FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年3月22日(木)NHK放送記念日 休職59日目 晴れ 暖かい

 朝6時に目覚め、
 9時にベッドを出る。
 今日も快調。服

 午前中にヴァイオ君
 とのルーティンワークを
 済ませる。
 画期的!

 昼、『キッチン北村』で、
 「チキンガーリック」をす。
 デザートに「苺とお饅頭」が
 出た。これは珍しい。

 家に戻り、今後の計画を、
 『ナポレオン・ヒル』(笑)
 を参考に建てはじめる。
 目標は「復職」

 TVで『ファイナル・リジェンド』
 を見る。
 ジャン・クロード・バンダムの
 アクションもの。
 今日はこれを紹介しようかと
 思っていたところに衛星で、
 『K19』をやるので、
 それを見てからにした。

 リラクゼーションタイムの後、
 夕に『末広』の「たんめん」
 やっぱりおいしい。

 今日は、下に落ちているものを
 取ろうとして腰を痛めたようだ。
 前にも、ぎっくり腰になった
 こともあるので、
 気をつけなきゃ。
 これ以上、通院を増やしたくない。

 K19

 これがまた、奇妙な映画で、ハリソン・フォード主演のれっきとしたアメリカ映画なんだけど、なぜか、冷戦時代の、しかも、ソビエトの原子力潜水艦の本当にあった事故の話。

 だから、登場人物はみんなアメリカ人で英語で話しているんだけど、
ソビエトの英雄話になっているところが味噌。

 冷戦(この言葉も歳がわかるよね!)時、1961年には、ソビエトには世界を2回破滅させる、そして、アメリカには、世界を10回破滅させるくらいの核があったらしい。今も減るどころか、増えて、広がっているかもね。ボクの地元、横須賀にも、原子力空母が配備される。小型の原子力発電所並の核。ヒロシマ以上!

 まあ、そんな中で、ソ連で新しい原子力潜水艦が作られ、その試運転に出るという設定なんだけど、それが、また、水漏れがしたり、計器がうまく作動しなかったりと、見るからに雑な作り。建造時から10人が死亡したという代物。兵の規律も士気も低い。

 そこに、新しく赴任した艦長役がハリソン・フォード。艦には古株の元艦長がいる状態で、最初は敬遠される。しかし、この艦長。なかなかのつわもので、出航直後から、緊急時の訓練や潜航訓練などを繰り返し、けが人を出しながらも、ミサイル発射実験に成功する。

 ここで乗組員の士気も高まったのだが、今度はなんと、原子炉が冷却水漏れを起こしてしまう。このままでは、メルトダウンを起こして爆発する危険性がある。

 ギリギリの状態の中、何とかパイプをつないで、冷却水を引き入れようとするのだが、防護服もないままに、溶接作業を行う。そのために7人が被爆し、艦内もじょじょに放射能に汚染されていく。近くに米の巡洋艦が来ていて、応援を頼むこともできたのだが、共倒れする危険性も高い。そうなれば、戦争になることも予想される。

 こういう困難な状況下で、決断を迫られる艦長と、必死で艦を立て直そうとする乗組員たちの物語。なかなか緊迫感があって面白かった。
ソ連人がコサックダンスを踊ったり(笑)、艦内で「アメリカはこんな悪い国だ!」みたいな映画が上映されたり、トホホな場面もあるんだけど。

 今日の名言は、「ベルリンの壁」が倒された時代になって、はじめて犠牲者のお墓で再会を果たした艦長と乗組員達の場面で艦長が話す言葉。


 今日の名言

 「あの後、私はこの亡くなった者たちを『ソ連の英雄』にするように進言した。しかし、あれは戦時下ではなく、単なる事故として片付けられた。事故では『英雄』にはなれない。が、そんな『英雄』なら要らない!彼らは、あの時、あの場で義務を果たしたのだ。国のためではなく、我々を救うために・・・」

 ボクは乗り物はたいがい好きだけど、潜水艦と飛行機だけは、どうしても好きになれないな。どっちも、狭いし、大事故があったら、まず助からないものね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。