横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月31日(水)ハロウィーン 休職274日 晴天なのだー!

何となく一区切りついたような気がする一日でした。何をやるにも再出勤始めたら・・・なんて考えてしまいます。必要なのは自信なんだと思います。
 
tama
きっと来る~きっと来る~きっといいことがある。アフィリ初心者はボチっと

 朝6時、起床
 って思ったら、7時だった。
 何で?

 目覚ましに合わせて起きたつもりなのに

 でも、まあ、良しとする。

 ルーティンワークを半分だけ済ませて、
 『市民大学』へ向かう。
 
 今日の講義は面白かった
 「性格心理学」だけど、それ以外の話も良かった。
 整理ができたら報告したいと思う。

 でも、いきなり、元の上司と遭遇
 トイレ前で話すと、
 「自分の仕事と関係ないところから、
 学んでいる」ということで、
 「すっごいなあ」と思った。

 まさに「一生は学び」なんだなあ・・・と。

 ボクも基本的にはそう思っている。
 だから、心の調子がよければ、
 本を読んだり、研修や講座に出て
 勉強している。

 でも、先のことがわからない。

 定年・引退してからだったら、
 何かできるかもしれない・・・とも思う。

 今日の飯記録。
 ・昼 『割烹 田沼』で「鯖の塩焼き定食」
  お味噌汁がなめこ。鯖、大きい。旨し。
 ・夜 何とかのミックスピザ

 今日は、コンビニで「みずてん」で買った『大人の週末』
 「駅弁特集」に惹かれた!
 ので、そのベスト5をご紹介する。

  
tama
雨雨ちゃっぷちゃっぷ母さんがー雨の日も大好きな人は登録しよう

 『みんなの駅弁172』(「大人の週末」)

 ボクは「鉄道オタク」ではないが、たぶんに「鉄ちゃん」の成分を持っている。
 この世で一番好きな乗り物は?
 と言われれば、迷わず「電車!」と答える人間ではある。

 だから、「駅弁」と言われると、著しく興味をそそわれる。

 この「大人の週末」では172種類もの「駅弁」を取り上げていて、
 それだけで楽しい・・・のだが、全部は紹介しきれないので、
 BEST5だけ紹介する。

 ただし、これは『大人の週末』のランキングであって、
 ボク個人のランキングではない。

 ボク個人のランキングもいずれ紹介したいなあとは思っているのだが・・・。


 『みんなの駅弁BEST5』-「大人の週末」から-

 第5位 『東京駅 秋味満載』
 旬の味覚「栗」と「秋鮭」をモチーフにした弁当。「鮭といくら」&「さんまのうま煮」「くるみの甘露漬け」「舞茸のてんぷら」など秋味満載。うまそう。

 第4位『品川駅 貝づくし』
 茶飯の上に「アサリ」「貝柱」の貝づくし弁当。名古屋駅でもほぼ同じものが売られている。しかし、ボクの範疇では、これは駅弁ではない。どこで手に入るのでは意味がないのだ。でも、おいしそ!

 第3位『三島駅 地鶏どん』
 「鶏」なのでボク好み!「鶏肉のそぼろ」「炒りタマゴ」「鶏の照り焼き」と三拍子揃っている。
う~ん、食べてみたい。沼津産。

 第2位『米原駅 近江牛大入り飯』
 「近江牛」をぜいたくに使った牛丼である。うまいと思う・・・が、ボクは「近江牛」自体に偏見があるので、そんなに!という驚きである。

 第1位『浜松駅 赤ワイン仕込うなぎ弁当』
 これは旨いと思う。しかし、なぜ「赤ワイン」という疑問符も付くだろう。そのままでも旨いに決まっている。


 「駅弁」ってのは、その土地と関係なければ、いくら旨くても、あんまり意味がないよなあと思う。元々、弁当なんだからさー、とか思ってしまう。

 景色がおかずって奴かな。ボクにはそういうのないけど。(※旨いものは旨い)

 明日、6時を目指します。
 おやすみなさい。
スポンサーサイト
関連記事
10月30 日(火) 香りの記念日 休職273日 晴天。今日も暖かい。

 まだ遠征の疲れが取れなくて、今日は一日OFFにしました。なんで、こんなに眠れるの・・・って位、良く眠れました。今週の目標は『6時起床→駅まで行く→ついでに30分以上の散歩』ができるようにすることです。
 
tama
がんばればお城が建つかもアフィリ初心者は一国一城のあるじを目指そう

 11時に目覚める。
 すっかり熟睡する。
 あんまり食欲も感じなかったけど、
 一応、起きて飯を食いに出る。

 『そばっ子』の「そばっこセット」
 そばとシャケのおにぎり。
 昼時は結構、人が入っている。

 家に帰り、少しお勉強をしてから、
 ルーティンワークを済ませた。

 東京12CHで、『ブラボー火星人2000』という映画を見る。
 火星人が地球に漂着することによって、
 翻弄される主人公たちの様子を、
 コメディタッチで描いている珍品
 火星人と地球人の友情物語があったり、
 服がしゃべって敵と戦ったり、
 火星人が体がばらばらになって、
 頭だけになってもしゃべってたり・・・。
 ばかばかしい作品です

