FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 8月31日(金)野菜の日 休職215日 八月もやっと終わり。

今日も6時に起きて、リビングで一服し、PCでいつものルーティンワークを半分くらいやることができました。もう、しばらく続けられたら、次のアクションに入ります。
 
tama
←楽しいティータイムアフィリ初心者は気晴らしにボチッと

 朝6時に起床
 リビングで一服し、
 ヴァイオ君と一遊び。
 それから、新聞を取ってきて、
 新聞を読んでたら、
 眠くなったからベッドに戻る。

 でも、眠れなくて、
 体を休めるだけ。
 それでもOK。

 昼は『朝廷』で「五目そば」
 知人に会う。
 
 それから図書館へ行き、
 ビデオを見たり、
 本を読んだりして過ごす。
 ビデオは『フロイトとユング』
 精神分析だね。

 5時前に家へ帰り、
 ルーティンワークの残りを済ませ、
 夕飯は『末広』で「鳥野菜炒め」

 今日は『デスノート』のアニメ総集編?の感想を書く。

 
tama
←今夜はステキなカクテルナイト登録したらそうなるかも

 『デスノート~リライト幻視する神~ ディレクターズ・カット』

 映画の方と見比べて、こっちの方が面白かったと思う。3時間は長かったけど、アニメの総集編ってことでいいのかな。

 どっちが原作に近いのだろう。前振りでは「リュークの視線から描いてある。感情が良くわかる」って言ってたけど、リュークの視線ってのはおおげさ。感情はアニメである分、その揺れはかなり伝わってきた。

 映画よりも「キラ」の狂気が強くでていた。本気で救世主になろうとしていて、眼が赤くなったり、青くなったりして・・・。

 アニメの特性を生かして、スケールも広がったと思う。実写じゃカネかかるものね。

 あと、気がついたことをいくつか。 ストーリーはもう、詳しく述べない。映画とほぼ同じになっちゃうから。

 ・エルは結構、喧嘩も強い。
 ・リュークはりんご依存症。
 ・死神の国のりんごは砂の味
 ・ワタリは射撃の名手。
 ・死神が死ぬってのはどうよ?
 ・死神も恋するミサミサはそんなに魅力的なのか?
 ・死神にも好きなタイプがあるのか?

 一番の決定的な違いはラストシーン。さて、どうなるかってとこだね。


 「今日の名言」-リュークとエルとキラー

 死神の世界で他の死神から地上は楽しいかと聞かれて、
 リュークが言った言葉。

 「つまらねえ世界に愚痴を言ってる奴はつまらねえな。本気で世の中を変えようとしている奴はおもしれえ。いいぜ、話してやるよ。よの中を変えて神になろうとした奴の話をな。まずいリンゴの礼だ。」

 エルとキラの会話
 
 エル「生まれてから一度も本当のことを言ったことがあるんですか?」
 キラ「何を言うか、竜崎(エルの仮名)ボクは確かにウソをついたことがある。それは、完璧な人間なんていないからだ。でも、ボクは故意に人を傷つけるウソはついたことがない。」
 エル「そう言うと思ってました。」

 ちなみに、見ながらのメモだから、全然正確ではないことはご容赦を!


 ちょっとだけ、「犯罪のない社会」ってどんなんだろうと思いめぐらしました。

 関係ないけど『スシ王子』がこの時間帯でやるのは、堤監督が好きにやれるからではないだろうか・・・・

 明日は実家の家賃をおさめに行きます。

 お休みなさい

 

スポンサーサイト
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。