FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18年1月22日(月)  曇りのち大雪

午前中は曇りだったけれど4時過ぎくらいから降り始め今は大雪。警戒警報も出て、今、緊急放送している。相変わらず良く聞こえない。スマホでお知らせしてくれるから良いけれど。

昼食は自炊。かにクリームコロッケとちくわ。わかめのお味噌汁。青紫蘇の実のお漬物。

BSで片岡鶴太郎が金田一耕介を演じた、横溝正史原作「女怪」を見る 古いTVドラマの再放送。こんなのあったんだね。

その後、レンタルDVDで「危険なメソッド」を見たので、今日は映画の話。


『危険なメソッド』

危険なメソッド

心理学に詳しくない人でも、フロイトユングの名前を聞いたことがある人も多いだろう。この映画は、その二人の出会いと決別、そして、そこに深く関与していた一人の女性との<奇妙な三角関係>を描いている。
物語は冒頭、ヒステリー状態(今で言うなら統合失調症のパニック状態か)の女性が精神病院に強制入院させられるシーンから始まる。

病院の名は「ブルクヘルツリ病院」 そう、あのユングが勤めていた病院だ。
女性の名はザビーナ・シュピールライン。後に精神分析医となりロシアの精神分析の先駆けとなった実在の女性だ。

彼女の担当医となったのが若きユング。なんやかんや在って、ユングは彼女は幼少期のDVによって性的倒錯(マゾヒズム)になっていることを突き止める。

この頃のフロイトユングの関係は「親子」のような師弟関係で「言語連想法」や「夢分析」の対話などマニアにはたまらない描写も続く。

しかし、同じくフロイトにより「息子」と称されたO.グロスの登場により状況は変化する。彼は優秀な精神医だったようだが、薬物中毒になっていた。彼の「性衝動は解放するべきだ」の主張によって、ユングの心は揺らいでいく。

そして、ユングはザビーナと不倫関係に陥っていくのだが・・・

ちなみにユングとフロイトの決別は、「性衝動」一辺倒のフロイトに対して「神秘的・超心理学的」な事象も範疇に加えるべきという路線の対立(っていうか性格の不一致離婚の原因か!)であり、有名な「本棚の音」の外在化現象の描写もある。

その後の三者の関係については、映画を見てもらいたいのだが、さらに、その後のザビーナの人生についても思いを馳せていただきたい。クリック!
ザビーナ
 


「今日の気になる言葉」

フロイトとの決別の後、その影響か、世情の不安定さか、ユングは極度の精神不安定な状況に陥る。ユングの妻の要請によりザビーナはユングの治療を依頼される。その時の彼女とユングの最後の邂逅の時の言葉。

「彼は受け入れてくれない。既知の領域では不十分で未知の領域を探るべきって事を。
病気の正体を探るだけでなく、患者の再生を助けたい。患者が目指す人物に導きたいんだ。」

「でも自分が病気になっちゃだめ」

「正気の医師には治せない」

その後、現在・過去の不倫について問われた時のユングの言葉。

「許しがたいことをしつつ人は生きていく」

ちなみに原作はユング、フロイト、ザビーナの交換書簡を元にしたフィクションでありますが、多くの真実が含まれているのではないかと考えます。信じるか、信じないかはあなた次第です
スポンサーサイト
関連記事
11月15日(木) 七五三の日 休職289日 快晴、良すぎる天気

「やる気がおこらない病」継続中。何とかなるさと思いつつ・・・結構あせる
 
tama
自由の女神あれがアイスクリームと思ってたアフィリ初心者は左のボタンを押そう

 朝6時二つのベルに起こされる。
 けど、おきられた
 ルーティンワークをやりつつ、
 50分には外に出る。
 OK。

 9時までがんばる。
 9時には限界。
 また、目覚ましをセットして、
 二度寝。

 11時に起きる。
 飯を食いに出る。
 『BIG BOSS』に行くが、
 12時からだった。

 家に帰り、
 お勉強をして、
 家の汚れように嫌気がさし、
 外へ出る。

 行くところはサウナくらいしかないが・・・。
 もしかしたら、
 普通の感覚が蘇ってきて、
 嫌なことが分かるようになってきたかもしれない。
 ・・・と、都合の良いことを考えたりする。

