FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
09年2月2日(月) 休職776日 晴れ。風が冷たい

今日は、仕事をしてきました。復職に向けての準備は着々・・・でもないけど進んでいます

 「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
<消費税増税がいかにインチキか・・・が良く分かります。おすすめ!>

 今日は職場に行って仕事。

 復職のための診断書が2通、必要とのこと。
 ボクが行っているクリニックは個人経営のため、お医者さんは一人しかいない。
 もう一人、紹介してもらわなければいけないわけだ。

 何かいやな感じがする・・・。

 もし、お医者さんがいなかったら、どうすればいいのだろう
 困った、困ったなのだ・・・が、今、困っていてもしょうがないので、
 次回の診察で相談するつもり。

 うまく行けばいいのだが・・・。

 今週はレンタルで『自虐の詩』と『チームバチスタの栄光』を見た。

 偶然だが、両方とも「阿部寛」が出ている

 この人は、こういう癖のある役がすっかりはまってしまったようだ。

 映画の感想・・・としては、『自虐』の方はちょっとリアルな部分もあったりして、「う~」とか思ったけどまあ楽しめた。

 「バチスタ」は・・・つまらん。TVもそうだけど、小説の方が圧倒的に面白い。ただし、最新作の『イノセントゲリラの祝祭』はだめだ。理屈ばっかりが先走っている。

 ボクにしては珍しく、ハードカバーで買っている作品群なんだけどなあ。残念だ。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 ボクが「裁判員制」について、考えている間に、相次いで、死刑が執行された。

 それについての「抗議」が相次いで出されている。

 今日はボクがリンクしている某サイトより、孫引きさせてもらう。抗議声明の一つだ。

 『死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90』より

抗 議 声 明

  本日(1月29日)、牧野正さん(58歳:福岡拘置所)、佐藤(旧姓野村)哲也さん(39歳:名古屋拘置所)、川村幸也さん(44歳:名古屋拘置所)、西本正二郎さん(32歳:東京拘置所)に死刑が執行されたことに対し、強く抗議する。

 森英介法務大臣は、昨年10月28日に死刑執行を行い、更に3ヶ月後の今日、4名の死刑執行を行った。これは、死刑の執行にあたっては、記録を精査し慎重に慎重を期すという人命に配慮した従来の慣行を完全に踏みにじるものであって、暴挙というほかない。

 2006年12月25日の長勢元法務大臣の死刑執行に始まり、鳩山、保岡の各法務大臣へと続く連続的な大量の死刑の執行は、わずか2年1ヶ月の間に、10回、合計32名にのぼり、過去30年間類例がなく、死刑廃止に向かう国際的なすう勢に完全に逆行するものであって、強く非難されなければならない。

  国家・個人を問わず、人の命を尊重し、如何なる理由があろうとも人の命を奪ってはならないことは、人類共通の倫理であり、民主主義の原理・原則である。そして、それ故に、すでに世界の3分の2以上の国と地域が死刑を廃止しているし、国連は一昨年と昨年12月の2回にわたりすべての死刑存置国に対して死刑執行の停止を求めたのであり、これに応えて死刑存置国は死刑の執行を減少させてきたのである。しかし、唯一日本だけが、これを意図的に真っ向から踏みにじり、本日4名もの死刑を執行した。

 昨年10月ジュネーブで開かれた国際人権(自由権)規約委員会において、日本の死刑制度について10年ぶりに審査が行われ、委員から死刑廃止を求める厳しい批判がなされた。日本政府は、この批判に謙虚に耳を傾け、死刑の廃止に向けてスタートを切るべきであったにもかかわらず、これにあえて逆らい、死刑の執行を強行したことは、国際的にも強く非難されてしかるべきである。

 日本では、凶悪犯罪は減少の一途をたどっている。死刑判決と死刑の執行の激増を正当化する理由はどこにも存在しない。

 牧野正さんは、無期懲役の判決を受けた事件の控訴取り下げ無効の裁判を起こし、係争中だった。死刑判決を受けた事件に関しても、本人が控訴を取り下げており、三審まで裁判を受ける権利を保障されておらず、死刑の量刑が正しかったか否か大いに疑問がある。

 佐藤哲也さんと川村幸也さんは、共犯4人の事件で、2名は無期懲役の判決を受けており、首謀者は別にいると争っていた事件である。佐藤さんは、昨年再審請求をしていたが、自ら取り下げている。川村さんは、再審請求をして、棄却された状態で、さらなる再審の準備をしているところだった。

