FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 晴れ。暖かくはないが、晴れが続くのは嬉しい

昨日は元同僚と飲み会。なので、ブログはお休みにした。飲み会前に「鎌倉宮」に寄った。
白と桃色の珍しい鳥居がある神社だ。興味がある人がいるかいないかはわからんが、写真は次回紹介するよ。
今日は『マズロー』の『欲求階層説』、これも非常に有名な説で、企業の経営現場などでも使われている汎用性の高いものだ。


欲求階層説』(心理学

提唱したのは、アメリカの心理学者『アブラハム・マズロー
彼は、「精神分析」・「行動主義心理学」に続き、「第三の勢力」とも称される、『人間性心理学』の産みの親とも言われ、その哲学は、人間の主体性・創造性・自己実現・成長促進といった、肯定的側面を強調した心理学であり、あの『人間中心療法』の『カール・ロジャーズ』もこの流れの一つである。


自己実現2
さらに、それだけではなく、「第四の波」とも呼ばれる「トランス・パーソナル心理学」の学会を『スタニスラフ・グロス』とともに創設している。人間を超越した境地を考えていたからだ。

自己実現1
欲求階層説』は欲求は階層化されており、低次の欲求が満たされると、高次の欲求が現れるとする考え方。その理想は『自己実現』にある。
階層は低次から、

①生理的欲求:生存に関わる欲求(水・空気・食べ物など)
②安全欲求:危険や脅威が無いこと。(安心感・経済・健康・保障など)ある
③所属と愛の欲求:社会的な欲求(所属・社会的役割・人間関係など)
④承認欲求:認められ尊重される欲求(業績・賞賛・名声・地位・注目など)
自己実現欲求:自分がなりたい人間になるという欲求(能力や可能性の最大限の発揮)

としている。これは、階層というよりは段階と考えた方が理解しやすいが、『マズロー』は、すべて完全に満たされなければならないわけではないと指摘している。さらに、「自己実現欲求」はどの段階でもバック・グラウンドとして働いていると考えた。

しかし、『マズロー』は後にさらなる高次の段階があるとして、『自己超越』の概念も取り入れている。これは例えば、「悟り」を開いた人間や人々の歴史を動かすような研究や発見をした人間のことを指すが、それは人口のわずか2%程度だという。

①~④は『欠乏動機』(足りないものを求める)とされ、⑤は『成長動機』(自己実現を求める)に分けられ、さらに、①②は『物質的な欲求』であり、③以降は『精神的な欲求』でもある。

ボクは②の段階かな。「超越的人間」など、空のかなたである


<日記> スルー推奨。読みたい人だけ「続きを読む」をクリック。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
 2007年4月11日(火)メガネ供養 休職77日目 晴れ 暖かい

 朝10時位に起きる。
 直近では一番遅いが、
 気持ちの良さは今日も健在。
 どこにも逃げてはいないようだ。

 ヴァイオ君と遊び、
 レンタルのDVDを返すついでに、
 『BIG BOSS』で「ロース定
 そんなにべたくも無かったが、
 こっち方面にはそれぐらいしかないので、
 そうした。ごはんのお代わりもした。
 欲もある。

 家に帰ったら、
 睡魔までいつもどおり襲って来やがった。
 とにかく昼寝。3時から5時までかな。
 掃除の予定はカット。
 なかなか進まず。

 夕はほか弁屋さんの「たけのこ弁当」

 夜は『秘太刀 馬の骨』を見る。
 「コロッケ」だと思っていた人が違った。
 似た人だった(笑)
 どう勘違いしたんだろう。
 でも、相変わらずのドタバタの殺陣。
 今日は「コロッケ」に似た人が妙な叫び声をあげて、
 猿のような剣を振るっていた(笑)
 やっぱりトホホなのかも、嫌いじゃないけど。

 ついで、『花嫁とパパ』を見て、「こんなパパはいやだ」と思い、
 『セクシーボイスアンドロボ』を見て、結末にちょっと驚く。
 ちょっとおもしろいかも。

 今日は大学図書館で借りた『自助論』を紹介する。

 『自助論』(サミュエル・スマイルズ

 『自助論』は、歴史をかじった人は聞いたことがあるかも知れないけど、実は、明治四年に1回翻訳・出版された『西国立志編』って奴のリニューアル、平成版である。『立志編』は「中村正直」訳で、この『自助論』は、東京大学名誉教授の地球物理学の権威「竹内均」訳。

 今から140年?以上前に作られたものってわけだね。

 「サミュエル・スマイルズ」はイギリスの著述家で、この本で一躍、世界的な脚光を浴びる。簡単に言ってしまえば、「ナポレオン・ソロ」とか「マーフィ」とかの成功法則ものの元祖だと思えばいい。

 タイトルどおり、『自助論』っていうくらいだから、「天は自ら助くる者を助く」という、勤労とか勤勉とか清貧とか、正直な心なんてものを持って、一生懸命やれば、必ず成功への道(自己実現)は開けるよというお話である。

 確かに成功者の例が、これでもか、これでもかとあげてあって圧倒されるが、ボクみたいな天邪鬼には、「こんな完璧な人間なんているかいな。」という醒めた気分になってしまった。まあ、立身出世を目指す人には参考になるかもしれないが、このせちがらい世の中では通用しないんじゃないの?とも思う。

 今日はこの本の中から、「自己実現に一番大切なもの」としてあげている部分を抜粋してオワリにしようと思う。


 今日の名言

 いい人生を生きる人は、例外なく「よく考える人」、「よく動く人」である。そして、その人たちに共通するのは、当然のことだが、並外れた「情熱(執念)」を持っていることである。


 うむ、確かに当然のことである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。