されてきたからである。

 では、どのような内容かというと、「重度の身体障害者がヘルパーに来てくれている女性に好意を抱き、その女性と仲の良い男のヘルパーを毒殺することから、次々と殺人を犯していく」という内容。

 主演も本当の障害者である「佐田雅清」氏。 彼、曰く、

 「障害者は何もできない存在であると思われている。そういう考えが誤りであることを伝えたい」

 ここからは、ボクの考えだが、おそらくは、障害者であっても「普通」の人間と同じく、喜怒哀楽の感情を持ち、それを美談のような側面だけから描くのは間違いであって、当然「負」の部分だって持っているということではないだろうか。以前、ボクのブログで障害者の犯罪率は「普通」の人間と変わらないということを述べたと思うが、これも裏を返せば「普通」の人と同様に犯罪も犯すことがあるということだ。

 いずれにしろ、かなりの問題作=考えさせられる作品であるには違いないようだ。

 ボクには、まだ見る勇気が持てずにいる・・・


 『YouTube』から「映画の予告編」です。 お休みなさい。

 

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 
スポンサーサイト



関連記事