横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れ。夏日だどこぞでは25度を超えたらしいよ・・・。

良い天気が続いているので、花見がてら横浜へ。
前から気になっていた『原鉄道模型博物館』に行って来た。
少し鉄分(鉄道好きな成分)もあるので、機会があれば・・・と思っていたが、なかなか機会がなかった。
昨日は「エイヤ」っと気合を入れて、踏み切ってみたのである。


原鉄道模型博物館in横浜』(写真日記)

原鉄道1
場所は横浜駅東口からほど近い、「三井ビルディング」の2F。

「コクヨ」の元専務、世界的鉄道模型制作・蒐集家であった「原信太郎」のコレクションを展示・展開している博物館。
貴重な一番ゲージなど各種ゲージの模型。ビンテージな切符や鉄道プレート等など、見所は多々ある。
その中でも、世界最大級のレイアウトで実際に走る一番ゲージのジオラマこそは一見の価値がある・・・と思う。


原鉄道2
大きさは30m×10m。路線の数は6本。全路線の長さの総計は約450m。圧巻なのは、山や川、建物、人物、鉄道以外のジオラマの造形だ。

原鉄道3
停車場かな。極めて精緻なつくりになっている。細部まで妥協がない。

原鉄道4
時間も再現されている。夜明けから夜まで。10分から15分位の間でゆっくり変化していく。写真は夜景。

原鉄道5
駅舎と駅前の風景。屋上にホームがある。実際にあったのかなあ。ちょっと不思議な光景。

原鉄道6
別室にはHOゲージサイズの横浜みなとみらい付近の風景を再現したジオラマもある。こちらも見事なできだった。写真可なのは嬉しいね。このあと、サウナに行って休みましたとさ。良い一日でした。

正直、そんなにも期待はしてなかったけれど、行ってみてビックリ。想像以上に良かったです。この日は「そごう美術館」で「院展」もやってたのだが、一館で充分満足してしまった。大人入場料1000円。再入館もできるし、「動鉄実習」や「模型づくり」などの体験もできる(詳しくはHPで確認してね)ので、お好きな人は一日楽しめる施設だ。

今日はここまで、お休みなさい。

※追記 昔のドイツの鉄道関係の街並みだそうです



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
スポンサーサイト
 晴れだあ しかし、昨日の風雨と、今日の晴天、穏やか天気と、明日は急転直下で寒いらしいので、この変動にはついていけん

今日は所用で「横須賀市役所」へ。ついでに、今日が最終日の『亀楽愛展』を見に行き、さらに、ついでに気になっていた、『横須賀人文・自然博物館』の『なつかしの道具展』へ。
まあまあ、良かったので、そのご報告。


『なつかしの道具展・亀楽愛展』(写真日記)

まず、説明するが、『なつかしの道具展』は『横須賀人文・自然博物館』で行なわれている、昭和・平成あたりの懐かしい道具を展示しているもの。『亀楽愛』は横須賀の写真愛好家が、三浦半島を中心に撮った写真の展覧会。三浦半島以外の展示もある。どちらも無料。ただし、写真展は今日までだ。

横須賀1
横須賀の『平和の女神』
あまり知られてはいないが、作者は、あの長崎の「平和の像」で有名な『北村西望」さん。
もっと、アピールしても良いと思うのだがなあ。


横須賀2
『平和の女神』の台座の碑文。
読めなかったけれど、気になるので、追加調査予定

横須賀3
『なつかしの道具展』の「真空管ラヂオ」
ボクの経験にはないけれど、何か懐かしいのはなぜだろう。


横須賀4
昭和初期の「火災ポンプ車」だったかな。
これで火災に立ち向かったのはすごいし、えらいな。


横須賀5
お好きな人にはたまらない。懐かしい人形「鉄人28号」
凡人なので、いくらぐらいするんだろうと考えてしまう。

横須賀6
忘れてしまったが、誰か有名な人のオルガン。「井上馨」だったかな。
こういうのは好きだな。趣が良い。追記 井上成美でした

面白いのは、「ワープロ」とか「TVゲーム機」とか、昭和の世代にはわりとなじみ深いのも展示してあること。
今の人には珍しいのかな。いや、我々世代が懐かしいのかな。

横須賀人文・自然博物館』をもっと知りたい人はこちら 何と無料ですよ!お勧め!
横須賀人文・自然博物館


横須賀7
最後は『亀楽展』の写真。
撮影は禁じられてはいなかったみたいだけれど、著作権もあるだろうから、一点だけ。
三浦半島の写真は素敵だったが、ここでは自由部門の入賞者。
絵画のような趣。良かった。
もし、申し出があれば削除します。


<日記> 今日は愚痴です。スルー推奨!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
 晴れ、時々 曇り。 異様に暖かい

先週の元同僚との飲み会の前にちょっと『鶴岡八幡宮』に寄ったので、今日は、その写真をUP。
地元(正確ではないが・・・)では、特段、珍しくもないが、一応、鎌倉の有名観光地なので、お目こぼしを。


鶴岡八幡宮』(写真日記)

本当は、「国宝館」も見たかったけれど、「横須賀線」が沿線の火災により遅れたので、時間内に間に合わなかった

鶴岡1

ご朱印はもらえた
結構、遅くまで受け付けてもらえるみたい。
500円は相場に比べて高めなのが残念だが、立派な書だよな。
ご朱印帳ももう6冊目。
どうということはないが、何か少しずつ溜まっていくのが嬉しい。


