FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 平日。天気、晴れ  気温、室温で7度! 朝5時に目覚める。寒いので「あと5分」「あと5分」と引き伸ばして6時半にベッドを出る。何と・・・普通ではないか。夜中、3時くらいに1回目覚めた。少し息苦しい感じがして、「喘息の発作」かと恐怖を覚えた。独り身での緊急事態は本当に恐ろしい。でも、すぐに又寝入ってしまったけれど・・・

昨日、あれほど怖れていたのに、拍子抜けするくらい今朝の目覚めはあっけなかった。朝の気分もまあまあ良好。

 すぐに着替えて、ひさしぶりに目覚ましテレビを見る。「トレドミン」を一錠に減らし、「トフラニール」を2錠飲んで、「愛ちゃんの天気予報」を見て家を出る。ここまでも平常どおり。

 朝食、「ファミマ」で玉子サンドを買い、車中で食す。

 仕事も平常どおり過ごす。口がかわきうまくしゃべれなくて困る。汗も出て、暑いのか、寒いのか分からない状態。でも、副作用がでている
ということは、が効いているということだから、仕方ないか。

 昼食、焼きそばにカニかまぼこのサラダ。普通に食欲はある。

 午後、仕事で一段落したので、安定剤の「ソラナックス」を一錠。少し多すぎるかと思ったが、眠くなったのは最初だけ。少しうたたねをするとおさまった。気持ち的には安定している。毎日、こうだと良いのだけれど・・・。

 6時、職場を出て帰宅。7時、鳥そぼろ弁当とおにぎりを1個食す。家に「ワタミ」の配当のお知らせが来ていた。ここのところ株価が下がりっぱなしで、15000円くらいの含み損。ボクは高値で買ってしまったのかな。それでも配当は出る。一株5円。個人株主が半分くらいを占めている会社だから、株主を大切にしないと先がない。今年は業績も去年より下がったようだ。それでも、強気の多角経営。大丈夫かね・・・。

 ちなみに、「愛眼」も、株価は「ワタミ」よりは安いけれど、一株配当は8円と「ワタミ」よりしっかりしている。優待の半額券が半分に減らされてしまったけれど、それなりにがんばっている。


 でも、この配当の受け取りって、わざわざ郵便局まで行かないといけないから面倒くさいんだよね。振込みにすることもできるけれど、手続きが億劫。去年のも、そのままにしてあったりして・・・。今年はちゃんと受け取らないとね。

 さて、明日は天気予報で「氷雨」って言っていた。本当に寒そうだ。暖房のタイマーセットをして、寝ることにしよう。

 「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」
    ワタミ第21期中間報告書「会社経営の基本方針」より

 ほんまかいな・・・・。
スポンサーサイト



 平日。朝3時15分に目覚める。例によってベッドからは出られない。床につく時間は同じなのに、どうして起きるのが早くなっていくのだろう。二度寝はできず、ネガティブなイメージばかりが湧いては消えていくが、精神的には安定。不安感や焦燥感は少ない。バイオリズムの底は脱した感じだ。

 昼、昨日食べられなかった「上海ラーメン」を食べに「上海亭」へ行く。途中、歩道橋の上で脳の後ろ側が引っ張られるような感覚が2回ほどして眩暈を感じる。こうした感覚は朝方に多く、の副作用なのだろう。「上海亭」は昼時で多少込んではいたが、無事に入店できた。「ラーメン」の味は、何となく濃かったように思う。

 食後「トレドミン」と「トフラニール」を2錠。風邪を半分摂取。状態から考えると、それからでも職場に行けたような気もしたが、やはり休むことにした。「休む」ことに鈍感になってしまっている自分がいやになる。

 部屋に戻り、新聞を隅から隅まで読んで時間を潰す。眠らないように他のは飲まないようにした。メールをチェックし、ついでに、今日届いた「安愚楽牧場」の資料にも目を通す。養殖牛を共同購入をすることで、最終的な予定売却利益と元本にあたる買取価格とを合わせて顧客が利益を得る方式。たとえば50万円で養殖牛の1/4を3年間保有すると
年1万6千円の利益が上がる。だから、3年後には54万8千円が手元に入ってくる仕組みなのだ。本当ならば、銀行に預けるより高い利率になる。
立派な投資商品で少し心が動くが、要検討。しかし、CDまでつけて、資料を送ってくるのだからたいしたもんだね。

 夕方、「○○家」にてカレーライス。500円なり。昼間のランチだと牛乳とヨーグルトが付いてくる。あまり辛くはないが、庶民的なカレーの味だと思う。昼と同じを飲む。のことばっかり書いている気がするが、これは、どの飲み方がベストなのかを知りたいため。そもそも、このブログを始めた理由の第一は、自分の病気と生活の問題点がどこにあるのかを知るための記録用。ただ記録するだけでは長続きがしないだろうから、ブログで公開してみたのである。でも、最近は、これを書くのが楽しみになってきているけどね。

