FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年4月4日(水)オカマの日 休職71日目 曇りのち晴れ 涼しい

 朝7時に目覚めるが、
 9時までウダウダ。
 調子は悪くないが、
 とにかく眠い。

 取りあえず起きだし、
 ストレッチ。
 ヴァイオ君と遊ぶ。
 予定通りは予定通りだ。

 昼は、ほか弁屋さんで、
 「大関弁当」
 「からあげ・ハンバーグ・かつ・コロッケ他」
 なぜ、「大関」なのかは不明。

 午後は、映画『ドラゴン・ハート』を見る。
 本編はドラゴンの声を「ショーン・コネリー」が
 出していたそうだ。
 騎士がドラゴンと組んで金儲けしたりする、
 ちょっと変なファンタジーだった。

 書類の校正&塗り絵ぬりぬり。
 あっという間に時間が経つ。

 夕は『末広』で「たんめん」
 夜も書類に取り組み、
 何とか仕上げる。
 非常に疲れた。
 当然、職場に行けず。

 今日は、疲れたので、昨日見た『X-men ファイナルエディション』を
簡単に紹介してオワリにする。

 『X-men ファイナルエディション

 超能力を持った突然変異の人類「ミュータント」と人類「ホモサピエンス」との葛藤を描いたSF映画。原作はアメコミ。

 人類との対決を望む「マグリート」らと、共存の道を求める「チャールズ(プロフェッサー)」らX-menの対決は前回と同じだが、今回は人類側が「キュア」と名づけた治療を開発して、それを武器として使おうとする。

 前回、死んだはずの「ジーン」が生きていて、実は最強の超能力者だと判明。彼女をめぐって「マグリート」と「プロフェッサー」が対立する。

 それにしても、この映画で使われる超能力は結構スケールがでかい。主人公の「ローガン」は不死身で、腕から刃を出すし、「ストーム」は天候を操る。触れるだけでエネルギーを吸い取っちゃう奴はいるは、体中から針を出す奴もいるは・・・で多種多彩。

 まあ、2時間飽きずに見ていられる娯楽映画だ。

 でも、見た人は分かると思うが、主人公の「ローガン」の髪型は何か変。マグリートのヘルメットも変。ちょっとずつ微妙に変な映画である。

 今日の名言は、生還し、心を閉ざす「ジーン」に対して、「プロフェッサー」が命を賭けて、そのパワーを戒める場面。


 今日の名言

 ジーン「私の心から出て行け!」
 プロフェッサー「私を見ろ!君を助けたいんだ。スコットはどうなった?君は力をコントロールできずに愛する男を失った。ジーン。心に入らせろ!パワーに支配されるな。」


 う~ん。明日はちょっと早いけど選挙に行ってくる。期日前投票という奴だな。皆さんも、選挙には必ず行きましょうね。そんでもって、弱い者いじめする奴を落としましょう。
スポンサーサイト
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。