FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
18年2月5日(月)  晴れが続く。良いことだ 寒くて天気が悪いと身体の調子も悪くなるよ。気持ちも沈むし・・・

今日は、「カウンセリングのための心理療法」の第二弾。「認知行動療法」について考えてみた。その覚書。

認知行動療法』(カウンセリング

認知行動療法』は、学習理論(行動理論)を基礎とする行動変容のための「行動療法」を出発点とし、「アルバート・エリス」の「論理療法」、「アーロン・T・ベック」の「認知療法」などの研究の積み重ねから生まれた。
読んで字のごとく、思考などの認知と行動に働きかけをして、感情や生理の変容を促していく療法である。
 
これが、どんなものかというのを説明する前に、「行動療法」・「論理療法」・「認知療法」についてもふれておきたい。

 「行動療法」
注目し焦点化するのは、客観的に測定可能な「行動」であり、その行動の変容を目指す。それは、例えば、望ましい行動の「強化」や望ましくない行動の「弱化」といった行動のコントロールである。特徴は「訓練」に近く、実際に、刑務所の矯正指導や技能習得の訓練などにも応用されている。「精神分析」のような原因探求や「来談者中心療法」のような受容的な支持療法とは違い、あまり内面的な要素を取り入れることはない。有名なのは、パブロフの犬 条件反射(条件付け)だ。


論理療法
論理療法1
認知(考え方・思考)が感情をつくり、行動に移行するというのが基本的哲学。したがって、認知を変えれば、感情や行動も変わっていくという考え方。問題解決志向が強く、教育指導的な側面もある療法だ。
提唱したのは、上の人「アルバート・エリス」
有名なのが、「ABCモデル」 Aが感情が生じるきっかけになった体験。Bは思考。(良い思考と悪い思考がある) そして、その結果として生じる感情や行動がC。そして、否定的な悪い思考に着目する。これを「認知の歪み」と言う。
つまり、その「認知の歪み」に気づき、変えることができれば、問題解決に至るということだ。


認知療法
認知行動療法3
この療法は「苦痛を感じている人の認知(思考)は硬直化しやすく歪みやすい」というのが基本的な考え方。この硬直化し、歪んだ認知を変えるのが「認知療法
これも、指導的・教育的要素の強いもので、まずは「物事には必ず二つ以上の見方があり、その選択はクライエント次第である」と伝えることが始めだ。
有名なのは、「情報処理の間違い」 例えば、

オール・オア・ナッシング(黒か白か、間を認めない極端思考)
結論の飛躍(不確実な情報から無理矢理、結論を導く思考)
読心術(証拠もないのに他人の考え方を決め付ける思考)などがある。

開発したのは、上の人、「アーロン・T・ベック」だ。


そして、以上の3療法を軸として1980年代から世界的に広がったのが『認知行動療法』である。アメリカでは最早主流。『精神分析療法』・『来談者中心療法』と並び、三大療法ともされている。
認知と行動の両面から働きかけるため非常に治療効果が高いとされている。

認知行動療法1
左は「認知療法」の論理モデルだが、これを使って説明すると、
まず注目するのは「出来事」にあたる部分である。『認知行動療法』では、これを「環境要因」として、そのクライエントが、どういう環境下にいるのかを考え、その上で「認知」・「行動」・「気分(感情)」・「身体的反応を見ていくのである。そして、その中でも「認知」と「行動」は自分自身で選択できると心理的教育を行なう。

『認知行動療法』の原則は、基本モデルに沿って、クライエントの体験を理解すること。そして、「今」の問題に焦点化する問題解決志向であること。最後は、教育的側面を重視し、クライエントに自己解決力をつけることである。
この時、カウンセラーとクライエントはチームを形成し、信頼関係に基づく実証的見地から共同作業を行なっていくことになる。

『認知行動療法』はいくつもの構造化された技法があるが、それは機会があったらまとめることにしたい。

でも、この療法、ボクは何か好きじゃないんだよなあ。何か騙されてる気がして・・・心を無理にねじ曲げてるようでもある


さて、ここからは<近況報告> <日記>ってした方が良いかなあ。『凡人日記』だし・・・
まあ、読みたい人は「続きを読む」をクリックしてね。スルー推奨だけど・・・。


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト



 10月16日(火)世界食料デー 休職261日 ちょっと雨が降ったのかな

どうやら、風邪を引いた予感です。のどが痛くて関節痛がします。疲れがでたのかも知れません

 
tama
ピーポーピーポー救急車が通ります。アフィリ初心者は左をボチッとしてください。

 朝10時くらいまで寝る。
 あの6時のパターンは、
 どこに行ってしまったのだろうか。

 そう言えば、今週はクリニックもさぼってしまった。
 理由はあるんだけど・・・。
 薬は飲み忘れ分が若干あるので、
 それを飲んでいる。

 昼に起きだす。
 何となく体がだるい。
 『末広』でタンメンの麺昼食。

 家に帰ってルーティンワークをしたら、
 眠くなったので寝る。
 気がついたら5時30分くらいだった。

 その頃から風邪を疑う。

 すぐに夕食。
 『上海亭』に言ったら休みだったので、
 『末広』で「鳥野菜炒めライス』
 食欲はあるが、
 のどと関節に痛みが・・・。

 熱も出てきた感じ。
 体温計がないのでわからない。
 夜はDVDを見て過ごす。

 明日もたぶん何もできない気がする。
 1人の風邪は本当にみじめで心細い

 
   
tama
そこの犯人はとまりなさい登録しないと逮捕するぞ

 うつに負けない57の読む薬36』-認知療法

 「コラム法で自動思考を確認しよう」

 頭の中の自動思考がなかなか見えてこないときは、コラム法で自分の考えを書き出してみましょう。コラムといっても、ノートに日記のような感じで自分の考えをまとめれば良いのです。

