FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年5月10日(土) 休職460日 しょぼい雨

今日はクリニック。最近の様子を伝える。I am OK.

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

9条世界会議@2008.5 幕張メッセ
  61才の「日本国憲法」
 これを古いと思うのですか。
 人間なら、まだ年金をもらわなくてもすむ年齢です。
 まだまだ現役世代なのです。

 「9条に世界からエール」

 戦争の放棄をうたう憲法9条に、世界で平和運動に取り組む人たちがエールを送っている。千葉市の幕張メッセで6日まで開かれた初の「9条世界会議」は約2万2千人が訪れた。なぜ9条なのか。海外から来たゲストは「支持するのは、あなたたちだけじゃない」と日本の参加者を勇気づけた。

9条エール


初日、会場に入りきれなかった参加者たちは屋外でギターにあわせて歌った=4日、千葉市の幕張メッセ

 会議初日の4日。予想以上の人出で会場に入れなかった人々のもとに、基調講演を終えたアメリカの平和運動家が駆けつけた。

 「9条を広めるために私は来た。日本はひとりぼっちではない。世界から支持されているのです」

 99年にハーグ平和市民会議を開いたコーラ・ワイスさん。21世紀の世界のあり方を模索した同会議には、100カ国以上のNGOが参加し、「9条を見習うべきだ」と宣言した。そのワイスさんの励ましに何度も拍手がわいた。

 9条世界会議は、「世界がもし100人の村だったら」の著者池田香代子さんらが中心となり、井上ひさしさん、ピーコさんら約90人が呼びかけ人に名を連ねた。

 国際貢献のためには日本も血を流す必要がある――そんな改憲派の主張は本当なのか。「それを確かめたかった」と、実行委員でピースボート共同代表の吉岡達也さんは趣旨を語る。海外のゲストは31の国と地域からノーベル平和賞受賞者や大学教授ら150人余りがやってきた。

 答えの一つはイラクから寄せられた。

 イラクで人道支援をしているカーシム・トゥルキさんは「戦争のない世界をつくる」と題された全体会で体験を語った。03年の開戦時、共和国防衛隊として米軍と戦った。兄もいとこも友人も失った。「軍は国民を守ると教えられたが、そうではなかった。非暴力こそ人々を守る最善の方法だ」

 そのイラクに派遣された元米兵のエイダン・デルガドさん。アブグレイブ刑務所での虐待を見て、兵役を拒否した。「9条は国際的な問題だ。同じ道を歩いていこうと決意した」

 中国・韓国・台湾などからは、9条は戦後日本の対外公約だ、というメッセージが異口同音に語られた。

 現実として世界有数の「軍事力」を持っている日本。台湾で憲法に平和条項を入れる運動をしているピースタイム財団理事の徐斯倹さんは「もし日本が9条を放棄すれば、周辺に悪いシグナルを送ることになる」と語った。「アジアのなかの9条」という分科会で韓国の聖公会大教授・権赫泰さんはこう発言した。

 「9条は日本だけのものではないのです」。


      「朝日新聞 5月10日 朝刊 谷津憲郎さんの記事より」


『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 「9条の集客力」

 3日間でのべ2万2千人。こんなにたくさんの人が集まるととは予想していなかった。4日から千葉の幕張メッセで開かれた「9条世界会議」のことだ。

 「武力によらない平和、という9条の考え方を世界に広げたい」

 翻訳家の池田香代子さんらの呼びかけに、世界各国から賛同者が集まったイベントだ。

 北アイルランドの平和運動家でノーベル平和賞のマイレッド・マグワイアさんの講演や歌手のUA(ウーア)さんらのライブなど多彩なメニューだったらしい。

 実行委は「初日で4千人ぐらい」と予想をしていた。だが、労組などを通じた宣伝活動とは別に、ネットで知ったらしい若者たちが初日だけで1万5千人も押し寄せ、3千人が会場に入りきれなかった。

 「9条の交戦権の否認は、世界の多くの人々を勇気づけてきた」

 マグワイアさんのこんな言葉に送られた拍手は、人気アーティストの熱唱と同じ種類のものだった。

 その3日前、改憲派議員が開いた集会では、安倍前首相が「憲法を自分たちで書く決意が、新しい時代を切り開く魂につながる」と声を張り上げていた。

 安倍さんの力みように比べ、幕張に集まった人たちの言葉や振る舞いはとてもしなやかで自然だった。

 憲法9条は、ふだん国会で取材をしている政治記者の想像以上に広く、深く、若者たちの間に根を張っているのではないか。世界会議の盛況を見て、こんな思いを強くした。


      「朝日新聞 5月10日 夕刊 国分高史さんの記事より」


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 しかし、予想で「4千人」って、謙虚すぎるだろう。
 さらに、その2万2千人の背後には、まだまだ一杯の支持者がくっついているのだよ。

 スケールを大きく広げていかないと、
 くだらない政治的プロパガンダに騙されるはめになる。
 現実的で理屈っぽい奴ほど騙されやすい。

 「戦争はいらない」・「平和がいい」を基本に考えればすむだけなのだ。

 おやすみなさい。

スポンサーサイト



08年4月27日(日) 休職446日 曇のち、遅くなって晴れ

眠くて仕方がない。ちょっと気を許すとうとうとと・・・

『憲法9条ピースウォーク』(広島から9条国際会議」の地「幕張」まで)

