FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年3月21日(金) 休職412日 曇り

なんとまあ、考えられないくらい長い昼寝をした
 
BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


『GO GO!プレカリアート

 今週の『マガジン9条』にて、雨宮処凛が次のような呼びかけをしていたので一部抜粋した。

 5月3日の夕方から夜にかけて、ぜひぜひあけておいてほしい。そんでもって、4時半に大久保区民センターに来てほしい。それは、プレカリアート系とかインディーズ系とか非正規系とかいろいろ呼び方はあるけど、とにかく私も実行委員をつとめる「自由と生存のメーデー」が開催されるからだ!

 正式タイトルは、昨日決まった。「自由と生存のメーデー08 プレカリアートは増殖/連結する」。06年は「プレカリアートの企みのために」と来て、07年は「プレカリアートの反抗」、そして今年は「増殖」の上「連結」するのだ! ガッシャーン! 以下、呼びかけ文。

 生存の権利。

 我々は決してパンのみで生きているのではない。

 飲んだり、さわいだりすることで生きる。
 
 私たちは「文化」をうばわれている。

 日々の労働/日々の消費/日々の管理によって。

 生きることを労働にしてはならない。

 生きることを余暇にしてはならない。

 我々は街に出なければならない。我々に生存を取り戻すために。

 我々は街に出なければならない。我々に自由を取り戻すために。

 我々は街に出なければならない。我々もまた生きていることを伝えるために。

 我々は生きている。だからこそ我々は抵抗する。
 
 生存と自由を」


                                      『マガジン9条』より 

 全文はこちら→「雨宮処凛が行く」

 生きづらい世の中を変えようと若者達が勇気ある一歩を踏み出そうとしている。ボクももう少し若ければ
馳せ参じたい思いがあるが、それもなかなか・・・

 しかし、オジサン・オバサン達も負けてはいられない。

 何かできることがあるはずだと思う。

 まずは選挙かな・・・。今の政府の無能ぶり、問題の多さ・・・今年中にあるだろうな、きっと。


「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 日記ー!

 3時に起きて5時までルーティンワーク。

 そのあと、何と!夜の5時まで寝てしまった

 これは昼寝とはさすがに言わないな(笑)
 昼夜逆転と言うべきだろう。

 夜、「キンスマ」を見て泣く
 涙腺はここのところゆるみっぱなし。

 明日は実家と父の見舞いをいっきに済ませる予定。

 お休みなさい。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


スポンサーサイト



関連記事
 10月1日(月) 法の日 休職246日 雨だか曇りだか、はっきりしろー

母の7回忌を前にして、ショックなことがありました。ひょっとしたら潰れそうな心です。もう、いい加減にしてくれって気持ちでいっぱいです。

 
tama
カレーライスは貧乏の味~家庭の味もあるはずだよね、アフィリ初心者はカレーッと

 朝6時起床。
 6時50分に駅まで行く。
 OK!
 ちゃんと着替えて行けた!
 今日からしばらく続けるつもりだが、
 もう、明日から崩れそう。

 悪意としか思えないタイミングで、
 いろいろなことが起こる。
 
 いいことはおこらないくせに、
 こういうことだけ律儀に起こさないで欲しい。

 明日は弁護士に連絡する。
 早めに対処したいが、
 10月は込んでいる。
 「来るなら来い!」
 ボクは相手にしない。

 午前中に郵便局に寄る。
 民営化、初日。
 この意味のなさはなんだ?
 郵政民営化って何なんだ?
 何で、これで、自民党に票を投じたんだ。
 郵便局にも、自分達にも、何の意味もないぞ!

 昼食は『1頭屋』で「ハンバーグランチ」
 旨いけどちょっと固いぞ、焼きすぎだ!

 大学図書館へ行き、
 お勉強。
 今日から7時までいれる。
 ラッキーである。

 夜は映画『木更津キャッツアイ・ワイルドシリーズ』を見る。
 う~む・・・である。

 いつか感想を書きたいと思う。

 今日は『プレカリアート』ということについて新聞を引用する。これは「郵政民営化」もあわせて、考えたいテーマなので、折にふれて、載せて生きたいと思う。

  
tama
ボ、ボ、ボクはおにぎりがすきなんだな裸の大将は登録しよう

 どうしても知ってもらいたいことがある。

 4月末、東京・新宿。派手な音楽を流しながら、ヒーローや着ぐるみなど目立つ格好の人たちがデモする。沿道からも次々に加わり、400人以上になった。

 「自由と生存のメーデー07」
 働き方はいろいろあれど、生きていくのさえ難しい正社員もいる。生存させろ、と要求する行進である。

 「(首相の)安倍は一人で再チャレンジしろ」
 こんなデモコールを叫んだのは、作家「雨宮処凛
 「生存権」が脅かされる問題が起これば、首をつっこむ。最近では、日雇い派遣の天引きをしていたグッドウィルへの集団訴訟に立ち会った。北九州市の餓死事件で、生活保護を辞退させた福祉事務所の被告人に名を連ねた。
 雨宮は、ずっと「行きづらさ」を抱えてきた。
・・・・・・・                 (朝日新聞 10月1日 夕刊)



 続きはこちらで→http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY200710010185.html

 この生きづらさを追求すると、いろんなものが見えてくると思う・・・が、やっかいな一件を抱えてしまったので、もしかしたら、
更新できないかもしれない。

 でも、できるだけ更新します。
 
 お休みなさい。