 そのあと、また昼寝。
 良く眠れる

 起きて『末広』は行って「チキンカツライス」
 を食べる。

 なんか食っちゃ寝の一日だった。

 明日は「市民大学」&ジムの予定。
 この間みたいに、
 ウェアを忘れないようにしたい。

 今日は封切りされた映画『自虐の詩』の原作。
 コンビニで緊急発行されたのを紹介する。

 
tama
ランドセルしょって元気良くアフィリ新入学者は登録しよう

 自虐の詩』(業田良家

 マンガ家「業田良家」の伝説的?な4コママンガ集。映画の封切りにあわせて、そのシナリオに合わせて、著者自らがセレクトした作品集。コンビニ本の体裁。

 本当の『自虐の詩』は複数の主人公が登場するオムニバス的な作品。その中の「幸江とイサオ」のシリーズが、映画化された・・・という具合。

 テレビで阿部寛がちゃぶ台ひっくり返してシーンがありますよね。あれがロクデナシのイサオさん。中谷美紀が、薄幸の女の幸江さん。二人は同棲しているけど、婚姻届は出していない。
 イサオさんは酒と博打が大好きだけど生活力はない。幸江さんを働かせてヒモのような生活をしている。でも、本当は幸江さんのことを愛している。

 幸江さんは、そんなイサオさんにけなげにつくしている。幸江さんの不幸っぷりを、その周囲の登場人物を交えて、悲喜劇風に描いている作品。

 面白いのは4コママンガって一作一作が独立しているので、唐突に始まり、作品全体のオチってのがないものだけど、この『自虐の詩』は一貫したストーリーがあって、最後に、ちょっぴり感動的なオチがあるということ。

 何せコピーが「日本一泣ける4コママンガ!」だものね。

 映画も見てみたいと思った。しかし、中谷美紀は『嫌われ松子』以来、幸薄き女役がはまってしまっているような・・・。


 「今日の名言」-結局「幸不幸」って結局こういうことかな-

 幸や不幸は
 もういい

 どちらにも等しく
 価値がある。

 人生には
 明らかに
 意味がある。 


 うむ、どんな意味があるのか分からないが、ボクの人生にも意味はあるのだらう。

 お休みなさい。
10月29 日(月)ホームビデオ記念日 休職272日 晴天。東京は夏日だったらしい。

無事、千葉より戻ってまいりました。千葉はボクが行った成果、なぜか台風ずっと、建物の中で、某講習を受けているだけなので、被害はありませんでしたが、やっぱりずぶ濡れになっちまいやした。
 教訓「台風に折り畳み傘はまるで意味がない

 
tama
何の色を塗ろうかなアフィリ初心者は好きなように色づけよう

 帰ってきてすぐなので、今日も日記だけで、ご勘弁。

 3日間の詳細は書きませんが、
 やりきったという自信と、
 「でも、やっぱりまだダメだ」という思いが半々

 3日間の間は、
 昼間は元気なのですが、
 夜は眠れなくて困りました。
 薬もあまり効かなくて・・・。

 それでも、
 「一日くらい寝なくても平気」とか、
 「今日の不眠は明日克服できる」とか、
 考えるようにして過ごしました。

 最終日は、
 その睡眠不足を取り返すが如く、
 快眠

 すごく気持ちよかったです。
 帰りの電車でも熟睡。

 時間がなくて、
 どこも見学できなかったのには、
 不満が残ったけど・・・

 あっ、でも、ホテルで
 『北村西望』の彫刻を発見。
 本物かどうかは不明ですが

 季節はずれの台風で濡れねずみ
 という緊急事態もありました。

 さて、
 そろそろ、職場と、
 試験出勤の件を話し合いたいと思います。
 無理をせずに始めます。

 年内は週3日、半日くらいかな。
 賃金も交通費もでないだろうから。

 コメントをくれた皆様、ありがとうございます。
 レスを書きました。
 時間があれば見てください。

 
では、おやすみなさい。
関連記事
きょうは、原作に死亡するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「comomo」が書きました。
10月24日(水)国連デー 休職269日 晴天

明日からちょっくら千葉方面へ四日ほど遠出をします。休職してから初の遠出になります。これをクリアーすれば、後は、こまごましたことはあるけど、試験出勤に備えるだけです。準備があるので、今日は日記だけにします。

 
tama
雨の後には虹がでるさアフィリ初心者は虹の橋を渡れ

 朝6時に目覚める。
 9時に起床し、『市民大学』へ、
 お出かけ。

 今日から「性格心理学」
 興味深い話だったけど、
 後半に急な眠気が
 意識が飛びましたー!

