横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
comomoが休職したいです。


*このエントリは、ブログペットの「comomo」が書きました。
関連記事
 2007年5月28日(月)自転車安全の日 休職125日目 晴れ 涼しい

 前回のブログで不適切な言葉を使ったので誤解を招いてしまったようです。ごめんなさい。でも、明日から3日間、また修行の日々に入りますコメントのお返事、遅くなると思いますが、残していってください。

 涼しかったのでぐっすり。
 窓を開けていたので鼻かぜをひいたらしい。
 鼻が出てしょうがない。

 今日は実家に行く日。
 毎回遅くなって申し訳ない気がする。
 無人でほっぽりっぱなしだし・・・。
 でも、父が生きている以上は、
 残しておかなきゃ。
 2ヶ月分家賃を収める。

 行きに郵便局に寄り、
 前から気になっていたお店でランチ。
 「タンドールチキン季節の野菜ぞえ」
 おいしかったけど、
 もう少し皮がパリッとしてると良かった。
 「タンドール」は初めて食べる。
 店の名前は忘れた。

 昼寝2時間。
 大学図書館へ本の返却。
 夜は「サンマー麺」を食べる。
 神奈川県の人は知っていると思うけど、
 もう、これって全国区なのかな?
 知っている人、情報下さい。

 明日、返却予定の『フラ・ガール』を見る。
 明日の病院から三日間、予定が詰まっている。
 がんばれるか不安だ!

 『フラ・ガール』

 スタンダードな映画で傑作。良くあるパターンだけど、おもしろい。

 『常磐ハワイアンセンター』の草創期の実話をもとにしている。今は「スパリゾートハワイアン」って言うんだっけ?もともと炭鉱で栄えた町に「ハワイ」を持ってくるという発想がすごい!大型レジャー施設のさきがけとなった施設だね。

 一時は「黒いダイヤ」とまで呼ばれた石炭産業が斜陽化し、あちこちで炭鉱の閉鎖が行われていた。そんななか、生き残りを賭けて、福島の地に温泉を利用したレジャー施設をつくるという、聞くだけだと、ちょっと『プロジェクトX』っぽいけど、違うのは「男達は走った!」ではなくて、「女達は走った!」ってところ。

 施設の目玉となる「フラダンス」の担い手は炭鉱の少女たちだったのである。東京からプロのダンサー「平山まどか」(松雪泰子)を招き、
盆踊りくらいしか踊れなかった少女たちを一から教えることとなる。

 炭鉱では大規模の首切りが行われ、炭鉱の町は「ハワイアン」に白い目を向ける。「ハワイアン」に再就職する者と炭鉱に残る者の間にも溝が深まり、首になり炭鉱を離れる者、炭鉱で命を落とす者もいる。

 しかし、少女たちのがんばりが少しずつ世の中に広まっていく。

 印象としては、「攻める女たちと守る男たち」と言ったら良いかな。とにかく女性がたくましい。
 
 鉱山をバックに撮られたフラガールたちの写真と、コートを着ながら冬のプラットホームでフラダンスを踊るのには目が点に・・・。

 松雪泰子と蒼井そらの吹き替えなしのダンスがすばらしい。静ちゃんはちょっとあやしかったけどいい味は出していた。体育会系のノリが良い感じ。

 主人公の兄と母親の言葉から、


 『今日の名言』-時代は変わったのかなー

 首切りの嵐が吹き荒れる炭鉱に勤める兄の言葉
 「時代は変わったからって、なしてオレたちが変わらなきゃならないんだ。時代が勝手に変わっちまっただけだ。」

 娘のフラダンスには断固反対していた母の言葉
 「うちの父ちゃんはお国のためだって、寝る間も惜しんで石炭掘って山の中で死んだ。」
 「んだ。立派な山の男だった。」
 「今まで仕事っつーのは、暗い穴の中で歯を食いしばって死ぬか生きるかでやるもんだと思ってた。んだけど、あんな風に踊って人様に喜んでもらえる仕事があっていいんでねえか。オラにはもう無理だけど、あの娘らなら、みんな笑顔で働けるって、そんな明るい未来が創れるかも知れねえって・・・。こんな木枯らしくらいで、あの娘らの未来を潰してたまるかって!」


 炭鉱は結局4000人もの首を切った。「平山まどか」は70歳でなおフラダンスの指導を続けているという
関連記事
  2007年5月26日(土)うなぎ供養 休職123日目 晴れ 年中日曜なのにウィークエンドは晴れがうれしいrainbow

 明日は久しぶりに戦いに出かけますのでブログお休みします。そして、勝って来ます絵文字名を入力してください

 6時&10時のいつものパターン。
 新聞を読んで、
 テレビを見て・・・
 昼は『よこすか家』のポークジンジャー丼。
 ラーメン250円割引のクーポン券2枚もらう。
 ラッキー!
 1周年記念。もう一年たったんだな。

 午後はヴァイオ君としっぽり。
 ちょっとどっぷり。

 夕は『ファミマ』の「冷やしうどん」とコロッケ。
 テレビで『ナイナイ』と『喰いタン』
 新聞の集金が来る。
 
 今は『エンタの神様』
 明日は早いから、もう寝ます。

 うつに負けない57の読む19』(斉藤茂太

 「体に症状が現れることもある」

 ストレスは心だけでなく、体にも影響を及ぼし、さまざまな症状を引きおこします。症状はいくつも重なって現れたり、次々と移り変わったりすることが多いものです。

 ・夜中に目が覚め、朝まで眠れない。
   うつ病の人が必ず訴える睡眠障害。
   「入眠障害」「早朝覚醒」「中途覚醒」
 ・欲が落ちる、または過になる。
   欲低下で独特の表現
    「流し込む」「むかむかする」「砂を噛む」など
   欲が旺盛になるタイプも・・・。
    特定のものをむやみに食べる傾向
 ・性欲が減退する。
   「意欲の低下」「罪悪感」「自信喪失感」逆に亢進もある。
 ・倦怠感、疲労感がとれない。
   ほぼ100%に認められる。
 ・うつ病とアルコール
   大量に飲むのと依存症がうつを招くケース。
   併症すると自殺願望が高まることがある。
 ・その他にもいろいろある。
   うつの症状は「何でも売っているデパート」


 「睡眠障害」と「倦怠感・疲労感」はうつを疑うべし

 2007年5月25日(金)ヨルダン・ナショナルデー 休職122日目 大雨 久しぶりの気が・・・
ソフトバンク
雨だとダメダメくんの癖に
アイモード
たまに降ると妙に気が落ち着いたりして
au
人間ってえのはワガママなもんだと思う
FC2
↑ちなみにこれは押しても何も出ないボタンです。ヒマつぶしにアップしてみました。横に並べることができるはずだけどなあ?色々チャレンジしている凡人ことmomo2006です。

 横並びにも挑戦してみます・・・

ソフトバンクアイモード

 『br clear="all"』の<>を削除すればいいわけやね。ふむふむ。じゃあ、この絵の横に文字を書くにはどうすれば良いのやら・・・。

 ソフトバンクわはははは

 あれ、できたけど何で青なの
 ちなみに横に文字を書くには『/a』をカットすれば良し・・・と
 書くと簡単だけど、ここまで2時間ばかりの試行錯誤が!!!
 でも、なぜ青
 えっ、上の『?』は動くけど、下の『?』は動かない・・・。
 
 
絵文字の番号が違うのね・・・ちょっとくたびれた・・・ここから普通の日記です。

===============================================================

 朝は11時まで、ぐっすり。
 やっぱりと思ったらやっぱり雨
 寝るには雨は気持ちいい。
 でも、やっぱり体はだるい。
 これから梅雨になるのが不安。
 講習、キャンセルの電話を一本。

 12時に昼
 『玉川』の「親子南蛮」
 は忘れず飲んでます。
 帰ってから、ヴァイオ君とひと遊び。

 『ワタミ』のサービス券千円分6枚届く。
 ボクは使わないから、欲しい人いないかなあ?
 いたら、コメント残してください。
 どこへでも送ります。
 なければ売っちゃいます。
 あんまり金にならないけど・・・。

 絵文字を使うついでに、どうしてそうなるのかを研究してみた。
 いろいろ試して遊んだが首が凝ってしまった。
 Googleで調べものとかをして、
 静かにおうちで過ごす。
 夕は調理パンにピザ。
 コンピューターは分からないことだらけ。