 ただ、ブログを書くのも、
 ちょっと大変なので、今日は短めで、
 ご勘弁を。

 今日の飯日記
 『朝廷』の「しゃけチャーハン」やっぱり少し味が落ちている気が・・・うまいけど。
 『さうな』で「ソースやきそば」なかなかソース焼きそばをメニューに入れているところは少ないよね。

 今日は市民大学『性格心理学』講座、「フロイトの心的構造論」についての覚書。

 
tama
ウッキー猿でも人でも登録を

 『性格心理学フロイト心的装置論ー』(鈴木乙史

 心的装置論(人格構造論)」

 フロイトは心の構造を次の三つの領域に別けて解釈した。

・自我(Ego)・・・現実原則。「私」という立場であり、傷つきやすい。無意識を抑える役目。
  ※次の無意識、超自我とのバランスを取りもつものであり、様々な方法で人格のバランスを取る「中間管理職」みたいな役割
・エスまたはイド(Id)・・・「それ」という意味。無意識(生物)的領域。快楽原則。
  ※これが人の心では大半を占めており、この無意識と自我の葛藤が不安を起こす。
・超自我(Super ego)・・・親の価値観、規範(社会的、文化的背景)を自らに取り入れたもの。
  ※完全主義的。抑圧の装置。しかし、「超(チョー)」という言葉を考えると、昔から使われてたのね。


 というわけで、この「理論」は心を説明するのに、きわめて合理的である。が・・・問題もある。
 それについては、後日」、機会があれば述べたいと思う。

 今日は『医龍』を見た。
 
 おやすみなさい。

  サラダの日 休職162日 晴れ 風がもう夏

 今日は何もしませんでしたが、ソファでうとうとしていて目覚めたら、ものすごく爽快な気分になりました。ずいぶん久しぶりの感覚でした。

  
tama
←何はともあれ初心者のアフィリエーターはボチ!

朝7-11の二度寝パターン。
起床時より気分は良かった。

午前中にルーティンワーク。
13時くらいに銀行へ行き、
『玉川』で「親子南蛮うどん」

家に帰り、新聞と週刊誌を読んでいたら、
風が気持ち良くて、
いつのまにかウトウトしていた。

目覚めたら、
いつにない多幸感。
また鎧が一枚はがれた感じ。

夕食は「末広」で「やわやきそば」
「かたやきそば」じゃないから注意。
麺はソース焼きそばとかたやきそばの中間くらい。
上には野菜のあんかけがかかっている。
これで「かたやき」って言っている中華屋もあるよな
とか感じる。

ちょっと色々考えないで、
自分の心と身体に素直でいようかなと思った。
復職はまだ先だし・・・

夜は『太田総理』で、
法案は「政治家は選挙後に党を変えたり、連立したりするな」法案。
ボクは賛成。
でなきゃ、投票した人への裏切り行為だ
法案は番組では否決されたが、
視聴者投票では90%で圧倒的に賛成が多かった。
当然である。

今日は読書『ホームズフロイト』の紹介をする。

  
tama
←何がなんでも初心者アフィリはこっちボチ

ホームズフロイト』(キース・ヒートリー)

 あの名探偵「シャーロック・ホームズ」について聞いた事ない人は少ないであろう。世界各国で、模倣作というか、ホームズをリスペクトした作品が出されている。

 有名なのは映画化もされたニコラス・メイヤー作の『シャーロック・ホームズ氏の華麗な冒険』

 ボクは知っている人がいたら教えて欲しいのだが、大昔「ベイジル」というねずみが「ホームズ」をパロディしている作品が好きだった

 日本では島田荘司が『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』で変人である「ホームズ」を留学中だった「夏目漱石」とからませて、おもしろおかしく描いているパロディものがある。これは、おもしろい。

 さて、今回の『ホームズ対フロイト』では、あの精神分析の創始者、「フロイト」とホームズをからめて描こうとしている。作者の「キース・ヒートリー」も心理学者の一人である。

 おもしろいか、おもしろくないかと言えばおもしろくはない

 珍品と言った方がいいかな。

 前半は「フロイト」の精神分析。エミリーという女性が受けた後見人から受けた性的虐待は想像上のものだとする。後半はホームズとワトソンが、兄マイクロフトからの命を受けて、真相解明に乗り出す話。

 はたして、この小説に「フロイト」が必要だったかどうかもわからない。取りあえず、瞬間的にあるいは間接的にホームズとフロイトとの邂逅もあるので、興味深くはあるが・・・。