 薬を飲むと、これだから嫌です
 でも、飲まないわけには行きませんが・・・。

 昼食は、『田沼』だか『沼田』だか忘れたけど、
 とにかく料理屋さんで「金目の煮付け」を食べました。
 久しぶりのお魚の煮付けで、おいしかったです。
 漬物も良かったし、味噌汁はアサリ。

 そして、図書館分館でお勉強。

 四時過ぎにジムへ行って、
 着替えようとしたら目が点に

 な、な、なんと、靴と入浴セットは入っているのに、
 肝心のトレーニングウェアを忘れ・・・

 サウナだけ入って帰っちゃいました

 夕食は『ガスト』で「ハンバーグ・エビフライ」セット。

 家に帰り、テレビで『相棒』をほぼ初めて見たが、
 「裁判員制度」を扱っていて、
 結構、おもしろかった。

 今は、『働きマン』を見ている。
 何か「もこみち」が殴られてた

 では、四日後に・・・また

奇談

10月23日(火)電信電話記念日 休職268日 晴れるや

少しずつ、生活リズムを取り戻してきたような気がします。6時起床はまだできないですが・・・。

 
tama
さあ、この帽子から何かでますよ~アフィリ初心者はハッと


朝6時。
 目覚ましとほぼ同時に起きるが、
 立ち上がろうという気持ちまでは行かない。

 でも、今日は9時に起きて、
 ルーティンワークを済ます。

 昼はお弁当屋さんの「シャケ弁」
 久しぶりに食べるとおいしいな。

 午後はお家でお勉強し、
 「香典返し」の品物を送り、
 『ケンタッキー』の「特盛り」を買い、
 夕食とする。

 資源ゴミ・・・
 新聞がたまっていたのを、
 がんばって一気に出す。
 5束・・・
 9月から出してない

 でも、少しずつ、家を元の通りに戻したいと思う。
 できれば、あの神経質くらいのキレイな部屋に・・・。

 ボクの人生を振り返ると、
 部屋のキレイな時期と、とんでもなく汚い時期と
 交互に来るみたい。
 最近は後述の方。
 見るだけで、途方にくれるくらい荒れている。
 部屋は心を表す・・・ていうけど

 今日は映画奇談』を紹介する。

 
tama
明日の色は何色かなラッキーカラーで登録しよう

 奇談

 原作は漫画家「諸星大二郎」の『生命の樹』(『汝、神となれ鬼となれ』)
 このブログでも『妖怪ハンター』として紹介している。
 カルト的人気を誇るマンガであり、映像化不可能と言われた作品である。
 実際はそれほどでもないが・・・。

 しかし、込められている謎は壮大。どうして、こんなこと発想できるのかと思う。ただ、映像よりも、マンガの方が、その点は伝わりやすい。

 7歳の時、2ヶ月間「神隠し」になった少女「サトミ」が、自分が「穴」や「暗闇」に恐怖を感じることから、カウンセラーにかかり、少しずつ、昔の記憶を思い出す。

 それは、「隠れキリシタンの里」の東北の山村「渡戸村」のさらに奥にある「ハナレ」と呼ばれる村八分扱いをされている場所と関係があることに気づき、記憶を取り戻す旅へと出る。
 
 「隠れキリシタン」は、秀吉の時代に禁令が出されて以来、権力に隠れてカトリックの信仰を守り続けた人々であり、その教えは長い年月の間に、仏教・神道・土俗信仰と融合を起こして、一種独特の信仰形態を持っている。

 さて、これはいったい何を意味しているのか・・・
 「ハナレ」には、『世界最初の咎(とが=罪)の始まり」と称する、聖書の変形が口伝されている。それによると、「ハナレ」のものは「ジュスヘルの子ども」とされているらしい。


 これはいったい何を意味するのか・・・?


 さらに聖書より世界の古い神話に普遍的に見られる「生命の樹」や「知恵の樹」がからまり、最後に、そんな無理矢理なものを一つにつなげる想像力には感嘆する。

 こういう民俗的なもの、宗教的なもの、古代史等に関心がある人には面白いと思う。基礎知識が必要な映画で、非常にめんどくさい・・・が、原作は傑作である。

 ちなみに「稗田礼二郎」は「阿部寛」が演じている。大きな目がめがねで余計大きく見える。


 「今日の名言」-実は昔、うちわではやりました・・・-

 「みんなパライソさ行くだー。オラと一緒にパライソさ行くんだー!」

 「主よ。私たちはこのように生まれ、老いや病や悩みを抱え、苦しみながらも、それと戦い、いつの日か主の身元に参られるよう必死で生きています。
 私たちは死を恐れません。
 しかし、あの子たちは違います。まだあの子たちは皆、まだ幼く、まだ十分に生きていないのです。
 どうか、どうか、あの子たちを連れて行かせないで下さい。お願いいたします。
 アーメン」

 「それはすべての罪が光となって行くようでした」


 そう言えば、青森には「戸来村」というのがあって、古いユダヤの風習や、キリストの墓まであるらしい。一度、行ってみたいと思うのですが・・・。

 明日から、また『市民大学』が始まります。今度は性格心理学です
 楽しみです。

 お休みなさい。
10月22日(月)絹婚記念日 休職267日 晴れ晴れ

父の見舞いにやっと行きました。法事の報告をして、インフルエンザの承諾書を出しました。毎日、いろいろあります

 
tama
日本の夜明けであるアフィリ初心者はピカピカッと

 2週間、何も食べられず、水だけで過ごした派遣の若者の話を聞きました。非正規の若者は、未来に希望が持てず、自暴自棄になっている人も多いんです。
 その一方で、政府はもうかっている大企業には減税する。アメリカ軍には「思いやり予算」という名で税金を使う。
 こんな不公平がありますか。日本の若者は、食べるものもない、ネットカフェ難民のように住む家もない。生存がおびやかされているんです。
 税金はもうけている大企業からとる。税金を、使う必要のないアメリカ軍に使わない。若者がまともな仕事につけるようなことに税金を使ってほしい。これは政治の責任だと思うんです。
                                               雨宮処凛

                              「しんぶん赤旗日曜版 10月14日版」 

 

 「この国のご都合主義な真実」

☆空前の利益をあげているのに大企業と大資産家に合計7兆円もの大減税
☆在日米軍への「思いやり予算」(29年間で5兆円)-07年度は2173億円
 来年度は100億円減額
 →在日米軍基地に勤める日本人従業員の給与・手当ての削減で捻出。
 →グァムの基地建設のため7千億円、米軍再編に3兆円が使われようとしている。
☆防衛予算4兆8千億円→F22型戦闘機一機200億円
☆政党助成金170億円を抜け道貯金
 →06年の助成金総額は317億円。補助金は余ったら国へ返還するのは法律で決まっているが、共産党を除く各政党は「基金」という抜け道を使って選挙のために蓄えている。

☆サラリーマンの平均給与は9年連続減
 →年収200万以下1千万人、働いても生活保護水準以下450万世帯

☆社会保障抑制路線で、既に年間1兆4千億円が削減
 →国保料滞納世帯480万(加入世帯の2割)、保険証の取り下げ、生活保護も抑圧

☆「自立支援法」施行で障害者の作業所利用に一割の応益負担
 →働きに出ているのに月1万円の負担増。利用者減、作業所も減収。

☆「後期高齢者医療制度」で来年から高齢者の保険料、月平均6200円負担増
 →滞納すると高齢者でも保険証取り上げ。医療は別建て、年金から天引き。

☆介護保険制度改悪で事業報酬引き下げ、サービス利用制限
 →介護福祉士の資格を取っても月収13万円。昇給・賞与・残業代なし。

☆母子家庭の児童扶養手当、来年4月より最大半分まで減らす
 →就業支援があっても、母に訓練の余裕なし。現実離れした施策。

☆妊婦検診を受けず「飛び込み出産」年間で100件を越える勢い
 →事前検診だけで10万円前後の出費が払えず。出産翌日に退院のケースも。

☆食料自給率は低いのに米の生産価格は暴落
 →一俵5千円の値下がり分だけで1年間の生活費が消える。
 →米農家の家族労働報酬は1日あたり2046円。時給にすると256円。

☆派遣労働法で苦しんでいるのは派遣労働者だけではない
 →派遣を手配する正社員は終電帰宅、午前6時出社で手配。
 →ある正社員は睡眠も食事も取れず、半年間で20キロ近くやせた。


☆平均寿命では世界有数だが、乳幼児の死亡率・年間の自殺者は先進国で有数。
 →乳幼児の死亡率10万人あたり33人。他の先進国より3割高。アメリカに次ぐ2位
 →自殺者年間3万人。ロシアに次いで2位。



☆日本全体の債務(借入金・政府短期証券を含む)
  約1093兆1612億円・・・今も増加中
  1人あたり約855万9000円の借金・・・今も増加中


                  ※参考文献「朝日新聞」「読売新聞」「新聞赤旗」他

 誰かボクにノーベル平和賞をくれー!

