FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年5月30日(金) 休職478日 一日中、じめじめ、どんよりの曇り

年金の次は税金に振り回されている。これも経験!と思うが、しかし・・・

 昨日は雨の中、職場に行く。
 書類を渡すだけだから、短時間で済んだ。

 次に市役所の無料相談で税について相談する。
 結論は、税務署に聞いてみてくれということ。
 まあ、親切に対応してくれたから、一応納得する。

 帰り際、偶然に知人が焼き物展をやっているのを発見。
 立ち寄ってみる。
 仲間同士で登り窯で焼いているので楽しそうだ。
 気に入った甕があったので譲ってもらう。
 中に何を入れようかと考えた結果、
 水草にしようと決めた。

 何にするのかは思案中。

 今日は起きてすぐ、税務署に電話。
 国税関係は分かったけど、市県民税の住宅控除は分からないとのこと。
 今度は市役所に聞いてくれと来た

 出た!必殺たらいまわし!

 夜までテレビはつけず、CDを聞きながら
 PCとお勉強。

 心は静かで落ち着いている。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


インナーチャイルドの癒し』(越智啓子

inna-
  インナーチャイルド」ってなんだろう・・・という素朴な興味で買ってみた。
  筆者はれっきとした精神医。
  コピーに曰く、
  「過去から解き放たれ、心おだやかになり、幸福な人生を手に入れる方法」

  ・・・う~ん、なるほど、そうか、そうか・・・で、読み進む。

 筆者が言うには、「インナーチャイルド」とは、「感情」「自分の気持ち」「本当の気持ち」「本音」「本当の自分」を象徴した自分の「内なる子ども」のイメージだという。

 これは何となく分かる気がする。
 誰でも自分の中に子どもの部分があるからね。

 しかし、そこからちょっと目が点へ・・・

 この「内なる子ども」はお腹の中にいて、元気だと黄色いオーラを発し、
 さらに活性化されると身体から金粉が出てくると言う

 その方法はぬいぐるみやタオルなど肌触りの良いものに触れながら、
 誘導瞑想をされながら(しながら)、心の中の三歳くらいの子どもをイメージしながら、
 自分の名前を「ちゃん」づけで呼ぶというのだ言う。

 そうすると過去の自分や前世の自分のイメージが子どもの姿で心の中に出てくるので、
 苦しんでいるようだったら、ハグ(抱く)してあげて愛の言葉をかけるのだという。

 しかも、自分だけじゃなく、他の人にも、その影響が及んで、
 みんな幸せになれるというものだ

 まあ、「前世療法」や「オーラの泉」のようなものだと思うが、
 ボクは一概に否定はしない。
 それで救われる人もいるということだ。

 実際に筆者のワークショップ(講演)では、感情が開放されて、
 泣き出す人がたくさんいると言う。

 自分を認めて、肯定して、労わってあげるという大筋は間違っていないとは思うので、
 読んで損したという気はしない。
 興味のある方はどうぞ・・・という感じだ。
 ただ、どうなんだろうかという思いはある。


 今日の名言-この考え方は+かもしれない-

 人は感情を抑えることを無意識に刷り込まれているから、
 「嫌いなものを無理に受け入れないで、嫌いだと素直に表現してみます。
  好きなものを我慢しないで、好きだと素直に表現してみます。」

 「インナーチャイルド」への言葉かけ
 「すべてはうまく行っている!
  今日まで、良くがんばったね!
  生まれてきてくれてありがとう!
  生きていてくれて、ありがとう!」

 
『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 さて、明日は父の見舞い。
 半日くらいはOFFできるかな。
 ボクの「いんなあちゃいるど」を探ってみるか・・・

 お休みなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

スポンサーサイト