FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年6月16日(土)和菓子の日 休職143日目 晴れ あじー顔-落ち込み

 ブログ内を熊さんが走り回っておりますが、お気になさらないように!期間限定でお送りしています。見れたあなたはラッキーです。

 朝、起きられず。
 自覚症状はないが、
 落ち込んでいるようだ。

 父の見舞いの予定だったが、
 昼まで寝る。

 昼は、『魚長』で「カツオ定
 和でおいしい。

 ヴァイオ君と遊んで、
 更に一眠り。

 夜は「ケンタッキー」をべながら、
 TVを見ながら過ごす。
 さして、おもしろくない。
 映画『ザ・ロック』も見ちゃったし・・・。

 昨日の報告、歯医者さんのやつをする。

 
tama
←アフェリエイトを始めようとする人はぜひボチっと!

 『インプラント体験記』(凡人)

 今日は、念願の差し歯ができた日。第一弾で上の左側三本。
 何か珍しい施術をするかと思っていたら、できあがって義歯を、インプラントにそのままはめるだけ!ちょっと拍子抜けしたけど、余計な痛みがないぶんラッキー。

 少し前までは、インプラントって特殊な技術(技能は絶対必要だが)だと思われていたけど、いろいろな情報によると、最近は技術の進歩が著しく、失敗も少ないらしい。そのかわり、いい加減な医者にかかると、取り返しがつかない上に懐もかなり傷つく。

 保険はきかないからね。何でこれを保険扱いにしないんだろうか?そうすれば救われる人がたくさんいるのに

 何度か合い具合をチェックして、例によって、写真をバチバチっと撮られて、接着剤(!)で固着させる。下の歯とのかみ合わせを調整して終了。1時間もかからないかな。かみ合わせで健康な歯を削るのはちょっと抵抗があるけど・・・。

 痛みもないし、入れてすぐ事も普通に取れる。義歯とはちょっと見では分からない。何軒も歯医者を放浪して、やっと安心して治療が受けられた。これで、しゃべることも苦痛が少なくてすむ

 もう、この医院を80%以上、信頼しているから、不安はない。医者は治してナンボの商売。治してくれるんだったら少々の無理はするが、治せない医者はいらない。


 『Nデンタルニュース』から「Tooth FairY」

 欧米ではサンタみたいに人気の高い歯の妖精です

 子どもの歯が抜けたら、どうしています?
 昔は、屋根や縁の下に投げたりしたことがある人もいると思います。
 でも最近、マンションなどでは、屋根も縁の下もない・・これでは抜けた歯をどうしようかと思ってしまいますね。
 そこで、海外ではどうしているでしょう?
 欧米ではTooth Fairy(歯の妖精)がいるそうです。
 抜けた歯を枕の下(コップの中というところもあるそうです)に置いておくとTooth Fairyがやってきてコインと交換してくれるのです。
 なんてステキな妖精なんでしょう。
 私の子供の時にも来てほしかったなんて思いますね。
 しかも、妖精は虫歯になった歯はキライで持っていってくれないみたいです。「虫歯になったら妖精がコインと交換してくれないわよ」と、そんなこと言われたら、きっと必死で歯磨きしてしまいますよね。


 明日は父の見舞いに行けるくらい復活してるといいな。
 

スポンサーサイト
関連記事
 2007年2月20日(火)平日 休職29日目 雨のち曇り ?度

 「」状態がまだ続いている。
 朝、起きられない。
 昼まで寝る。

 もう、今週はあきらめた。
 勝手にサボリングウィークに決めた。
 (何にもしないでただただサボる強化週間)

 12時に起き、メールチェック。
 13時30分に歯医者のため外出。
 14時に診療。
 左下のインプラントの消毒。

 何やら、歯肉が切れてたらしいが、
 大丈夫とのこと。
 新しい歯ブラシ3号(何かカッコいい)
 で手入れの仕方を学ぶ。

 歯医者終了後、やっと昼
 雨が降っていたので、すぐ近くの『デニーズ』で事。
 「和風ハンバーグ+カキフライ+ドリンク」
 やっぱり、デニーズは割高な気がする。

 家には電車で帰る。
 帰ってからは、また、
 ヴァイオ君とルーティンワーク。
 服

 中途半端な時間に事をしたので、
 欲がない。
 夕は取らずに
 スナック菓子で済ます。

 今日、返却予定のDVD『チェケラッチョ』を見る。
 以下、その紹介。

 チェケラッチョ』は青春映画。見ていると思わず赤面してしまいそうな表現の部分は多いが、なかなか楽しめる作品。

 配役の中心メンバーがほとんど『ウォーター・ボーイズ』って
 言うだけで「なるほど」って思える部分も多いんじゃないかな。

 舞台は沖縄。3人の男子と1人の女子高生の青春ストーリー
 原作は「秦建日子」

 「ワーカホリック」なるラップバンドに影響されて、自分達でも
 バンドを組もうとする、良くあるパターン。

 「ワーカホリック」ってラップバンドは女の子にモテモテのバンド。
 ボクも「アルコホリック」でウツウツのラップトップパソコンの使い手だから、負けていないと思うけど・・・。

 そのバンドの「リョ―タ」というボーカルの彼女「ナギサ」に主人公 の「トオル」(市原隼人)が水族館で溺れかけて、助けられ、片思いすることから話は始まる。

 適当な嘘をついて、「ワーカホリック」の前座を務めるようになる が、結果は当然散々。落ち込む3人組。
 さらに、「ナギサ」は東京に帰るという。
 もう一度、バンドを組み、最後のチャンスに賭ける「リョータ」

 あとはお決まりの成功と失恋という黄金のパターン。
 クサイセリフがいっぱい出てくるが、見ている分には照れるだけですむ。


 今日の名言

 ナギサが東京に帰ることを聞いて、リョータに直談判するトオル。

 「行くなって言って下さい。ナギサさんに東京へ行くなって言ってあげて下さい。」
 「おまえ、アイツに頼まれてきたのか?」
 「違います。オレ一人の意志で来ました。帰るなってナギサさんに言って下さい。」
 「別にいいんじゃないの。アイツが帰りたいって言っているんだから。」
 「何だ!二人して、それ!何なんだよ!アンタだって、まだ、ナギサさんのこと好きなんだろ!どうして?」
 「好きとか嫌いとか、そんな言葉だけじゃやってけねえんだよ!お前にナギサの人生決められんのかよ!バイトしなきゃ、っていけない田舎のミュージシャンについて来いって言えんのか!ガキが言えるほど簡単なことじゃないんだよ!」

 「理屈じゃねえだろ!人を好きになるのは理屈じゃねえだろ!」


 ねっ!赤面でしょ。でも、甘酸っぱいものがあるよね。
 さて、沖縄。行きたくなっちゃったな。
 

 
関連記事
 2007年2月10日(土)平日 休職19日目 通院日 くもりのち晴れ

 珍しく早起きす。7時に目覚ましとともに起きる。8時にリビングにてコーヒーとタバコ。新聞を読んで、メールとブログをチェックし、TVをちょこっと見る。服はなし。

 今日はメンタルの診療日。先週、忘れていたので(!)、急遽、予約を取ってもらった。11時に家を出る。診察時間にちょうど良い感じで間に合った。2週間分の報告と、服とカウンセリングの件で相談する。

 服は別に歯医者のと同時に飲んでも支障がないということと、カウンセリングも受けてみる価値はあるとアドバイスをもらう。早速、来週には予約を取りたいと思う。

 心あたりは1件あるが、他に良いところはないか探してみるつもり。

 昼を『地鶏ラーメン』です。「A定
 ラーメンとギョーザとライスのセット。一日ぶりに満腹感を覚える。
 ここで服。4種類6錠だから結構飲み込むのが大変。

 家に帰ると、疲れが出て、ヴァイオ君はメールだけをチェックし、フィリッパ・ジョルダーノのCDを聴きながら読書の時間にする。

 気持ちよくなって、やっぱり寝てしまったが、それでも、『風の影』上巻を読了。下巻が楽しみな展開になってきた。謎は深まるばかりである。そのあと、TVでスティーブン・セガールの『沈黙の艦隊』を半分ほど見る。昨日も夜は『コン・エアー』を見た。

 インプラントのあとは、痛くは無いが少し晴れて熱を持っているよう。シップで少し冷やす。

 7時に夕。『末広』で「チキンカツライス」
 病院代や本代も含めて、今日は少しお金を使いすぎた。反省。

 夜も続けてずっと読書。『図書館戦争』(有川浩)読了。おもしろかった。今日、紹介するつもりだったが、もう少し頭を整理させてからにする。

 10時からNHK教育テレビの『焼け跡から生まれた憲法草案』を見る。
これについても、紹介したいが、し始めると、分量が多くなりそうなのでやめておく。しかし『現憲法』が単純にアメリカから一方的に押し付けられたものではないということが良く分かるものであった。いずれ述べたいと思う。

 さて、そうすると、あとは「うつをどうするか」ということしかないので、『うつに負けない57の読む』(斉藤茂太)から二つ目を紹介して終わろうと思う。

 うつにまけない57の読む薬』2

 「うつ病は治療を受ければ必ず治る」

 うつ病が重くなると、まるで人が変わったようになり、本人だけでなく周囲の人もとまどい、胸をいためます。しかし、適切な治療を受ければ、うつ病は必ず治りますから、心配ご無用です。

