FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れ。暖かい。上着は着なかったよ桜も良い感じで咲いていた。

さて、ボクの思いつきで『和』の心理療法について5回に渡って覚書を紹介してきたが、うまく紹介できたかは、はなはだ心もとない
まあ、これはボクの能力不足だから、ご容赦願うとして、このあとはボクの感想というか、つぶやきというか・・・そんな感じの駄文です。


『和の心理療法』(心理学

まず、第一印象としては「心の動きそのもの」に言及しているものが、無かったなということ。

和1
もちろん、クライエントと相対している時は個別にはあるのかなとは思うけれど、まずは「形」から入っていくという印象だ。

極めて、日本的と言えば日本的。日本人は「形」が大好きだし、大事にしているものね。そういう意味では、『行動主義』に近いものがある。


和2
中には『内観療法』のように修行に近いものもある。
『森田療法』は一種の「作業療法」だし、『臨床動作法』は直接身体に働きかけるものだ。
それらの効果や効能は別として(すべて一定の評価はなされている)・・・。

もう一つの印象としては、極めて「教育的」だなということ。
『生活分析的カウンセリング』『構成的グループ・エンカウンター』などは、まさにそのまま教育現場で活用されている。
『内観療法』でも「養育費の計算」とか「嘘と盗み」などのテーマが与えられることもある。

ただ、実は以前、当ブログで紹介した、『風景構成法』『コラージュ法』も日本発祥のものだ。どちらも『箱庭療法』をルーツとしているのも興味深い。
『コラージュ療法』は諸外国でも使われているが、「日本コラージュ療法学会」は、その発見と発展の過程は全然別のものであるとしている。
この二つはどちらかと言えば、「精神分析的」な療法と言える。

行動主義」と「精神分析的」・・・どちらが良いとか悪いとかではなく、時と場合に応じての選択が大切ということだろう。


ああ、やっぱり訳がわからん文章になってしまった
自分の能力がうらめしい・・・。

今日はここまで。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト
11月7日(水) 休職281日 気持ちの良い晴れ

今日は目覚ましをセットしたので、6時起床です。久しぶりの目標・予定達成日です
 
tama
ふたつこぶラクダ!「楽だ~」と思ったアフィリ初心者は左のボタンをボチっと

 朝6時起床
 そのまま新聞を取りに行き、
 コーヒーを買い、
 ルーティンワークを済ます。
 う~ん、画期的

 9時に家を出、歩いて「市民大学へ」
 50分くらい、かかったかな。
 でも、満足。

 また、以前の上司と会い、
 軽く話し、
 『性格心理学』の講座へ。

 そのあと昼食を取り、
 図書館で本を読みながら、
 うたた寝。

 「いらなくなった本は勝手に持ってってもいいぞ」
 制度があり、散ら見したが、
 欲しい本はなし。
 でも、優れた制度だと思う。

 そのあと、ジムへ。
 基本2セット、腹だけ3セット(笑)
 自転車30分やって、
 サウナへ入って帰る。

 家に帰り、このブログを書いている。
 テレビはつけているが、
 見てはいない。
 
 今日の飯日記
 昼 『田沼』の「カレイの煮付け定食」ここはいつも混んでいる。
 夕 なんちゃらの「カキフライ」と「はぜの天婦羅」はぜはうまい!ということを再認識

 今日は、市民大学「性格心理学」より「精神分析」についてを紹介する。

 
tama
FC2の「ピヨ」ってどうよ?ピヨっと登録

 『市民大学ー性格心理学ー』(鈴木乙史

 「精神分析の主張」

 中心的主張(自然科学的・合理的
 1.心的現象は、本来無意識的なものであり、意識的な現象は精神生活全体のうち、ごくわずかな活動部分にすぎないということ<無意識の重視>
 2.性的衝動が神経症や精神病を引き起こす重大な要因になっているだけでなく、文化的・芸術的・社会的創造にも大きな貢献をしている<リビドー論>=心的エネルギー・動機論。  後期には、
   エロス=性(生)の本能、創造的。
   タナトス=死の本能、破壊的。
 の2大本能論。
 3.心的現象のすべてが、正確な因果に規定されている<心的決定論>
  =過去によってすでに決定されている。


 赤の部分はボクの解釈。
 でも、この講座。かなり、ボクにとっては知的興奮を覚える。
 う~む、と受講後も考えさせる内容。こういうのは好きだな。

 明日も6時には起きるつもり。
 そのあとは調子を見て考える。
 今日は、結構、がんばったからね・・・。

 さて、テレビで「小沢辞任問題」を扱ってるけど、どうなんでしょうね。
 辞任撤回しても、たいしたことはないと思うけど。
 割って出て、下手な連立されるよりはマシ。

 「ナベツネ」とか「ナカソネ」とか、
 わけわからん亡霊まで出てきて・・・。

 日本って・・・ほんとに・・・駄目だな。

 お休みなさい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。