 本当は、参加しようかどうかギリギリまで思案していた。
 雨がふりそうだったからだ。

 でも、今のボクには「歩く」ことしか平和にも福祉にも貢献できない。
 できることでアクションしなければ・・・と考え、
 傘を用意し、ビニールのレインコートも準備した。

 広島から歩きとおして来た人たちから比べれば、
 誠に情けないものだが、
 精一杯、頑張ってきた。

 知らない人の中で・・・(正確に言うと一人知っている人がいたのですが)

 9条ピースウォーク」スローガン

 「憲法9条をみんなで考え輝かせよう」

 イメージソング

 1.わたしたちはどこへ歩いて行こうと
   作りながらゆく 作りながらゆく

 2.どこで抗議しても そのあいだじゅう
   種を巻き続ける 種をまき続ける

 3.私はどこに歩いて行こうと
   作りながらゆく 作りながら行く

 4.詩を作り 種をまき、子どもに植字を与え
   成長を見守り、家を建て

 5.たとえどんな力に 立ち向かったとしても
   私は食事を作って 種をまく

 6.私はどこへ歩いて行こうと
   作りながらゆく 作りながら行く


   原詩「ミヒャエル・ルーカイザー」 訳詩「木坂涼/アーサー・ビナード」 作曲」横井久美子」

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 9条ピースウォーク in ヨコスカ」へのメッセージ

 9条ピース・ウォークに参加された皆さん、

 この横須賀では、原子力空母ジョージ・ワシントンの配備が8月に迫っていますが、多くの市民がその安全性に重大な懸念を抱いています。

 このことは、先月行われた、「空母母港化の是非と安全性を問う住民投票直接請求署名」に、市民の有権者の15%に迫る、52,417筆が集まったことにもはっきりと示されました。

 これから市議会に働きかけ、住民投票の実現を図りたいと考えています。

 5万を超える署名は、市民自身がこの町の将来を決めるために頑張ったことの成果です。自分たちのまちのことは、自分たちで決め、戦争のない、原子力空母など要らない社会をめざして、ともに、がんばりましょう。


 「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会 弁護士 呉東正彦氏 



 今日の名言―9条を支持しているのは日本人だけではないー

 「イラクの戦争には勝者も敗者もない。お互いが傷つくだけである」
 「僕はこの戦争に反対する、反戦の意思を貫くし、同士との連携をしていく」
                                 アッシュ・ウィルソン氏(元米軍兵士)


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 身体は相変わらず重く、でも、がんばろうという気持ちは強く過ごしている。
 ピースウォークにも、何とか参加できた。
 ちょっと眩暈がする気がしたが・・・・

 今日は声楽のレッスン。
 何か、思ったように声が出ない。

 もともと苦手な高音域が出にくい。

 これ、結構、つらいですぜ・・・
 悲鳴のような声になっちゃうんだから。

 普通にマイクを通せば出る声だと思うんだけど、
 それじゃ、意味がないわな。

 何となく、先生の家の迷惑になっているような気がして申し訳ない。

 でも、しぶとく挑戦する。

 あきらめが悪いのが、ボクの長所でもあり、短所でもある(笑)

 明日は住民税を納める予定。
 いよいよ兵糧攻めが効いてきている

 老後を考えなければ、楽勝なんだけどね。

 とりあえず、おやすみなさい。


11月25日(日)  休職298日 快晴

今日も一日寝て過ごしました。明日からは普通に過ごそうと思っています。この「ブログ手抜き週間」の間に映画もみましたし、本も読みました。それらを紹介して行きたいと思います
 
tama
自由の女神あれがう○ちと思ってたアフィリ初心者は左のボタンを押そう

 拝啓 9条

 枯葉舞う季節いかがお過ごしでしょうか。
 ぼくはあなたのことを想うと夜も眠れません。
 あなたがぼくたちのことを嫌いになってしまうのではないかと、不安に駆られるからです。

 あなたを亡き者にしようと企む人々が、あなたを「古い」「人間の本能だから戦争はなくならない」といいます。

 確かに考古学的にみるとぼくたちは争ってばかり。
 何千年も戦争を繰り返してきました。
 しかし、ぼくはあなたに伝えたい。
 あなたがどんなに魅力的であるか。

 あなたは「もう戦争はしない。そのための軍隊は持たない」という。
 あなたがいてくれるから、
 ぼくたちはこれまでに流れた血を無駄にすることなく、
 「闘争本能」にあらがい理性を発展させることを知り、
 未来に平和の歴史を見いだすことができるのです。

 恒久平和の時代が人類の本史だとすれば、いまはせめぎあいの前史。
 歴史に生きる私ができることはあなたを守ること。

 この集会でもらった勇気を使って、まずは隣の机の同僚にあなたを知っているかを聞いてみます。


 しんぶん「赤旗」11月25日 日曜版より



 16日の夜、早稲田大学で行われた『Peace Night9』で披露された「憲法9条」に寄せる熱いラブレターです。作者は明治大学大学院で考古学を学ぶ「大船栄」さん。

高校生や大学生の間にも、憲法を守る動きが広がりつつあります。

あなたは憲法9条を知っていますか?


ブログランキング