横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曇り。ああ、だが雨が近づいている。体がだるいなあ

ちょっと体調が悪いのと、なかなか難解なテーマに対峙しているので、消化が追いつかず、ブログの更新が滞ってしまった。
無理せずやっていこうと思う・・・。

今日は『ユング個性化』についてのこと。『個性化』というのは「ユング心理学(分析心理学)」の用語であり、平たく言うと「自己実現」のこと。ただ、この「自己実現」も心理学者諸氏によって微妙に違うこともあって、ユングは『個性化』という言葉を好んでいたようだ。


ユング個性化』(心理学)

「自己実現=個性化」という言葉を使い始めたのはユングが最初。ユングは人間の成長は一生続くものと考え、その後半生の課題を、自分の前半生で生かしてこれなかった特質(性質)を、伸ばして、より「自分らしく」生きることであるとしている。それは「自分勝手」な生き方ではなく、むしろ社会や周囲と調和していく生き方を指している。

個性化2
しかし、この考え方に至るまでにユング自身の壮絶な『個性化』の過程があるのだ。

ユングは第一次世界大戦前後に多くの夢やビジョンを見て、それを「黒の書」としてまとめている。
さらに、フロイトと決別した後も精神的な危機状態に陥り、苦しみのどん底にあり、やはり多くの夢やビジョンを見るようになる。

その時、ユングは一つの誓いを立てる。見た夢を文章と絵画によって記録し、自身の無意識と対決することだった。
1914年から1930年まで、なんと16年間もそれを続けている。

それは『赤の書』という書物にまとめたが、ユングの家族によって門外不出とされ、解禁されたのは2009年のこと。
翌年には邦訳も出版されている。

そこからが厄介なのだが、恐らくはユングは無意識の深い層まで行って自身の元型(無意識的人格)の「シャドウ」(陰・負の自分)と対峙していたのだと思う。夢やビジョンは次第に変容し、最後期には曼荼羅や「賢者」の姿が現れるようになっていく。こんな恐ろしいことは常人にはできない。


個性化1
ユングは意識の中心である「自我」ではなく、「心」の中心と考えられる『自己(Self)』の完成への過程?を『個性化』と考えているのだ。

「箱庭」も曼荼羅の形が現れることが、一つの完結を意味するとされているが、形式的に見ることはできない。

ああ、ユングは難しい・・・

今日はこれまで。お休みなさい。



←励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト
晴れ。涼しい~過ごしやすい

今日は、録画の消化。放送大学の「臨床とイメージ」の中から、『MSSM法』についての覚書。
これも、日本で開発された心理療法の一つ。開発したのは医学博士で臨床心理家の『山中康裕』さん。


MSSM法(交互ぐるぐる描き投影・物語統合法)』(心理学)

MSSM1.jpg
元々は、「ドナルド・ウィニコット」が行なっていた治療者とクライエントが交互に殴り描きし、見えたものに彩色をするスクイグル法 (squiggle)とクライエント一人が殴り描きと彩色を行なうスクリブル法 (scribble) を一枚の用紙の上で行なえるように創られた療法。英語ではMutual Scribble Story makingと言う。

やりかたは以下の通り。

用意するものは、八つ切り程度の画用紙(強度のあるもの。決まりはないが在る程度の大きさは在った方が良い)、各種各色のサインペン、色鉛筆、クレヨンだけ。

①カウンセラー(セラピスト)が枠付けしたあとで、クライエントに6つから8つのコマ割り(マンガのコマをイメージすると良い)
クライエントが嫌がったらカウンセラーが代わりに行なっても良い。
②1コマ目を決め、カウンセラーからぐるぐる描きをする。次にクライエントがぐるぐる描きを同じコマにし、そのぐるぐる描きに何が見えるかを見つけてもらい、彩色等をして描画してもらう。
③次のコマはクライエントが先、カウンセラーが後になり同様のことを繰り返す。最後の1コマを残すまで交互に行なって、コマを埋めていく。
④最後の1コマには、今まで描画したものを使って物語りを創ってもらい記入する。


MSSM2.jpg
コマ数はクライエントの状況によって、もっと少なくしても良いし、単色にしても良いし、カラフルにしても良い。
自由度が高く、クライエントの孤独な作業ではなく、カウンセラーと相互に行なうことは、コミュニケーション・ツールとしてはおもしろい。

