FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
18年2月7日(水)  良いことだ

今日は『カウンセリング』に役立ちそうな『家族療法』のツールを見つけたので、覚書を残しておく。

イーハトーブ法』(カウンセリング

家族療法』では、家族の中で問題とされている人を、患者(クライエント)とは呼ばずに、「IP」(Identified Patient)と呼ぶ。IPが特に子どもだった場合、問題を言語化することが困難な場合がある。そんな時、見えにくくなっているIPの問題行動を取る目的を明確化するため開発されたらしい。

やりかたは以下のとおり。

イーハトーブ法4
まず、粘土を使って左の写真のように家族の人形を自由に作ってもらう。別にカラー粘土ではなく普通の粘土でかまわない。完成したら、
「あなたの家族の理想の場面を想像して、自由に置いて表現してみて下さい」と教示する。
あとはできるだけ自由に表現してもらう。場合によっては、カウンセラーが手伝っても良いが観察を疎かにしてはいけない。

イーハトーブ法1
表現をし終わったら、カウンセラーはIPに質問をする。質問の内容は、

①人物の紹介。
②どんな場面か?
③この場面での、みんなの気持ちや表情。
④なぜその位置に置いたのか?
⑤作ってみてどう思ったか?気づいたことがあったか?
などである。

この時、注意すべきは、人形の顔の向き、大きさ、位置などがある。

以上のことを通して、言語化されないIPの目的を推測・解釈していくのである。

箱庭』にも、家族の人形はあるし、場面を作ることはできるが、粘土で人形から作るのは、人形の形態や大きさから、力関係などを推し量ることも出来そうなので、それは利点の気がする。
ただ、粘土や工作が苦手なクライエント(この場合はIP)に強制は厳禁である。

しかし、いくら調べても、誰が創り出したツールなのかが不明なんだよなあ。使い方によっては優れた方法なので、もっと調べたいと思う。


<日記> スルー推奨。読みたい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト