FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年1月29日(火) 休職360日 曇り、時々雨

出勤日ちゃんと行ってきましたよ。

BlogRanking2←応援クリックお願いします!


 う~ん、寒くて、眠くて、
 今日はつらかった。
 寒い日の雨は本当に嫌だ。

 えいやっと気合を入れて出勤。
 何とか行くことはできたが、
 散歩は断念。
 体への負担が多すぎる。

 だから、今日は、
 歩数3644歩
 距離1.45Km
 カロリー117.1キロカロリー

 全然、歩いてないね。

 今日はひょんなことから、
 「戦争と平和」について考えた。

 結論、やっぱり「戦争」に良いところなし。
 金も人も環境も壊したあげくに、
 儲かるのは勝者でも敗者でもなく、
 一部の人間達だけだ。
 戦争に協力するだけで、金がかかる。
 給油支援も同じこと。

 遠い国ではガソリンをただで供給し、
 国内では、石油の値上げで大変なことになっている。
 変だとは思いませんか?

 ボクは変だと思います

 そして、そんなことをしなければならないのが、
 この国の不幸だと思います。

 今日は久しぶりに政治・経済の話です。

「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 『非情と強欲』-「仕組み」の経済学

 この国の行政機構は、戦後60年をかけて巧妙極まりない酷薄な仕組みを作りあげてきた。この結果、経済活力は失われ、社会は疲弊している。その仕組みの主なものは、

1.下克上
 国民は政治家を代理人(エージェント)とし、政治家は官僚を代理人として、行政を委ねる。代理人が依頼人を裏切る例は古今に満ちあふれている。

2.傀儡大臣
 組織力を誇る官僚に対し、政治家は落選の恐怖におびえる個人事業主に過ぎない。多くが大臣を目指し、運良くなれば官僚の傀儡と化して利潤追求を図る。

3.インセンティブ
 人はアメとムチで動くが、憲法の定める納税義務によって、行政は自動的にアメを得る一方、虚構の無謬性神話で役人へのムチは失われている。

4.利益相反
 行政府の多くが業界規制と業界育成という利益相反的機能を有する。官僚は、これを巧みに使い分け、業界との癒着と利権拡大を図ってきた。

5.局所最適
 自己肥大化という組織の目的が共通なため、誰も全体快適を目指さず、省益・局益の最大化を目的とし、ムダと非効率が蔓延する。

6.年功型終身雇用
 行政機構では、年功型終身雇用の維持が目的化し、独法など様々な官製法人を乱造し、業界への天下りもやまず、国民経済の効率性を阻害する。

7.ガバナンス
 この国の行政機構には、会計検査院といった機能不全の監督機能しかなく、組織の暴走を防ぐ仕組みとしてのガバナンスは無力に等しい。

8.非情と強欲
 組織と目的合理的なため、非情なものであるが、この国の行政機構の目的が官僚の互助繁栄と化しているため、自らに強欲、民に酷薄なものとなっている。

 冷静な行政機構の桎梏から国民を救済する政治家が登場すれば、救国の英雄となる。 


朝日新聞 1月29日(火)朝刊 「経済気象台」(四知)さんの記事から



 ちょっと難しいけど、良くまとめたなあと感じいりました。
 要は、国民とは・・・庶民とは、関係なく利益関係によって行政は成り立っているってこと。

 以前、何かの討論番組で、ある東大生が「我々は、東大に入るために、一生懸命、努力してきた。官僚になって、天下りして、何が悪い」という発言を聞いて目が点、耳を疑いました。

 もうけたいんだったら、そのお頭を生かして、金儲けの道を選んだ方がいいでしょう。
 東大卒業は国民が認めた資格じゃありません。
 その意味では、国民の審判がある、政治家の方がまだましだと思いませんか。

 全員ではなく、ごく一部の人間だと思いますが、今の政治状況を見ていると、「おかしい」と言わざるを得ないことばかりです。

 橋や道路を新しく作って、地域が潤ったことなんか、本当にあるんですか。
 庶民は多少不自由をしても、減税が願いじゃないんですか。
 そして、税金はを払う以上は有効に使って欲しいんじゃないですか。


 まずムダを極力はぶき、今の「生きる」ことに関わることに重点的に配慮して、その上で、新しいものをつくる。つまり、将来に借金を残さないことが第一ではないでしょうか。

 ボクはそう思います。

 明日は出勤。

 お休みなさい。

BlogRanking2←良かったら応援クリックお願いします!






