FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
曇り。ああ、だが雨が近づいている。体がだるいなあ

ちょっと体調が悪いのと、なかなか難解なテーマに対峙しているので、消化が追いつかず、ブログの更新が滞ってしまった。
無理せずやっていこうと思う・・・。

今日は『ユング個性化』についてのこと。『個性化』というのは「ユング心理学(分析心理学)」の用語であり、平たく言うと「自己実現」のこと。ただ、この「自己実現」も心理学者諸氏によって微妙に違うこともあって、ユングは『個性化』という言葉を好んでいたようだ。


ユング個性化』(心理学)

「自己実現=個性化」という言葉を使い始めたのはユングが最初。ユングは人間の成長は一生続くものと考え、その後半生の課題を、自分の前半生で生かしてこれなかった特質(性質)を、伸ばして、より「自分らしく」生きることであるとしている。それは「自分勝手」な生き方ではなく、むしろ社会や周囲と調和していく生き方を指している。

個性化2
しかし、この考え方に至るまでにユング自身の壮絶な『個性化』の過程があるのだ。

ユングは第一次世界大戦前後に多くの夢やビジョンを見て、それを「黒の書」としてまとめている。
さらに、フロイトと決別した後も精神的な危機状態に陥り、苦しみのどん底にあり、やはり多くの夢やビジョンを見るようになる。

その時、ユングは一つの誓いを立てる。見た夢を文章と絵画によって記録し、自身の無意識と対決することだった。
1914年から1930年まで、なんと16年間もそれを続けている。

それは『赤の書』という書物にまとめたが、ユングの家族によって門外不出とされ、解禁されたのは2009年のこと。
翌年には邦訳も出版されている。

そこからが厄介なのだが、恐らくはユングは無意識の深い層まで行って自身の元型(無意識的人格)の「シャドウ」(陰・負の自分)と対峙していたのだと思う。夢やビジョンは次第に変容し、最後期には曼荼羅や「賢者」の姿が現れるようになっていく。こんな恐ろしいことは常人にはできない。


個性化1
ユングは意識の中心である「自我」ではなく、「心」の中心と考えられる『自己(Self)』の完成への過程?を『個性化』と考えているのだ。

「箱庭」も曼荼羅の形が現れることが、一つの完結を意味するとされているが、形式的に見ることはできない。

ああ、ユングは難しい・・・

今日はこれまで。お休みなさい。



←励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト



晴れ。暖かい。もう完全に春だなあ

最近、「秋山さと子」さんの『ユング性格分析』という本を読んでいるので、ユングの『性格論(タイプ論)』についてまとめたいと思う。
本の紹介ではなくて、ボクなりの解釈。間違っている部分もあると思うので、そのへんはご容赦を。また、教示いただけるとありがたい。


ユングの性格論』(心理学)

ユングの性格論』で有名なのは「内向(的)」・「外向(的)」がある。
これを「ユング」が考えたものだとは知らなくても、言葉だけは知っている人は多いだろう。

実はこの考え方は、「ユング」が「フロイト」と「アドラー」が「神経症」の原因について異なる解釈をしたことが発端にある。

「フロイト」は患者と父親、母親の3人の心の外的な関係の中にエディプス・コンプレックスがあるとした。
それに対して「アドラー」は患者の心だけに焦点をあて、そこにある劣等感をめぐる権力の理論で説明できるとした。

「ユング」はなぜ同じ患者なのに、二つの理論が導き出され、そのどちらも効果的であるのかを検討し、この違いは、「フロイト」と「アドラー」の心の方向性の違いではないかと考えた。

つまり、「フロイト」の心の方向性は外側に、「アドラー」の心の方向性は内側に向けられ、それが患者に投影されたものとしたのである。

これが、「外向ー内向」という心的エネルギーの方向性の理論である。


タイプ論2
さて、この「外向ー内向」を立体的な天地軸とすると、平面には、「合理軸ー非合理軸」が交差し、「心の4種の機能」が考えられている。

「合理軸」とは、価値判断基準に基づく機能であり、「思考ー感情」の2種類である。どちらかが優位に発達すれば、もう一方は劣等機能となる。「感情」は「合理的」ではないと思う人もいるけれど、「ユング」は「快ー不快」の価値判断基準によるものだから、「合理的」としている。

一方「非合理軸」は価値判断基準に基づかない機能であり、「直感ー感覚」の2種類になる。「感覚」は対象そのものを見るのに対して「直感」はその背後のものまで探ろうとする。ある一枚の絵を見て「美しい」とか「下手だ」と思うのは「感覚」であり、「100万円くらいの価値はある」とか「○○の描いた作品だ」などと思うのが「直感」である。