 ・うつ病は治らないというのは誤解
 ・一人で治そうとしないで、専門医とともに治していく


 ボクもまわりから変わったと思われているのだろうか。「心配ご無用です」と言われても、患者はあんまり安心できんぞ。



 
関連記事
 2007年2月9日(金)平日 休職18日目 くもり ?度

 どうも最近は目覚めが悪くなったようだ。今朝も11時くらいまで寝てしまった。疲れているのかな。

 起きてからメールとブログをチェックし、昼は昨日買っておいた調理パンで済ませる。服。リーゼを一錠追加。外でべようと思えば、べることは出来たが、このあとデンタルクリニックに行くことを考えると、歯を磨きに家にもどるのがめんどうくさい。少し足りないけど我慢する。

 歯を磨き、外へ出る準備をして病院へ向かう。今日は左下の奥歯にインプラントを埋め込む。この間で、大体、やり方が飲み込めていたので、不安はない。

 2時から手術。麻酔の注射を2本と痛み止めの一錠。手術中の痛みはほとんどない。顔にはカバーがかけられているので、どんな道具をつかっているかは分からないが、なにやらドリルみたいので削っている感覚は分かる。

 いつも思うのだけれど、歯科っていうのは、なんとなく工芸家に似ている。切ったり、磨いたり、彫ったり、埋めたり、かぶせたり・・・。

 さすがに奥の歯だからやりにくいのか、ボクの嘔吐反射もあるし、少し手間どっている感じ。前回の上の歯よりは時間が長かった。

 途中、口をあけたまま、2度パノラマX線写真を撮られる。今回もバチバチ写真を撮られた。途中で「ハチモンジホーゴー」とか「ゲンジョーホーゴーは注意」とか、分かりそうで分からない言葉をお医者さんが言う。どうやら、歯茎も骨もボクの場合硬かったようだ。細いのにねえ。

 終わった後も痛みは少ない。縫われているから違和感はあるが、多少疼痛がある程度。これで、保険が効けば言うことないんだけれどな。

 帰ってから気持ちを落ち着かせるために、モーツアルトの交響曲を聴きながら読書をして、しばらく心を休める。つもりだったが、読んだのが『週刊金曜日』だったので、腹ばかりたった。

 5時半にさすがに腹が立ちすぎて、腹が減ったので、「何をべようか」あれこれ迷った末、立ちいそば屋『そばっ子』でうどんをべることにした。ここのコピーが面白かった。
 「創業100年 工場直送」
・・・・・
 何となく矛盾を感じてしまった。「えび天うどん」を食す。

 家に帰り、ちょっと心のざわめきを感じたが、歯のがあるので抗剤が飲めない。

 剤師に「他のを飲んでいますか?」と聞かれて、「飲んでいることは飲んでいるけど・・・ゴニョゴニョ」と言葉を濁してしまった。何となく人が大勢いたから、引け目を感じちゃったのかな。恥ずかしい病気じゃないことは分かっているんだけど・・・。

 その後ヴァイオ君といつものルーティンワーク。ピッコロさんから秋川雅史が今日TV出演することを知る。TEKOTONさんからは励ましのコメント、感謝。

 ところで、最近、ボクのブログに怪しげな生き物が増えてきています。今日も一匹追加しました。全部と遊ぶと結構手間ですが、小さなマイブームになっています。訪れた皆さんも、時々お気に入りの生き物と遊んでやってください。

 今日は、ボクの言っているデンタルクリニックの方針がちょっと良かったので、それを紹介して終わりたいと思う。

 誰でも「美味しい物を生涯にわたり食べたい」とか「人前で素敵な笑顔でいたい」と言った期待を持ってます。でも、歯が悪くなってしまうと、その期待をかなえることが困難になってきます。
 
 私たちは、その人にとって最善の治療とは何かを追求し、期待を実現するために一般歯科治療はもちろんのこと、「インプラント」「審美歯科」「矯正歯科」「歯周病治療」などに取り組んでまいりました。

 多くの方に喜んでいただいている当院の歯科治療を通して、すべての人が歯に関する悩みが無く、自信を持った生活が過ごすことができるようになるのが、私たちの願いです。


 本当に歯がないせいで、どれだけ悔しい思いをしてきたか。話すことにも、歌うことにも、食べるときにも支障があった。これも、ボクの大きな悩みの一つだったんだよな。今、唯一の希望である。

