FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
晴れ~。涼しくて過ごしやすい

最近読んだというか眺めた本の紹介。「心理学」や「心理療法」の近接領域かな。『夢占い大事典』
著者は「夢占い」ではなく「夢解き」(夢の解釈の仕方)と言っているが・・・。割と興味のある分野だ。


夢占い大事典(不二龍彦)』(読書)
夢占い1
惹句にいわく、「日本で一番詳しい夢事典!」
確かに3cmくらいの厚さはある。「事典」なので、語句を引くもの。基本的な意味するものと、「吉凶」両方の意味、解釈のポイントが記されている。
例えば、こんな感じ。

[やみ 闇]
基本的な意味:「運気のふさがり」や「出口の見えない精神状態」を象徴します。
解釈のポイント:しばしばこの夢を見るなら、心を病んでいる可能性があります。
吉夢
・「闇が晴れる、闇の世界から抜け出る」 それまでの不調から解放され、道が開ける。
・「闇の中にポツンと明かりが見える」 進むべき方向が見えてくる。
凶夢
・「自分が夢の中にいる」
①見通しがまったく立たない。②精神的に極度に行き詰っている。

「事典」なので、全体の紹介はできないが、その前書き的な、「夢解きのポイント」を要約する。

A夢は未知の外国語だと思え!
(夢に表れたものをそのまま日常の言語にしても無理。概念ではなく象徴としてとらえること。)

B夢の意味には二つの顔がある。
①多くの人に共通の普遍的な意味。
②自分だけに通じる個人的な意味。

C夢のビジョンには、必ず自分との接点がある。
まず、「自分だけに通じる個人的な意味」を探ることが先決。

D打ち消しに注意せよ。
出てきたシンボルが、どんな状態か、どうなったか、あるいはどうなろうとしているかを注意深く観察することが大事。

E自らの現状に即して判断せよ。
夢はその人が置かれた状況、年齢、性別などによって、まるで違う。

F目覚めの時の印象・気分をチェックせよ。

G「雑夢」か「予知夢」かチェックせよ。
(夢には「雑夢」と「予知夢」があり、後者の方がかなり明晰だとのこと)


ボクは占いの類はまったく信用しないけれど、スピリチュアルなものを否定はしない。
それは相当の歴史を持って、現代まで生き抜き、多くの人を癒して来ているからだ。
その効用は否定はできないと思う。

ちなみに、「ジェイムズ・R・ルイス」の「夢の事典」によると、
「闇」(Darkness)は、「他の多くのありふれた日常体験の要素と同様に、暗黒は、広範囲なものを表すことができる。光の対極物としての暗黒は、悪、死、未知への恐れ、喪失感を表しうる。夢に表れた暗さや暗い部分が、無意識、子宮、目に見えない可能性を象徴することがよくある。あらゆる夢の象徴の場合と同様、夢全体の雰囲気と背景から、どの解釈が適切なのかが分かる」としている。


励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト



関連記事
晴れどピーカンだよしかも暖かい。半そでの人もいたよ~。

『和』の心理療法の第5弾。『構成的グループ・エンカウンター』についての覚書。
心理療法というよりは「心理教育」と言った方が正確かな。
『グループ・エンカウンター』自体は、あの「カール・ロジャーズ」も行なっていた手法ではあるが、「構成的」なものとして体系付けて構築したのは日本オリジナル。『和』に分類してもいいんじゃないかな。


構成的グループ・エンカウンター(SGE)』(心理学)

ルーツは60~70年代のカルフォルニアの「エサレン研究所」
当時「エサレン」は「人間性心理学」のメッカ。「ロジャーズ」を初め、「マズロー」・「フリッツ・パールズ」・「ビクトール・フランクル」などそうそうたるメンバーが揃っていた。
そんな中で『グループ・エンカウンター』は生み出されたのである。