 夜は、
 『太田総理』と『生徒諸君』と『田中3号』と・・・
 『時効警察』はこれから見る。
 山田太一の『星ひとつの夜』は録画。
 あとでゆっくり見ることにした。

 何かいろいろと腹のたつことが多いので、
 政治批判ものも書いてみるかなあ。
 「黙っているのは腹ふくるる業なり」
 調子悪くなるとやだから控えてるんだけどね。

 では、今日はこれまで、お休みなさい。

追記 UPすると下線がついて、赤に反転しました。何ででしょ ̄□ ̄
関連記事
  2007年5月24日(木)エンパイヤ・デー 休職121日目 晴れとる

 トンネルはどうやら抜けたようです絵文字名を入力してください今回は短くてよかったです。

 昨日ジムに行ったので、
 今日は疲れていると思ったので、
 目覚ましはかけなかった。

 10時に目覚める。
 思ったより疲れていないsmile
 
 最近、絵文字を覚えたので、
 ムダに使っている気がする。
 でも、感情表現するのに便利なんだよね。

 昼が『BIG BOSS』で「牛ロース定
 夜は「焼きうどん」

 今日は一日、昼寝もせずにがんばった!
 夜に録画してある『喰いタン』を見る。
 「カレー」の回。
 ちなみにボクにとっては「カレー」は苦い思い出の味。
 貧乏だったころを思い出す。
 このドラマは2週遅れになってしまった。

 『ホテリアー』は次回の展開がちょっとだけ気になる。

 今日は大学図書館で借りた『エディプス・コンプレックス論争』を読了したので、紹介する・・・ほどの力はないけど。

 『エディプス・コンプレックス論争』(妙木浩之)

 副題の「性をめぐる精神分析」とあるように、フロイトが「エディプス・コンプレックス」という概念を創り出してから、それを巡って賛否も含めて精神分析がどのように発展してきたのかを詳細に跡付けている書。

 「エディプス・コンプレックス」は「ギリシャ神話」に登場する「オイディプス」の話から「父を殺し母と交わりたい」という思いを人類に普遍の願望として位置づけ、そこから派生する様々な状況をコンプレックス(複合体)として理論化したもの。キイワードは父親。

 フロイト生誕から150年。考えてみれば、精神分析という学問は、わずか一世紀ほどしかたってないってことになる。でも、もう立派に古典とも言っていいほど、フロイトの心に対する貢献は大きいと思う。好きではないが・・・。

 歴史なので、一言で述べることは不可能だが、筆者の「妙木」さんが、「視点の移動と飛躍のプロセス」として、うまい具合にまとめてあるので、そこを引用してみたいと思う。


 「今日の名言」-精神分析のごくおおざっぱな100年-

 ①父親から見た息子の視点(フロイト
 ②男の子から見た父親の視点(フロイト
 ③男同士、女同士の競争心(アドラー)
 ④男女より人間、人間であるより生物だ(ユング)
 ⑤息子にとっての母親の視点(ランク、フィレンチィ)
 ⑥父親にとっての娘という視点(晩年のフロイト
 ⑦娘にとっての母親、母親にとっての娘の視点(ホルナイ)
 ⑧母親という立場から見た子どもの視点(アンナ・フロイト)
 ⑨子どもにとっての親たちという視点(メラニー・クライン)
 ⑩言語や親族といった構造という視点からの親子(ラカン)


 個々の部分にはいろいろな意見があるのだろうけど、実にわかり易いまとめ方。心理学の人って、こうやって箇条書きにしたり、図示したりして簡潔にまとめてくれるので助かる。もっともラカンみたいに数学にして、余計分かりにくくしているのもあるが・・・。

 でも、こう見るとユングやラカン(構造主義という点で)を除けば、ほとんどすべてが「親子」が「心」の問題になるわけだよね。なるほど~
関連記事
  2007年5月23日(水)恋文の日 休職120日目 晴れすぎ

 少し谷間を抜けたようです!様子見です。

 朝6時。
 起きても良い感じだったけど、
 ちょっと大事を取って寝続ける。

 10時にベッドから出る。
 昼から、サウナに入るのも目的で筋トレへ出る。
 二駅歩く。万歩計は7234歩。
 途中、銀行と郵便局へ寄る。
 筋トレする前に汗だくになる。

