FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 2007年6月23日(土)沖縄慰霊の日 休職149日目 快晴 ラッキー

 今日はやっとやっと父の見舞いに行ってきました。父の誕生日でもありました。忘れていたけどね。

 朝7-9時のパターン。
 正確には10時くらいかな。
 目覚めの感覚は悪くない。

 天気も暑いけど、晴れ。
 雨よりはまし。

 ヴァイオ君と遊び、
 シャワーを浴びて、
 父の見舞いに行く。
 1週間も遅れてしまった。
 が、しかし、父の誕生日には間に合った。
 「何かいるものはないか」と聞いたが、
 「特にない」と言う。

 先々月分の出入りの業者の会計が間違ったようで、
 一部返金された。
 文句をいう気はないけど、
 ちょっと不快。

 父はどちらかと言えば右よりの考え方の強い人で、
 昔は良く対立したけれど、
 ここのところの年金問題や、
 税源移譲の名のもとで、
 定率減税の廃止などで実質増税になることなど、
 さすがに「アベはダメだ」といい始めている。
 珍しく意見が一致した

 帰りに『玉川』で「天ざる」
 家に帰り、テレビを見て、
 夜は『和楽』の「醤油ラーメン味玉付け」
 何風と表現しがたいが、和風の出汁が効いたおいしいラーメン。
 ちょっと、でも、歳のせいか重たくもある。

 さて、今日は「週刊金曜日」で腹が立った話と「なるほど」と思った話を紹介してオワリにする。

 
tama
←お小遣いを稼ぎたい人はボチっとね

 その1「杉田望の経済私考」から

所得減でも年金生活者も課税ー低所得者ねらいうち増税がついに現実に

・Aさんの場合、前年年収400万、今年度は100万程度。なのに、前年比の2倍、20万5000円まで跳ね上がる。
・Tさんの場合、年金収入のみ。年金は「物価スライド制」により年々減少。所得税、介護保険料も増額。住民税の適用と今回の件で前年比約4倍。

 
 ここまでは、身に染みて分かる部分があるが、実はさらに裏がある。

・所得税は最高税率の70%から40%に引き下げられて、地方税では10%フラットになっているため、所得が多いほど減税効果は高い。
・キャピタルゲイン(利子・配当・地代)は定率の分離課税で、ここでも金持ち優位。
・非課税限度額は引き上げられ、低所得者を直撃。


 つまり、企業(金持ち)優遇の税制改革だったわけである。

 その2「佐高信の人物メモワール」から井筒和幸氏の話

・自身の映画「パッチギ」と同時期に石原の特攻映画が公開されたことを評して・・・

 「特攻に行かず逃げ回って死んだ人もいるはずなのに、国のために純な思いで死んで行ったなどと美化するのは『ゴッツイ気持ち悪い』」

・井筒にリアルな特攻映画をつくってくれと言った西村晃の話

「あんなふうに敬礼して見送ったんちゃうねん。みんな日本酒飲んだり、ポン打ったりな、滅茶苦茶して行ったんや。あんなもの正気でな、突入なんてできるわけがない。ほとんど当たるのが嫌で怖気づいて帰ってくる。しかし、着陸できないから、旋回してグルグルまわって、そのうち燃料がなくなって山に墜ちたとか、そんな例がいっぱいあったんだ。」

・最後に井筒の一言

 「いや、僕は戦争が起こったら真っ先に逃げますよ。そういう人間ですから。」

 ここまで国民をバカにして、これで参議院選挙も変わらなかったら、また、この苦しみが何年も続いていく。僕はこんな政治を「信用できるのか」を問いたいと思う。
 



スポンサーサイト