タイプ論1
これらの「内向ー外向」の「心的態度」と「四つの機能」を組み合わせることによって、「ユングの性格分析」は成り立っている。

例えば「外向的」で「思考」の機能が優位に働いている人は「外向的思考型(タイプ)」、逆に「内向的」で「直感」が優位に機能している場合は「内向的直感型」という具合だ。

しかも、「思考型」であっても、第二位に「直感」が来るのか「感覚」が来るのかによっても又違ってくる。つまり、第二位まで含めると16種類の「性格類型」があるということになる。この「類型」は興味深いし、一見、役にたちそうだが、「ユング」自身はこのような、ラベル貼りには興味はなかったらしい。

「ユング」は「外向ー内向」については生得的なものとしながらも、「四つの機能」については、今、どれが優位に機能しているかということであって、「未分化(発達していない)」な劣等機能を成長させることによって、よりバランスの取れた人間になれるとかんがえていたようだ。要は「自己実現」なのである。


ちなみに、これも簡単に診断できるサイトがある。便利になったものだなあ。ユングの性格類型
ボクはこれ
タイプ論3
なお、「秋山さと子」さんによれば、対極の性格にある人同士は決定的に相性が悪いそうで、こればっかりは無理して合わせない方が良いそうです

では、今日はここまで。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
ちょっとのち、ほぼ も降るかも でも、暖かいのだ。

箱庭パーツ(素材)のご紹介シリーズ。今日は、象徴・抽象的な分類になるかな。
このカテゴリーは宗教的なものも含む。洋の東西を問わず、世界各国で『箱庭』に宗教的なものが現れることが多い。

信仰している、していないに関わらず。
御伽噺や神話のモチーフなども同様だ。
ユング』はこれを、無意識の一番深い領域である『集合的無意識』という概念で説明しているが、これについての説明は割愛する。
(難しくて、簡単に説明できないのだ

てなわけで、パーツのご紹介だけでご勘弁を。ちょっと写真多目かな。


箱庭』のパーツのご紹介4(箱庭

箱庭象徴パーツ6
まずは全景。
このカテゴリーはまだ点数が少ないかな。
大事なパーツだから、もっと充実させたいのだ。
クリックして拡大した方が見やすいと思う。まあ、見たい人はだけど


箱庭象徴パーツ3
手前部分。
黒と赤の四角い木は「算木」という。「易占」で使う道具。
風水の「八卦鏡」や「水晶玉」、「目玉の親父」もいたりして


箱庭象徴パーツ1
右手前部分。
「達磨さん」や「キューピーさん」のほか、インドの破壊神「シヴァ」と聖天「ガネーシャ」だったかな?
いることはいる。


箱庭象徴パーツ2
左手前部分。
「宝箱」と謎の「トランク」、「サンタ」や「雪だるま」、「イースター・エッグ」、「天使の聖歌隊」などなど。
仏教の天部の「仏像」2体。


箱庭象徴パーツ4
右手奥。
瑞獣の「龍」、「般若の面」、「埴輪」、「難破船」などなど・・・。
小さな「ピラミッド」は岩塩製。


箱庭象徴パーツ5
最後は左奥。
風水の「羅盤」、「大仏」、「髑髏」、ちょっと見えにくいが「仮面ライダー」もいるよ。
細かいのも含めて全部で約70点なり。
西洋のものが少ないのに、今、気づいた


まあ、まだまだ、これからだな。ゆっくり、じっくり、心を働かせて選んでいく。

<日記> スルー推奨。読みたい人は読んでも・・・


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
18年1月22日(月)  曇りのち大雪

午前中は曇りだったけれど4時過ぎくらいから降り始め今は大雪。警戒警報も出て、今、緊急放送している。相変わらず良く聞こえない。スマホでお知らせしてくれるから良いけれど。

昼食は自炊。かにクリームコロッケとちくわ。わかめのお味噌汁。青紫蘇の実のお漬物。

BSで片岡鶴太郎が金田一耕介を演じた、横溝正史原作「女怪」を見る 古いTVドラマの再放送。こんなのあったんだね。

その後、レンタルDVDで「危険なメソッド」を見たので、今日は映画の話。


『危険なメソッド』

危険なメソッド

心理学に詳しくない人でも、フロイトユングの名前を聞いたことがある人も多いだろう。この映画は、その二人の出会いと決別、そして、そこに深く関与していた一人の女性との<奇妙な三角関係>を描いている。
物語は冒頭、ヒステリー状態(今で言うなら統合失調症のパニック状態か)の女性が精神病院に強制入院させられるシーンから始まる。

