FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月30日(金)   休職303日 曇り、ちょこっと雨

今日は朝6時起床。銀行入金済み。職場より℡あり。ちょっと緊張する
 
tama
王様の耳はロバの耳~「王様は裸だ!」と思ったアフィリ初心者は左のボタンを押そう

 6時起床。
 不快感はない。
 意外にすんなり起きられた

 そのままルーティンワークに入る。
 50分に新聞を取りに出る。
 快調なときと同じリズム。

 9時過ぎに職場から℡。
 新しい診断書とリハビリ出勤の件。
 12月7日に職場に行く。
 勢いで「定時に行きます」って言ったけど、
 大丈夫だろうか
 行くつもりで行けなかったってのはざらにあるからなあ。

 まあ、でも、気を取り直して、
 乱れた部屋に居たくないので、
 ごほうびのつもりで「サウナ」を目指す。

 銀行で入金し、
 本屋に寄り・・・。
 大きな本屋は久しぶりだったので、
 欲しい本がいっぱいあったけど、
 2冊で我慢した。

 「サウナ」に行き、7時間はゆうに時間を潰す。
 マンガ喫茶よりは元を取れたかな。

 犬マンガの『銀牙伝説 Feed』?
 をあるだけ読む。
 14巻まで。
 これって犬版の『男一匹ガキ大将』では
 正義の犬と悪党の犬の全国制覇の話。
 荒唐無稽だけど、
 これが意外とおもしろい。

 今日の飯日記
 『サウナ』の「ラーメン」・・・まずいけど食べたくなる。不思議。
 『サウナ』の「日替わり定食カキフライとハムのグリル」
  これはお味噌汁(わかめだけど)、漬物(柴漬け)、サラダとついて結構お得。  

 今日は、『ツレうつ』の続編。速攻15分で読み終えたので紹介する。
 
tama
コイツもそろそろあらわれやがるないいものあげたいと思った人は登録を

 『その後のツレがうつになりまして』(細川貂々

 ベストセラーになった『ツレがうつになりまして』の続編。
 このマンガが同じ悩みを持つものの救いになったことは疑いがない事実。
 ボクは人に「うつ病ってどんなの?」と聞かれたら、
 「この本を読め」という。(そんな命令口調じゃないけど)

 ツレさんは、「自分の症状は軽い」と思ってたみたいだけど、ボクと比べれば重い。
 寛解まで3年もかかっている。
 でも、そう思っている自分も、まだ、寛解まで至っていない。
 先を思えば暗くなるけど、同時に、ここまでいけるんだという希望も湧く。

 その後の作者とツレさんは紆余曲折を経ながらも、「できること」と「できないこと」を分けながらも、ツレさんは「ハイパー主夫」として、会社設立までこぎつける。

 やれやれである。

 今回はちょっと「うつ対策」みたいなものも含めながら描いている。
 ちょっと厚さと値段に不満はあるが、何回も読み返せるので、まあいいか。
 やっぱり、ホロっとさせられるし・・・


 「今日の名言」-実際、読んだ方が役にたつー

 「会社を辞めてはいけない」はどうしてか

 僕の場合、会社を辞めてしまったそのことに後悔はないし、それが最善の策だったということはのちのちハッキリしているのだが、一般的に「辞めちゃいかん」と言われるのは、実はそれがうつ病独特の逃避心理から出ていることが多いからだ。「会社を辞めたい」と言って実行した人は次に「離婚したい」「親子の縁を切りたい」などと言い出して、さらには「この場所から逃げたい」と行動し、最後に自殺企図までエスカレートしてしまう。辞めたいのは会社ではなく、いま、ここの、自分が存在することのむずがゆい不快感なのだ、きっと。

 「ケースバイケースでね」


 このメッセージはあくまでも「死ぬなよ」という風に解したい。
 仕事や職場のストレスがツレさんのように人を追い込んでいる場合もいっぱいあるのだ。
 自殺した人の8割は、その前兆としての精神的な苦痛を明らかにしている。
 でも、死んではダメなのだ。なぜなら、それは「病気」がそう思わせているからである。
 
 今日は久しぶりに『歌姫』を見た。
 これはけっこうおもしろいのかもと思った。
 DVDが出たら、レンタルで見直したいと思う。

 おやすみなさい。



ブログランキング


スポンサーサイト
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。