FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
曇りだ。それはどうでもいいが、あんなに在ったボクのメガネは最後の一個になってしまった。メガネってそんなに無くなるもんかなって思う。こだわりはないが、今後また新しくしなきゃならないときに金がかかると考えると、つらい。ボクは貧乏なのだ。貧乏は日常だし、それを話題にする気は無いが、まったく納得がいかない。メガネ分・・・ボクにも幸せを分けて欲しい。

今日は、また「新海誠」さんの映画の紹介だ。ボクの過去記事を読むと、あんまり評価してないなって思う人もいるだろうなとは思うけれど、ボクは稀有の才能だと思って注目しているんだ。ただ、何となく、本当に何となくなんだけれど、違和感があることは確か。でも、それが何であるかはうまく説明できない。凡人の頭では無理だ・・・。


星を追う子ども新海誠)』(映画)

最初に直球で感想だけれど、批判もされるかも知れないけれど、傑作だと思う。ファンタジーの映画で、絶対ジブリを意識しているし、挑戦というか、乱暴にいうと、超えてやるみたいな思いを感じる。

星子1
あらすじというかストーリーはちょっと複雑で、いろんな心の綾とかあって、説明するだけで疲れちゃうので、他のサイト等を参照してほしい、Wikiでよければリンクを貼っておきます
星を追う子ども

舞台は具体的には良く分からないけれど、山間部の自然の豊かな集落。時代は黒電話を使っているので、昭和の初期から中期位かな。重要なモチーフに鉱石ラジオが使われているんだけれど、これも、ボクの子ども時代を彷彿させる。
しかも、山の中の秘密基地って・・・もう、おじさん世代には懐かしさ満載である。

主人公は女子中学生の明日菜。女の子が秘密基地だぜ・・・。
でも、彼女は幼い頃に父をなくし、忙しい母と二人暮らし。家事のほとんどは彼女がやっている。孤独なんだ。
そんな彼女が放課後いつもどおり、秘密基地に向かうと、いきなり怪獣と出会う!ピンチの彼女を救ったのは「Shin」と称する同年代の若者。実は彼は地下世界「アガルタ」から来た少年なのだが、明日菜と気持ちが通じ合った翌日に死体として発見される。
何だ・・・この複雑さ・・・。

その後、その不条理に納得ができない明日菜は、ある日、新しく赴任した教師から日本神話の「イザナギ・イザナミ」の話を聞き、さらに、世界には地下世界の神話が多く残っていることを知る。そして、その中に「アガルタ」という名称があることも・・・。

そこから、彼女の冒険が始まる。実は、その教師も愛する妻を失った経験があり、妻の再生を願っている。だから、二人は一緒に地下世界へと旅立っていくことになるのだ。


星子2
色んな事件や活劇もあって、ここからは完全にファンタジー。物語の定型をうまく使っていて、定石は外していないかなって思う。

少女が少女から一歩だけ大人になるってことかな。「少女の愛が奇跡を起こす」って有名なコピーがあったが、ボクは、誰が言ったか知らないけれど、「少女は一生に一回だけ奇跡を起こすことができる」ってのは好きだな。
ジブリの映画はほぼそれだ。(なくなった高畑勲さんは別だが)

うん。面白かったけれど、多くを盛り込んであるので、整理するのは大変だな。でも、逆に良くまとめたなとも思う。

ファンタジーは夢の世界だ。夢の中で地下に降りていくのは、無意識の世界に下っていくことを意味しているとも言われている。
そこは、色んな感情と対峙しなければならない、辛い、世界だと思う。そして、同時に宝物のような事物を見つけられることもあるんだと思う。彼女はアニムスのような存在を見つけたのかもしれない。

お休みなさい。



←励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト



時々 暖かい。地域によっては夏日。明日からはまた気温は下がるらしい。もう、気候の変動はきついよ

今日は、録画の撮り溜めを見ていて、「新海誠」監督の『秒速5センチメートル」を発見したので、見てみた。
今日はその感想です。


秒速5センチメートル新海誠)』(映画)

アニメーション映画。監督はあの「君の名は」の『新海誠』さん。
短編の3部作構成で、一つの作品となっている。
主な登場人物は、主人公の「遠野貴樹」と、彼とは「他とは分かち合えない共通の思い」を抱えている両思いの初恋の人、「篠原明里」、そして、「貴樹」の転校先の種子島の高校で、彼へ片思いをしている「澄田花苗」


秒速1
まあ、簡単に言えば、子どもから、思春期、大人に至るまでの純な恋愛模様と言った所だろうか。
何か物語(ストーリー)というよりかは、叙情的・感傷的な詩を見せられている感じだ。
それは、決して悪い意味ではなく芸術的な表現としては「あり」だろうとは思う。


秒速2
三短編のあらすじは以下の通り。
ネタばれご容赦だが、そんなに核心には触れていないつもり。

『桜花抄』
小学校から中学校の期間の「貴樹」と「明里」の淡い恋を描く。小学校卒業と同時に栃木へ転校する「明里」、2人は文通を続けているが、「貴樹」は中学校で、鹿児島に転校することになる。距離を離れてしまうことを危惧する「貴樹」は「明里」に会いにいくことにするが、電車は無情にも大雪で遅延してしまう・・・象徴として表れるのは「桜」と「雪」

『コスモナウト』
種子島の中学校に転校してきた「貴樹」に一目ぼれし、彼と同じ高校へと懸命に勉強し合格を果たした「澄田花苗」
彼に思いを打ち明けたいと思いながらも友人関係を卒業できない。進路選択が迫り、彼女には何も選択できないが、「貴樹」への思いは募っていく。趣味のサーフィンで大きな波に乗れたことを契機に告白を決意するが・・・。モチーフは波とロケット。

『秒速5センチメートル』
社会人になった「貴樹」は、ひたすら仕事に追われながらも、高い理想を目指していた。だが、3年間付き合ってきた彼女に「心」が「私」の方を向いていないことを指摘され、振られてしまう。彼自身も迷いとまどい、仕事を止めてしまう。彼の心には、初恋の彼女が棲みついていることに気づくのだが、一方彼女は・・・・
三篇の中で一番印象主義っぽく断片的な表現形式。


今日の言葉

「ねえ、秒速5センチメートルって桜の花の落ちるスピード。秒速5センチメートル。」
「ふーん、明里、そういうこと良く知っているね。」
「ねえ、何だか、まるで雪みたいじゃない。」
「そうかなあ。ねえ、待ってよ、明里」
踏み切りで急に走り出し、踏み切りを渡る明里。
「貴樹くん、来年も一緒に、桜、見れると良いね。」

『新海』監督の「君の名は」はおもしろかったが、そんなに絶賛されるほどか?との思いはあった。
それは「シン・ゴジラ」とも同じ思い。

風景等細部の描写は正確でこだわりを感じる。

アジア太平洋映画賞のアニメーション映画賞、さらにイタリアのフューチャーフィルム映画祭にて最高賞にあたる「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞したり、国際的な評価も高い。あるレヴューでは、「桜の描写が美しい作品」の代表として紹介されている。

けれども、やっぱり???な作品と感じてしまうのは、ボクの感覚がずれているのだろうか?
あまりおもしろさも感動も感じなかったのは残念だ。ときめきも・・・だな。

今日はここまで。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス