横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 晴れ。天気が良いので日の当たる所は暖かいけれど、気温的には低い感じだ

昨日、「楽天」に注文していたマンガ『ラーメン大好き小泉さん』の新刊が届いたので、久しぶりにの感想。
老眼と近眼がひどいので、を読み通すのがつらいので、最近は読書から遠ざかっているが、マンガだと短時間で気楽に読めるから助かる。
最も短時間過ぎるので、損した気分もあるが・・・。

ラーメン大好き小泉さん6』(読書
「飯マンガ」大好きなので、ボクが最近唯一買い続けているマンガ。
1月からは、アニメでもやっている(なかなか見られないけれど

ラーメン1
シリーズ6巻目。
「ラーメン」が大好きで仕様がないクールな美少女の「小泉さん」とその周囲の人間との関わりをラーメンを中心に描いている。
ある意味「ラーメン」が主役。
一話完結でおそらくモデルがあるであろう店が登場する。
どこそこの何ていう店という紹介はない
このへんは通の人ならほくそ笑む所だろう。

ボクは一つだけ分かった。
ボクが地方へ行くときに候補のNo1としているホテルだ。「夜鳴きソバ」の無料サービスがある。
温泉や大浴場やサウナがある所が多く、普通のビジネスホテルよりもお得感がある。
でも、カップヌードルの無料サービスがあるのは知らなかったのだが・・・


「今日の気になる言葉」
後輩にお勧めのラーメンを聞かれて、
「オススメのラーメン・・・そんな厄介な問いに答えたくありません」

「店のラーメンですか?それとも市販?」

「いつ?どこで?誰と?何を目的に?私はあなたの味の好みすら知りませんー少なくとも」

「出汁・タレ・香味油・具財等の味の系統、味の濃さ、アブラの料、麺の形状・太さ・全体的な量、1人で行くのか・複数で行くのか、地区や路線等店の場所、店内の雰囲気、その他備考、・好きな/苦手な食材・サイドメニュー・つけ麺や油そば・ご当地食材の使用、最低限これくらいの情報開示が無ければ無責任にオススメなんてできません」

人を知るって大切なことなんだよなあ。

<日記> スルーオススメ。読みたい人だけ「続きを読む」をクリック。きっと後悔します

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
『文士の料理店』嵐山光三郎

 日本文学史上名だたる作家たちが食べ物とどうむきあい、それに合わせてどんな料理店を贔屓にしていたか?その作家の作品と精神史を食を通した浮き彫りにした出色の文学評論。

 森鴎外   「蓮玉庵」    (上野・そば)
 夏目漱石  「松栄亭」    (神田淡路町・洋食)
 泉鏡花   「うを徳」    (神楽坂・割烹)
 永井荷風  「アリゾナ」   (浅草・洋食)
 斉藤茂吉  「竹葉亭」    (銀座・うなぎ料理)
 高村光太郎 {米久」     (浅草・牛鍋)
 谷崎潤一郎 「浜作」     (銀座・関西割烹)
 岡本かの子 {駒形どぜう」  (駒形・どじょう料理)い
 川端康成  「銀座キャンドル」(銀座・洋食)
 坂口安吾  「染太郎」    (西浅草・お好み焼き) 
 壇一雄   「山珍居」    (西新宿・台湾料理)
 吉田健一  「ランチョン」  (神田神保町・ビヤホール)
 水上勉   「萬春」     (京都上七軒・洋食)
 池波正太郎 |資生堂パーラー」(銀座・洋食)
 遠藤周作  「重よし」    (神宮前・割烹)
 吉行淳之介 「慶楽」     (有楽町・広東料理)
 三島由紀夫 「末げん」    (新橋・鳥割烹)
 武田百合子 「赤坂津つ井」  (赤坂・洋食)
 山口瞳   「左々舎」    (外神田・ふぐ料理)
 吉村昭   「武蔵」     (吉祥寺・居酒屋)
 向田邦子  「湖月」     (神宮前・京料理)
 開高健   「鮨 新太郎」  (銀座・寿司)

https://seo.fc2.com/sitemap/indexck.php
晴れ。風が涼しい。
午後から声楽のレッスン「城ヶ島の雨」はむずかしい。
久しぶりだから、声も掠れる。

えぼ鯛+納豆&たんめん。
納豆もうまいなあ。昨日の「とろろ」と合わせて、明日、「オクラ」を食べれば、ねばねば三兄弟制覇だ。
海のねばねば大将「メカブ」も捨てがたいところだ。

『本は自分の出版社からだす』

という本を読んで考えさせられた。
今の仕事をやめたら、本を出したいとおもっているのだが、それがなかなか面倒なことが分かった。
本を出す(流通させる)には大きく3つほどあって、
出版社に企画を持ち込み採用される。でも、これはよほどネームがないと無理だ。
 毎日、本は出されるけど、売れない。売れないから冒険しない。悪循環だ。
 それに、それだけの気力も体力も勇気もない。
自費出版。これは製本から流通まで扱ってくれる所もあるけれど、金がかかるし、何より怪しい。取次ぎ制度が あるから、自分で営業するしかない。
自分で出版社をつくる。 これが問題だ。自分で作って、自分の本を出す。一見、理にかなっているようなのだが・・・続きは明日。
人生食堂