病院の名は「ブルクヘルツリ病院」 そう、あのユングが勤めていた病院だ。
女性の名はザビーナ・シュピールライン。後に精神分析医となりロシアの精神分析の先駆けとなった実在の女性だ。

彼女の担当医となったのが若きユング。なんやかんや在って、ユングは彼女は幼少期のDVによって性的倒錯(マゾヒズム)になっていることを突き止める。

この頃のフロイトユングの関係は「親子」のような師弟関係で「言語連想法」や「夢分析」の対話などマニアにはたまらない描写も続く。

しかし、同じくフロイトにより「息子」と称されたO.グロスの登場により状況は変化する。彼は優秀な精神医だったようだが、薬物中毒になっていた。彼の「性衝動は解放するべきだ」の主張によって、ユングの心は揺らいでいく。

そして、ユングはザビーナと不倫関係に陥っていくのだが・・・

ちなみにユングとフロイトの決別は、「性衝動」一辺倒のフロイトに対して「神秘的・超心理学的」な事象も範疇に加えるべきという路線の対立(っていうか性格の不一致離婚の原因か!)であり、有名な「本棚の音」の外在化現象の描写もある。

その後の三者の関係については、映画を見てもらいたいのだが、さらに、その後のザビーナの人生についても思いを馳せていただきたい。クリック!
ザビーナ
 


「今日の気になる言葉」

フロイトとの決別の後、その影響か、世情の不安定さか、ユングは極度の精神不安定な状況に陥る。ユングの妻の要請によりザビーナはユングの治療を依頼される。その時の彼女とユングの最後の邂逅の時の言葉。

「彼は受け入れてくれない。既知の領域では不十分で未知の領域を探るべきって事を。
病気の正体を探るだけでなく、患者の再生を助けたい。患者が目指す人物に導きたいんだ。」

「でも自分が病気になっちゃだめ」

「正気の医師には治せない」

その後、現在・過去の不倫について問われた時のユングの言葉。

「許しがたいことをしつつ人は生きていく」

ちなみに原作はユング、フロイト、ザビーナの交換書簡を元にしたフィクションでありますが、多くの真実が含まれているのではないかと考えます。信じるか、信じないかはあなた次第です
関連記事
08年5月20日(火) 休職468日 午前、雨風強し。午後、次第に晴れる

今日は職場に行く予定だったけど、大雨のためキャンセル。何かあったらヤバイ、やばい

seikaku
  昨年から、今年にかけて受講していた『性格心理学』の市民大学講座。
 そのテキストが←これです。
 やっと、昨日読み終わりました。
 ずいぶん時間がかかったと思う人もいると思いますが、
 決して難解な本ではありません。
 実に分かりやすくまとめられています。


 講師は「聖心女子大」教授の「鈴木乙史」さん。お世話になりました。

 もちろん、すべてをまとめるのはボクには力不足ですので、
 心に残った次の2点を覚書として紹介します。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

 ユングライフサイクル論』

・人生のライフサイクルについて初めて心理学的に考察したのはユング

ユングは太陽の運行になぞらえて人生を四段階に分けた。
①誕生=少年期(問題のない時期)
  ↓
 青年期の転換期
②成人前期
  ↓
 中年期の転換期(人生最大の危機)
③中年期
  ↓
 人生の末期の転換期
④死=老人期(自己意識に無頓着)


 「人生の午後の意識」(ユングの言葉から)

 「朝になると、太陽は、夜の大海から昇ってくる。そして、天空高く昇るにつれ、太陽は、広い多彩な世界がますます遠く延び広がっていくのをみる。上昇によって生じた自分の活動範囲の拡大の中に、太陽は自分の意義を認めるであろう」

 「太陽は、予測しなかった正午の絶頂に達する。予測しなかったというのは、その一度限りの個人的存在にとって、その南中点を前もって知ることはできないからである。正午十二時に下降が始まる。しかも、この下降は午前のすべての価値と理想の転倒である。太陽は矛盾に陥る」  


・人生の午後は、午前と同じプログラムで生きるわけにはいかない。
・中年期の課題は、前半の人生で排除してきた時分自身を見つめ、取り入れること。


『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 ああ、ボクは「中年の危機」だ。
 実は今日で45歳になってしまった。
 この後、どう生きればいいのか思い悩む。

 昨日は一日OFF。
 今日は午後から大学図書館。
 某資格を目指して勉強中。

 昼に「金目の煮付けとかんぱち」の刺身を食す。
 平日のランチはぜいたくだなあ。

 やっとレンタルDVDを解禁する。
 また、映画の話と本の話ができるのはうれしいことだ。

 さて、人生の前半で排除してきた自分と向き合うこととするか・・・

 明日は職場に行く。

 おやすみなさい。 

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!