FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年4月25日(金) 休職444日 曇天。ちょっと寒い

季節の変わり目で体調が悪い。心はそんなでもないが、身体が重い.
 


BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 『母の日』が近いので、声楽の新曲・・・・

 『母』(作詞 「竹久夢二 」 作曲 「小松耕輔」)

yumeji
 「竹久夢二」は明治期から昭和初期の活躍した画家。
 その絵は左の絵のような独特の美人を描くことが多く、「夢二式美人画」とも言われている。
 雑誌の表紙などで人気を博したが、生前は美術界にはなかなか受け入れられず、終生、在野の画家として過ごした。
 恥ずかしながら、ボクは彼が作詞も手がけていることに、この歌に取り組むまで知らなかった 


 『母』

 ふるさとの 山のあけくれ
 みどりのかどに たちぬれて
 いつまでも われまちたもう
 母は かなしも

 幾山河 とおくさかりぬ
 ふるさとの みどりのかどに
 いまもなお われまつらむか
 母のとおしも


 叙情的な良い歌である。

『九条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 ここ何日か、
 調子が良かったので、
 大学図書館で半日勉強して過ごしている。

 積み立ても降ろせたし、
 申告書の不備も何とかできた。

 ただ、今日は朝から調子が悪く、
 職場に書類を届ける予定だったが、
 キャンセルした。

 半日OFFくらいの感じだろうか?
 薬を飲んで寝て過ごす。
 大分、楽になった。

 明日はクリニック。
 体調が良ければ、「9条」のピースウォーク」に参加する予定。
 歩くくらいしかできないのは情けないが・・・

 おやすみなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


スポンサーサイト



11月11日(日)電池の日 休職285日 曇り、夜ちょっとだけ雨

今日のメインイベントは声楽の練習。あとはOFFにしました。ちょっと疲れも残っているようです
 
tama
何をしゃべってるんでしょうか読唇術ができるアフィリ初心者は左のボタンを押そう

 今日は6時起床の、
 ルールを守らなくても、
 良いことにしたので、
 10時までぐっすり眠る。

 起きてルーティンワークをやり、
 うろうろと昼食に出る。

 家にいったん帰って、
 新聞をよみながら、
 ルーティンの続き。
 続いて声楽の練習・・・
 って言っても、
 曲聴くだけだけど

 15時からレッスン。
 新曲2曲の2回目。
 発声は高い音域が割とでるようになって、
 自分でも驚き
 やっぱり、教えてくれる人がいるのと、
 いないのとでは全然違うのだな~と思う。

 新曲はイタリア歌曲の『Ah,mio cor』と、
 日本歌曲の『浜辺の歌』

 イタリアンも好きだけど、和風もまた良し。
 また、楽しみが増えた感じ。

 ただし、家に帰ると疲れきって、
 またねてしまったが

 まあ、OFFだからいいや。
 夜は映画版『TORICK』を見る。

 今日は『Ah.mio cor』の歌詞の紹介。

  
tama
ロシア人だビッチ「ソ連」を知っている人は登録を

 『Ah,mio coro』

 歌詞

 Ah,mio cor,scherinto sei.
Stelle,Dei-nume d'amore!

Traditore-t'amo tanto,
puoi lasciarmi sola in pianto?




 ああ私の心である人よ、貴方はからかわれているのです。
 星よ、神々よ、愛の神よ。

 裏切り者、私は貴方をこんなに愛しています。
 貴方は、私を独り涙に暮れさせることができるのですか。


                                      オペラ「アルチーナ」のアリア

 たった2行なのに、これがまた難しいのなんの・・・

 でも、あきらめずにやるつもりです。

 お休みなさい。

 9月16日(日)マッチの日 休職231日 晴れ、風強し。

やっぱり福田さんも「現政権継承」なのね。自民党なんだから当然だけど、いいかげん自民党内の選挙を、国政選挙みたいな捕らえ方をするのはやめて欲しいな。ボクたちに選挙権なんかないじゃんって
 
tama
←ペンギンは鳥であるアフィリ初心者はペンギンッと

 トヨタこの不公平』(しんぶん赤旗9月16日付け)