  
tama
☆に願いを登録すれば願いがかなうかも

 今日の日記

 朝6時目覚め、
 9時に起床。
 少しずつ調子が上がってきた気がする。

 昼までルーティンワークをやり、
 昼は『そばっ子』で「そばっ子セット」
 そばでシャケおにぎり。

 午後は父の見舞い。
 寒くなってきたのでチョッキを持って行き、
 法事の連絡。

 「インフルエンザの予防注射」と、
 「医療方針」みたいな書類にサインして提出。

 夕食は『上海亭』で「サンマーメンとギョーザ」

 夜はブログを書いていたら、
 案外時間がかかり、
 TVは『ガリレオ』くらいしかまじめに見なかった。

 明日は香典返しを贈る予定。

 また6時起床。6時50分駅まで外出を目指す。

 お休みなさい。




関連記事
 『おもひでぽろぽろ』の主題歌「愛は花、君はその種子」の原詩

THE ROSE


SOME SAY LOVE  IT IS A RIVER
THAT DROWNS THE TENDER REED

SOME SAY LOVE  IT IS A RAZOR
THAT LEAVES YOU SOUL TO BLEED

SOME SAY LOVE  IT IS A HUNGER
AN ENDLRESS ACHING NEED

I SAY LOVE  IT IS A FLOWER
AND YOU IT'S ONLY SEED


IT'S THE HEART  AFRAID OF BREAKING
THAT NEVER LEARNS TO DANCE

IT'S THE DREAM  AFRAID OF WAKING'
THAT NEVER TAKES THE CHANCES

IT'S THE ONE  WHO WON'T BE TAKEN
WHO CAN NOT SEEM TO GIVE

AND THE SOUL  AFRAID OF DYIN'
THAT NEVER LEARNS TO LIVE


WHEN THE NIGHT  HAS BEEN TOO LONELY
AND THE ROAD HAS BEEN TOO LONG

AND YOU THINK  THAT LOVE IN ONLY
FOR THE LUCKY AND THE STRONG

JUST REMEMBER  IN THE WINTER
FAR BENEATHE THE BITTER SNOWS

LIES THE SEED  THAT WITH THE SUN'S LOVE
IN THE SPRING BECOMES THE ROSE

とりあえずここに保存してみた。
関連記事
10月21日(日)あかりの日 休職266日 雲一つない快晴ー!

やっと一息ついています。今月はもうバテバテですが、あと一山あるので、気を抜かずに過ごしたいです

 
tama
季節はずれの風鈴がアフィリ初心者はチリーンっと

 昨日の話。
 法事は時間通り、
 滞りなく済みました

 ボクと兄と弟と母方の長男ご夫妻の5人の
 質素な七回忌でした。

 本堂でなむなむもごもごと読経を唱和して、
 卒塔婆を供えてお墓にお参りして終了です。

 たったそれだけなのに、
 ずいぶん疲れました

 そのあと、喫茶店で兄弟とぽつぽつお話をして解散。

 ボクは予約してなかったけど、
 強引にクリニックへ行って、
 無理矢理、受診
 近況報告&薬をもらいました。

 今日は6時に目覚めましたが、
 昼までベッドでうだうだと・・・。

 声楽のレッスンが中止になったので、
 洗濯をしました。

 昼は『マルコ』で「肉団子と野菜のトマトソーススパランチ」
 12時だともういっぱいで入れません。
 やっぱりおいしからだと思います。
 前菜の鶏とスパの肉団子が特に気に入りました

 夜は『末広』で「かたやきそば」

 今日は、読書ホームレス中学生』を紹介します。

  
tama
☆に願いを登録すれば願いがかなうかも

ホームレス中学生』(田村裕

 漫才コンビ「麒麟」の田村(あの低い声じゃない方)が自身の青少年時代を書いた自叙伝的エッセイ。今、結構売れてるらしいし、「麒麟」の漫才やトークで聞いたことある方も多いはず。

 中学校の二年生の夏、家を差し押さえられた父親から、突然「解散!」(笑)と言い放たれた田村少年。彼が仕方なく公園の型の滑り台で一月弱を過ごしたことが、題名の由来。

 さすがに不十分とはいえ、豊かな日本。ストリートチルドレンはほぼいない。逆に、そんな豊かな中のホームレス生活だから、仰天というか、切ないというか・・・。

 しかし、本人にみじめさは微塵も感じられない。おそらくは、そのときはひどく辛かったのだろうと思うけれど・・・。

 子どもたちに「うんこのお化け」と言われて石を投げられ、ひもじさに草を食べ、ハトのえさのパンの耳を分けてもらい、ふりかけで喧嘩し・・・

 ボクの家もかなり貧乏だったので、自分の姿と重ね合わせて、ちと辛い部分もあった。
しかし、何と言っても、周囲の人たちの「何でこんなに人がいいの?」という優しさ、弟を思う兄姉の姿。そして、何と言っても、田村少年の純粋さに心打たれる。