『今日の名言』-ホームズの精神分析?-

 フロイトがうつに陥ったホームズに、

「あなたのご病気は、おそらく注目を浴び、敬意を集めたいというあなたの側にある強烈な思いと結びついています。・・・もしかしたら人生の早い時期にあなたはその鋭い観察力で親御さんに良い所を見せようとなさったのかも知れません。おそらくはお父上にです・・・」

 ホテルへの帰り道を歩いているときに、ホームズは言った。

「あの男はどういうつもりであんなことを僕に言ったのだろう」
 
 ワトソンがそれに答えて

「自分を理解するための手段をわたすのがフロイト教授の仕事なのだよ、ホームズ。そうすれば、はまり込んでいる心の苦しみが治ることもあると考えているのだ。デルフォイの神託に従うのだ。『汝自身を知れ』という・・・』  


原題は『The Case of Emily V.』
日本人が何でも対決ものにしてしまうのは、怪獣映画かプロレスの影響だろうか?

お休みなさい。                     凡人
 

  2007年5月24日(木)エンパイヤ・デー 休職121日目 晴れとる

 トンネルはどうやら抜けたようです絵文字名を入力してください今回は短くてよかったです。

 昨日ジムに行ったので、
 今日は疲れていると思ったので、
 目覚ましはかけなかった。

 10時に目覚める。
 思ったより疲れていないsmile
 
 最近、絵文字を覚えたので、
 ムダに使っている気がする。
 でも、感情表現するのに便利なんだよね。

 昼が『BIG BOSS』で「牛ロース定
 夜は「焼きうどん」

 今日は一日、昼寝もせずにがんばった!
 夜に録画してある『喰いタン』を見る。
 「カレー」の回。
 ちなみにボクにとっては「カレー」は苦い思い出の味。
 貧乏だったころを思い出す。
 このドラマは2週遅れになってしまった。

 『ホテリアー』は次回の展開がちょっとだけ気になる。

 今日は大学図書館で借りた『エディプス・コンプレックス論争』を読了したので、紹介する・・・ほどの力はないけど。

 『エディプス・コンプレックス論争』(妙木浩之)

 副題の「性をめぐる精神分析」とあるように、フロイトが「エディプス・コンプレックス」という概念を創り出してから、それを巡って賛否も含めて精神分析がどのように発展してきたのかを詳細に跡付けている書。

 「エディプス・コンプレックス」は「ギリシャ神話」に登場する「オイディプス」の話から「父を殺し母と交わりたい」という思いを人類に普遍の願望として位置づけ、そこから派生する様々な状況をコンプレックス(複合体)として理論化したもの。キイワードは父親。

 フロイト生誕から150年。考えてみれば、精神分析という学問は、わずか一世紀ほどしかたってないってことになる。でも、もう立派に古典とも言っていいほど、フロイトの心に対する貢献は大きいと思う。好きではないが・・・。

 歴史なので、一言で述べることは不可能だが、筆者の「妙木」さんが、「視点の移動と飛躍のプロセス」として、うまい具合にまとめてあるので、そこを引用してみたいと思う。


 「今日の名言」-精神分析のごくおおざっぱな100年-

 ①父親から見た息子の視点(フロイト
 ②男の子から見た父親の視点(フロイト
 ③男同士、女同士の競争心(アドラー)
 ④男女より人間、人間であるより生物だ(ユング)
 ⑤息子にとっての母親の視点(ランク、フィレンチィ)
 ⑥父親にとっての娘という視点(晩年のフロイト
 ⑦娘にとっての母親、母親にとっての娘の視点(ホルナイ)
 ⑧母親という立場から見た子どもの視点(アンナ・フロイト)
 ⑨子どもにとっての親たちという視点(メラニー・クライン)
 ⑩言語や親族といった構造という視点からの親子(ラカン)


 個々の部分にはいろいろな意見があるのだろうけど、実にわかり易いまとめ方。心理学の人って、こうやって箇条書きにしたり、図示したりして簡潔にまとめてくれるので助かる。もっともラカンみたいに数学にして、余計分かりにくくしているのもあるが・・・。

 でも、こう見るとユングやラカン(構造主義という点で)を除けば、ほとんどすべてが「親子」が「心」の問題になるわけだよね。なるほど~
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。