横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 12月31日(日)大晦日 曇り 気温13度

 朝は6時20分に目覚める。昨日、PCをいじり過ぎて、寝たのが3時近くだったのに早起き!また、夢を見たが思い出せない。今度から、枕元にメモを置くことにしよう。二度寝に入り、次に目覚めたのが9時30分。着替えて、1Fにコーヒーを買いに行く。タバコを吸いながら、しばらく、リビングでボーっとする。

 10時過ぎくらいにPCに向かい、メールとブログをチェック。BGMは、『classical panorama 2000』 6年前に買ったクラシックのベスト盤。
約2年ぶりにHPを作り直すことにした。その準備で昨日は遅くなってしまったわけだ。そのうち、新聞屋さんが来たので1年分の新聞代を支払う。
『赤旗』日曜版。月800円、しめて9600円なり。『赤旗』は日曜版だけ取っている。世の中の腹の立つことに正論で切り込んでいて気持ちが良い。毎日、読む気はしないが・・・。

 12時に昼兼買い物。さすがに、ボクも正月位、人並みにおもちがべたい。その買出しに「LIVIN」へ行く。人多し。
 最初に2Fのフードコートで、昼。久しぶりに『ロッテリア』でチーズバーガーセットをす。味はこんなものだろうけど、680円は高い。一応、ここで服す。風邪一錠追加。鼻水は昨日よりは出ない。

 1Fに降りて、買い物。病の独り者の正月の買い物は以下の通り。

  テンプラ          350円
  テンプラ          350円
  カケソバツユツキ       157円
  エドソバ          150円
  アカドリモモ        471円
  青果値下げ品        110円
  ハンコイタ シロ      840円 ※蒲鉾らしい
  ニモノ           1980円 ※おせちらしい
  アマシオヤキシオ      239円
  ムテンカツユ        255円
  パリスリ          698円 ※おもちらしい
  ヤキノリ          197円
  サビシサ          PRICELESS


 計5797円のお買い物。ボクにしてみれば、材購入にしては高価な方。もっとも、普段は0円だからね。ついでに、「ケンタッキー」も根性で仕入れる。とっても疲れた。

 家に帰り、昨日の大掃除もどきの続きをやる。今日は、書斎。あちこちに散らばっている本をすべて元に戻し、要る本と要らない本に仕分けして、本棚に並べる。捨てる本を考えれば、まだ、けっこう余裕あり。でも、この仕分けが大変なんだよなあ。床を拭いて終わりにする。毎年天井・壁もふくめて結構入念にやっていたけど、今年はここで、力尽きる。「また来年があるさ」と諦観する。

 さて、今日は大晦日だ。去年は京都のホテル。一昨年は群馬の山小屋。良く考えてみれば、この部屋で年越しするの初めてじゃないかな。カウントダウンパーティーが、どこぞの公園で行われるらしいが、興味なし。今日も映画を見て、本を読んで、静かに年越しを迎える。近くの神社(歩いて1分)位は行ってみてもいいかな。元気があれば・・・。

 ということで、今日の映画は『シン・シティ』 大晦日にふさわしいかどうかは知らぬが、どうでも良いこと。このあと、見てから感想を書きます。疲れてたら、そのまま寝ます。良いお年を!

-----------------------------------------------------------------

『シン・シティ』 始まった時、「アメコミ?」って拍子抜けしていた。残念ながら、アメコミは、悪く言えば幼稚な、よく言えば勧善懲悪が基本の脳天気なストーリーのものしか思いつかない。「スーパーマン」とか「スパイダーマン」とか「ファンタスティっク・フォー」とか・・・・・。

 しかし、「アメコミ」も進歩するものですね。このストーリー展開は、ボクの「アメコミ」の範疇外。ひょっとしたら傑作!? 原作を読んでみたいなあと思う。まあ、アメリカン・オタクのタランティーノ監督が一枚加わっているから、「なるほど」とも思うけど・・・。

 犯罪がはびこる絶望の街「シン・シティ」 そこで起きる犯罪と三人の男たちの、それぞれの愛するものを守る、あるいは、愛するものの復讐をするための戦いの有様を描いたストーリー。三作か四作のエピソードを構成しなおし、互いに関連付けながら描いている。

 三人の男たちの一人、ブルース・ウィルス演じるハーディガン刑事はこの街の最後の良心というべき正義の男。彼が守るのは、11歳のときに誘拐され、殺されかけた少女。犯人は上院議員のお坊ちゃんで、ハーディガンはすべての罪を背負わされ八年にも渡る投獄生活を送るが、その少女に再び危機が訪れたことを知り、立ち上がる。

 二人目は、ミッキー・ローク演じる、元殺人犯の強面マーヴ。身の危険を感じ、自分の元に訪れた娼婦に運命を感じ、そして、結局は殺されてしまう娼婦のために復讐を誓い、戦いを開始する。ミッキーの特殊メイクは必見。

 三人目は、クライヴ・オーウェン演じるドクイト。やはり元殺人犯で整形をし、今は娼婦街の自治を守るために戦うクールな男。警察やギャングからの干渉を排するために、自治協定を結んだ娼婦街の危機を救うために、命をかけて権力に対抗していく。

 はっきりいって「アメリカ」の漫画に、こんな、深みのあるストーリー性を持ったものがあるとは知らなかった。あの、「スパイダーマン」にしても、一昔前は「悩めるヒーロー」ということで、「アメコミ」では珍しいと言われていたのに・・・。

 しかし、残念ながら、この程度のストーリーは日本の漫画界にはやまほどある。だが、それをうまく映像化できているものはない。この、『シン・シティ』はロバート・ロドリゲス、タランティーノに加えて、原作者のフランク・ミュラーの三人の監督体制というトロイカ方式。これは、なかなか難しかっただろうなと思うが、今の所、それがうまくいっている感じ。続編の話もあるらしいから、ちょっと期待したい。

 見る前に一つ注意。全編、意図的に白黒的な画像が使われているが、エピソードに合わせて、一つのカラーが使われているので、ぜひ、注目していただきたい。なぜ、その色なのかは分からないのだが・・・。
 

  今日の名言

 「シン・シティの裏道では何もかも見つかる。愛さえも闘いだ。」

 「俺の命をかける時が来た。殺るか、殺られるかだ。」

 「愛する女は死んでも守る。」


  『シン・シティ』

 う~む。思わぬ拾いものをしたような気分。でも、まだ、傑作であるかどうかは判断に迷っている。2006年、最後の日に、課題を残して終わりそうである。それもまた良し。では、みなさん、おやすみなさい。  
関連記事
 12月30日(土) 休日 快晴 15度

 朝、8時15分。新しい携帯のスヌーズの最後の1回で目覚める。今日も目覚め際に何やら夢を見たが、起きた瞬間、もう思い出せない。気分は良い。うつらうつらしながら、いろいろとたわいもないことを考え、精神分析やら、『螺鈿迷宮』の続きやらを読みながら、過ごす。

 10時半頃、ベッドから起き出し、リビングで一服。コーヒーが飲みたかったので、1Fまで降りて自販機で購入。「挽きたて炭火焼」を初めて飲んでみる。ちょっと香ばしい感じがするくらいで、大して違いが分からん。メールとブログをチェックし、「さて、今日はどうしたものか。」考える。

 昨日の「リリー」のカードの書類を送らなければならなかったので、昼&買い物がてら外に出る。天気は良いが、とても寒い。1Fでまたタバコを忘れたことに気づき、新しく買うのもばかばかしいので、逆戻り、最近、こんなのばっかり。

 昼は『○○○亭』で、「ポークジンジャー丼」、量も充分。お漬物に、味噌汁に、ヨーグルトに、コーヒーがついて、ランチ500円。やっぱり安い。ここで、服す。郵便局の前を通り、返書を投函し、少し遠回りになるが「LIVIN」を目指す。

 いっぱい正月の飾りとかがあったけど無視して、2Fの「CD屋」へ。昨日の全日本フィギュアの影響か「ショパン」の曲が聴きたくなったので、探す。「ファンタジー」と「ノクターン」の両方あるのが、なかなか見つからなかったが、「DECCA NEW BEST100」の中に一つだけあった。アシュケナージとかいうピアニストの名盤らしい。購入。続けて、本屋へ行き、ハードカバーは重たいので、文庫本を物色。『相克の森』(熊谷達也)と『風の影』(カルロス・ルイス・サフォン)を購入。熊谷達也の『ウェんカムイの爪』や『漂白の牙』は最近の野生動物を扱った中では傑作なので、これも面白そう。『風の影』は「今、世界中で話題沸騰」らしいので、一応読んでおくことにする。

 よく考えたら、正月の餅一つ買っていないけれど、一人なので、特に準備する必要もない。正月でも、コンビ二を始め、開いている所はいくらでもあるからね。

 家に2時に帰り『結婚できない男」を見る。見なきゃ良かった。続けて、稲垣吾郎版「金田一」の『女王蜂』を見る。なるほどねって感じだな。正月には『悪魔が来たりて笛を吹く』をやるらしい。難しい展開の話だけどどう味付けするか楽しみだ。テレビを見ながら、トイレとベッドルームを掃除。鼻が出てしょうがない。風邪を一応飲んでおく。

 6時に外に出て、今日も『末広』が開いていたので、「タンメン」をす。開いてて良かった。帰って服。ついでに、鼻かぜ用の風邪も一錠。おもしろそうなテレビもないので、「ショパン」を聴きながら、『螺鈿迷宮』を読了。「ショパン」のピアノが、時に転がり、時に飛びはね、沈み込み、心をかきたてて、なかなかの臨場感。読了後、思ったよりスケールの大きい医療サスペンス?(このへんの表現が難しい。帯にあるようにメディカル・エンターテインメントというのが最も適切かな)であったことに気づく。充分、満足した。以下、その感想。

 『螺鈿迷宮』(海道尊)の『チーム・バチスタの栄光』から続く、メディカル・エンターテインメントの第三作であり最新作。探偵役は三作とも共通の厚生労働省の「医療過誤死関連中立的第三者機関設立準備局長」という長い肩書きの役人。通称「火喰い鳥」または「ロディカル・モンスター」 この、長い肩書きが何を意味しているかは、その一部が本作で明らかにされている。前二作とは違うのは、今までワトソン役であった不定愁訴外来の田口が今回はほんの添え役。舞台が「東城大学付属医院」から、同地域にある老舗の医院「碧翠院桜宮病院」にうつり、今まで名前だけしか登場しなかった、白鳥の部下「氷姫」こと姫宮がやっと三作目にしてデビュー。語り手として、「天馬大吉」なる医学生が取って代わっている。

 「桜宮病院」は老舗の病院として由緒と歴史のある病院であったが、最近は「東城大学」のサテライト病院として、その負の部分を受け持ってきた。いままでは老人介護・ホスピスと寺院を一体化した複合終末医療の先端施設として、その地位を維持してきたが、国の政策の変更、つまり、老人と終末医療に金は使わないという方針により、風前の灯となっている。しかも、死者があまりにも多いという黒いうわさもある。

 そこに、ひょんなことから、天馬という医学生がマスコミのスパイ役として看護ボランティアの名目で送りこまれることから、事件は次第にその全貌を表わしていく。「桜宮病院」だけではなく「東城大学」そして、日本の医療全体の暗部があばかれていくのだが・・・そこに生命と運命の不思議な綾が描かれていくわけである。

 と書いても、何のことやら、さっぱりわからないのだろうが、詳しく説明すると大変だし、読む楽しみがなくなるからあんまり詳しく書かない。気になる人はご一読を。

 見所は、いままで圧倒的な論理力(口達者?)で、犯人を打ち負かしてきた白鳥が、今回は、「桜宮医院」の医院長であり、終戦後から医療の負の部分を一身に背負ってきた、「桜宮巌雄」の前に完全敗北(?)を喫するところにある。事件は解決するが、課題はずっしりと残されていくという事だ。

 しかし、この白鳥という人物。言動が一見めちゃくちゃであり、小太りである点で、前回、紹介した『イン・ザ・プール』の伊良部医師に瓜二つなのであるが、違いは伊良部の方は、最後は論理的ではないがほのぼのとしており、白鳥の場合は最後は論理的であるが、かならずほろ苦い何かを残す所だ。もちろん白鳥本人は、そんなことはおくびにもだしてはいないのだが・・・・。

 面白い作品なので、できれば第一作から順に読んでいくことをお勧めする。


 今日の名言

 「おい、そこのできそこないの医学生、これが最後だから、耳をかっぽじいて良く聞けよ。死を学べ。死体の声に耳を澄ませ。ひとりひとりの患者の死に、きちんと向き合い続けてさえいれば、いつか必ず立派な医者になれる」

 僕はうなずいた。この時僕は巌雄から、言葉と共に、途轍もなく大きな何かを受け取った。巌雄は僕がそれを受けとめたのを見て、微かに笑う。

    『螺鈿迷宮』(海道尊)
 
 さて、今、TVでは『有頂天ホテル』をやっている。これも以前、DVDで見たので感想を書くつもりはないが、良質な喜劇であることは確かだ。三谷幸喜の映画は『ラヂオの時間』とか『みんなの家』とか、結構、好きだが、三谷幸喜があまり表に出すぎるのがちょっと・・・。

 今日は、これを見てから、をいつものように飲んで寝る。今日は久しぶりに布団乾燥機で布団を乾かしたので、気持ち良く眠れると良いな。
 
 
 12月29日(金) 休日 快晴 15度

 朝6時に起きる。葛藤がないので、気分的には大変よろしい。無理して起きることはせず、そのまま二度寝に入る。それでも、10時には再度、目覚め、『螺鈿迷宮』(海道尊)を読み進む。題名の意味が少しずつ飲み込めてきた。

 11時には起き出し、メールとブログをチェック。知らぬ間にポイントサイト『予想ネット』が27000ポイントも貯まっていたので驚いた。5000ポイントだけ「E-バンク」で換金。今月、このサイトは3回目。計1500円なり。

 12時には昼がてら、郵便局に「リリー・フランキー」のカードを受け取りに行くことにした。天気が良いので、行き・帰りとも歩くことにした。1Fまで、いったん降りるも、を忘れたことを思い出して、14Fまで戻る。結局、タバコは忘れてしまったんだけど・・・。

 行きに本屋で物色。『面白南極料理人』(西村淳)という本が面白かったので、購入。「レシートを下さい。」と言ったら、領収書を書いてくれた。540円で、すまないことをしたかなと、ちょっと思う。そのまま、『一頭屋』で「ハンバーグランチ。」やっぱり旨い。フロアーのお姉さんが一人で忙しそうだった。をここで服用。

 郵便局へ行き、カードを受け取り、ワタミの株の配当金為替を持ってくれば良かったと思ったが、ここも混んでいたから、きっと待たされたろうなと思い、まあ良しとした。ちなみに「リリー」のカードは縦型。もっともイラストが縦に描いてあるだけだが、珍しい。ちょっとした逆転の発想。

 帰り道は海岸通りを通って帰る。歩いている人が少ないので、のんびりと散歩できた。温度も上がってきて、ポカポカと心地良い。『ホームズ』でボックスティッシュを買う。年末で大混雑。少しうんざりする。

 調子が良いので、さらに遠回りをして、最近、『ホームズ』の隣に建設中の建物を見に行く。大型の「スポーツジム・飲店等」が入る建物が出来るそうだ。まだまだ、開発途上の土地なのだなと思う。

 家に帰り、掃除をしようかしまいか迷うが、今日は止めることにした。その代わり、ちょっと散らばった書類や本を片付け、床をモップで軽く拭く。これだけでも、ずいぶん気分が違う。

