FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年5月10日(土) 休職460日 

なので別項あげて書く。

ボクのうちでのバーベキューパーティの
メンバーは過去から現在までの知り合いABCD。
でも、なぜか場所はボクの実家。

家の坂の下まで車で荷物が運ばれる。
ボクはなぜか妙に重い荷物を休む休み家へと運ぶ。
大体、運び終えると、皆は家の中へ。

ボクはAが途中で残した荷物で、
中は氷と「しらたき」のようなものが入ったビニール袋がいくつか。
入っている紙袋を運ぼうとするが、これがまた重たい。

何度か持ち上げようとするが、持ち上がらない。
仕方ないので中身を全部出して分けて運ぶ。

家は実家なのだが、なぜかまだ新しく、
それでもボクは掃除をしてなかったことを思い出し、
恥ずかしいので、何やら言い訳をする。

BとDは縁側で囲碁を打ち、Aは台所の次の間で、
「離婚届」をみつけうらやましがる。

ボクは何やらあちこち、うろちょろし、Dと居間で話をして終わる。
話の内容は覚えていない。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


最近見るは、割と現実的なものが多い。
「鬱」で休み始めたときは、抽象的なものが多かった。

これは、何か関係があるのだろうか。
  
『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


スポンサーサイト



08年4月9日(水) 休職429日 中途半端な曇り 

なので別項をあげて書く。前回の続き。同じ日に見た

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 前回の「お散歩」ののあと、一度、目が覚め再び眠りについてから見た
 内容につながりはない。

 が、情景がリアルなことには変わらない。
 細部まで良く見える。
 ストーリー的には滅茶苦茶だけど・・・。

『九条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 通勤途上の駅。バスに乗ろうとしているところから始まる。

 バスに乗る前から知っている人と一緒にいる。
 会話の中身は覚えていない。

 そしてボクはバスに乗り込む。
 バスの経路は職場の経路と同じだが、微妙に違う感じもする。

 さらにバス停に止まるごとに知り合いが乗ってくる。
 でも、ことごとく、ボクにとっては、
 そんなに深い付き合いのなかった人たちだ。
 とてもに出るような感じではない。

 バスはどんどん走っているが、
 目的地には全然着かない。

 次のバス停で乗ってきたのは、
 ここ何年も思い出したことすらない、
 中学時代の友人だった。

 バスがなかなか着かないので、
 ボクは途中で降りて歩くことにした。

 ところが、これがの変なところで、
 降りた場所には小さな松が何本か生えていて、
 小さな看板に「マツタケ」と書いてある。

 よくよく見ると松の根元に茸が生えていて、
 少し細いけどマツタケと見えないこともない。
 ボクはたくさん抜き取って持って行こうとするが、
 あまりにたくさん取ったので、
 両手に余るほど。

 困って、道端に落ちていたコンビニのビニール袋を拾うが、
 中には真新しいコミック本が3冊入っていた。
 もちろん何のマンガかはわからないのだが・・・。

 そこで目が覚める。

 長い夢の第二幕。これは一体なんだろう? 


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!



関連記事
08年4月5日(土) 休職427日 良く分からず・・・雨はふらなかったようだ 

なんと夜までベッドの中、寝たり起きたりしながらうつつ・・・長いをいくつか見た。なので別項をあげて書く

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 ひどくリアルなだった。何がリアルかといえば、見ているものの細部まではっきりと見える。
普通のは割りとあやふやな部分があるのだが、記録映画を見ているような感じ。

 一言で言ってしまえば、散歩・・・放浪のなのだが、木々の一つ一つ、家や店の一つ一つまで実にリアルに見えるのだ。もちろん、ボクの記憶にはない道。

 さらに、これは良くあることだが、夢を見ている自分を自覚しているもう一人の自分がいる。つまり、自分の散歩を自分で観察している訳だが、時には夢の中の自分と入れ替わったりしている。

 そんな感覚なのだ。

『九条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 ボクは「知らない道」を歩いてみたいと思い、散歩に出る。
 山をさかのぼっていく舗装された道路だ。
 単調な道を歩いていくのに飽きたようで、ふと左側を見ると、狭い下へ向かう道が見える。
 舗装はされているが、左側は崖だ。