 長い記事なので、要約する・・・というか、簡単にいっちゃうと・・・

 トヨタは2006年度の経常利益がバブル時代の2倍以上であるにも関わらず、税金は4年間、ほとんど横ばい状態。原因は法人税減税と※1研究開発減税の抜本的拡充。
 一方、庶民は定率減税の廃止、配偶者特別控除の廃止、住民税、国民保険料の増額などで生活の危機を迎えている。
 重ねて、豊田一族はトヨタの大株主であるため、※2証券優遇税の恩恵も被り、5億円以上の恩恵を受けている。



 ※1研究開発費の「増加分」の15%を減税する方式から「総額」の10~12%を減税する方式に変更。
 ※2「上場株式」の配当と譲渡益への税率を20%から10%に減税。

 具体的な数字で言うと、

・バブル時の経常利益7328億円→税額4782億円
・07年度の経常利益1兆5552億円→税額4746億円


 減ってますがな

 ちなみに、ある派遣労働者は
 「8時間働いて日給6千円程度。手元に240円しかない日もある。」

 つまり、企業減税で足りなくなった分を庶民におしつけてつじつまをあわせているってこと。これが、「行財政改革」の正体である。これを、まだまだ続けるぞ!ってのが、自民党政権なのだ

 首相が変わったからって何かが変わるかもしれないなんて、そんな「空気」に騙されたら、ボクたちはもっと苦しむばかりである。

  
tama
←特別な日は花束を花束もって登録しに行こう

 朝9時くらい?
 今日は完全OFFのつもり。
 暑いので目が覚める。

 起きてから、
 自分がかなりへこんでいることに気づく。
 うつらうつら、そんなことを考えながら、
 午前中はベッドの中で過ごす。

 昼は『上海亭』で「上海ラーメンライス」
 なんだか食べたくなるんだよなあ。

 午後は声楽のレッスン。
 ここのところ発声が調子いい。
 イタリア歌曲も「千の風」も、
 手ごたえを感じられて、
 ほめられて、
 気分良かった。

 夕食は『ファミマ』の「おにぎりセット」
 カードを忘れて帰ったら、
 すぐに連絡があった、
 やっぱり「コンビニ」
 実にしっかりしたマニュアルができている。
 感嘆&感謝。

 夜は、「爆笑問題」の『近未来予測!』
 備えが必要なのはわかっているけど、
 なかなかできるもんではない。

 今は、『ドクター・ドリトル2』を聞いている。
 明日も祝日なので、
 OFFにする予定。
 へこんだ気分が、たぶんは明日元にもどるだろう。

 では、おやすみなさい。




 
関連記事

憑神

 8月12日(日) 阿波踊りの日 休職198日 晴れ ばてるよ~ 

今日から規則正しい日にするつもりだったけど、初日からくずれてしまいました。エアコンをかけっぱなしにしたのが敗因です。
 
tama
←そろそろ満員で~すアフィリ初心者は大急ぎでボチッと

 爆睡です。

 エアコンをかけたまま寝てしまったようで、
 あまりの気持ちよさに一時まで、
 寝てしまいました。
 気持ちよかったけど、
 なんか半日をムダにしたような感じです。

 起きて、調理パンとコーヒーでブランチ?
 新聞を読んで、
 シャワーを浴びてたら、
 もう、「声楽」のレッスンの時間。
 準備してでかける。

 十分すぎるほど寝たせいか、
 声の出は良い。
 ほめられた。うれしい。
 高い音が課題だけど、
 なんとなくできるような気がしてきた

 家に帰り、メールだけチェックし、
 夕食。
 『末広』で「かたやきそば」
 旨し。

 夜は『鉄腕ダッシュ』『ジャンクスポーツ』
 『メントレG』
 右ほほの腫れは少しずつ治まってきた。

   
tama
←新しいあなたのための指定席ですよ~登録するだけ、か~んたんです。ボチッと

 『憑神』(浅田次郎

 映画化が速かったですね。原作の方です。

 他の浅田次郎の作品と比べて、格別、おもしろいとは思わないけど、相変わらず読者の気持ちをつかむのは一流。読み始めるとすぐに集中できます。浅田作品では並の水準だけど、佳作です。