 疲れたので、テレビを見る。『結婚できない男』ボクもそうだが・・・。『佐賀のがばいばあちゃん』の予告編。漫才師島田洋七の実のおばあちゃんを描いた自伝的作品。本の方もおもしろかった。続編も出ている。『八つ墓村』横溝正史の本格推理小説の傑作。過去には、渥美清・加賀丈史らが名探偵「金田一耕介」役で映画化されている。ボクはこの本で横溝正史にはまった。今回はSMAPの稲垣吾郎が金田一役。まあ、いい感じだったが、途中、「ソラナックス」を飲んだため、ウトウトしてしまった。

 6時になったので、『末広』に夕を取りに行く。ここも、たぶん今年は今日までくらいだろうから、「チキンカツライス」をす。これもまた旨し。残さずいただく。家に帰り、服

 夜、借りているDVDを見るか、テレビを見るかで悩む。9時からの『大奥』はちょっと見てみたいが、それまでに面白そうなTV番組もないので迷う。結局、なぜか、全日本フィギュアスケート選手権を見る。音楽がすてきなので、心が休まる。女の子たちも綺麗だし・・・。

 つまり、それを見ながら(聞きながら)今日の日記を仕上げている訳だ。今日は、『大奥』を見終わったら、昨日と同様、『ソラナックス』と『メイラックス』一錠ずつで眠るつもり。今日と同じ目覚めであるなら、この組合せは良いのかもしれない。

 『うつ病治療を受けられる患者様とご家族の方へ5』
 
 「服は重要」

   は休養とならんで治療に必要なものです。
   絶対に、勝ってな判断で服をやめないでください。

   副作用などで気になることがあれば、医師・薬剤師に相談しましょう。 

 この「服薬」の塩梅が難しいんだよな。働きながらだと・・・

   
   
 
 12月28日(水) 平日 晴れ 15度

 朝、4時半に目覚める。昨日の「」に触発されて、ユングの本を読み直しながら、うつらうつらする。6時、「ママのピアノ」が流れ、6時15分に「DEAR WOMAN」が流れる。これらの曲にも慣れてきたので、そろそろ曲を変えようかと思う。

 さて、今日は半年に一度のK病院の診察の日である。アルコール依存症でお世話になったところで、アルコールについては一流だが、すべてをアルコールに結び付けて治療しようとする姿勢がかなり強烈なところである。本当は昨日までは、行かないようにしようと考えていた、今のボクの状態を説明すれば、かならずアルコールに結び付けて来るにきまっているからだ。

 確かにボクはアル中である。それは認める。この病院のおかげで、曲がりなりにも廃人にいたらずにすんだことも認める。だが、違うのだ。
 アル中になったからなのではなく、が先にあってアル中になったのだとボクは考えている。だから、ボクはこの病院と決別しようと覚悟を決めて、今日は行くことにした。そうしないと、いつまでも過去をひきずるような気がしたからだ。

 医者との話し合いの中身は不快であるし、それが、この病院の治療方針だからとやかくは言わない。だが、今の状況を説明して、かまをかけて「正直2~3回スリップしました」と言ったところで、すぐ「酒の匂いがします。呼気検査をしてください。」といわれたので、「それは嫌です」と断った。「私はあなたがお酒をのんでいると思います」とまで断定された。まあ、予期していたことだったが、もしかしたら、「何かありましたか」と聞いてくれるかと期待もしたのだが・・・。結局、見解の相違で物別れに終わった。「もうこれで診療にくることはありません。お世話になりました。」

 ボクなりに今日はがんばったと思う。職場の上司には、あらかじめ、そうなるかもしれないというニュアンスは伝えておいたし、事後の報告もしたので、理解は示してくれた。

 朝は病院の堂でモーニング。もう、これをここでべることはないだろう。急いで、家に帰り「トレドミン」・「トフラニール」・「ソラナックス」を一錠ずつ飲んだ。どっと疲れが出て、そのままベッドへ。ユングの本の続きを読み、眠りに就く。また、を見る。ここのところ立て続けだ。中身は良く覚えていない。断片的に書き記すと「小学生・修学旅行・バスの中・お弁当・鉄塔の広告・途中の体育館らしき所・奈落のような所にある思い出の書類?」といった感じか。とてもストーリーとしては説明できない。ただ、起きた時に涙が流れていた。不思議?それにしても、の中のボクはどんどん若くなっていくぞ。なんだ、これは。退行現象か?

 5時30分までメールをチェックし、夕を取りに外へ出る。「ファミマ」で「BIGCOMIC FIRST」版の「美味しんぼ」を買う。山岡・栗田の披露宴の話。ずーっと読みたかったが探せなかったもの。初めて読む。
は『上海亭』の「上海ラーメンと小ライス」最近、また欲がなくなっている。『上海亭』のお兄さんが水をこまめについでくれたり、ボクの汗を気にして、ティッシュを差し出したりしてくれて優しいことに気づいた。家に帰り、上記と同じを服用す。昨日のような不安感はない。

 今日は、奥田英朗の「イン・ザ・プール」を読んだので、その感想を記したいと思う。テレビでドラマ化された直木賞受賞の「空中ブランコ」に登場する精神科医伊良部シリーズの一作目である。

 伊良部総合病院の御曹司であり、精神科医でもある伊良部はマザコンで注射フェチの変わり者。そこを訪れる、さまざまな症例の人間たちに奇想天外なやりかたで治療(?)をほどこしていくストーリー。それが、とても本気で治療するつもりでの行動なのか、治療を受けるものにとっては、とても正気とは思えない言動なのである。

 たとえば、表題作の「イン・ザ・プール」では、水泳依存症の患者が出てくるが、伊良部は、同じように水泳を始めて、しまいには、もっとおよぎたいから、夜中にプールにしのびこもうと患者を誘い出す。昼間に窓の鍵をあけさせておいて忍び込もうとするのだが、伊良部は太っているので、窓につっかえてしまって大騒動になる。そうこうしているうちに症状は改善されてしまうのである。

 また、携帯依存症の子どもには、くだらないことでメールを打ちまくり、患者をあきれさせ、脅迫神経症のルポライターには行動療法と称して、ライバル医院の庭に石を投げ込ませたり、その医院の医院長の車のタイヤのボルトを緩めさせようとそそのかしたり・・・。

 でも、最後には症状が皆改善され、何やらほのぼのとした感じで万事がうまく治まっていく。看護婦さんは露出狂だし、でも、伊良部とのコンビネーションは抜群だし・・・。面白い小説である。名言を抜き出すのはちょっと難しいのだけれど、この作品集の中から一部分を抜粋する。


 今日の名言

 世の中は不思議に満ちている。きっと役回りは変えられないのだろう。
 心配をかける人間がいて、頼まれもしないのにハラハラする人間がいる。性格こそが不治の病だ。・・・・
 「ルポライターは天職じゃん」伊良部は笑ってソファに深くもたれた。「楽天家じゃつとまらないわけだから」
 ものは言いようだ。
 だったら伊良部の精神科医も天職だ。人を深刻にさせない天性のキャラクターだから。
 「先生、今度、本郷の賄いつきの下宿に引っ越しましたよ」と義雄。
 火事の心配だけはどうしても簡単に抜けず、義雄は苦肉の策として下宿生活を選択した。三十男が下宿住まいというのもなかなかおつなものである。
 「いいなあ、学生みたいで」伊良部が羨ましがっている。「今度遊びに行くね」
 もちろん「どうぞ」と答えた。
 伊良部がにっと微笑む。
 駆け込み寺があるのはいいものだ。義雄は以前よりちょっと、人間が好きになった。


 『イン・ザ・プール』(奥田英朗)「いてもたっても」より

 今日は、「メイラックス」を飲んで眠る。明日、起きる時間は特に定めない。好きなことをして、様子を見ては、掃除をする。場合によっては一日寝ているかもしれない。でも、それでいいのだ。
   
関連記事
 12月27日(水)平日 快晴 温度20度

 朝、やはり4時頃目が覚めてしまう。昨夜もデパス1錠。昨日と違うのは、すぐに、また眠ってしまって、次に気がついたのが、9時20分。急いで職場に連絡を入れる。今日も会議の予定だが、午後2時には歯医者に行く予定。「少しでも良いから、手伝いに来てくれ。」と言われるが、固辞する。猫の手でも借りたいという感じだったが、ボクは猫ではない。往復2時間。すぐに出ても10時半にしか職場に着かない。2時に間に合うには12時半くらいには出ないとならない。そんな無理ができるか!
もう、休職も覚悟しているから、無理にでも療養休暇に入ってもかまわない。人のことより自分のこと。病人はわがままで良いと開き直る。そもそも病人を働かせている方がおかしいのだ。

 電話のあと、また眠りに入ってしまう。睡眠状態がおかしいのは、あいかわらずだ。意識がありながら、変な夢を見る。今度も訳が分からない夢で、フロイトとかユングなどの心理学者がいたら、ちょっと解釈をお願いしたいくらいだ。

 なぜだか知らないけれども大荒れの水の中にいる。状況から考えて、川である。なぜなら、このあとボクは滝を登っていくことになるからだ。まわりにはたくさんの人がいる。もちろん、はっきりとは見えず人らしき群れが見えるだけである。滝は二手に分かれていて、ボクは、右側の滝を必死に登っている。他の人たちも必死である。変なのは、左側の滝はどうやら人々が下る滝のようであること。

 必死で登っていくと、頂上近くに、金銀財宝らしきものがあり、人々はそれに群がっていく。ボクも滝の流れに逆らいながら、上がっていくと右側の崖に扉のようなものがある。金庫のような扉で意外と小さい。
ボクがそれを開けると、中から大きなダイヤのような宝石が表れる。まるで、インディー・ジョーンズの世界である。ボクはそれを手に入れたようである。「ようである」というのは、この宝石はこのあと、夢の中では一度も登場しない。

 「ような」とか「らしい」とか「みたい」という言葉が多いが、それは夢の話ではっきりと分からないからだ。

 ここで、今度は下りの滝を降りていく。驚いたことに、左側の崖は、バイキングの机が並べてあり、人々はさまざまな料理をしながら下っていくのだ。滝の水で流されているはずなのに・・・。

 さらに、ここで場面が転換し、イメージ的には空港のドームのような場所を上から見て左側のエスカレーターを下りながら、ガイドさんのような人が、「ここは昔滝があって・・・」うんぬんの説明をしている。ボク達はみんな学生服であり、まるで修学旅行か社会見学。感覚的にはみんな若返っている。最期に、まことに恥ずかしいのだが、ボクが、昔の青春ドラマみたいに、片手をあげて、何やら叫んだところで目が覚めた。


 起きた時に「なんじゃ、こりゃ」と思ってしまった。時刻は1時少し前。1時半には、家を出なくては、歯医者に間に合わない。行く気はしないが、160万がかかっている。行かないで、どうにかなってしまったら一大事である。クラッカーを2枚し、「ボルタレン」「エクセラーゼ」「アリナミン」を飲み、急いで歯を磨き、準備をして、外へ出る。
気分的には悪くないが、外は暑かった。比較的、薄着を選んでよかった。

 2時ちょうど位に、病院に着き、すぐに診察。術後の報告をし、消毒をしてもらい、歯医者さんに状態を見てもらう。「少し腫れているが、心配ない。口をすすぐのを忘れないように。」とアドバイスをいただく。1月5日2時半。つまり正月明けすぐに予約を取ってくれた。

 料金、何と保険診療で110円。受付の人と思わず笑ってしまった。このあとボクは100万の帯のついている大金を支払うのだから・・・。
しめて168万円。先生の見積もりどおりであった。

 その後、『ミスティ』で、かなり遅い昼。「ハムサンドとアイスコーヒー」をす。「少年マガジン」と「ビックコミックオリジナル」を読む。「マガジン」の特攻隊の漫画と「オリジナル」の「東京1週間」がおもしろかった。

 天気も良いので、一駅歩いて、家に帰る。もどってから、さっきと同じを飲んだ。二日間、眠剤以外、は飲んでいない。

 今年最後のクリーニングを頼む。量が多いので、1年間有効の誕生日2割引券を使う。メールをチェックし、ブログをいじくり、テレビを見て過ごす。夜、かなりの不安感と焦燥感に襲われる。やはり、を飲まないことが原因か。かなりの落ち込み。必死の思いで、この日記を書く。

 欲がなく、体には悪いが、何もべずに、「エクセラーゼ」の最後の2錠と「ジスロマック」・「アリナミン」を飲む。これで一週間は抗生物質が効くはずである。今日は、歯医者さんより、何も処方されなかったので、明日からは、また病のを飲むことにする。もしかしたら、今日、起きられなかったのは、「エクスラーゼ」と「デパス」のせいかも知れない。

 明日から来年の5日までは、何が何でも休養する。「病には休養と治療」「は必ず治る」・・・大掃除はできればやる。無理はしない。そう、心に決めて、今日は「メイラックス」で眠ることにする。今日は「名言」はなし。
 
関連記事
 12月26日(水) 雨 10度 平日

 今日は、出勤する日。大事な会議があるため。朝は4時位に起きる。ちょっと早すぎ。昨日のインプラントの手術のせいかなと考える。腫れはほとんどない。疼痛をわずかに感じる程度。眠りが浅いので、この程度でも目覚めてしまうのかなとも思う。昨夜はデパス1錠。

 それから1時間程読書、『螺鈿迷宮』(海道尊)を読み進む。6時にベッドを出て、テレビを見る。「目覚ましテレビ」愛ちゃんの天気予報を見て、今日は寒そうだなと思う。ノロノロと準備して、オロオロとでかける。今朝はは飲まず、歯医者さんからもらったを飲む。
 「ボルタレン」  抗炎症    1錠
 「エクスラーゼ」 消化剤     1錠 
 「アリナミンF」 ビタミンB1剤 1錠
 ボクはマニアか・・・

 外は大雨、ものすごい寒い。職場についたのが8時35分。会議は
10時から。今の所、は出ていない。それより、お腹の調子が少し悪かった。のせいかな。「ソラナックス」を一錠。お守り代わりに飲んでおく。最近、これ飲んでも、眠気をそんなに感じなくなった。13時まで書類整理を手伝い、一段落したところで、早退を申し出る。明日の病院のこともあるし、インプラントの支払いの件もあるので、失敗しないように、限界が来る前に帰ることにした。

 帰り際、銀行により、やっとのことで金100万を引き出す。今日は数分も待たずに引き出せた。昨日までの苦労は一体なんだったんだ?

 昼、駅前の『玉川』というそばやで『親子南蛮うどん』を頼む。遅い昼。でも、注文した後『親子南蛮』って何?ってちょっと考えた、ボクは『鴨南蛮』を頼むつもりじゃなかったのかな。「鴨」って言っても「鳥」の方が多いけどね。『親子』は予想通り、「鳥と玉子」のうどんでした。

 体が温かくなったので、これ以上、寒い思いをしないように、ビデオ屋とローソンに寄って、二度と外に出ないように借り物と買い物を済ます。今日、借りたDVDは半額デーなので、『ミュンヘン』『シン・シティ』『イン・ザ・プール』の三巻。『イン・ザ・プール』は「借りてますよ」って言われたが、もう気にしないことにした。見てないものは見てないのだ、きっと。夕はサンドウィッチセットとカレーパン。まだ術後が気になって、できるだけべやすいものを選ぶ。

 家に帰り、今年初めて、居間の空調と床暖房を併用する。メールをチェックし、ブログを確認して、初めて一息つく。雑誌のおまけでついていたモーツアルトのCDを聴きながら、『美味しんぼ』最新刊を読みつつ、いつのまにか寝てしまった。『美味しんぼ』は最近、料亭「岡星」の主人が病になったらしく、奇妙な偶然を感じる。

 夕後、「ジスロマック」2錠。抗生物質。3日間で7日間にわたって作用が持続するというすぐれもの(?)どういう仕組みなんだ?
「ボルタレン」は寝る前に飲んだ方が良いかなと勝手に考え、「アリナミン」を飲む。 

 とまあ、こんな1日でした。というわけで、今日は、インプラント手術と術後の経過報告をする。これが、今の所、ボクの唯一の希望。直る見込みがある病気はこれだけなのだ。

 「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根(チタンの上に生体活性材料を重ねたもの)を植え、あごの骨と固定した後に、人工の歯を装着するという、まあ、簡単に言ってしまえば、文字通り差し歯の高級なもの。

 ボクの場合は左の上の歯が四本、左右の奥歯が二本ずつ。抜かれたり、抜けたりして無く、事をするのも、話すのにも、不都合を感じて悩んでいた。入れ歯も作ってもらったこともあったが、歯にあわず、事をするたびにはずれるので、何の意味もなかった。

 「インプラント」については、ずいぶん前から知っていたが、保険が効かず高額なのと、もともと歯医者には痛い目にしかあったことがないから不信感があって、二の足を踏んでいた。今年、上の四本目の歯が歯周病で抜けそうになったことをきっかけに、思い切って相談することにした。インターネットで一生懸命調べ、あんまり安いところと、説明が不親切なところ、臨床例ウン千件などという、なんとなく怪しいところをさけて調べて行ったところ、近くに「Nデンタルクリニック」と医院があることを確認。候補の一軒として、一応、診てもらうことにして、勇気を出して出かけた。その頃は症状はそんなに強くなかったし、夏休みに入る時期でもあったので・・・。

 それまでのボクの口の中は、歯石・歯垢・歯槽膿漏と出鱈目な状態で、でも、ボクはボクなりに嘘ではなく、毎日、歯磨きは欠かしていなかった。別の歯医者で、歯の磨き方をレクチャーされたこともある。でも、改善しなかったので、ほぼ、絶望状態。

 だから、医者に対する不信感と恐怖感から、足をふみだせなかった。今回も半信半疑。ここもだめそうだったら、すぐ止めるつもりだった。受診から5回。説明とブラッシングで過ぎた。残念ながら、途中でボクは1回旅にでてしまい、抜けそうだった四本目の歯はその旅の途中で失ってしまった。でも、それは別の話。このブラッシングの指導が効いたようで、自分でも、次第と口の中がきれいになってきたような気がした。「デンタル・リンス」を勧められたのも、このクリニックが初めてだった。他の医者はみんな否定的。5回目だか6回目の受診でやっと歯石を器具で取ってもらった。歯周病菌の実物も見せてもらった。虫みたいに動き回って気持ち悪い。歯間ブラシの使い方も丁寧に教えてもらった。この頃には、本当に、目に見えるようにきれいになっていたのである。

 ひょっとしたらこれはいけるかもしれない。160万円のお金をかけるのは、怖ろしい賭けだが、「インプラント」としては相場の値段。おかしくはない。ここで手術を受ける覚悟をした。

 というわけで、本当はもっと長い前置きがあるのだが、昨日の手術に至ったわけである。

 さすがに手術となると怖い。「できれば全身麻酔で・・・」と言いたかったがそれは無理だった。麻酔はごく普通の麻酔。この時は普通に痛かった。そのあと、を一錠飲まされ、手術台へ。さわられたり、切られたりという感覚はあるが、痛みはない。ドリルのようなもので、骨を削られているときも、ヘリコプターのような音が気になるだけで、痛みはなかった。途中、2時間をすぎたあたりで、麻酔が切れかかってきたのか、上の歯茎の根っこのところに痛みを感じたので、すぐ知らせると、また麻酔を打っておさめてくれた。嘔吐反射が、ここに来るまでは激しかったのだが、そのことについても配慮してくれたようだ。

 途中で、何回か写真を取られたのが気になったけれど、医学の役に立つならとおおらかな気持ちになれた。「Vサイン」していいですか。と言いそうになったが、口は押さえられているので話せない。

 上3本の人工歯根を植えるのに3時間。びっくりしたのは手術のあと。多少の違和感はあったが、ほとんど痛みも出血もない。前に抜歯したときには3日間も顔が腫れて、食事も満足に取れなかったが、とても、骨の中に金属が埋まっているとは考えられない感じ。食事も2時間もすれば普通に取れた。まだ、縫合した部分は気になるけれど、今現在、違和感もさほどなくなっている。これは、すごい。

 「左の鼻をかむときは注意してください。」って言われたのも忘れて、先ほど、でっかいクシャミを3連続でしてしまった。急いで、鼻を調べたが出血はなかった。まだまだ、治療の道は長いけれど・・・。
 

今日は、そのクリニックで出している「Nデンタルニュースレター」からおもしろい話を一つ紹介して終わりたいと思う。

 「江戸城松の廊下の刃傷沙汰は歯磨き戦争!?」

 江戸時代、人々は歯を塩で磨いていたのであるが、当時、塩と言えば吉良、吉良と言えば塩と言われるくらい、天皇、将軍家では吉良の饗塩(あえばえん)が独占状態。ところが、塩の作り方を吉良藩にならった赤穂の塩の方が評判がよく、塩歯磨きのシェアは、1位が赤穂、2位が吉良・・・と逆転してしまい、当時の五代将軍徳川綱吉も赤穂の焼き塩(花形塩)が気に入り、それで歯を磨いた――それが、吉良を激怒させてしまったのだと。

 もちろん、これは諸説の内の一説であり、他にも浅野のお殿様に問題があったとか、持病の偏頭痛具合が悪くて短気だったからとか、いろいろな説があり定かではありませんが。
関連記事
 平日だが休日。療休中だから。でも、今日はインプラントの手術なので、昨日のうちに入念に準備して望む。診察券・保険証・印鑑・預金通帳、全部そろえて、目覚ましもしっかりセットし、久しぶりに入浴も済ませ、寝た。ちなみに昨日は「デパス」一錠。

 朝、八時に目覚める。体調は悪くない。9時くらいにベッドから出て、おにぎりで軽い朝を飲んで、テレビを眺め、メールとブログをチェックして、予定通り、11時には床屋へ行く。床屋は少し込んでいたが1時間程度で散髪終了。病院には2時に着けば良い。余裕を持って銀行にお金を降ろしに行く。しかし、ここで事故勃発!預金通帳に百万円が振り込まれていない!

 がくぜんとした。「労金の奴め!」と思いながら、あせってもしょうがないので、昼を取りに、『魚長』へ行く。今日のランチは「鯵の開きとマグロのぶつ、つくねのフライにあさりの味噌汁」かなり、豪華なセット。「金をどうしようか。」とぼんやり考えつつ、す。旨い。特に、つくねのフライは初めてべたが、軽い味付けがしてあり、おいしい。

 いったん家に帰り、歯を磨き、「労金」の書類をみると、振込先が違う銀行になっていた。こういう忘れ物をするから、日記を書いて、何度も見直しているのに、記録することさえ忘れるのだから始末に負えない。

 振込先の銀行はキャッシュカードがないので、店頭取引だ。大金なのでその方が安全だが、とにかく込んでいる。他の銀行から68万円を降ろして悪あがきをしたが、結局、準備できず。今日のところは、その68万円で勘弁してもらった。・・・・疲れた。こういう小さな失敗が割りと大きくボクにダメージを与える。気をつけなきゃ。

 インプラントの手術の話は長くなりそうだから、明日にする。今日はもうつかれちゃったし・・・。でも、とにかく3時間に及ぶ手術だったことは確かだ。

 をもらったので、副作用とかがこわいから、を少しやめてみようと思う。これ以上、を増やすのはやだし、緊急の課題である歯を優先してみる。しかし、何か影響があったら、即、元に戻す。

 今日も、一駅歩いて、家に帰った。特に異常なし。帰ってメールチェックをしたら『予想ネット』のポイントがいつのまにか7000ポイントも貯まっていた。急いで「E-バンク』にて換金す。でも、これって、今月2回目じゃないかな。すばらしいペースだ。額はやっぱり500円だけどね。

 さて、これからは、楽しみにしていた『明日の記憶』を見る。明日は出勤なので、早めに見て、早めに休むつもり。感想はこのあと。

――――――――――――――――――――――――――――――――

 『明日の記憶』期待を裏切らない秀作。心に弱みを抱えているボクには、最初から身につまされることばかりだけれど・・・。
 広告会社でバリバリにがんばっていた部長が若年性のアルツハイマー病に侵される。人の名前や、日々のスケジュールなどの、記憶喪失から始まり、次第と身の回りの人間の判別すらつかなくなっていく。それを支える妻。しかし、最期には、その妻の存在すらも思い出せなくなってしまう。病気とはいえ、あまりに悲しい結末。その部長を渡辺謙が熱演。かろうじて、主人公が創り出したコーヒーカップに記される妻の名が、思い出のありかを残していく。

 ボクがみるには、ちょっと重いテーマであったが、また、泣かされてしまった。記憶がなくなりはじめた主人公が、一人娘の結婚式で、原稿をトイレに忘れ、妻の助けを受けながら語った言葉が次の言葉である。

 今日の名言

 申し訳ございません。感激のあまり用意した原稿をどこかへ忘れてしまいました。・・・・・ご存知の通り、りえのお腹には新しい命が宿っている。今日から二人は、夫となり、妻となり、すぐ親となります。私も50を前にして、もうじいさんです。
 少し急ぎすぎではないかと、正直思ったこともございました。ですが、この歳で孫ができる。家族が一人増える。一つ一つ思い出が増えていく。考えると、悪くはないのかなという気がします。今では、この二人の粗忽者に感謝の気持ちでいっぱいです。
 大切な原稿は忘れてしまいましたが、皆様への感謝の気持ちはずっとずっと忘れずにおります。


 忘れてしまうのが悲しいのですが・・・。
関連記事
 休日。朝、苦しまなくても良い分、快調である。久しぶりに充分に寝た気がする。

 13時頃、家を出て、父が入院している病院へ向かう。父は3年ほど前、脳梗塞を患い、その後、大腸がんにかかっていることが分かり、腫瘍を切除した。病後の状態が悪く、人工肛門を付けている。左半身が不自由なので、介護病棟でお世話になっている。海沿いの瀟洒な建物の病院である。

 昼は駅そば。この間べた所と同じ系列だが、店が改装され、メニューも増えている。味も気のせいか、おいしくなっているような気もした。べたのは、「魚天ぷらそば」だが、えびやキスなど、好きなものを一品選べるシステムであった。

 タクシーで病院へ向かい、病院着などのレンタルの形式が変わったことで事務の人と相談。事務の人も、別の業者がやっていることなので、詳しくはわからないとのこと。一応、書類だけ出して、電話をくれるよう頼んだ。入院費を支払い、父としばらく話して、病院を出る。今日は久々にのどがかわいてしかたなかった。憂な気持ちも少し顔を出す。

 帰り、本屋により有川浩『図書館戦争』を買う。おもしろそうなタイトルなので中身を見ずに即購入。そのあと、靴屋に行き、ささやかな自分へのクリスマス・プレゼントを買う。毎年、恒例の「REGAL」の靴を一足。ボクは足が小さいので、なかなか、サイズが合うのがない。二、三種類の中から、サイズのあるものを求める。いつも、あらかじめ頼んでおけば良いのに・・・と思うのだが。今年もテディベアのぬいぐるみをもらう。今年は、親子熊だった。

 天候が悪いので、どうするか迷ったが、少しは体を動かそうと考え、一駅分歩いて帰ることにした。だが、どうにも体がだるい。「失敗したなあ」と思う。今日は、ここで限界が訪れたのだ。暗い気分に飲み込まれる。あと、床屋へも行く予定だったのだが、予定変更。明日の午前中に行くことにした。

 そういえば、明日はインプラントの手術の日。手術自体には、何の不安もないが、終った後が心配。事ができるかとか、術後にどのくらい腫れるかとか。まあ、めったにできない体験なので、また、この日記に手術の様子とか、術後の経過とかを書いてみたい。痛くないといいけどな。

 夜、メールをチェックし、6時半に事兼買い物をする。「ファミマ」で、おにぎりを2個と、口が腫れた場合に備えて、使い捨てマスクを購入。「末広」で「たんめん」をす。豆板醤が少したらしてあり、うまい。しかし、とてもクリスマスらしからぬ事であった。

 TVで「M-1グランプリ」を見る。優勝は「チュートリアル」久々に声を出して笑った。「麒麟」がわりと好きなのだが、「チュートリアル」のネタは別格であった。続けて「北の零年」を鑑賞。以前にDVDでみたものだが、TV放映用に多少編集をかえてあるらしい。そういえば、この撮影も、あの破産都市「夕張」でとられ、建物なども記念に残されているようなので、そういうものはどうなってしまうのだろうか。同時進行で、この日記を書きつつ視聴しているから、今回はこの映画の紹介はしない。まあ、今日やらなければ、一生することはないと思うが・・・
吉永小百合、やっぱり美人である。

 さて、特別なことがなかった日はのネタでごまかすことにする。本当に平凡な一日だった。さえなければ・・・。

 うつ病治療を受けられる患者様とご家族の方へ4

 『治療中は、好きなことを自然体で』
 休養とは安静にすることではありません。好きなことをしてください。リラックスして楽しい刺激は、脳にとって良いことです。

 「休んでいるのに好きなことをするなんて・・・」という罪責感は持たないように。ただし、健康な時よりも疲れやすいので、疲れたら休んでください。

 規則正しい生活を心掛ける必要はなく、自然体ですごしてください。

本当にこのパンフレットは、どんな本よりも、救われる言葉が多いな。

 
 
 休日。やっと朝の葛藤から解放されて、ほっと一息できた感じ。思う存分に寝て、それでも12時位には起きる。ベッドの中で、『螺鈿迷宮』を読みながら、今日は完全OFFの日にすると決心。そのまま、2時くらいまで、読書をして過ごす。

 2時にタバコを吸いに、リビングに行くと、何とタバコの残りは一本だけ。寒いから、今日は買い置きの冷凍の「鍋焼きうどん」をべようと思っていたが、思わぬことで予定変更。タバコを買いにいくついでに、事を取りに『マルコ』へ行った。(本当は逆だよね)

 『マルコ』の今日のパスタランチは「鯛とフレッシュバジルの白ワインソース」 迷わず、それを頼む。鯛の身とバジルの葉と、あとなぜか松の実が入っていた。カリカリした感が加わって美味である。鯛の味もしっかり出ていた。後の「いかがでしたか」には、まだ抵抗を感じるが、今日もしっかり「おいしい」とだけ答えておいた。

 家に帰り、新聞を読み、メールをチェック。もいつもどおり服用。面倒くさいから、これからは、特別なことが無い限り、以下の処方だと考えてください。

 朝(昼の方が多いが・・・)晩 
   「トレドミン」「トフラニール」2錠ずつ
 寝る前
   「メイラックス」1錠
 それに加えて、心が揺れ動くときは、
   「ソラナックス」または「レキソタン」または「リーゼ」
 眠れないときには
   「デパス」を追加

 「ソラナックス」以下は体調(心の調子)に関係するから、記録する。また、服用量を変えたときにも記録をする。そう決めた。

 さて、話は前後するが、タバコを買って、路地の交差点を通ろうとしたとき、バイクが近づいてきたのに気づかず、驚いて立ちすくんでしまった。思わず「ボクは猫か」と思ったりもした。最近、横断歩道を渡る際の信号が変わるのを待つ時間に、ふと不安感が芽生えたりする。気をつけないと・・・。