 今日は久し振りにご本のお話。

 ブログを書いてなかったときも、本を読んでなかったわけではないけど、
 極端に、その数が減ってたのも確か。

 というよりは、近眼に老眼が加わって、メガネを変えても解決せず、文を読むのが苦しくなっていたのである。

 で、いくつかの古いメガネをかけなおしては、また、かけなおし。

 何とか使えるメガネをごまかしごまかし使っておりますガーン

 あれ

 本の話じゃなくて、目の話になってしまったうしし

 えーと、上の「人生食堂」という本は、「だんちゅー」って雑誌で連載していたものを、筆者の小山薫堂という人が編集・加筆したもの。うまそうで高そうな店がいっぱい載っている本だと思えば良い。

 なかには「7-11」とか「M-stop」とかも含まれているけど、基本的にはおいしい店を食べ歩く食のエッセイ。

 飯食って、文章書いて、金がもらえるなんて・・・怒←ちょっとひがみ入ってます笑2

 筆者は、かの「おくりびと」の脚本を担当した人で、食も含めて、いろいろなことをプロヂュースしてます。
 けっこう軽い文体だし、食べることの喜びが随所にあからさまに出ているので、読みやすい本です。

 「もし夜食が体に良かったら、こんなにもうまいとは思わないに違いない」

 以上、報告終わり。 


09年2月7日(土) 休職781日 晴れだ・・・日光浴しなきゃ

やっぱり、やっぱりで不安材料が増える。やる気も潰える・・・がんばらなくちゃ

 「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
<消費税増税がいかにインチキか・・・が良く分かります。おすすめ!>

 昨日、クリニックに行き、
 復職の診断書の相談をする。

 診断書は2通必要。違う先生の・・・

 紹介状は書いてもらえるけど、医者は自分で見つけなければならない

 しかも、今回は病気の診断書じゃなくて、復職のための診断書。
 そんなに簡単に見つかるとは思えない。

 これから、また、電話をしまくらなくちゃならないかと思うと、それだけで憂うつだ。
 というわけで、今日は寝逃げに走る

 月曜から病院探し・・・上司から「やるだけやっておけばいい」といわれてるけど、
 メンタルのクリニックって、今、どこも一杯なんだよ

 そんだけひどい世の中なんだよと怒りを覚える。

 上の人間は勝手にルールを決めるけど、全然、現実がわかっていない。
 だから、これだけ、わけがわからん世の中になっちゃうんだよな。

 ボクは忘れないぞ。「いなけりゃ、お医者さんに相談して紹介してもらって」って一言!
 形式主義で世間知らずもはなはだしい上に人任せ、本人任せ。

 プチ政治の無責任さを感じる、今日、このごろでした。

 ごめん、今日は愚痴でした

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


『この世でいちばん大事な「カネ」の話』(西原理恵子)
kane
 西原理恵子のマンガじゃなくて、エッセイ本。
 これは「おススメ」本だあ。

 実は前から他ブログの紹介もあり、出されていたのは知っていたけれど、「カネ」の話題なので、
 あんまり読む気がしなかった。でも、昨日、時間があったので、本屋で立ち読みして・・・
 「これはおもしろい」と・・・

 下手な経済学の本とか、「儲け話」本なんか読むより百倍もいいと思う。

 「西原マンガ」の読者は知っていると思うけど、彼女のマンガには随所に彼女の「カネ」に対する執着が描かれている。それだけ読むと、抵抗を感じる人もいるかとは思うけど、ボクは、まあ、おもしろいと感じていた。

 この本は、自分の幼少時代から現在までの自分史を、「カネ」(=貧困)をキーワードに語りながら、「カネ」の重要さと「カネ」と「生きる意味」ということを綴っている。それは、単なる「カネ至上主義」ではなくて、「カネ」がどんなに「暴力」や「犯罪」や「人間性」に結びついているかということを、自らの経験から簡潔に言い切っている。これは、単なるエッセイというよりも哲学に近いと思う。

 「新自由主義」・「市場原理主義」の某小泉とか、某竹中とかに読ませてあげたい。

 詳細は書けないが、ボクもこの本で述べられているようなことは一通り味わっている。
 普通の人生では味わえないモロモロのことだ。
 だから、彼女の言っていることは大体わかっている・・・つもりだ。

 最後の強引に世界に目を向けさせる部分はちょっと・・・とは思うが、でも、本自体が「青少年向け」の本だから、それも大事な視点かなあとも思う。世間のガキどもは、みんなこれを読め!

 今日の一言

 章のタイトルから・・・

 「どん底で息をし、どん底で眠っていた。カネがないって。つまりは、そういうことだった。」
 「自分でカネを稼ぐということは、自由を手に入れるということだった。」
 「ギャンブル、為替、そして借金。カネを失うことで見えてくること。」
 「自分探しの迷路はカネという視点を持てばぶっちぎれる。」
 「外に出て行くこと。カネの向こう側へ行こうとすること。」

 簡単に言っちゃえば、世の中、そんなにきれいごとや正論なんかで動いちゃいねえ・・・ってことかな。けれども、それを突き抜けて、自分を貫く方法もあるって思わせてくれる。そんな本です。

 別に尊敬はしないけど


 あ~あの毎日だけど、何とか生きていきます。

 お休みなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!