鶴岡2
参道の風景。時間は4時をまわっているし、平日なので、人は少なめ。
露店はすべて閉まっていた。


鶴岡3
「能舞台」で』良いのかな。
一応、前に「薪」の台が置いてあった。
夜に何かやるのかと思ったが、お知らせはなし。


鶴岡4
かつては『鶴岡八幡宮』の象徴でもあった「大銀杏」
ずいぶん前に倒壊してしまったが、移植されて生残って歴史を語り続けている。


鶴岡5
「狛犬さん」・・・神社に行くと結構気になったりするんだよね。
正面から撮れば良かったな。


鶴岡6
摂社の一つ。趣があるから撮ってみた。何社かは忘れてしまった。

鶴岡7
最後は本当の地元。横須賀の「ヴェルニー公園」の夜景。
月が綺麗だったので、撮っておいた。でも、上の部分が欠けちゃったな。残念だ。

という訳です。悪しからず。


<日記> スルー推奨

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
 晴れ時々曇り。寒さは変わらないな

先日、元同僚から電話があり、神奈川県の鎌倉で会うことになった。時間が有ったので、早めに出て、以前から行きたかった『鎌倉宮』に寄ることに・・・。
鳥居が変わっているんだよね。白い鳥居で上の部分はピンク色。
他に同類のものがあるのかは知らない。


鎌倉宮(大塔宮)』(写真日記

鎌倉宮1
これが、その鳥居さん。珍しいよね。
その由来については分からないんだけど。
神社の人に聞けば良かった


鎌倉宮4
神社の由来は意外に新しく、歴史はそこそこにある。
ご祭神は「護良親王」、「後醍醐天皇」を助けて、鎌倉幕府を倒したが、足利尊氏の陰謀に寄り、鎌倉の二階堂に幽閉され、後に28歳の短い人生を終える。


鎌倉宮2
それから、かなり経って、明治天皇が追慕のために建立したのが、『鎌倉宮
明治6年には行幸もし、官幣中社にも列せられたということ。
上の写真は、「獅子頭」
摂社は「南方社」と「村上社」、ともに、親王と縁の深い方。


鎌倉宮3
「厄割石」というのがあって、瓦の皿をその石にぶつけて、割れると、厄払いになるというもの。ボクが行った時は人は少なかったけれど、割っている音が何度も聞こえた。ボクはそれはやらず、ご朱印をもらった。神社本体と月ごとの2種類。

鎌倉宮5
左の写真は摂社「村上社」ここにも厄払いがあり、この像で自分の治したいところをなでると、良くなるという霊験があるという。ボクはもちろん、頭を撫でておいた

300円払うと、庭園と宝物殿が見られる。
近くには学問の神様、『荏柄天神』などもあり、『鶴岡八幡宮』から徒歩十分くらい。駅からバスもある。
鎌倉観光に行く人は一考しても良いかも。


<日記> スルー推奨。読みたい人だけ「続きを読む」をクリック。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
18年2月6日(火)  快晴~
今日は天気も良いので、神奈川県の「金沢文庫」に『運慶展』を見に行くことにした。
前から見たかった。昨日、行くつもりだったけれど月曜日はお休みと分かり、今日、行ってきた。

運慶』って誰?って人はこちらをクリック!
『運慶』

『特別展 運慶in金沢文庫』(写真日記)
金沢文庫」は京浜急行の駅名としては知っている人も多い?と思うが、
実は日本最古の図書館である。
北条実時が創建し、「文選集註」や「称名寺聖教」、「金沢文庫文書」など、保管された多くの文書が「国宝」に指定されている。その数何と20000点 知る人ぞ知る国宝の宝庫だ。
書籍なので、ちょっとピンとこないこともあるが、資料的価値は超一級である。
そこで、『運慶ー鎌倉幕府と霊験伝説』という展示会が開かれたのでそそくさと行って来た。


運慶1
『運慶展』ではあるが、すべて、『運慶』作であるわけではなく、伝『運慶』や、他の慶派(快慶とか湛慶ら)とか、彼らとの合作とか、『運慶』の特徴に似ているとか・・・
まあ、これはしょうがないやな
展示されてる作品はさすがにそれなりに凄い。


運慶2
金沢文庫』の外観。平日でも、まあまあ繁盛していた。
混んでいるわけでもない。
この二つの写真の仏様は、重要文化財の「梵天立像」、愛知県の「滝山寺」の源頼朝供養の像。『運慶』と「湛慶」の合作とされている。『運慶』もので、これだけ彩色が残っているのを見るのは初めてだ


称名寺1

鎌倉幕府が滅んだ後、『金沢文庫』は隣接する北条氏の菩提寺である「称名寺」が維持してきた。それが、このお寺。ご朱印をもらった。

称名寺2
見事な「太鼓橋」 実際に渡ることができる。雨の日は危なそうだけど。
写真を撮る人があちこちにいた。鳥を撮ってるのかなあ?


称名寺3
境内は中世の様式を残す日本式庭園。盛時はもっとすごかったんだろうな。ちょっと広めの公園の様相。食事をしている人もカップルもいた。塔頭もあるプチ大寺院だ。

こんなことしながらも『箱庭』のネタはないかななどと考えている。
何だかなあと思うけれど、ちょっと誉めてほしい。
感性を磨くのも大事なのだ


<日記> スルー推奨。興味がある人は「続きを読む」をクリックしてね。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。