 ボクは好奇心に駆られて、その道を進んでいく。
 道はどんどん細くなり、崖から落ちる恐怖をながらも、更に下へと道を下る。

 もうどうしようもないほど、狭い道でつかまる所も右側のコンクリートで固められた斜面しかない。

 分かってはいるのだが、結局、ボクは足を滑らせ、崖から落ちそうになる。いや、落ちる。

 必死でつかまるが、何となくボクの腕の力では自分の身体を持ち上げられないと思う。
 でも、落ちるのは嫌だ。ふと右側を見ると、朽ちかけた木のようなものがある。

 何とかそれに足をかけ、崖下には落ちないで済んだ。

 ボクは「もう二度とこんな危険な場所には来たくない」と思い、来た道を戻る。
 上へ向かう分には危なくはないだろうと先へ進む。

 今度は、左側の石畳の敷いてある細い道へと寄り道をする。途中で人と出会い、
 「そちらは行き止まり」だと言われた気がするが、はっきりしない。

 とにかく、その道を行くと、細いくねくねと曲がりくねった路地であり、いつのまにか広い道に出る。
 そこには駄菓子屋があり、のぞいてみるが誰もいないようだ。

 さらに先へ山道のようなところを先に進むと、行き止まりに寺があった。
 品の良い老夫婦とすれ違う。
 会話は交わさず、ボクは来た道とは逆の道から出ようとするが、
 その出口には記帳台のようなものがあり、良くある坊さんの説法書のようなものも置いてあった。

 そこで、1回目の夢は閉じる。
 ボクの見る夢とは思えないほど、ありふれた夢で、崖のシーンを除けば、本当にボクの日常そのものであった。

 <続く>

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!



関連記事
なので、別項をあげて書く。法事の前々日に見た

 夜、墓参りをしている。
 墓は二つ並んでいて、両方とも傾きかけている。
 なぜか、それは石ではなく、
 複数の木でできており、
 その両方ともを建て直し、土を盛り、ひもでくくる。
 真ん中に祭壇のようなものがあり、
 それは神道の祠のように見えた。
 墓の左側は竹林。その向こうに川が見える。

 そこにお坊さんが通りかかる。
 挨拶をするが、無視される。
 ボクはそれを「無言の行」だと思う。

 寺の本堂からは「デンゴン」だか「シンゴン」だかの言葉が、
 繰り返し聞こえる。

 そこに親族(たぶん兄)が昔のタクシーのような車でかけつける。
 ボクはなぜか、「いつも良いところを持っていかれると思う。」

 久しぶりのの記録。みたままを記録するのは、これが、なかなか難しい。
 なので別項あげて書く。

 旅行のだが、なぜかジャイアント馬場みたいな男と何人かで旅に出る。旅の途中でバッグか何かを盗まれる。駅員さんみたいな人と話すとかなりはやっているらしい。

 しかし、の中のイメージは飛行機なのだが・・・

 次のシーンは、犯人を見つけて、「ランニングネックブリッカードロップ」で倒してボコボコに・・・ただし、この辺の記憶は曖昧。ボクは「悪人の一味だから滅ぼさないと」と思うが、みんなが来て、「やめよう」という声も。

 さらに次は、なぜか自転車でものすごい速さで移動。道が二つに分かれていて、一方は普通の長い坂道。もう一方は草ぼうぼうの坂道。どうするか迷うが、草の道を選ぶ。

 坂の下に転落すると、そこにはたくさんの種類の麻薬植物。

 見張り番らしき人をあっというまに「ランニングネックブリーカードロップ」でボコボコに(笑)

 そこにボスらしき者が出てきて、「やはりオレが相手をしないとダメのようだな」と言う。なぜか、アントニオ猪木だと思う。

 死闘が始まる(大笑)

 カール・ゴッチの死とプロレスの記事を読んだのと、仮面ライダーがごっちゃになったようだ。
関連記事