 『密やかな結晶』(小川洋子)の読書は停滞中。海堂尊の『ナイチンゲールの沈黙』を読了。『チーム・バチスタの悲劇栄光』に続く医療ミステリーの第2弾。不定愁訴外来(通称愚痴外来)の医者「田口」と厚生労働省の「医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長」という長い肩書きの「白鳥圭輔」の二人が中心になって医療現場に起こる事件を解決していくというのが、基本的なストーリーなのだが、この人は圧倒的に人物描写がうまい。「キャラが立つ」とでも言ったほうが良いかな。出てくる人間がみんなチャーミングで楽しい。個人的には前作『チーム・・・』の方が好きだが、『ナイチンゲール・・・』も、科学では解き明かせない驚愕するような現象なども出てきて不思議な感じ。トリックはどちらもたいしたものではないが、一気に読ませる力のある、数少ないストーリーテラーだと思う。

 さて、今日は「デパス」を2錠飲んで寝ようと思う。「メイラックス」は効き目が長いというから、何か変化があるかもしれない。明日こそ絶対職場復帰するつもりだ。

「歌の入れ物は沈黙。歌を養うのは拍手。拍手は一杯の水、陽の光。身体全体で受け止めなさい。そして大きく育ちなさい。拍手に虚飾はない。信じなさい。信じることがすべて。だって私たちは、意味なく生まれ、そしてただ死んでいくだけの、はかない存在に過ぎないのだから
     『ナイチンゲールの沈黙』海堂尊

 
関連記事
 平日。3時30分!起床。ベッドから起きられはしなかったから、起床という言葉は適切ではない。目覚めただけである。日に日に「目覚め」が早くなっている。これは一体どうしたことであろうか。

 二度寝をすることもできず、かといって、起き上がることもできず、悶々として過ごすこと何と10時間!職場に連絡することもできず、職場からの連絡もなく、「あきらめられたか。」とは思いながらも、その方が不思議と気持ちは安定している。

 何もやる気も起こらず、中島らもの本をもう一回読み直す。何か回復するヒントがあるかと思って・・・。「睡眠障害がと密接な関係がある」との指摘に不安が募る。最近、朝の目覚めが早くなっているのは明らかだ。

 13時になって、昼食のために家を出る。「上海亭」で「上海ラーメン」を食べようと思うが休日。「上海ラーメン」は豚の角煮が乗っているだけの何の変哲もないものだが、食欲が無いときでも、不思議と食べられるから重宝している。仕方ないので、同じ中華料理の店「朝廷」に向かう。ここはけっこうおいしいから、もっと利用したいけれど、歩きだと少し遠いのが難点。今日は「五目やきそば」、麺が細いので、口の中でちくちくしないので、食べやすい。味は少し濃い目だが、舌がにぶっているので丁度良い感じだ。「トレドミン」と「トフラニール」を2錠ずつ。風邪薬を通常の半分の量を摂取する。

 満足して、次はビデオ屋へ。仕事を休んでいるのに、ビデオとは・・・と少し後ろめたい気にもなるが、前のやつの返却期限が今日なので仕方ない。竹中直人が監督主演の『無能の人』とアニメの『東京ゴッドファーザーズ」を借りる。『マスクオブゼロ』を最初は借りようと思っていたのだが、店員さんから、「一回借りてますね。」と言われ混乱する。記憶がないのだ。

 帰りに、二度と今日は外に出なくてすむように、セブンイレブンにてお弁当「幕の内」を購入。

 家へ帰って、メールのチェック。ここの所のスパム対策がうまくいったのか、八割はスパムをカットできている。対策と言っても、メールの受信ルールをこまめに設定するだけだが、良い感じである。

 今日は眠らないために他の薬は飲まないようにして、入浴とパソコンをいじって過ごす。お風呂に入るのは3日ぶりなので気持ち良い。元々お風呂は大好きなのだが、なかなか入る気も出てこない。つらいというよりは「困ったなあ」という気持ちだ。

 七時に弁当を食べ、上記の薬を再び飲む。DVDで『無能の人』を見る。実在の漫画家、「つげ義春」の原作だが、その世界を映像にするのは難しかっただろうなと思う。決して面白い作品とは言えない。「つげ義春」の漫画の世界を映像化すると、妙に生生しくなって生活観が感じられてしまう。描いている内容は、「つげ義春」の漫画のエピソードをいくつかつなぎ合わせた感じで、感覚は間違ってはいないのだが、何かただの貧乏人の話になってしまっている感じ。それにしても、竹中直人は最近ドラマや映画に出すぎ。ちょっと前のロバート・デ・ニーロみたい。

 「つげ義春」の本はいっぱい出てるけれど、漫画はちょっと手に入れにくいかも。ボクは『貧困旅行記』というエッセイが好き。どれも侘しい旅で、ちっともうらやましくないんだけど、間に挟んである写真やイラストが秀逸。こんな鄙びたシーンに美意識を感じるのは、やっぱり凡人にはできないことである。

 インターネットで、「朝日Nvestグローバルバリュー株オープン」を10000口購入。好調に価額を伸ばしているので、少し買い増しをした。他の株等は上がったり下がったり、下がったり下がったりで、どうもうまくいかない。まあ、あんまりもうけは期待してないけど。

 今日はデパスとメイラックスを一錠ずつ。以前と同じ処方で飲んで寝たいと思う。明日は職場に行けそうな気がするのは、薬のせいだろうか。

 世の中の関係からはずれるということは、一時的であれ旅そのものがそうであり、ささやかな解放感を味わうことができるが、関係からはずれるということは、関係としての存在である自分からの解放を意味する。
         『貧困旅行記』 つげ義春 
関連記事