スポンサーサイト
 10月5日(金)時刻表記念日 休職250日 晴れ。

明日から三日間、ブログをお休みします。コメントへの返答はできますので、どこでも好きなところに書いてくだされ。では、

 
tama
蜜柑の花が咲いている~アフィリ初心者はオレンジッと

 「沖縄」の県民の叫びが国を動かそうとしています。これこそ、庶民の力!久しぶりに快哉を叫びたい気分です

 『真実を』-若い決意ー

 「うそを真実と言わないでください。」高校生の訴えが胸をうちました。沖縄戦「集団自決」の検定意見の撤回を求める県民大会(9月29日 宜野湾海浜公園)県民10人に1人、11万人が参加する空前の規模となり、高校生や教師をめざす大学生の姿が目立ちます。歴史をゆがめる勢力に島ぐるみで抗議の声をつきつけました。
             (しんぶん赤旗 日曜版 10月7日号)



 高校生代表二人の発言から

 「尊い命が込められている」(照屋奈津美さん)

 会場に来ている人たちはみんな同じ思いです。そう思うと、11万人の人たちを前にしても緊張することなく発言できました。
 祖父が戦争の話をしてくれます。あの時、小学校6年生で、卒業証書を受け取ることができなかったといいます。
 数年前、母校の100周年記念行事で卒業証書をもらって、とてもうれしそうな顔をしていました。そんな祖父も「立派な海軍将校になることが夢だった」といいます。それを聞くと切なくなります。
 日本史の教科書はとても分厚い。沖縄戦や「集団自決」の記述はその中の一文だったり、数文字だったりします。でも、そこに、あの戦争で失われた尊い命が込められているのです。
 教科書を変えようとする人たちは、戦争体験者たちの証言を否定することになります。たとえ醜い歴史でも、消し去るのでは、何も学ばないと同じこと。 私は日本史の先生になりたい。ウソを書いた教科書で学びたくないし、子どもたちに教えたくもありません。


 「教科書にウソ書かないで」(津嘉山拡大さん)

 11万人の人たちが参加していると聞いた時、心の底からうれしくなりました。大会が成功することで、本土の人たちにも見えるんじゃないかと。
 おばぁがタオルを手に握り締め、うなずいてくれた。高校生の姿もありました。多くの人たちに見えるように顔をあげ、「集団自決」に日本軍の関与があったこと、それを次の世代にも伝えようと訴えました。
 僕の曾祖母は、ガマの中にいて米軍の攻撃を受けた時、祖母に覆いかぶさるようにして守ったといいます。曾祖母は銃弾にたおれました。
 教科書を変えようとする人たちは、沖縄を見に来て、歴史を調べているのでしょうか。戦争の悲惨さについてどれだけ考えているのでしょうか。
 僕は本を読む面白さを教えてくれる先生に出会えました。だから国語の先生になりたい。
 教科書は、学校での学びの基礎です。生徒は教科書を信じます。書き換えればウソを信じるようになります。ウソを教えたくない。書き換えはやめてください。


 この11万人の呼びかけ・行動に、渡海紀三郎文科相は状況した県民大会代表と面会し、
 「関係者が知恵を出し合って、みなさんのお気持ちを反映させることができないのか」と述べ、記述見直しの可能性に言及。

 続いて、福田首相も、国会の答弁にて

 「06年度の教科書検定は、沖縄の集団自決に関する記述について軍の関与を否定するのではなく、集団自決された沖縄の住民のすべてに対して自決の軍命令が下されたか否かを断定できない、という考えに基づいてなされたと承知している。」と述べた。そのうえで「沖縄県民の思いを重く受け止め、文部科学省でしっかり検討している。」と述べ、教科書会社から訂正申請があった場合には「真摯に対応する」と同省の姿勢に理解を示した。
 さらに首相は「沖縄戦は住民を巻き込んだ悲惨な戦いであり、これからも学校教育においてしっかり教えていかなければならない」と強調した
                 (朝日新聞 10月5日 朝刊)



 また、民主党は「検定やり直しを求める国会決議案」をまとめ、他の野党にも賛同を求め、提出するという。

 一方、教科書を変えさせたい人たちはこんな動きを・・・

 「検定委員の撤回拒否を」-つくる会、文科省へー

 沖縄戦で日本軍が住民に「集団自決」を強制したとの記述が教科書検定で削除された問題で、「新しい歴史教科書をつくる会」は4日、文部科学省に対して検定意見の撤回をしないように申し入れた。記者会見した会長の藤岡信勝・拓殖大学教授は「軍の命令や強制がなかったことは実証された史実」であり、教科書会社による訂正を認めることは「検定制度の枠組みを外部の圧力によって有名無実化することになる」と述べた。
                    (朝日新聞 同日 朝刊)



・・・アンタこそ、その外部でしょうが!!ボクはこんなに恥しらずな奴らを今まで見たことがない。「戦争を反省」することを「自虐史観」と言って攻撃し、先の戦争を「正義の戦争」と美化する似非右翼。

 文部科学省はこういう外部の圧力に屈せず、真摯にこの問題に取り組んでもらいたい。

  
tama
苺は草の下に母がいる!何か意味があると思った人は登録しよう

 今日は、本当に書くことがないので短めに。

 昼ごろ起きて、
 メールをチェックし、
 昼食へ。

 帰ってきて、
 またルーティンワークの続きをして、
 寝る。

 5時すぎに起きて、
 ぼーっとして、
 夕食をとりに行く。

 夜は静かにテレビを見て過ごす。

 昼食『上海亭』の「上海ラーメンライス」
 夕食『上海亭』の「ホイコーロー定食」

 明日は早いので、
 もう寝ます。

 おやすみなさい。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。