 昼は初めて入る『やんちゃ家』という飲み屋さん?
 「照り焼きハンバーグ」をべる。
 味噌汁が、野菜の甘みかな?甘い感じがした。

 マシンと自転車に少し乗ってサウナへ。
 考えられないほど汗が出た。
 体力もやっぱり衰えてるな~。

 夜はおうちで静かに過ごす
 『バンビーノ』が結構おもしろかった。
 NHKの英語講座を見て遊ぶ。

 今日は読書も進まなかったし、DVDも見なかった。
 コンビ二本の紹介をする。
 
 『爆笑!失言100連発』

 有名人の思わず言っちゃった、あるいは、思っているから言っちゃた失言の数々を100ばかり集めたもの。

 政治家で言えば、新しくは「女性は機械」発言から、比較的古いのは「日本は天皇を中心とした神の国」なんて、憲法まるっきり無視の発言など、差別と傲岸さがあからさまに出ている不愉快なのが多い。

 スポーツ選手から、女子アナ、芸能人と色々収めてあるけど、やっぱり抱腹絶倒でおもしろかったのは、長島元監督とガッツ石松。この二大巨頭の前では、さすがのシンジョーも色あせて見えるね。

 もう、知っていると思うけど、あえて載せてみる。


 『今日の名言』-永遠の迷言編ー

 「今日、初めて還暦をむかえまして・・・」

 「ネバーギブアップしちゃ、いけないんですね。」

 「アイム失礼」

 「いやあ、興奮を通り越してエキサイティングしました。」

 ????・・・長島元監督でした。

 好きな数を聞かれて・・・
 「ラッキーセブンの3」

 クマ鍋をべて・・・
 「ペットショップの感じ」

 「そこ右に左折して!」

 「カメの英語はスッポン。エジプトの首都はピラミッド。」

 さすがとしか言いようがないです。ガッツさんでした。


 今日は久しぶりにを飲まないで過ごした。体動かすときはちょっと恐いものねえ。血の巡りが良くなるのか、鼻の頭がサウナに入ると赤くなって恥ずかしい。

 2007年5月22日(火)ガールスカウトの日 休職119日目 晴れてる

 ブログの調子がなぜか良くなりました。ボクの調子も・・・

 朝6時に目覚める。
 まだ、眠いョ~
 だから、10時までウトウト。
 眠れないよりマシって無理矢理思う。

 10時の起き出して、
 ヴァイオ君を開く。
 なんと、元に戻っている
 ボクの調子も何となく良くなる。

 これって、もしかして、
 ヴァイオ君とボクは「集合的無意識」でつながっているのでは!?
 と、くだらないことを考えつつ、
 ひと遊び。

 昼は欲が湧かないので、
 「セブン・イレブン」のおそば。
 あの、固まっているのをほぐす汁は、
 アイデアもんだね。
 ボクはいつも水でサーっとやってたけど。

 夜も欲は湧かないが嫌ではない。
 きっと明日は元に戻ってるだろう。

 コメントくれた皆さん、ありがとうございます。
 ブログやってて良かったと思います。

 『地下鉄(メトロ)に乗って』

 「浅田次郎」の原作の映画。本を読んだときは感動した。この人は短編・中編・長編、何でもいける人なんだなあと思った。

 一部の作品を除き、どれもおもしろいのは奇跡的。現代の大衆小説の代表者だと思う。ちなみに一部の作品っていうのは『日輪の遺産』等の中国歴史もの。それだって、決しておもしろくないわけではない。ボクは初期の『プリズンホテル』や『きんぴか』などのシリーズが好き。泣いて笑って・・・真価というか、ルーツはここにある気がする。

 これもストーリーを紹介しちゃうと、面白みが薄れるんだけど、一種のタイムスリップものと思えばよい。現代と戦中戦後を地下鉄を媒介として、いったりきたりしながら、父親と自分と家族の物語を紡ぎだす話。

 おせっかいついでに、もう少し説明すると、主人公の父親は戦後の闇市でのしあがり、今では黒いうわさもつきまとう企業の社長。死に瀕している。主人公は父親のせいで長兄が自殺したと思い、籍は抜いて、母親の姓を名乗っている。妻子があり、同じ会社の女の子と不倫の関係にある。

 それはもう、輪廻転生というか、因果応報というか、キーワードは「罪と罰」

 今日は、その中から、うまい具合に原作をアレンジしてシナリオにしてあるなーと思った、父親の戦中のシーンから一言。


 『今日の一言』-『出口のない海』と比べてみて編―

 ソ連軍に追われた塹壕の中で、開拓団の先生と生徒たちとともに、

 「日本国は私たちを見捨てたのに、あなただけはつきっきりでいてくれた。もう充分です。できれば、手榴弾を一つ、置いて行っていただけないでしょうか。」

 「ばかやろう!死にてえなら、敵の弾に当たって死にやがれ。命取られるまで生きるんだってことをガキどもに教えてやれ。いいか、先生。オレが合図したら、みんなを連れて南へ走れ。一人も置いてくんじゃねえぞ。心配すんな。オレ、絶対死なないって易者に言われてんだ。」

 乾パンを先生に手渡し、一人、囮となり、兵をひきつける。

 「オレ様はな、地下鉄に乗って満州くんだりまで来たんだ。こんなところで死んでたまるか。何が満州国だ!何が新天地だ!オレは信じねえぞ。もう、何も信じねえ。」


確かに、東京の地下鉄に乗ると、迷路のようで異世界に運ばれても不思議ではない気がする。ボクは「鉄分」が入っているけど、乗っていて「おもしろくない」って思うのは地下鉄だな。車両は面白いけど・・。
でも、この映画みたいなことがあっても不思議ではない気がする。地下鉄の魅力をある意味では発見しているね。

 物語の前半で「浅田次郎」らしき人物が喫茶店の場面で出ているから、これから見る人は確認してみて。
 それから、この映画を見て、興味をそそられた人はぜひ原作に触れてみてください。
 「浅田次郎」と「スティーブン・キング」の小説は絶対、癒しの効果があります

 
関連記事
きょう、momo2006で行動したかったの♪

 2007年5月16日(水)旅の日。

 今日は第一回ということと、女の人が多かったかな。


 30分弱前の開場に着く。

 市民大学に行って来ました。
講座は『ファミマ』の「鮭弁」
 煮物、煮豆、ゴマのプリン(フルーツ付き)?
 ケーキの小さい奴がついていて結構おいしいが、他者の存在によってどのように影響を受けるのか。


 今日は、そのレジュメから一部分を抜き出してオワリにしたいと思う。


 ちなみに、今日の万歩って結構、大変なんだね。


 今日はがんばった!

 『社会心理学という心理学とは・・・

 「社会心理学という心理学が扱うテーマ」

 社会心理学』(角山剛)

 講師の角山さんは「東京国際大学人間社会部」の教授。
去年もおととしも、できるだけ参加したいと思った。


 「社会と個体(人間や動物)との関わり合いという観点から、社会の中の個体の行動について研究する学問である。

 もう少し遅くても、市民大学で講師をなさったらしい。
結構、話がうまくて、おもしろかった。
退職後の男の人と、その中で特に「社会心理学とは何か」ということで、「心理学が扱うテーマ」

 社会心理学という心理学が扱うテーマ」

 社会心理学』です。


 ちなみに、今日の万歩計の数字は7818歩。
う~ん、1万歩って結構、大変なんだね。


 



*このエントリは、ブログペットの「comomo」が書きました。
関連記事
 2007年5月20日(日)ローマ字の日 休職117日目 晴れー

 ブログ調子悪いです。ボクの調子も悪いです。

 昼までやっぱり爆睡。
 調子悪し。
 今日はブログも短めに・・・。

 3時から、声楽の練習。
 「千の風」に希望をつなぐ。
 少し、手ごたえを感じつつある。

 夜はヴァイオ君と遊びながら、
 テレビを見る。
 の谷に落ちた感じ。
 「うつの谷のナウツカ」
 なんつって・・・

 明日はお出かけなので、
 今日はもう寝ます。

 うつに負けない57の読む18』(斉藤茂太

 「ほとんどの患者さんに自殺願望が生れる」

 自責感や絶望感が強まると、死にたいという気持ちになり、実際に命を絶つ人が少なくありません。その意味では、うつ病は死につながる危険性のある病気といえるのです。

 ・自殺したいと思うのも症状の一つ。
   普通では思いも寄らない行動を取ることが多い。
 ・症状が重いときより、治りかけた頃が最も危険。
 ・サイコロジカル・オートプシー(心理的剖検)
   自殺者のおよそ90%以上に精神的障害が認められる。


 死んでたまるか
 

 
関連記事
 2007年5月19日(土)旅の日 休職116日目 晴れ さわやか・・・かな?

