FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年1月23日(火) 平日 休職2日目 晴れ 13度

 今日で休職二日目に入る。油断をしたのか、昨日は夜更かしをしてしまった。それで、今日の目覚めは最悪。1時位までベッドの中にいた。今日は実家へ行って様子を見てこなければならない。住むもののない家というのはむなしいものだ。嫌な思い出がいっぱいあるから、ちっとも懐かしくない。2ヶ月に一度は行っているし・・・。

 うだうだと準備をして、外へ出る。やっぱりタバコを忘れ、も忘れる。すぐ気がついて良かった。取りに戻る。って書いたところで、夕後の服がまだなのに気がついた。すぐに飲む。

 今日の昼は前から気になっていた「うどん」のお店。バス停が近いので丁度良い。以前はカウンターだけで、たこ焼きとかから揚げとかを売っているスタンドみたいな感じの店。この間、前を通ったら、店ができて、「うどん」「カレーうどん」って書いてあったので、ちょっと変わった店だなあと思っていた。今日初めて入る。入って驚いた。うどんが120円。カレーうどんが230円。たこ焼きは1個から30円。お好み焼きも80円からと・・・まさに、ボクが子ども時代にあった。格安お好み焼きの店と一緒。まだ、こんな店が残っているのにびっくりした。

 とまどいながら、カレーうどんを注文する。ちょっと想像していたのとは違うけど、確かにカレーうどん。量はそれなりだが、小腹を満たすには充分。しかも、何と「200円以上」のものを取ると、「10円」券をくれるのだ!これでは実質220円ではないか!子どもの小遣いで買えるべ物屋さん、ここに健在という感じだった。ここで服

 外へ出ると丁度良いタイミングでバスが来たので、乗りこんで、実家を目指す。行きに農協に寄り、家賃2か月分を引き出す。単なる荷物置き場になっている家に家賃を払うのも馬鹿馬鹿しいが、仕方ない。大家さんに挨拶。実家へ行って、ポスト等を点検する。ポストに鍵を設置した。割と重要な書類も住民票がそこにあるので、届けられたりするのだ。帰りに近所の知り合いのおばさんに出会い、やはり挨拶。病状が変わらないこと伝える。こういう瞬間は妙に緊張してしまう。悪いことをしているわけではないのだが・・・。

 帰りはわずかの差で、バスに乗り遅れ、10分ほど待つはめになる。行きかえりの読書は『風の影』(カルロス・ルイス・サフォン) まだ上巻の半分も読んでいないが、「子ども向き」のファンタジーかと思っていたら、それどころではない。なまなましいベッドシーンが登場してきたりする。昨日からベッドシーンのことばかり書いている気がするが、事実だから、しかたない。

 途中でバスを降りて、サウナに寄ることにする。最近、風呂に入るのが億劫になってしまって何日も入らないときもある。自分でも「汚いな」と思うが、どうしても、入る気が起こらない。サウナは高いが、楽なので良い。充分堪能し、休憩室でマンガを読む。テレビも各シートに付いているので退屈はしない。古谷光敏の『寄席芸人伝』と『Drコトー診療所』を1冊ずつ読了。2時間ほど休憩して、外に出る。次、来るときは「飲み物券」をもらったので、飲み物はタダになる。今日は妙に「券」に関係する日だなと思う。

 夕は久しぶりに『デニーズ』へ行く。ファミリーレストランで、比較的高いのであまり利用しない。「デミグラスハンバーグ 玉子とエビフライ2本付き」とライスをべる。1400円も取られた。そんなにおいしくないのにな。

 さらに、レンタルビデオ屋で、『パイレーツ オブ カリビアン デッドマンズ チェスト』・『エボリューション』・『eiko』を借りる。
『パイレーツ』は前作が面白かったので楽しみだ。

 これにて、今日の予定は終了。あとはPC君といつもルーティンワークをしておしまい。明日は確定申告の準備をしたい。

  うつ病治療を受けられる患者様とご家族の方へ9 

  「症状が改善に向かっている時期には」

 うつ病の回復には波がつきものです。一喜一憂しないようにしましょう。

 無理のない範囲で日課を作り、取り組み始めましょう。でも、できない日があってもいいのです。
 焦りは禁物です。


 まだ、ボクには早いかな、この辺は。
スポンサーサイト
 朝6時。目覚める。昨日よりも不調で「あと5分」「あと5分」で結局、ベッドを降りられたのは、6時45分。急いで着替えて、55分に家を出るが、いつもの電車には間に合わず、結局、ぎりぎりの時間に・・・。
 
 天気、曇りのち晴れ。気温、室温12度。なんと、暖房ではなくて、冷房でセットしていたのだが、12度をキープするなんて・・・どうなっているの?風だけ吹いていただけなわけね。「ファミマ」で朝食のパンを買うも、車中は込んでいて食せず。

 遅刻はしないで、職場に着くが、職場の玄関で上司より電話。「家、出てますか?」「はい、今、職場にいます。」 ありがちな間抜けな問答。でも、心配してくれているのを嬉しく思う。

 朝の会が終了後、睡魔に襲われ、30分くらい寝入ってしまう。原因不明。睡眠不足はないし、も眠たくなるものは飲んでいない。「トレドミン」一錠と「トフラニール」2錠。の平常どおり。昨日と同じなんだけどな。

 そのあとは、何とか、平常どおり仕事ができる。会議も最後まで居眠りせずに出席できた。でも、そのあとは限界が来て、速攻で帰宅。職務中に飲んだは今日はなし。

 帰りにビデオ屋に寄り、『風のファイター』と『タイフーン』を借りる。別に、韓流にはまっているわけではないが、たまたま、日本映画に面白そうなのがなかっただけ。『明日の記憶』をかりたかったんだけど、品切れ状態。

 家に帰り、夕食にピザと厚切りハムスティック、「から揚げくんレギュラー」を食す。

 メールを確認し、映画『風のファイター』を見る。あの伝説の空手家、大山マスタツ(ごめんなさい。変換できなかった。)の自伝を元にした映画。あの「牛殺しの大山」(最近、知っている人は少ないかな。)が、朝鮮の人だったとは初めて知った。けっこうおもしろい。屈辱と差別の中で、実力で、世界に認めさせた男。「極真会館」の初代館長だった男の戦いの歴史を描いたもの。途中で、山ごもりの修行中、眉毛をそるとか、鎌だけで氷壁を登るとか、何の修行なの?ってシーンとか、お城で、忍者みたいのと戦うシーンとか、多少、「えー!」て場面もあるけど、格闘シーンも含め十分楽しめた。前に『RIKIDOZAN』っていう映画も見たけど、力道山が韓国の人だというのは、知っていたけど・・・あの時代の優れた人の中には、朝鮮籍の人が多かったのかもしれないね。
 今日は、夕食後は「トレドミン」一錠と「トフラニール」一錠に減らし、「デパス」一錠を飲んで寝るつもり。ちょっと疲れている感じはするけれど、しょうがないな。

 「目標を持って生きる人間は、たとえ貧しくとも、美しく、崇高である。」
     『風のファイター』チェ・ペダル(大山さん)より
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。