 とくに亡くなった母親についての切々たる思いは胸をうち涙が出る。

 決して長くなく、文章は決してうまくはないが、読みやすい。どこかで見かけたら読んで見て下さい。上で書かれているエピソード以外にも笑って泣けるエピソードがいっぱいあります。


 「今日の名言」-あのアンパンマンの・・・-

 やなせたかしのキャッチコピー

 「人々にパンを与えたアンパンマン、ハトからパンを奪った田村くん。どちらの話も、みんなに生きる勇気を与えてくれる。」

 母親が病床にて

 毎晩うなされて言う内容は一緒で、僕達兄弟の名前を何回も何回も読んでは謝るらしかった。
 「けんちゃん・・・さっちゃん・・・ひろ君・・・ごめんなあ・・・ごめんなあ・・・」
 それを毎晩、毎晩、何回も何回も言い続けた。
 
 寝ている時まで僕達の心配をしている。

 その話を看護婦さんから聞いた僕達は母さんに、
「僕らは大丈夫やから、早く元気になってや!早く退院して家に帰ってきて!」と言った。

 お母さんはすっかり弱った細い声で、
「ありがとう、ありがとう・・・」と繰り返した。


 さすがに母の七回忌と重なって泣かされてしまいました

 明日は父の見舞いへ行きます。

 おやすみなさい。

なので、別項をあげて書く。法事の前々日に見た

 夜、墓参りをしている。
 墓は二つ並んでいて、両方とも傾きかけている。
 なぜか、それは石ではなく、
 複数の木でできており、
 その両方ともを建て直し、土を盛り、ひもでくくる。
 真ん中に祭壇のようなものがあり、
 それは神道の祠のように見えた。
 墓の左側は竹林。その向こうに川が見える。

 そこにお坊さんが通りかかる。
 挨拶をするが、無視される。
 ボクはそれを「無言の行」だと思う。

 寺の本堂からは「デンゴン」だか「シンゴン」だかの言葉が、
 繰り返し聞こえる。

 そこに親族(たぶん兄)が昔のタクシーのような車でかけつける。
 ボクはなぜか、「いつも良いところを持っていかれると思う。」

 久しぶりのの記録。みたままを記録するのは、これが、なかなか難しい。
10月20日(土) 休職265日 曇りのち晴れ

予想通りというか予想以上に疲れました。朝から鬱々して、やっぱりまだ回復していないことを実感。ですので、今日はブログをお休みします。今日の出来事は明日紹介しまふ

 
tama
季節はずれの花火ですアフィリ初心者はバチバチッと

10月19日(金)海外旅行の日 休職264日 晴れのち夜に雨

風邪薬を飲んで多少楽になりましたが、お腹にも来たみたい。コンディションは最悪

 
tama
季節はずれの花火ですアフィリ初心者はバチバチッと

 朝、悶々として、
 なかなか起き上がれず。
 うつだか風邪だか分からない。
 とにかくだるい。

 風邪薬を飲んで、
 本を読んで過ごす。
 今日も予定があるのだが・・・。

 昼ごろ、チャイム
 郵便屋さんが来る。
 書留を持ってきてくれたかと思って、
 急いで飛び起きる。
 なくしたカードの書留だった

 でも、それで気がついた。
 「再配送」のシステムを使えばよいのではないか
 早速、電話して午後の配送を頼んだが、
 これで父のお見舞いはほぼ無理。
 最も風邪菌を病院に撒き散らすわけにもいかないが・・・。

 取りあえず、銀行へ行くついでに、
 『よこすか家』で昼食。
 久しぶりに『麺屋 利休』もいいかなと思ったが、
 閉まっている。
 ここはいつ開くのか・・・未だ不明。

 昼食は「牛丼ランチ」
 「牛丼&ギョーザ&お味噌汁&お漬物&ヨーグルト&アイスコーヒー」
 でワンコイン
 思わず「本当?」って聞いてしまった。
 とってもお得。
 だけど儲かっているのかな?
 ちょっぴり不思議。