さて、秋川さんの歌声でも聴いて寝るとするかな。
関連記事
 2007年1月21日(土) 休日 曇り時々雨 15度

 今日は9時半くらいに目覚める。夢を見たが、それは夢と言うよりは、事実の記憶に過ぎないので、別項は立てない。「パンツ」の夢である。くだらないので、自分自身あきれてしまう。「」の病院の日なので、眠らないように注意して、10時半くらいに起き出す。11時には出かけて、11時20分くらいに、クリニックの近くの駅に着く。タバコを一服し、コーヒーを飲んでからクリニックに向かう。診察はすぐだった。

 先生に「休職」ができることを告げ、言いにくかったけれど、事務の手続き上、二人の医者の判断が必要ということで、他の医者を紹介してもらう。本当に苦しい時にお世話になった先生なので、言いにくかったが、先生は特に、顔色一つ変えずに「いいですよ。」と了承してくれた。本当にありがたいと思う。心を扱う医者は、時には、きついこともいう必要はあるのかもしれないけれど、やっぱり寛容さは、患者にとって一番必要なことだと思う。2件紹介されたので、明日以降、連絡をして予約を取るつもり。

 1時半より、歯医者だったので、その前に事を『ミスティ』で取る。「ポークジンジャー」を頼んだのだが、思ったとおり、量が多かった。
洒落たJAZZ喫茶で、これだけしっかり固定客をつかんでいるのは、たいしたものだ。ここで、「ビックコミック・オリジナル」を読了。久しぶりに『はぐれ雲』がおもしろかった。「ジョージ・秋山」健在である。

 歯科医のトイレで歯を磨き、すぐに診療。「何かありましたか?」と聞かれたので、「全然、何もない。」と答える。本当に、金属が埋まっているのかという感じで、「ブリッジ」や「詰め物」や「入れ歯」などと比べれば段違いで違和感がない。「歯石が少し出来ている」と言うので除去してもらう。やっぱり、自分の手だけだと至らない部分が多い。できれば、毎週、点検してもらいたいぐらいだ。保険が効いて110円ですむし・・・。次は左下のインプラントの手術だ。もう、何の不安もない。

 その後は、雨が降っていたので、電車で帰る。家に帰っていつものルーティン・ワークをしていたら、いつのまにか4時を過ぎていた。一眠りしようと思っていたが、とても無理なので、TV読書で過ごす。

 5時半くらいに家を出て夕TVでラーメンの特番をやっていたので、本格的なラーメンがべたくなり、『和楽』へ出かける。ボクはここを密かなラーメンロードと呼んでいるのだが、ラーメン屋が三件並んでいる。今日は『和楽』に入る。ラーメンとしては、この近辺ではボクは一番だと思う味。○○海岸にある『一喜』、そして、○○インター沿いにある『塩や』とは、まさに親戚関係にある店。和風だしが濃厚に効いていて旨し。久しぶりだったので、さらに旨し。

 家に帰りTVで『新美味しんぼ』を見る。本当は、今日は読書の『天皇家はなぜ続いたか』(梅澤恵美子)を紹介したかったのだが、頭の中が未整理のため断念。急遽TYドラマ『新美味しんぼ』の感想を書くことにする。

 原作は「雁屋哲」 作品自体は「ビックコミック・スピリッツ」掲載の長寿マンガ。ちょっと前は「スピリッツ」も面白かったけれど、最近はちょっと・・・。でも『美味しんぼ』はそんな中でも、レベルを下げることなく続けてきたのだから、たいしたものだ。最近、見直されてきているのかな。「育」とか・・・先日も「ラーメン日本一決定戦?」に「雁屋」氏が出ていたし・・・。

 TVのドラマは、基本的には原作のエピソードをつなげたもの。「真の国際性とは」とか「味の真実」とか「子どもの頃の味覚」とか「鍋料理対決」とか・・・。

 でも、ボクが気になったのは、オープニングシーンで「山岡」役の「松岡」が、料理をい散らかすシーン。本当にべ物を大事にしているか気になる場面。マンガ自体は「バブル」の始めくらいに始まった作品ではあるが、原作にはそれに対する批判もあったはずだ。

 しかし、このTVドラマでの「海原雄山」役の松平健は適役。TOKIOの松岡も「いいかげんな」山岡をうまく演じていて味がある。親子の確執も、充分に表現されていて、面白い。ややマンガ的な映像が気になるが続編を期待したい。

 さて、今日は急遽、『美味しんぼ』の話に切り替えたので、名言と言っても正確ではないし、短いものになってしまうが、書き残して、終わりにしたいと思う。


 今日の名言

 雄山が「鍋料理対決」で完勝したあと山岡に言う一言

 海原雄山「お前はおぼえているかどうか、知らないが、私にとって、究極の鍋とは、お前の母が作った『湯豆腐』だ。」

 やっと、この時間になって、声楽の先生から連絡が来た。嬉しい。でも、明日のレッスン間に合うだろうか。まだ、「休職」への準備が残っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。