FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年5月19日(土)旅の日 休職116日目 晴れ さわやか・・・かな?

 相変わらずブログは調子が悪いです。でも、これ以上はボクには何もできません。なるようになれです。

 今日は爆睡!
 昼間で寝る。

 起きてから、すぐに父の病院へ向かう。
 途中の駅で昼
 「ひれかつランチ」
 少し元気が出るものをす。
 本屋で『できるかな クアトロ』(西原理恵子)と、
 『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)を発見。
 即、購入。前から欲しかったので、ラッキー。

 そのあとタクシーで病院へ。
 支払いを済ませて、少し話しをする。
 歯医者にかかったのと、
 お腹の具合が悪くて内科を受診したらしい。
 今月はいつもより少し高かった。
 3月分の出入りの業者の領収書を来月持って行くと、
 いくらか返ってくるらしい。
 忘れないようにしないと・・・。

 帰って、また寝る。
 良くこんなに眠れるなと思う。

 夜はTVで『博士の愛した数式』を見る。
 三回目になるかな。
 やっぱり、しみじみと美しい映画だ。

 『できるかな クアトロ』(西原理恵子)

 西原理恵子が割と無茶なことに挑戦しつづける『できるかな』シリーズの第四弾。

 今までも「ホステス」に挑戦したり、「富士山」に登ったり、「気球」に乗ったり、「脱税」に挑戦したり(笑)

 かなり体を張ってがんばっちゃっているのが、他のマンガにはない最大の特徴で強みかな。

 今回は「インド」まで出かけてって、カースト外の第三の性と呼ばれる「ヒジュラ」の祭りに突入したり、内モンゴルまではるばる出かけて、恐竜の化石を発掘したり・・・。
 そのバイタリティには唖然とする。

 まあ、今回はちょっとあからさまな下ネタが多くて・・・それもたいしたもんだなあとも思うけど。新聞に掲載されている『毎日かあさん』みたいなちょっとほのぼの系とか、『上京ものがたり』みたいな切ない味わいのものも面白いけど、真骨頂は、この体を張ったシリーズ等なんだろうね、どこまでが本当かは分からないのがミソだけど・・・。


 「今日の名言」-ヒジュラ編より―

 南インド マドラス

 うすぐもりの夕空にすこし荒れた海。
 空と海がひとつになって
 あの世とこの世がわからなくなっているようだ。

 波打ちぎわすれすれにならぶ縁日。
 たくさんの色と家族。

 あそこにはこどものころの私がいる。
 きっとおとうさんをまっている。

 私は南のはしの海岸でわたしが死ぬときのけしきをみた。


 どうも、の下り坂にあるようだ。このまま、どっぷり沈まないことを願う。

  
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。