FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年6月20日(金) 休職503日 ほぼ雨
暑くなってきましたね。みなさん、体調には気をつけましょう

最近、日がたつのが早くなっているような気がする。

 今週は水曜日だけ落ち込み、
 あとはフラットな感じ。
 しかし、生活に刺激がない、張りがない

 晴れている日は図書館へ行ってお勉強。
 後は家でごろごろ寝ている。
 今日も二度寝した。

 今月は、週末には色々予定があるが他はあんまりない。
 来週にクリニックと職場へ行く予定がある程度だ。

 まあ、取り合えず元気なだけ良しとしよう
 
BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

キサラギ』(映画)
kisaragi
 今が旬の「小栗旬が主演の密室劇スタイルの作品。
 密室劇ってのは、ほとんどがひとつの部屋(舞台)の中でお話が完結する形。
 ミステリーには結構あったりするけど、この作品も一種のミステリー仕立て。

 1年前のマイナー系グラビアアイドル「如月ミキ」の焼身自殺を悼み、
 ネットで知り合った初対面の男たち6人が集まり、追悼の会が開かれる。

 「会」を企画したのが、「小栗旬」演じる、ハンドルネーム「家元」
 「ミキ」の私設ファンサイトの管理人だ。
 集められたのは、そのサイトの常連達で、皆、熱心な「ミキ」のファンだ。

 初めのうちは、みんなで思い出を語りあったり、レアな写真を見ようと期待したりするのだが、
 一人だけ妙に偉そうで不機嫌そうな男がいた。
 ハンドルネーム「おだゆーじ」(ユースケ・サンタマリア)だ。

 彼は「ミキ」は自殺ではなく他殺だと主張する。
 1年間、彼はこの事件を調査し続けていたらしい。

 そこから始まる真相の究明と意外な真実を、ユーモラスに描いてみせる作品だ。
 話は二転三転、四転五転する。

 出演者のおたくっぷりもなかなかおもしろい。
 肩肘はらずに見ることができます。


 『今日の名言』-取りとめがありませんが、想像してみてくださいー

 「現実なんて何の意味がある?自殺の理由なんか確かめたってミキちゃんが生き返るわけではない」

 「彼女の気持ちも知らないで『がんばって下さい、がんばって下さい』って・・・」

 「実際に何が起こったのかなんて誰にも分からない」

 「アイドルは虚像、まさに、その通りです」

 「物事に偶然はない。すべてが必然だ」


『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

 明日は東京に私用でお泊りです。
 今年の新年以来の外泊になります。

 お金がないので、宿はカプセルですが・・・

 無事帰って来れる事を願っています(疲れそう・・・)

 お休みなさい。
BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


スポンサーサイト