★コラムを書いて、自動思考と現実を比較する。
・自分の気持ちを文章にすると頭の中が整理され、認知のゆがみに気づきやすい。
・何でも良いから紙に線を引いて5つにくぎり、記録として残せるようにする。

★第一のコラムは「状況」
・気持ちが滅入ったり落ち込んだ時の状況を具体的に書く。
・いつ、どこで、だれと、何をして、どうなったでまとめるとまとめやすい。

★第二のコラムは「不快な感情」
・1の状況で感じた不快な感情を具体的に書き、その度合いを100%で評価する。
  例 悲しい80% ゆううつ70% 怒り50%

★第三のコラムは「自動思考」
・その時に頭に浮かんだ考えを書く。
・浮かんだことはすべて番号をふって、それをどの程度、確信に近いかを100%で表す。
  例 (1)○○さんに私は嫌われているかもしれない・・・90%
    (2)私は約束を破ってもいいほど軽くみられている・・・70%

★第四のコラムは「別の考え」
・自動思考とは別の柔軟な考え、受け止め方を書く。
・番号を振って書き、現実的で適応的かどうかを100%で評価する。
  例 (1)○○さんは本当に忙しかったのかもしれない・・・60%
    (2)私は神経過敏になっているかもしれない・・・50%

★第五のコラムは「結果」
・2~4のコラムを再検討しする
・「感情」と「自動思考」をそれぞれもう一度評価してみる。
  例 感情=悲しい60% ゆううつ=50% 怒り=0%
    自動思考=(1)50% (2)10%

★コラムは練習の積み重ねが大切
・1~2回やっただけでは効果はない。日記のように書き続けることによって、考え方、受け止め方が変化してくる。
・コラム法はかなり高度なテクニック。つらい症状が薬で改善されていない時は無理して取り組む必要はない。


 さて、「認知療法」は以上で修了します。参考になれば幸いです。
 明日からは、また、読書とか映画などなどを取り上げたいと思っています。

 お休みなさい。
関連記事
[emoji:v-107] 10月15日(月)助け合いの日 休職260日 秋の晴れである。

Coming Outします。昨日はある資格試験を受けに行ってきました。「メンタルヘルス検定」です。二種と三種を受けました。調子がいいときにコツコツと勉強してきものです。受かっているといいのですが・・・。

 
tama
ぜひ、お願いいたしまするアフィリ初心者はここでお願いいたしまする

 二日ほど、日記が書けませんでした。
 実は結構忙しかったのです。

 昨日は「メンタルヘルス検定」の受検。
 東京まで行きました。
 東京だけど『尾道ラーメン』を初めて食べました。

 煮干と鶏のスープですな。
 すっきりしてそうで結構こってりでした。

 「検定」はこんなに受けているんだってほど人が大勢。
 しかも老若男女揃ってます。
 「メンタル」に関する人々の、あるいは企業の、
 関心の高さがうかがえました。

 今日は、その疲れで一日寝てました。
 昼は『玉川』で「親子南蛮うどん」
 夕は『よこすか家』で「ギョーザ定食」
 やっぱり、ここはお得と思います。
 500円で、サラダ・お味噌汁・おしんこ・ヨーグルトまで
 ついてきますから。
 何か病院が経営母体みたいです。
 ヘルシーです。

 明日もゆっくり過ごしたいと思います。
 無理は禁物・・・なむ・・・

   
tama
イエ~イオッパッピーな人は登録しよう

 うつに負けない57の読む薬35』-認知療法

 「認知のゆがみはこうして治す」

 自分で認知療法を行うときのポイントは、物事を具体的に考えることです。そのとき、自分の頭に浮かぶ考えやイメージに注目してみましょう。ゆがみを治すヒントが見つかるはずです。

①「自動思考」を意識できるようになろう。
・気持ちがめいったり、動揺しているとき、瞬間的、無意識に思いめぐらす考えやイメージを「自動思考」と言う。
・自分の「自動思考」が現実的に見て妥当なものかどうかを検討し、偏りやクセに気づき、その非現実的な部分を変えるように努めること。

②修正の仕方
1.根拠を探す
 動揺したとき、自分がなぜそう考えるのか、その根拠を探してみます。「どうしてそう思ったの?」と自分に問いかける
2.結果について考える
 自問自答を繰り返しても、それでも自分の考えが間違っていないと思う時は、「その考えが正しいとして、どんな結果が待ち受けるか」を問いかける。
3.代わりの考えを探す
 1・2の考え方を通して、かなり柔軟な考え方ができるようになってきたら、最後に「別の考えはないだろうか」と問いかけてみる。

③たとえば・・・
 上司に注意されたとき
  「自分は期待されている」と思い、より努力しようと思えば現実的・適応的
  「ダメ社員の烙印をおされた」と思い、上司に恨みを持つのは非現実的・非適応的


 さて、簡単に書いてありますが、これがいかに難しいか

 ボクは現実ー非現実という考え方よりも、「どちらが得か」と思うほうが楽だと思う。
 「得になる」と思えば、猫もかぶれますから。

 どっちにしろ、カウンセラーさんや、お医者さん等の援助が必要な、かなり高度な治療です。

 さて、無理はしないので、ここで終えます。

 お休みなさい。
関連記事