 西本正二郎さんは、自ら控訴を取り下げて確定した事件で、三審まで裁判を受ける権利を保障されておらず、死刑の量刑が正しかったか否か大いに疑問がある。

 同時に、法的に何らの義務がないにもかかわらず、死刑の執行を強いられている拘置所職員の苦痛にも心を致すべきである。

 今回の死刑執行の対象者は、比較的若い年齢だった。いずれも、昨年私たちが行ったアンケート調査に対して、裁判のあり方に不服を持ちながらも、「命をもって罪を償いたい」と回答してきている。また、今回執行された人たちのように、事件を反省し、死刑を受け入れている人たちに対して、あらためて「命を奪う」死刑という刑罰を適用する意味があるのか、もう一度考える時期に来ているのではないだろうか。法務省は、真に反省した人を矯正・更生させることにもっと力を注ぐべきなのではないだろうか。罪を犯した人を国が殺すことで事件を解決したものとみなすという今のあり方は、あまりに安直すぎる解決方法であることを、法務省はもっと真摯に受け止めるべきである。

 私たちは、死刑の廃止を願う多くの人たちとともに、また、森英介法務大臣に処刑された牧野さん、佐藤さん、川村さん、西本さんに代わり、そして、この間連続的に死刑を執行させられている拘置所の職員に代わって、森英介法務大臣に対し、強く抗議する。

2009年1月29日



 世論が求めているから「有罪」・「死刑」等の判決を出すことが本当に正しいのか。
 「裁判員制度」が導入されれば、「裁判員」等しか知ることができない事実もあるのではないか。
 その時の批判は誰が受けるのだろう?

 次に、どこぞの弁護士がどこぞの現大阪知事から「石を投げろ」のごとく言われるのは誰か?

 多数決で一票差で刑が決まったとしても、責任は同じ。
 その判決を出したのを仮に「誰も知らない」としても、反対あるいは賛成を出した人間の「心」の問題は、どうなるのだろうか。

 もし、判決を出した後、新たな証拠が出て、冤罪が証明されたら、「裁判員」はどう思うのだろうか。
 世の中は手のひらを返したように批判するのではないか?
 責任をとらなければいけないのだろうか?

 ボクにはどうも納得が行かない。

 誤解がないように一言だけ。

 「被害者や被害者遺族を裁判に参加させるべきではない」と言っているのではない。

 これって、「すべて(選ばれた)民に任せればよい」と言っている「新自由主義路線」の法律版ではないかと思うからだ。

 「市場にもルール」が必要なのと同じように「裁きの場」にも「民」を入れるならば「ルール」をしっかり作ってからにして欲しいということなのだ。

 そして、そもそも「人を裁く」ということを「人」がどこまでできるのか?
という問題なのだろうと思う。

 「殺せ」で済むなら「人」はそんなにいらないだろうよ。

 と言うことで、今日は、

 お休みなさい。



BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


09年1月28日(木) 休職772日 晴れ。いやあ、まだ寒いなあ

自炊しても、ちっとも得した気にならん。でも、おもしろいことはおもしろいのだ

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
<消費税増税がいかにインチキか・・・が良く分かります。おすすめ!>

 今日は、起きてから、ウダウダと布団の中で過ごしつつ、
 「昼飯、どうしようかなあ」などと考える。

 実は、「ハンバーグ」の冷凍があり、
 「デミグラス・ソース」もあり、
 「卵」もあり、

 ・・・で、昼食は決まりなのだが、
 夕食まで気にかかり、
 さらに、チャレンジャー精神に火がつき、
 
 「ギョーザ」を作ってみたい・・・という欲望が生まれた

 と、言うわけで、目下のところ、「ギョーザ」と「チャーハン」が、
ボクの目標です。情報、あれば教えてくださいな!

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 人を裁く(朝日新聞のシリーズ記事より)第2弾!

 あの・・・いっぱい突っ込みどころがあって・・・
 「海賊」に自衛隊を出す・・・なんてのも、その一つだと思うんだけど・・・

 何か、ドサクサに紛れて、こういうことを仕掛けて来るってのは、
 「自民党」等の常套手段だと思うんだけど、
 所詮、このブログごときで何を言っても、
 「ごまめのはぎしり」程度。

 なのは、分かっているが、

 この思いは、他の人に任せて(いろいろ書いたらキリがない、御免

 多分、この流れとセットだぞ、このヤロー

 ・・・と、思うのが、「裁判員制度」

 『日本人の刑罰のイメージ』

 最高裁は05年に実刑した量刑に関するアンケートで、刑罰に果たす役割のイメージを市民1千人に尋ねた。「悪いことへの報い(応報)」が56%で最も多く、「犯罪を防止するもの」が31%、「犯罪者を教育するもの」が13%。

 刑法などに明文はないが、学説では、刑罰とは、

 「責任に応じた刑」を基本に「犯罪の予防」を考慮して修正を加えて決める

という考え方が一般的だ。
 

 朝日新聞 1月28日朝刊より



 さて、問題は上の囲みよりも、今後、導入されるであろう「裁判員制度」だ!