 今日は「ケンタッキー」をべながら、DVDでも見ようかと、「LIVIN」に出かける。入院している父親の老眼鏡を直しに『愛眼』へ。無料でなおしてくれ、ボクのめがねの調整までしてくれた。接客態度がいいぞ。がんばれ、『愛眼』(いちおう主だから応援する)また新しいめがねが欲しくなった。続けて本屋へ。恩田睦の『図書館』なんちゃらを探したが見つからず。読む本はいっぱいあるので、今日は一冊も買わず。ダン・ブラウンの新しい文庫が出ていたが、様子見することにした。おもしろければ、そのうち誰かが書評を書くだろう。

 さて、その後「ケンタ」へ行ったのだが、何となく様子がおかしい。店員さんが三人ほどレジの外に出ている。入ろうとしたら、向こうから自動扉を開けて「ご予約のお客様ですか?」「えっ!」

 クリスマスは明日だというのに、もう予約以外はオリジナルのチキンはないらしい。オリジナルのチキン命のボクにとっては悔しいことこの上ない。明日、べられないから、今日にしたんだけどな。仕方がないので、うさばらしに「サイゼリヤ」で「若鶏のディアボラ風」と大盛りライスを頼む。いつ、来ても込んでいるけど、今日はすんなり入ることができた。ちなみにボクはここのも持っている。がんばれ「サイゼリヤ」3割引の優待券は今日も忘れたけど・・・。

 これから、DVD『下弦の月』を見る。感想は後ほど。

――――――――――――――――――――――――――――――――
 さて、『下弦の月』のことだが、どう表現して良いか分からない。構成がちょっと複雑で説明に困るなあ。

 原作は『NANA』で有名な「矢沢あい」 どうしてそんなに人気があるのか分からないのだが、『下弦の月』は、それなりに面白い。映画の『NANA』はつまらなかったが・・・・

 要は昔愛し合った人間同士の魂が現世に残り、それを廃屋と言っても良いくらいの洋館を仲介にして、再び、あの世で結びつこうとすることに、現世の人間が巻き込まれていくストーリー。

 19年に1度しか同じものは出ないと言われている下弦の月」の日に、恋人に裏切られたヒロインが古い洋館から流れる、自身の夢の中で良く聞く音楽に引き込まれ洋館に誘われていく。そこは、昔、双子の兄妹を続いて失くす悲劇があったところ。そこで、「アダム」と称する男性とめぐり合う。実は、そのアダムという男が、双子の女性と愛し合う仲にあり、病気の彼女のために、作った音楽がヒロインの夢の中の曲なのだ。ヒロインの首に飾られているペンダントも、また、ヒロインの18歳の誕生日のときに、現世の彼氏が古物商から買ったもので、もともとはアダムが亡くなった彼女のためにプレゼントしたものである。ヒロインは、そのアダムに惹かれていく。そして、アダムについていこうと決意し、その途中で交通事故に会い、意識不明の状態になり、その魂は洋館に閉じ込められてしまう。もちろんアダムは19年前に彼女の死のあとを追って自殺している。現世の人間ではない。

 困ったなあ。どうしても、粗筋になってしまう。

とにかく、そのヒロインを現世に戻すべく、彼女と「あの世」で出会った高校生とその友達、そして、ヒロインの恋人が、奮闘する話になっていくわけだ、これが。横浜や鎌倉が舞台のメインであり、ボクの知っている鎌倉の喫茶店『ミルクホール』も舞台になっていた。そういうのはちょっと嬉しいかな


 今日の名言

 美月(ヒロイン)「この世で一番大切な人を失ってしまった。それは、私だけを愛してくれる恋人のこと。」
 美月「アダムは私を孤独から救ってくれた。アダムと過ごした1週間は私にとって紛れも無い真実なの。」
 知己(美月の恋人)「オレにはお前が、お前にはオレがいなきゃダメなんだ。オレを、オレ達を信じて、もどってくれ。」
 美月「神様、あの人をどうか、天国で一番に安らかな場所へ送ってください。彼が好きなギターとタバコをわすれずに。」
 
   映画『下弦の月」より
 
 平日。やはり、今日も出勤できず。もう、だめかも知れないな・・・。今日は、目覚ましが鳴っても目覚めなかった。昨日の疲れが出たのかな。気づいたら、9時15分。情けなくなる。の量も変えなかったのにな。職場にも連絡できず。あとで上司から、「連絡だけはしてくれ」と言われる。

 インプラントのための入金をしに、中央労金に行く。今日、行かないと手術日に間に合わなくなるから仕方ない。コツコツ貯めてきた財形を取り崩す。手術は25日。クリスマスだ。何か良いことがあればいいのにな。

 昼は『一頭屋』のランチ。頭が少し痛い。「鳥ときのこのパスタランチ」を選ぶ。パスタはペンネだった。うまい。チーズの入ったクリームソースでからめてある。1000円なり。少し、今日の体調だとくどかったかなと思ったが、まあ、充分おいしくいただけた。「トレドミン」と「トフラニール」を通常量服用す。

 帰りに「三浦藤沢信用金庫」にもより、通帳を新しくする。これで、今日は力尽きる。家に帰ると、猛烈な眠気が襲ってきたが、眠らないようにメールをチェックし、新聞を読んで時間を潰す。本日、9時より、『たそがれ清兵衛』をやることを知る。劇場で見たけど、割と好きな映画。見終わったあと、感想を書こうと思う。

 6時半、夕を買いに「ファミマ」に行く。部屋を出たとき、眩暈がしてコケそうになった。「ファミマ」では飲み物と「鯵の干物とたくあんのチャーハン」を珍しいので買ってみる。割とおいしかったが、レンジでチンして、テーブルの上に乗せようとしたときに、手が滑って、半分くらいテーブルの上にぶちまけてしまった。気にせず、盛り付けなおしてす。

 そういえば、今日は不思議なことがあった。「労金」へ行く前だから、10時くらいだと思うが「JIYUDAカードのリリー・フランキー」版の発行の身元確認の℡があった。それ自体は不思議でも何でもないのだが、困ったのは、ボクに申し込んだ記憶がないのだ。ここの所、ポイント・サイトでポイントを稼ぐのに、いくつかカードの申し込みはしたが、「リリー・フランキー」はちょっと・・・。でも、年会費は無料だし、リリーフランキーの『東京タワー』や『ボロボロになった人へ』などは好きなので、あっても困ることは一つもない。

 でも、記憶がなくなるのは恐ろしいことである。

さて、今日は、ここでいったん切って『たそがれ清兵衛』でも見て、心を落ち着かせることとしよう。

-----------------------------------------------------------------
『たそがれ清兵衛』 やっぱり良かった。「三部作」っていうけど、「三部作」にする必要があるのかどうか疑問。『秘剣 鬼の爪』も、まあおもしろかったけど『武士の一分』は、みるかどうか逡巡する、キムタクは嫌いじゃないけど、なぜ、時代劇で、なぜ山田さんなのかがわからない。

 藤沢周平の時代小説の組合せによるのは、良い観点だと思う。エピソードを組み合わせて一つの作品にするのは、良くある手法。「海坂藩」というのは、架空の存在で、藤沢時代小説には良く出てくるシチュエーションでもある。

 主人公の井口清兵衛は、戸田流の小太刀の師範代の腕前を持ちながら、下級藩士として、妻には先立たれ、認知性の母と、二人の子どもを育てながら、懸命に生きている。服はボロボロで、風呂にもろくにはいれず、優れた能力を持ちながらみんなの厄介者。