エンカウンター1
それを『SGE(Structured Group Encounter)』として、開発・普及につとめたのが、教育者であり、カウンセリング心理学者・大学教授の『國分康孝』氏だ。

彼は、『構成的グループ・エンカウンター』(以下『SGE』)を「集中的なグループ体験であり、<ふれあい>と<自己発見>を通して、参加者の<行動変容>を目標とし、究極的には<人間的成長>を目指すもの」と定義づけている。
キイワードは「在りたいように在る(Courage to be)」・「感情交流」・「自己覚知(Self awareness)=感情体験を伴う気づき」
思想的・理論的には「実存主義」と「ゲシュタルト療法」が二本柱。

エンカウンター2
基本的な流れは以下の通り。


①インストラクション(導入・説明):趣旨説明・エクササイズ(課題)の内容、進行方法、ルールの説明。
②エクササイズ(課題・活動):目標に合わせて6つのねらいと行動変容の3つの「ボタン」?の組み合わせによって最適なものを選ぶ。
 6つのねらい=「自己理解」・「自己変容」・「自己表現・主張」・「感受性」・「信頼体験」・「役割遂行」
 3つの行動変容(変容を目指すもの)=「感情」・「思考」・「行動」
③シェアリング(思いの共有)=エクササイズを通して気づいたことや感じたことを話し合い共有する。

「構成的」の構成とは「枠組み」のこと。具体的には、エクササイズが決められていること。グループであること。そして、ルールと時間が決められていることである。これは、参加者の「心的外傷」を防ぎ、効率的・効果的に進めるためのものだ。

一番、分かりにくいのは、エクササイズだと思うが、今や何種類あるかわからないほどあり、今も開発されている。
例えば「サイコロ・トーク」とか、「ブラインド・ウォーク」・とか「内観(簡便なもの)」とか「傾聴訓練」とか・・・。

シェアリングは参加者の認知の修正・拡大を求めるものだ。

こういったものが複雑に組み合わさって、まさに「構成」されている。教育現場での普及は拡大しており、ほぼ学校で行なわれているが、企業の研修にも使われている。グループのメンバーの質と量の勘案が難しいところだ。常に等質とは限らない。

ボクも何十回となく、実践したが、なかなかうまくいかないこともあった。有効な「心理教育」で、面白いのだが、リーダーの力量とメンバーの意欲も関係する。万能ではないということかな。いや、万能な方法なんてないな

さて、5回に渡って紹介してきた『和』の心理療法であるが、次回で一区切り。
ちょっと、散らかった頭を整理して、取りこぼしてきたことを補って、凡人なりの見解をまとめたいと思う。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
関連記事
18年2月11日(日)  晴れ。暖かい。このまま春になれば良いのに

大分、『箱庭』で使うパーツ(素材)が揃ってきたので、随時、紹介することにする。でも、これら保管するの、結構、大変
でも、増えていくとテンションがあがるよ
今日は『動物フィギュア』リアル編。


箱庭』のパーツのご紹介1(箱庭

箱庭パーツ1
どちらかと言えばリアルな動物さんのフィギュア素材。この写真はほぼ全員集合。
動物はプリミティブな素材なので、『箱庭』では頻繁に登場する。
写真をクリックすると、拡大されると思う。


箱庭パーツ2
サバンナ系と牧畜系と愛玩系があるかな。
縮尺は意識する必要はない。心の「見立て」なのだから・・・。


箱庭パーツ3
ちょっと種別に偏りがあるのは勘弁。
必要な動物をセットで集めると、重なりが生じるせいだ
一式の『箱庭』用のセット販売もあるが・・・。


ボクは一つ一つ自分で集める主義。
故「河合隼雄」氏を始め、多くの心理療法者が採用している。
集める時にも、心は揺れ動いているのだ。


箱庭パーツ5
並べている時に、どうしても、色々創りたい気持ちになったが、今日は我慢
総勢、約100体なり。


<日記> スルー推奨。読みたい人だけ「続きを読む」をクリックしてね。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加