 相変わらずブログは調子が悪いです。でも、これ以上はボクには何もできません。なるようになれです。

 今日は爆睡!
 昼間で寝る。

 起きてから、すぐに父の病院へ向かう。
 途中の駅で昼
 「ひれかつランチ」
 少し元気が出るものをす。
 本屋で『できるかな クアトロ』(西原理恵子)と、
 『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)を発見。
 即、購入。前から欲しかったので、ラッキー。

 そのあとタクシーで病院へ。
 支払いを済ませて、少し話しをする。
 歯医者にかかったのと、
 お腹の具合が悪くて内科を受診したらしい。
 今月はいつもより少し高かった。
 3月分の出入りの業者の領収書を来月持って行くと、
 いくらか返ってくるらしい。
 忘れないようにしないと・・・。

 帰って、また寝る。
 良くこんなに眠れるなと思う。

 夜はTVで『博士の愛した数式』を見る。
 三回目になるかな。
 やっぱり、しみじみと美しい映画だ。

 『できるかな クアトロ』(西原理恵子)

 西原理恵子が割と無茶なことに挑戦しつづける『できるかな』シリーズの第四弾。

 今までも「ホステス」に挑戦したり、「富士山」に登ったり、「気球」に乗ったり、「脱税」に挑戦したり(笑)

 かなり体を張ってがんばっちゃっているのが、他のマンガにはない最大の特徴で強みかな。

 今回は「インド」まで出かけてって、カースト外の第三の性と呼ばれる「ヒジュラ」の祭りに突入したり、内モンゴルまではるばる出かけて、恐竜の化石を発掘したり・・・。
 そのバイタリティには唖然とする。

 まあ、今回はちょっとあからさまな下ネタが多くて・・・それもたいしたもんだなあとも思うけど。新聞に掲載されている『毎日かあさん』みたいなちょっとほのぼの系とか、『上京ものがたり』みたいな切ない味わいのものも面白いけど、真骨頂は、この体を張ったシリーズ等なんだろうね、どこまでが本当かは分からないのがミソだけど・・・。


 「今日の名言」-ヒジュラ編より―

 南インド マドラス

 うすぐもりの夕空にすこし荒れた海。
 空と海がひとつになって
 あの世とこの世がわからなくなっているようだ。

 波打ちぎわすれすれにならぶ縁日。
 たくさんの色と家族。

 あそこにはこどものころの私がいる。
 きっとおとうさんをまっている。

 私は南のはしの海岸でわたしが死ぬときのけしきをみた。


 どうも、の下り坂にあるようだ。このまま、どっぷり沈まないことを願う。

  
 
 
 2007年5月18日(金)国際親善デー 休職115日目 曇り時々晴れ 風強し。

 相変わらずブログの調子悪いです。 コメントのお返事は何とか書けるようになりましたが、ボクのPCだと表示されないのがあります。困っています。

 『comomo 心の俳句
20070422-234958-57287984.png

 ブログペット俳句を読むのは、知っている人は知っているとは思いますが、うちのcomomoくんも、時々、俳句をひねったりして風情があります。いつも写真が撮れる訳ではなにのですが、いくつかたまったのでご紹介したいと思います。

20070502-230053-58563125.png

 その他にも・・・
 『特徴を 反転したる 香の物』
 『知り合いを 加減されたし 敵討ち』
 『あの資料 昼寝されたし 本当に』

 などが目撃されております。ボクが一番好きなのは、次の俳句です。
20070506-232553-52362484.png

 また、詠んでくれたら随時紹介したいと思います。覚えていたら・・・ね。最後に、こんなに泣かせることも言ってくれるイイ奴です。
20070504-104111-7306390.png

==============================================================
 では、ここからはいつもの日記です。