 しかし、その清兵衛に、藩命により、ある謀反者を征伐するように依頼される。清兵衛は固辞するが、許されず、仕方なく果し合いをすることになる・・・。

 これ以上は作品のあらすじになるだけなので書けない。が、ボクは最期の「よもぜんえもん」との対決だけはふれておきたい。せまい室内の対決。小太刀は有利ではあるが、相手は実力者。藩でNo.1の人間を一刀の元に切り捨てた男である。清兵衛との話が終わり、果し合いのシーンの時に、一瞬だけ、部屋の欄干を見据えるシーンがある。おそらく、これは、「清兵衛にいかに切られるか。」という、まさに武士の一分をあらわすシーンなのではないかと思う。ビデオないしDVDを持っているひとは、もう一度見返して欲しいと思う。


 清兵衛「実は藩命で、ある男と果し合いをすることになりました。何分急なことですので、さかやきを剃ってもらいたいと思いお呼びいたしました。」
 ともえ「なぜ、清兵衛殿が果し合いに?」
 清兵衛「藩命に逆らうには行きません。私も藩士のはしくれですから。」
 清兵衛「兄上の申し出を断った時から、私はあなたを思うようになりました。それからは私、清兵衛があなたを妻にすることが、私の夢となりました。」
 清兵衛「私がもし、この果し合いに生き残ってきたら、私のこの思いを受け止めていただけるでしょうか。」
 ともえ「私はここでお待ちしております。ご武運を心からお祈りいたします。」
 
      『たそがれ清兵衛』藤沢周平・山田太一 
関連記事
 平日。5時に目覚める。6時15分の目覚ましを聞いて、意識が途切れる。7時20分くらいに再び、目が覚め、職場に電話を入れる。「調子は悪いが、必ず出勤する。遅くなっても」と言って、覚悟を決める。

 午後からの出勤の予定を立て、少し寝ておこうかと考えたが、考えれば考えるほど、眠りからは遠ざかるばかり。を飲めば、眠れるのは分かっているが、それだけは避けたい。

 仕方なく体を休め、うつうつしながら、1時過ぎてから出勤準備。出勤前に「トレドミール」と「トフラニール」を2錠ずつ。風邪を一錠。飲んでから、出動。行きに駅で「Minaqa」一本を購入。すぐに口に入れる。定期が切れているので、現金で切符を買った。

 終着駅で『駅そば』をす。正確には「てんぷらうどん」だが・・・。まずいのは分かっているのだが、時々、むしょうにべたくなる。ちなみに、ボクは旅に出ると、必ず、ラーメンと『駅そば』はべるようにしている。おいしかった『駅そば』は山梨・金沢・富山・根室の駅そば。出汁がしっかり出ているほうがおいしいと思う。後、「ソラナックス」を一錠服用。心の安定を目指す。

 バスに乗り、職場に向かう。上司のところへ まず挨拶に行く。経過報告の医師の書類が必要とのこと。できるかぎり「療休」ができるように願いでる。それでも改善しなかったら、「休職」も視野に入れて考えるつもり。やっかいな病気にとりつかれたものだとつくづく思う。

 財形を降ろす書類を事務の方よりもらう。歯の治療で、インプラントの手術を決心。160万かかるが、ボクの仕事は、話すことが第一だから、早めになんとかしなくては、一生、困ることになる。このことに関して暗い気持ちはなく、むしろ、最近の唯一の希望である。また、もとのとおり、しっかりしゃべれるようになれば、いくらかでも、ストレスは解消できると思う。

 久々に職場に行くと、また、ただならぬ問題が持ち上がって、緊急の打ち合わせが持たれた。早く帰りたかったが、そうもいかず、打ち合わせの中身をしっかり理解し、行動することに勤める。気が重いこと、この上なし。

 7時過ぎに夕。おにぎり2個と、ジャンボフランク。買うのに初めて「ファミマカード」を使用してみる。ちょっとドキドキした。メールをチェックしながら飲し、ポイント・サイト「げん玉」のポイントを、「E-バンク」で換金する。仕組みがややこしくて、いくら換金できているのか分からない。たぶん900円くらいにはなっていると思う。しかし、このサイトは1ヶ月もたたないうちに、換金できるくらいたまってしまった。ボクのやっているサイトの中には、3年間、一度も換金できないところもある。星の数ほど似たようなサイトがあるので、ピンからキリまである。情報を収集して、経験から選択する必要はあるだろうなと思う。

 今日は上司に「自信はないけど、明日も出勤するつもりです。」と言って、職場を出た。本当に、そういう気持ちだけれど、本当に自信がない。悲しくなってくるよ。

 うつ病治療を受けられる患者様とご家族の方へ3

 「弱気、マイナス思考は病気のせい」
 うつ病では、症状として、弱気、マイナス思考、自責感があらわれることがあります。
 これは病気のせいで、けっして「弱虫」とか「怠け者」ということではありません。


 みんな、そう思ってくれるなら良いのだけどな。

手紙

 平日。今日も5時に目覚めるが、やはり起き上がることができない。6時15分の目覚ましのあと、意識が飛ぶ。次に目覚めたのが、7時40分。最近、こういうパターンが多い。心が逃避して意識が飛ぶのかもしれない。意識が飛んでいる間は何やら夢のようなものを見ているが覚えていない。

 職場からの連絡。「午後からでも、できるなら出てきて、事務的な手続きがあるから。」と言われて、大分気持ちが楽になる。そのまま「トレドミン」・「トフラニール」2錠ずつに「ソラナックス」を追加して、再び眠りに入る。さえ飲めばいくらでも眠れるようになってしまった。を飲まないと、眠れないのがつらいところだが・・・。

 1時、起床。眩暈がして、ふらふらするが、昼を取るため外に出る。和べたかったので『魚長』へ行くが、お休み。水曜日が休みだと始めて知った。仕方がないので、隣の『○○○家』へ行く。「親子丼」定500円なり。

 今から、職場へ行こうとも思うが、そんな気力もわかず、あきらめる。が、早急に何とかしないとと思って不安になる。横断歩道が怖い。

 帰りに古本屋へ寄り『サイコ』の続きを買う。本当に怖い漫画だった。精神衛生上良くないので、しばらく放っておくつもり。帰ってから「ソラナックス」半錠服用。眠らないために、メールのチェックとブログのテンプレートをいじくって過ごす。単純作業をやっているかぎり、は襲ってこない・・・気がする。

 『手紙』(東野圭吾)をいっきに読了。さすがに読ませる力を持っているベストセラー作家だ。しかし、「涙と感動の大ロングセラー」というキャッチコピーはちょっと大げさ。『秘密』は大好きな作品だけど、『白夜行』『容疑者Xの献身』は、思ったより感動的ではない。

 『手紙』も弟の大学進学ために強盗殺人罪の罪を犯した兄。重犯罪人をただひとりの身内に持つ身となった弟の、その後の人生を通して、罪の重さと社会的な差別という、この世の理不尽さが描かれている。そりゃ、いくら自分のためとは言いながらも、犯罪人が身内にいることは、決して軽くない荷物だ。弟もその呪縛から逃れようと、切れない縁を切ろうとあがくが、小説的なご都合主義により、次々と不幸が襲い、弟は大事なものを少なからず失いながら生きていく。「つらいよなあ」と共感する。

 ボクも病の上、アル中の経歴もあるから・・・。社会的には偏見の目にさらされても仕方ない立場でもあるし・・・。

 ただ、この人は一人の人間の人生と、その心情を丹念に描くのが大変上手だなあと思う。そのへんは、映像より文章で読んだ方が良く味わえるかな。感動したかったら、たぶん映画の方がうまく盛り上げてくれるのではないかと思う。


 夕はテレビを見ながら、サンドウィッチのセットをす。いつものを飲み、今日は『14歳の母』を見て眠るつもり。しかし、14歳の子どもが子ども産んで、このドラマは一体何を考えているのだろう。

 兄貴― 直貴は胸の中で呼びかけていた。
 兄貴、俺たちはどうしてうまれてきたんだろうな ―。
 兄貴、俺たちでも幸せになれる日が来るんだろうか。俺たちが語り合える日が来るんだろうか。二人でお袋の栗を向いてやった時みたいに ―。

    『手紙』(東野圭吾)