 舞台は江戸末期。御徒士番と呼ばれる直参の侍ではあるけれど、貧しい身上の別所彦四郎が主人公。忠義の心厚く、学問・武芸に秀でている文武両道だが、出世とは縁遠い不遇のラストサムライ。

 あるとき彦四郎が酔った拍子に「三囲神社」に願をかける。しかし、その神社は神は神でも「貧乏神」「疫病神」「死神」の三点セット。次々に彦四郎にとりついては、彦四郎の運命を変えていく。さて、彦四郎はどうやって、この局面を乗り越えていくのか・・・という話。

 江戸から明治に変わる時代の激変期を、しっかり歴史的な考証に裏づけをとりながら、「江戸開闢以来の武士」がどう行動し、そして一人の「武士」がどのように生きていくのかを描くことによって、読むものを見事に浅田ワールドへと引き込んでいく。そして、何よりも、主人公の描写がユーモラスでありながら、感動と共感を呼ぶ。そんな作品である。


 「今日の名言」-アイデンティティとはかくあるものー

 「お言葉ではござるがの」
 と彦四郎は神に向き合った。
 「物事の道理は、数の多寡で決まるものではござらぬ」
 彦四郎の気魄に睨み倒されんばかりに、疫病神の巨体はずいと退いた。
 神の意のままならぬ人間が、ひとりぐらいはいてもよいであろうと彦四郎は思った。
 「別所家には祖宗より伝わる家訓がござる。お聞き下されるか」
 彦四郎は着物の袖をからげた襷を解くと、黒縮緬無紋の御徒士羽織を着て、父祖の血染をとどめる御影一番鎧に向き合った。

 「かつて曾子が、師たる孔夫子より承った訓えでござる。自ら反みて縮からずんば褐寛博といえども、われおそれざらんや。自ら反みて縮くんば百万人といえどもわれ往かん、と。-さなる心構えを、匹夫の勇と笑うなら笑われよ。九頭竜関」
 
 神は嗤わなかった。


 「君子は民と共に歩む」民意を失った政権に徳などあるわけがない。
儒教は民への戒めよりも、より多くの君子への戒めがある。
 それが分からぬ権力者などは、滅び行くのが運命である。

 お休みなさい。 
 2007年3月25日(日)電気記念日 休職62日目 雨のち曇り 暖かい

 朝10時に起きる。
 やっぱり調子悪い。
 服後、
 ヴァイオくんと遊ぶ。

 昼は「金のカップヌードル」
 これで金シリーズ三冠制覇。
 ちょっとピリ辛味。

 お風呂に入り、
 「声楽」の復習。
 『Per la gloria d'adorarvi』と
 『Son tutta duolo』の2曲。
 『Per~』は高い音が難しい。
 こんなので『千の風になって』
 が歌えるのだろうか。

 先生は楽譜まで用意してくれていた。
 感謝。
 でも、少しずつ
 出るようになっているから
 挑戦してみる。

 『Son~』は2回目だから、まだ
 歌詞がわからない。
 これからだね。
 歌を歌ったら、
 少し楽になった。

 夕は『末広』で久々に、
 「チキンカツライス」をす。
 旨かった。

 夜はスティーブン・セガールの
 「死の標的」を見る。
 というか、見ながらブログを
 書いている。

 だから、今日は上の2曲の日本語訳を載せておく。実は、見るのはボクも初めて(笑)

 『Per la gloria d'adorarvi』(お前を讃える栄光のために)

 お前を讃える栄光のために
 私はお前を愛したい、いとしい瞳よ。
 愛すれば苦しむだろう。
 しかし苦しみながらもお前を愛し続けよう。

 歓びを得る望みも無く
 溜め息をつくのは虚しい愛情だ。
 しかしおまえの優しい眼差しに見とれながら
 誰がお前を愛さないでいられようか。


 まったく、もう、イタリア人って奴はだうん・・・

 『Son tutta duolo』(私は悩みに満ちて)

 私は悩みに満ち、苦しみしか無く、
 むごい苦痛は私に死を与えます。
 星も運命も神々も天も
 私にとっては暴君に過ぎないのです。


 う~む、こんなすさまじい歌を歌っていたのか(笑)

 歌詞が分かっても、声が出るようになるわけではないが、知ってみると「なるほど!」って思ったりもするな。

 

 
関連記事