 朝6時。9時までウダウダ。

 ヴァイオ君を開けるも、
 ブログの調子悪し。
 ボクの体調も悪し。

 昼がてら銀行まわり。
 行き、帰りとも一駅歩く。
 『松屋』で「豚汁セット」をす。

 帰ってきてから、昼寝して、
 そのあと、ずーっとブログと格闘するも、
 元にもどらず・・・がっくり。

 夕に『ローソン』へ行くと、
 『ローソン・カード』がない。
 家に帰って探すも見つからず。
 弱り目に祟り目である。
 早速、電話をして紛失を届ける。

 結局、たいしたこともできず、
 一日が過ぎる。
 に悪い一日だった。

 今日の万歩計 5735歩。千歩計だな、これじゃ。




  2007年5月17日(木)自然保護の日 休職114日目 大雨のち晴れ 雨の日はかったるい。

 ブログの調子が悪くて、うまく稼動しません。ちゃんと表示されているでしょうか。コメントのレスも記入できません。早急に何とかしますので、こりずにお願いします。

 今日は雨が降ってかったるかった。
 何にもやる気がないので、
 昼間で寝ていた。
 疲れ&雨でトーンダウン。

 昼に起き出し、
 『麺屋利休』へ。
 「特製ラーメン」を頼んでみる。
 のり3枚、チャーシュー3枚、味付け卵1個、もやし等が
 トッピング。味付け卵がおいしかった。
 チャーシューもトロトロ。
 でも、歳のせいか、油っぽく感じる。
 1000円ってのも高いよな。

 帰って何とかかんとかヴァイオ君と向き合う。
 そのあと、また、昼寝。
 思ったほど筋肉痛はないけど、
 明らかに疲れている。

 夜に『LIVIN』まで行って、
 本屋で「浅田次郎」の『憑神』を買う。
 楽しみ~!
 『サイゼリヤ』の「鶏のなんちゃら風」をす。

 家に帰って、ヴァイオ君を開けると、
 ブログの調子が悪い。
 原因不明。
 面倒くさいので、そのままほっとく。
 コメントが書けないのでごめんなさい。
 ちゃんと表示されているのだろうか?

 『ラカンの精神分析』(新宮一成

 「ラカン」はワカランとか言っておきながら、また、読んでしまった。さっぱり分からないものを読み通すのは苦痛だ。後悔先に立たず。
これも、結構、有名な入門書なんですけどね。

 「ラカン」の生涯と、「ラカン」を取り巻く人間たちの史的な部分は、割とおもしろいのだが、理論的な部分になるとサッパリ。

 ちょっとは分かったかなあと思うと次の瞬間には手元をすり抜けて、また別の次元へ飛び去ってしまうような、まことに不可解なものである。

 思うに「ラカン」は「フロイト」の考えを継承しつつも、「フロイト」ではなくて、「ラカン」でありたいと思ったのではなかろうか。
そのため、逆に「フロイト」信奉者の反感をかったのであろう。

 しかし、本当に、この理論を理解できる人がいるのだろうか。もしかしたら「ラカン」本人も分かってないのではないかと思う。当然、説明などボクにできはしないので、「ラカン」の謎の言葉の数々を紹介してみるので、ちょっと考えてみて下さい。


 「今日の名言」―ラカンの謎の言葉たち―

 「1.人間は人間でないものを知っている。
  2.人間たちは人間たちであるために互いの間に自分を認める。
  3.私は人間たちによって人間でないと証明されるのを恐れながら、自分は人間であると断言する。」

 「対象aは黄金数である。」

 「ここ夢の中で、君は君の家にいるのだ。」

 「人間は、規則と不在とがお互いに他を呼び出すようなこの構造的交代を繰り広げることに、文字通り己の時を捧げているのである。」

 「狂気は自由に対して<侮辱>であるどころか、そのもっとも忠実な同伴者でありますし、その動きに影のようについてまわります。そして人間の存在というものは、狂気なしに理解されえないばかりでなく、人間がもしみずからの自由の極限として狂気を自分のうちに担わなかったら、それは人間の存在ではなくなってしまうでしょう。」

 「知を想定された主体があるとき、そこにはすでに転移がある。」

 「科学が成立したのちに、精神分析が創出された理由、それは、愛について話すということは、いつになっても、悦びであるからだ。」

 「私は一人の死者である。」


 いやあ、やっぱり「ラカン」はアカンな。頭が痛くなる。