 この記事では、日本が参考にしたとされる、ドイツの「参審制」を例に引いている。

 
 違うのは、日本では「くじ引き」なんて安易な方法で選ばれ、1回限りなのに対し、ドイツは「立候補」や推薦で選ばれ、任期は4~5年制(これは、これで問題はあるのかも

 次に、違うのは「重大犯罪を扱うことの多い州裁判所でも被害者参加の率は25%ほど」だということ。理由は「ドイツでは判決に際して『Im Namen des Volkes(国民の名の下に)』という言葉が使われる。誰も自分の考えだけで判決をしてはならないし出来ない

 からだと言う。つまりは、「感情をまったく考慮しないのは不可能」としながらも、「それは、どの裁判でも同じ。判決に影響はない」という考え方によるからだ・・・。

 あえて、しつこく取り上げるのは、きっと後世に禍根を残すからだ。

 年金・・・の問題の二の舞は残したくない。

 (年金の問題が取りざたされる以前に、ボクは危ういなあと思っていた。それが、予想通りになってしまった・・・共産党や民主党の一部の人が追求した結果、表に出たのであるが・・・いろいろな問題の争いの陰で、着々と進められている、実にいやらしいこともあるのだということに目を向けて欲しい。)

 我々は(ダレが我々だかわからないが)騙されないぞ!

 とでも言っておく。

 おやすみなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


09年1月27日(木) 休職770日 晴れ。結構、暖かいかな

落ち着いた日々を送っています。良く眠れています

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
<消費税増税がいかにインチキか・・・が良く分かります。おすすめ!>

 今日、目覚めたら、何と午後2時だった
 「アチャー」っと思ったけど、
 あせる理由もないので、「しょうもない」とあきらめた。

 いつもは、一応6時の目覚ましには反応している。
 結局は切るだけのことが多いんだけど。

 今日は昔の「ダンチュウ」を読んでいた。
 最近、料理を始めたことは以前書いたとおり。
 その1冊に、お米の特集があったんだけど、
 それを見ていて、目が点に

 何か飯炊きに人生をかけているようなおじさんがやっている定食屋なんだけど、
 良くみると、そのおじさん、どの写真も上半身、裸なのだ。
 飯炊いてる写真も上半身、裸。
 店の前で家族で並んで撮った写真も上半身、裸。

 「おお、これがうわさの裸族」と妙に納得してしまった。

 正確に言うと「半裸族」なんだけどね。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 人を裁く(朝日新聞のシリーズ記事より)

 やっぱり「増税やむなし」の主張をしている、最近の「朝日新聞」
 「消費税」が増税されるたびに、繰り返される同じ意見。
 あきれる他はないのだが・・・

 でも、今日のこの記事と、夕刊で連載している「ニッポン人脈記ー魂の中小企業ー」は興味深く読ませてもらった。

 「裁判員制度」について・・・賛否両論は当然あるのだけれど、ボクには何か腑に落ちない感じがしているのだ。今日のこの記事を読んでも、それは払拭できないでいる。

 でも、何か大事なことを含んでいるような気がするのだ。

 簡単に言うと、「裁判に被害者感情を反映させるかどうか」ということだ。

 アメリカでは、「遺族が被害者の人生を振り返ったり悲しみや怒りをあらわにしたりすることが、裁きに加わる市民の心を惑わし、裁判の妨げになるか」で、今まで、大きく揺れ動いて来たという。

 1987年に連邦最高裁は、
 「被害者がどれほど素晴らしい人だったか、遺族がどれほど悲しんだかは、罪と何の関係もない。陪審員を過度に刺激し、証拠に基づいた判断から遠ざけるだけだ」として違憲の判断をしたが、
 1991年の別の事件では、「被害者が一人のかけがえのない人間だったことを示すためのもの」として、違憲の判断を事実上、修正した。

 陪審員制度の長い歴史を持つアメリカでさえ、これだけ揺れ動いている。
 特に「死刑」に相当する判断は慎重だ。

 しかし、アメリカの陪審員制度と日本が目指す裁判員制度には決定的な違いがある。
 実はアメリカの陪審員は量刑にはかかわってないのだ。唯一、関わるのは「死刑」の時だけなのである。しかも、それには合理的な理由があるのだ。以下、その引用。
 

「米国の陪審員制度と死刑

 市民が量刑まで判断する日本の裁判員制度と異なり、米国の大半の州では、陪審員は有罪か無罪かの判断を担うだけで、量刑にはかかわらない。ただ、死刑事件は例外だ。連邦最高裁が02年6月に「裁判官が単独で量刑を重くする事実を認定し、死刑を選択することは違憲」と判断したことを機に、ほとんどの事件は陪審員が全員一致で「死刑相当」と判断しなければ、死刑判決が出せなくなった。



 日本には、『がきデカ』の「こまわりくん」みたいに、安易に「死刑にしろ」という一部の論調があるようだが、同じ「死刑制度」を存続している、アメリカでも、「死刑判決」のハードルはかなり高いのである。

 一方、この記事では、05年のアンケート調査の結果により、
 「被害者・遺族が被告に重い刑を望んでいる場合に、刑を重くするか」について、裁判官の8割が「重くする方向」と答えたのに対し、市民は5割にとどまったとしている。

 これって、どういうことだろうか

 やっぱり「感情は配慮する」ということなのだろうか、それとも、何か法的な根拠があるのだろうか。

 どうも、この制度は拙速のような気がしてならないなあ。

 おやすみなさい。
BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


08年12月30日(金) 休職742日 良い天気で暖かい・・・助かるわ

年中行事なんて、ほとんどなく、新年を迎える気概は年々うすれがち。2009年の願いは部屋をキレイにすること。今日はでもがんばりましたぜ!来年がボクにも、皆さんにもとってもOKな年であることは、常に願っておりますよ。これからも支えあいましょうね。

usudosi
『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

ちょっと、おまけの話題。
今年のワーストベスト1映画。それは・・・『クローバーワールド』です。
最悪です。
コマーシャルでのひっぱりは、おそらく、「つまらない」のが分かっていたからでしょう。
みなさん、希望は絶対抱かずに&カタルシスなんて抱かないように・・・。

ボクは今、見たばっかりで、ものすごく後悔しています・・・。

来年は不景気を吹き飛ばすような楽しい映画&読書を期待しています!!!

皆さんにも幸せな1年が迎えられますようにねがっていますよ!!

 BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


08年12月12日(金) 休職712日 おおむね良い天気であったようだ

先日、クリニックで薬をちょっと追加してもらった。調子は悪くはないと思うが、何となく気持ちが乗らない日々が続くのであったのだった


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 職場に行って、来年、復帰の具体的な動きを考えようということになった。
 いい加減、休職生活にうんざりしていることも確か。
 でも、ムリして戻るのもいやだから、様子を見つつ今まで過ごしてきた。

 秋口くらいは、「もう大丈夫」というような実感を持っていたが、
 冬になってからの体調を見ると自信がちょっと揺らいでいる。

 だけど、このまま時を費やしても、状態は変わらないかなとも思う。
 何より気持ちがムズムズ、ウズウズして仕方がない。

 来年は絶対復帰だ!

 それにしても、この経済危機とかなんとかは、本当に何とかならんものかね。
 3万人の失業者ってのは尋常じゃないぞ。(実質は10万人とも言われている)
 非正規雇用だけの問題じゃないよなあ。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


『創作四字熟語』(住友生命)

 住友生命が募集していた「創作四字熟語」ってのが、今年も選ばれたらしい。
 世相を反映していてなかなか興味深いものがあるよ

 詳しくはココ→「創作四字熟語」

ベスト10を紹介すると・・・

好投夢繋(こうとうむけい:荒唐無稽)
北京オリンピック。女子ソフトボールでは、上野由岐子投手の好投が金メダルへの夢に繋がった。

四凛駆銅(よんりんくどう:四輪駆動)
四人の凛々しい走りで、見事にオリンピックにおける男子短距離初のメダル獲得。

苦労長寿(ふろうちょうじゅ:不老長寿)
後期高齢者医療制度。長寿医療制度という愛称もむなしく何かと不評。

株式逃資(かぶしきとうし:株式投資)
世界の株安で、株式に投じた資金が目減りして逃げていく。

暗増景気(クリスマスケーキ)
金融不安、円高、物価上昇・・・景気は一段と悪化。

窮々病院(きゅうきゅうびょういん:救急病院)
医師不足で困窮する救急病院。

猪突猛親(ちょとつもうしん:猪突猛進)※ちょっと盲信って気もするが(凡人)
モンスターペアレントが学校で大暴れ。

兄弟減価(きょうだいげんか:兄弟喧嘩)
リーマン・ブラザーズショックは大変なものでした。あちこちで、責任の押し付け合いが発生していそうです

グ美人走(ぐびじんそう:虞美人草)
グーでおなじみのエド・はるみさん。24時間TVでは女性で最長距離をランニングー!!

四面魚歌(しめんそか:四面楚歌)
ポニョの歌をよく聴いた。


( )の中は元の熟語?と、その読み。意味は調べてね。



 ちなみに「清水寺」がやっている今年の一文字は「変」だそうですな。

 確かに、これはうなづける・・・。

 ボクとしては、「脆宅惨米(ぜいたくざんまい)」とか「舌退多数(ぜったいたすう)なんてのもうまいなあと思うけど。

 ボクの今年の四文字熟語は、「我心傷嘆(がしんしょうたん):臥薪嘗胆」です。

 来年は・・・いい年にしたいです

 お休みなさい。

 BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!