 家でルーティンワークをやり、
 明日の法事の準備。
 父には、その報告がてら、見舞いに行くか。

 夜は静かにテレビをみる。
 『交渉人 真下正義』にするか『おもひでぽろぽろ』にするか、
 30分ほど悩むが、『おもひで』に決めた。
 紹介は書きません。

 今日は映画犬神家の一族』です。

  
tama
トリックオアトリート登録しないとイタズラしちゃうよ

 犬神家の一族』平成版

 信州の大富豪「犬神佐兵衛」が生前残しておいた遺言を巡り、「佐兵衛」が別々の女に産ませた三人の娘たちの確執が生む連続殺人事件。

 名探偵「金田一耕介」が登場する、横溝正史の推理小説シリーズの一編。昭和の時代、角川映画とタッグを組み大流行した人気シリーズで今も根強いファンがいる。

 ボクはこれの『八墓村』で推理小説のファンの道を歩むことになった、ある意味記念碑的な作品。

 当時の人気はたいしたもので、湖から足が二本見えてるシーンがショッキングだったので、その頃の子どもはプールへ行くと大概1回はまねしたはずだ
 良く考えれば、プールのあちこちでさかさまになっている子どもらがいるのは不思議な光景だったと思う
 「たたりじゃあ!」ってのもはやったな。(これは八墓村だった・・・)

 何度も映画化・テレビ化されている。今回は監督も市川昆、「金田一」役も石坂浩二と角川の前作と同じ監督、同じ主役でリメイクされている。
 これまでも、テレビでは古谷一行、稲垣吾朗などが「金田一」役を演じてきた。

 でも、映像的にはこれが一番綺麗かな。もともと市川監督の撮る作品は風景が綺麗だけど・・・。

 配役も豪華。松島菜々子をはじめとして、仲代達矢・中村敦夫・富士純子・松坂恵子・萬田久子・深田恭子・・・前作でも登場した加藤剛・草笛光子・大滝栄治に加え中村玉緒や林家菊翁まで出演している。「金田一」役の石坂浩二はハマリ役。ボクは一番好きだな。

 基本的にストーリーや演出に変化はない。よりリアルになっただけともいえる。
 知らない世代が見たら、もしかしたらボクみたいに、昭和の推理小説のファンになる人もいるかもね。


 「今日の名言」-あんまりなかったなー
 
 警部役、加藤剛の・・・知る人ぞ知る名言
  「よし、わかった!」

 金田一「あんなにキレイな人がウソなんかつきますかねえ。」
 警部 「君ね、世の中の人間は二種類しかないんだ。良い奴と悪い奴だ。」


 カネがかかるときれいな人もみにくくなってしまうこともあるんだねえ

 犬神憑きとか狐憑きとかに関係が深い「管狐」の絵らしきものが出てきたけど、良く確かめなかった。最初、何の絵かなと思ったんだけど・・・

 明日は法事です。
 きっと疲れると思います。でも、めげずにがんばります。

 お休みなさい。
関連記事
きょうmomo2006と、妖怪っぽい評定したかも。
それでおはぎは総合するつもりだった。
でも、練習したかもー。
だけど、きょうcomomoは、ぽんと心配サービスしたかもー。

*このエントリは、ブログペットの「comomo」が書きました。
関連記事
10月18日(木)統計の日 休職263日 晴れのやうだ。

風邪の諸症状は良くも悪くもならず・・・薬飲もうかどうか迷ってます

 
tama
新幹線ヒカリ号アフィリ初心者は「のぞみ」を込めてボチッと

 朝というよりも昼まで寝ていた。
 昨日から風邪らしき様子は少しも変わらない。
 薬を飲もうにも風邪薬がない。
 ちょっと凹む

 昼は昨日買い置きした調理パン。
 午後はルーティンワークをやりながら、
 これからのことをいろいろ考えてみる。

 まず、生活リズムを元にもどさねば・・・。
 少なくとも6時起床ができなければ、
 話にならないわなあ。

 クリニックにもいかなきゃ。

 全部、法事が済んでからだな。

 夕食をどうするか悩む。

 薬屋に寄ることを考えると、
 『Livin』がちょっと遠いけどベスト。
 熱もでてきたようなので、
 やはり薬を飲んで、
 早めに寝ることに決定。

 薬屋で風邪薬。
 本屋で『中学生ホームレス』を買い、
 『ガスト』で「チキンのディアボラ風』

 明日は、郵便局に寄り、銀行に寄り、病院に寄り・・・。
 ちょっと疲れそうだなあ

   
tama
花も嵐も踏み越えて嵐の海に飛び込むつもりでエイっと登録

 天国は待ってくれる

 築地市場を遊び場に育った幼馴染の「ヒロキ」「カオル」「タケシ」
 三人は「大人になってもずっと仲良しでいよう」という意味で「聖なる三角形」の契りをたてる。

 その約束どおりに仲良く大人になっていく三人だが、「タケシ」は市場に勤めているので、他の二人となかなか生活時間があわなくて疎外感を感じていた。

 そんなある日、「タケシ」は唐突に「カオル」にプロポーズをする。でも、「カオル」は何となく「ヒロキ」の方が好きそうで、「ヒロキ」も「カオル」のことが好きそうなんだけど、否定もできず、
「聖なる三角形」が「気まずい三角関係」になるかと思いきや、とんとん拍子に結婚は決まっていく・・・。