ただ、解釈はいらないにしても、感じ方とかまとめ方とか、ちょっと分かりにくい所もあり、これは要継続の課題になりそうだ。

今日はこれにて。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
晴れ。暖かい。もう完全に春だなあ

最近、「秋山さと子」さんの『ユング性格分析』という本を読んでいるので、ユングの『性格論(タイプ論)』についてまとめたいと思う。
本の紹介ではなくて、ボクなりの解釈。間違っている部分もあると思うので、そのへんはご容赦を。また、教示いただけるとありがたい。


ユングの性格論』(心理学)

ユングの性格論』で有名なのは「内向(的)」・「外向(的)」がある。
これを「ユング」が考えたものだとは知らなくても、言葉だけは知っている人は多いだろう。

実はこの考え方は、「ユング」が「フロイト」と「アドラー」が「神経症」の原因について異なる解釈をしたことが発端にある。

「フロイト」は患者と父親、母親の3人の心の外的な関係の中にエディプス・コンプレックスがあるとした。
それに対して「アドラー」は患者の心だけに焦点をあて、そこにある劣等感をめぐる権力の理論で説明できるとした。

「ユング」はなぜ同じ患者なのに、二つの理論が導き出され、そのどちらも効果的であるのかを検討し、この違いは、「フロイト」と「アドラー」の心の方向性の違いではないかと考えた。

つまり、「フロイト」の心の方向性は外側に、「アドラー」の心の方向性は内側に向けられ、それが患者に投影されたものとしたのである。

これが、「外向ー内向」という心的エネルギーの方向性の理論である。


タイプ論2
さて、この「外向ー内向」を立体的な天地軸とすると、平面には、「合理軸ー非合理軸」が交差し、「心の4種の機能」が考えられている。

「合理軸」とは、価値判断基準に基づく機能であり、「思考ー感情」の2種類である。どちらかが優位に発達すれば、もう一方は劣等機能となる。「感情」は「合理的」ではないと思う人もいるけれど、「ユング」は「快ー不快」の価値判断基準によるものだから、「合理的」としている。

一方「非合理軸」は価値判断基準に基づかない機能であり、「直感ー感覚」の2種類になる。「感覚」は対象そのものを見るのに対して「直感」はその背後のものまで探ろうとする。ある一枚の絵を見て「美しい」とか「下手だ」と思うのは「感覚」であり、「100万円くらいの価値はある」とか「○○の描いた作品だ」などと思うのが「直感」である。


タイプ論1
これらの「内向ー外向」の「心的態度」と「四つの機能」を組み合わせることによって、「ユングの性格分析」は成り立っている。

例えば「外向的」で「思考」の機能が優位に働いている人は「外向的思考型(タイプ)」、逆に「内向的」で「直感」が優位に機能している場合は「内向的直感型」という具合だ。

しかも、「思考型」であっても、第二位に「直感」が来るのか「感覚」が来るのかによっても又違ってくる。つまり、第二位まで含めると16種類の「性格類型」があるということになる。この「類型」は興味深いし、一見、役にたちそうだが、「ユング」自身はこのような、ラベル貼りには興味はなかったらしい。

「ユング」は「外向ー内向」については生得的なものとしながらも、「四つの機能」については、今、どれが優位に機能しているかということであって、「未分化(発達していない)」な劣等機能を成長させることによって、よりバランスの取れた人間になれるとかんがえていたようだ。要は「自己実現」なのである。


ちなみに、これも簡単に診断できるサイトがある。便利になったものだなあ。ユングの性格類型
ボクはこれ
タイプ論3
なお、「秋山さと子」さんによれば、対極の性格にある人同士は決定的に相性が悪いそうで、こればっかりは無理して合わせない方が良いそうです

では、今日はここまで。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
晴れ。暖かい。上着は着なかったよ桜も良い感じで咲いていた。

さて、ボクの思いつきで『和』の心理療法について5回に渡って覚書を紹介してきたが、うまく紹介できたかは、はなはだ心もとない
まあ、これはボクの能力不足だから、ご容赦願うとして、このあとはボクの感想というか、つぶやきというか・・・そんな感じの駄文です。


『和の心理療法』(心理学

まず、第一印象としては「心の動きそのもの」に言及しているものが、無かったなということ。

和1
もちろん、クライエントと相対している時は個別にはあるのかなとは思うけれど、まずは「形」から入っていくという印象だ。

極めて、日本的と言えば日本的。日本人は「形」が大好きだし、大事にしているものね。そういう意味では、『行動主義』に近いものがある。


和2
中には『内観療法』のように修行に近いものもある。
『森田療法』は一種の「作業療法」だし、『臨床動作法』は直接身体に働きかけるものだ。
それらの効果や効能は別として(すべて一定の評価はなされている)・・・。

