FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 2007年5月10日(木)バート・デー 休職107日目 晴れのち雷雨 虹が出た!!

 今日は映画『出口のない海』を紹介するつもりでしたが、以前書いた『千の風になって』の作者について、ピッコロさんから指摘があったので、急遽、そのことについて書きます。

 でも、その前に今日一日を振り返るね。

 朝は6時。
 起き出したのは9時。
 うつらうつら、ウトウトでした。
 やっぱり、まだ疲れてるみたい。

 昼間でヴァイオ君と遊び、
 昼食は『キッチンきたむら』
 「チキンガーリック御膳」
 どうやら、この店は、このスタイルで
 落ち着いたようだ。

 メインのものの他に、煮物や刺身やデザート
 が載っているお弁当形式のランチ。
 飲み物が一品ついてくる。

 午後は眠くなって、またお昼寝。
 ものすごい雷の音で目覚める。
 リビングへ行くと、外に大きな虹が!
 根っこまで見える虹を久しぶりに見た。

 写真を撮ろうと思ったんだけど、
 ケータイの充電が切れていて、
 充電をしながら、一枚ずつ写したので、
 まだ見てないけど、あんまり自信はないな。
 機会があったら、アップします。

 夕食は、雨が降るのを見越して買っておいた、
 カップ焼きそば「三平ちゃん」と
 「オクラのサラダ」とお味噌汁ですます。
 「三平ちゃん」は、ラーメンの「佐野」さんのふりかけが
 ついていたのでけれど、ない方がうまかったと思う(笑)

 というわけで、「千の風」の話になります。

 『千の風になって』の原詩と作者

 以前、秋川さんの歌のときに、「作者は不詳」と書きましたが、どうやら、1932年にアメリカの「メアリー・フライ」という女性が、ヒットラーの支配するドイツから逃れてきた親友「マーガレット」(ドイツ系ユダヤ人)がドイツに残してきた母親が亡くなったことで、悲しみのふちに立っていたときに作った詩が元になっているようです。

 これは、外国のサイトでも紹介されているので、かなり信憑性は高いと思いますが、当の「メアリー・フライ」は、著作権などは取得せずに、「この詩は行きとし生けるもの、みんなのものよ」と言っていたそうです。

 前回、この詩(歌)について書いたときは、「新井満」が、日本での登録商標を取っているのが気に食わないみたいなことを言いましたが、このことを知って、ボクはもっと不快な気持ちになりました。TV等でも、他の歌手が歌っているアルバムでも、このことを紹介しているのは見当たりません。

 「キャサリン・ジェンキンス」のCDなら、もしかしたら・・・と思いますが、未確認です。

 そこで、今日はその「原詩」と呼ばれるものと参考になるサイトのアドレスを載せておきます。興味のあるひとはご参考になって下さい。


 「今日の名言ー千の風になって 原詩」

 『Do not stand at my greave and weep』
              by Mary Frye

  Do not stand at my grave and weep
  I am not there, I do not sleep
  I am in a thousand winds that blow
  I am the softly falling snow
  I am the gentle showers of rain
  I am the fields of ripening grain
  I am in the morning hush
  I am in the graceful rush
  Of beautiful birds in circling flight
  I am the starshine of the night
  I am in the flowers that bloom
  I am in a quiet room
  I am in the birds that sing
  I am in the each lovely thing
  Do not stand at my grave and cry
  I am not there I do not die


 参考になるサイトは・・・

  http://kokada.web.fc2.com/essay96.html
  http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/prof/1000winds.html

 
 
スポンサーサイト



関連記事