 ところが、そんな幸せ絶頂の「タケシ」が結婚式当日に車の事故で「植物状態」になってしまう。懸命な介護をし続ける二人と家族の姿。そして、3年目の春を迎えた時、奇跡は訪れる。

 ありがちなストーリーです。でも、見て悪い気はしません。むしろ3人がうらやましく感じました。大人になっても子どもみたいに仲良く過ごすこと。とても難しいです。


 「今日の名言」-なるようにしかならないというかなるべくしてなったというべきかー

 「聖なる三角形、ずっと一緒だよね、3人は。」

 「目を覚ますよ、タケシは。絶対、絶対、目を覚ます。オレには分かる。」

 「カオル・・・カオルは幸せでなきゃいけないんだよ。オレにカオルを幸せにさせて欲しい。オレと結婚してくれ。タケシが目覚めてくれるまで・・・それまでで良いんだ。」


 普通だったら、「ケッ」とか言っちゃいそうだけど、イノッチが本当に人がよさそうで憎めなかった。

 明日、明後日はとりあえずがんばります。

 お休みなさい。
 
関連記事
10月17日(水)貯蓄の日 休職262日 一日中、晴れだったらしい。

風邪の諸症状は相変わらずです。熱はやっぱり出ていないようですが・・・暇人とはいえ、まったくやることがないわけじゃないので困っています。

 
tama
愛とロマンの電車でござるアフィリ初心者の電車男さんは左をボチッとしてください。

 朝は6・10・12に分けて起きる。
 良く眠れた。
 早朝覚醒あり。

 12時で、とにかく「飯を」ということで、
 『上海亭』に行くが、
 法事の「花」を注文しに「花屋」に寄る。
 〆て7250円。普通ので7250円。
 高いのか安いのかボクには分からない。

 『上海亭』に行ったら、
 混んでいたので、別のところにしようと、
 思ったら、奥の個室みたいなところに入れてくれた。

 ちょっと気恥ずかしい感じがした・・・が、
 注文はいつもの通り、元気がでるかもしれない、
 『上海ラーメンライス』
 旨し。

 家に帰り、ルーティンワークをしたら、
 眠くなったので寝る。

 18時に起きて、夕食。
 『末広』で「かたやきそば」

 ファミマで買出しをしておく。
 弟に電話して、法事の用件を頼む。

 夜はテレビを見て過ごす。
 今日は、早く寝るつもり。

  
tama
初期消火が大事です登録も初期消火で行きましょう

『ぼく、オタリーマン』(よしたに

 これもブログで大ヒットした作品。一説に寄ると、1500万ヒットを達成したらしい。

 基本的に四こまマンガ・・・というよりは・・・1ページで1回分ってことかな。

 『オタリーマン』というのは、オタクなサラリーマンの造語で、担当さんがつけたらしい。
 まあ、会社にオタクがいたっておかしくはないが、会社にいるオタクの生態はかなり笑えるし、この本のコピーのように「予想外の、切なさです」

 まあ、おたくを前面にだしたものではなく、22歳・独身・SE・彼女なしの男がちょっぴりオタクっ気をふりまきながら、人と過ごしているような感じ。予想外のおもしろさであった。

 確かにブログサーフィンしてると、イラスト・マンガを載せているサイト多いものなあ。
そこからいくつも市場に送り出されている。電脳世界ですな。

 ちなみに44歳・独身・休職中・ちょっとオタク・彼女なしの人間はどんなマンガを書けばいいのだろう。・・・なんか、もっと切なくなってきた(笑) 


 「今日の名言」-ボクにはよ~く分かるぞー

セリフのみ

かわいい女の子「よしたにさ~ん。この通りやってもできません。」
よしたに     「あー、それ、バグ。そのintiってフラグを初期化して。」
かわいい女の子「なるほど~、やってみます!」
よしたに     「あ~い。」

・・・・・目はみない・・・・・ 


 ボクもかわいらしい女の子だと、何か照れくさくて、目をあわせないものなあ。
 何があるわけでもないのにねえ

  よしたにさんのブログ「ダンシング☆カンパニヰ」↓ 
http://dancom.jp/★現在はつながりにくいようです!
 Yahoo!オフィシャルブログ「エンジニア☆流星群@Tech総研」にて、『理系の人々』連載中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。