もう一つの印象としては、極めて「教育的」だなということ。
『生活分析的カウンセリング』『構成的グループ・エンカウンター』などは、まさにそのまま教育現場で活用されている。
『内観療法』でも「養育費の計算」とか「嘘と盗み」などのテーマが与えられることもある。

ただ、実は以前、当ブログで紹介した、『風景構成法』『コラージュ法』も日本発祥のものだ。どちらも『箱庭療法』をルーツとしているのも興味深い。
『コラージュ療法』は諸外国でも使われているが、「日本コラージュ療法学会」は、その発見と発展の過程は全然別のものであるとしている。
この二つはどちらかと言えば、「精神分析的」な療法と言える。

行動主義」と「精神分析的」・・・どちらが良いとか悪いとかではなく、時と場合に応じての選択が大切ということだろう。


ああ、やっぱり訳がわからん文章になってしまった
自分の能力がうらめしい・・・。

今日はここまで。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
晴れどピーカンだよしかも暖かい。半そでの人もいたよ~。

『和』の心理療法の第5弾。『構成的グループ・エンカウンター』についての覚書。
心理療法というよりは「心理教育」と言った方が正確かな。
『グループ・エンカウンター』自体は、あの「カール・ロジャーズ」も行なっていた手法ではあるが、「構成的」なものとして体系付けて構築したのは日本オリジナル。『和』に分類してもいいんじゃないかな。


構成的グループ・エンカウンター(SGE)』(心理学)

ルーツは60~70年代のカルフォルニアの「エサレン研究所」
当時「エサレン」は「人間性心理学」のメッカ。「ロジャーズ」を初め、「マズロー」・「フリッツ・パールズ」・「ビクトール・フランクル」などそうそうたるメンバーが揃っていた。
そんな中で『グループ・エンカウンター』は生み出されたのである。


エンカウンター1
それを『SGE(Structured Group Encounter)』として、開発・普及につとめたのが、教育者であり、カウンセリング心理学者・大学教授の『國分康孝』氏だ。

彼は、『構成的グループ・エンカウンター』(以下『SGE』)を「集中的なグループ体験であり、<ふれあい>と<自己発見>を通して、参加者の<行動変容>を目標とし、究極的には<人間的成長>を目指すもの」と定義づけている。
キイワードは「在りたいように在る(Courage to be)」・「感情交流」・「自己覚知(Self awareness)=感情体験を伴う気づき」
思想的・理論的には「実存主義」と「ゲシュタルト療法」が二本柱。

エンカウンター2
基本的な流れは以下の通り。


①インストラクション(導入・説明):趣旨説明・エクササイズ(課題)の内容、進行方法、ルールの説明。
②エクササイズ(課題・活動):目標に合わせて6つのねらいと行動変容の3つの「ボタン」?の組み合わせによって最適なものを選ぶ。
 6つのねらい=「自己理解」・「自己変容」・「自己表現・主張」・「感受性」・「信頼体験」・「役割遂行」
 3つの行動変容(変容を目指すもの)=「感情」・「思考」・「行動」
③シェアリング(思いの共有)=エクササイズを通して気づいたことや感じたことを話し合い共有する。

「構成的」の構成とは「枠組み」のこと。具体的には、エクササイズが決められていること。グループであること。そして、ルールと時間が決められていることである。これは、参加者の「心的外傷」を防ぎ、効率的・効果的に進めるためのものだ。

一番、分かりにくいのは、エクササイズだと思うが、今や何種類あるかわからないほどあり、今も開発されている。
例えば「サイコロ・トーク」とか、「ブラインド・ウォーク」・とか「内観(簡便なもの)」とか「傾聴訓練」とか・・・。

シェアリングは参加者の認知の修正・拡大を求めるものだ。

こういったものが複雑に組み合わさって、まさに「構成」されている。教育現場での普及は拡大しており、ほぼ学校で行なわれているが、企業の研修にも使われている。グループのメンバーの質と量の勘案が難しいところだ。常に等質とは限らない。

ボクも何十回となく、実践したが、なかなかうまくいかないこともあった。有効な「心理教育」で、面白いのだが、リーダーの力量とメンバーの意欲も関係する。万能ではないということかな。いや、万能な方法なんてないな

さて、5回に渡って紹介してきた『和』の心理療法であるが、次回で一区切り。
ちょっと、散らかった頭を整理して、取りこぼしてきたことを補って、凡人なりの見解をまとめたいと思う。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。