FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れです。暖かいです。昨日は深夜に雨が降ったとか降らなかったとか・・・。

今日はカウンセリングの理論というよりは、過程(段階・プロセス)を図式化した『コーヒー・カップ方式(國分康孝)』を紹介したい。
なお、解説・説明の多くは(ほとんど全て?)は『諸富祥彦』さんの『新しいカウンセリングの技法』に寄るものです。


コーヒー・カップ方式(國分康孝・諸富祥彦)』(カウンセリング

この方式については、『SGE』の講座などで、幾度と無く紹介されていたので、馴染みのあるものだ。単純だけれど、非常に簡潔に分かりやすく、「カウンセリング」の過程を説明している。

カップ1
カウンセリングは基本的に次の3つの段階で進められる。

①関係形成期(ラポール形成・心と心をつなぐ段階)
②自己探索期(自分を深く見つめる段階)
③行動計画期(これからどうするか具体的に実際の行動を計画する段階)

それを「外界(現実世界)」と「内界(内面世界)とに分け、図にしたものが、上の写真になる。この形が「コーヒー・カップ」に似ているので『コーヒー・カップ方式』と言われている。上へ行くと「外界」、下に行くと「内界」となっている。

つまり、①外界から内界へ→②内界での自己探索→③再び外界へという段階になる。もちろん、②がなく③に跳ぶこともあるし、②が紆余曲折して上がったり下がったりの繰り返しもある。

初期に外界にて問題に直面し、次第に内界の自己探索を深めていく。そして、内界で自分の進むべき道を発見したら、再び外界でいかにしていくかを考えつつ意識を外界へと高めていく。それぞれの段階において適切な「心理療法」を施すことによって、その営みを援助していく。


カップ3
基本は「ロジャーズ」の「人間中心療法」であるが、これも段階に応じて、技能が変わって行く(変えていく)ものとしている。

その按分が難しい。達人・名人の技だな。もっと、構造化して欲しいという気もする・・・。

おやすみなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト
関連記事
08年7月9日(水) 休職524日 曇り・・・どうせ暑いなら晴れて欲しい
気持ちはフラット。しかし、悩みは尽きないもんだなあ

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 早く「梅雨明け」して欲しいなあ。
 「蓮」にしっかり日を当ててあげたい。
 どうせ暑いんだから、カラッと行きたいもんだ。

 昨日はカルチャーセンターで「トランス・パーソナル心理学」を勉強した。
 説明するのが難しいので、
 一番新しいムーブメントと考えてくれればいい。
 「第四の波」とも呼ばれ、
 「前世療法」とか、「インナーチャイルド」も、この系列と思ってもらってよい。

 最近は、これにも影響を与えたと思われる「ユング」の本を2冊ほど続けて読んだ。
 どちらも面白くて、結構、刺激を受けた。
 理解できているかどうかは分からないけれど・・・

 今日は、その1冊を覚書として紹介する。
 
『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 『アクティブ・イマジネーション』(老松克博

akuthivu

 「ユング派最強の武器」とも呼ばれる「アクティヴ・イマジネーション」の解説書。
 筆者は「大阪学院大学助教授」でスイスの「ユング研究所」にも留学していた「老松克博

 「ユング」と言えば「夢分析」や「箱庭」が有名だけれど。
 この技法は無意識へ接触し統合を目指すものとして、「ユング」はかなり重視していたようだが、日本ではあまり専門的な研究は行われて来ていない。

 つまり「ユング」の心理学のある意味「核」を担う部分であるにも関わらず、置き去りにされてきた技法でもあるのである。

 そして、それは今日の「トランス・パーソナル心理学」と、思想的な違いはあるものの、ある意味非常に近似しているものなのである。以下、その覚書。

・「アクティヴ・イマジネーション」とは、端的に言えば無意識から立ち現れくるさまざまなイメージを相手に、自我が直接的な接触を持とうという方法である。

・直接的な接触と言ってもいろいろあるが、例えば浮かぶ上がってきたある人(イメージ)に対してこちらから話しかけてみる等である。その内容は、文章や絵画・造型によって記録しておくことが望まれる。

・「夢」と「イマジネーション」との違いは、「夢」は睡眠中のものだから、エネルギー緊張が弱く、論理の不整合や飛躍、意味のない結びつきや混淆が生じる。それは無意識の表出としては有用であるが、意識内容と比べれば劣った表現であり、そのときの心的活動の目的を理解するのが容易ではない。だから、覚醒状態で行われる「アクティヴ・イマジネーション」で、もっとエネルギー緊張の強い、秩序とドラマ性と意味連関の、明瞭な素材を求められる。


 ちょっと難しいが、意識のある状態で、心から湧き上がるイメージに対して働きかけることによって、無意識に閉じ込められて生かされなかった自分に気づき、積極的に生かしていこうという考え方。

 それを記録として残して行くことによって、これからの自分の在り方を考える材料となる。

 昨日の講座でも似たようなことを行った、それは、こんな感じ。

①自分の一番安心して落ち着ける場所をイメージする。(実際に見た場所でなくても構わない)
②その場所の守護霊・土地神・妖精等をさらにイメージしてみる。
③次に心の中に自分自身の姿を思い浮かべる。
④そして、その自分自身に、自分がイメージした精霊等になったつもりで自分の悩みについて語りかけてみる。


 講師は「日本トランスパーソナル学会会長」の「諸富祥彦」氏である。

 ちなみに前述の書で、「ユング」の研究対象となった女性は「クリスティアナ・モーガン」は、心理学者なら知らぬもののいない「TAT(主題統覚検査)」の産みの親の一人であり、その図版のうち6枚は彼女の手によるものであるという。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 最近、色々勉強してきたことが、
 やっと立体的に組み合わさってきた気がする。

 だが、少し疲れている。
 休み休み行きたいと思う。

 お休みなさい。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。