FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年2月22日(金) 休職384日 快晴。このまま行って欲しいな

出勤日。ちょっとがっかり

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 5時30分起床。
 メールチェック。
 朝の時間が有意義に使える。

 出勤して、
 上司と話しをする。

 「年度初めの復帰はムリじゃないか」と言われる。
 悪い意味ではないだろうし、
 ボクにも不安はある。

 でも、4月復帰を目途にがんばってきたんだけどなあ。
 ちょっと凹む。
 ネガティブハリケーン、ハリケーン

 先行きが分からないのが一番不安。
 お金の問題もあるし・・・ねえ。

 というわけで、
 帰ってから早速不貞寝をする。
 でも1時間で起きちゃった。
 損した気分

 それでも資料を一つ仕上げて送る。
 あと残り3つ。
 そのあとは、傷病手当の申請と確定申告2件。
 あ~あ。
 出るのはため息と金ばかりでげす。 
 
「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 今日は「」シリーズです。
 BlogRanking2←良かったら応援クリックお願いします!


 うつに負けない57の読む薬48』(斉藤茂太)

 『自殺を防ぐために家族が気をつけたいこと』

 うつ病の患者さんが自ら命を絶つのは、将来への絶望感が強くなるからです。自殺願望に駆られてもサインを出す人と出さない人がいますから、周囲は目を離さず、気になるときはすぐ医師に連絡しましょう。

★自殺をほのめかしたら具体的に話し合う
・人は希望がなくては生きていけない。うつ病の人は意欲減退や疲労感から、その希望を見出せなくなっている。
・共感をしつつ、そう考えるのは病気のせいだと認知を修正してあげる。
・「自殺だけはしないで」と何度も訴えて家族の切実な願いを伝えていく。


★自殺未遂をあなどらない
・「自殺未遂を繰り返す人はみせかけだから死なない」というのは間違い。
・自殺を試みた10人に1人は結局自ら命を絶っている。
・特に「経済苦や病苦」「死別や離別」「家族や友人がいない」人は危険性が高い。


★家族にできる自殺を防ぐ手立て
・共有空間も含めて、こまめにチェックし、遺書の有無の確認や睡眠薬・ナイフ・ロープ類があったら遠ざける。
・一階に寝かせ、誰かが隣の部屋に寝るようにする。
・家に一人残して外出しない。
・外出するときは誰かが付き添う。
・孤独にしない。着かず離れずの距離を保ち誰かがそばにいるようにする。
・抗うつ薬を飲み続ければ、かなりの確率で自殺を抑えられる。


 何だかどうでもいい気になってきた。

 明日は上司と医者との三者面談です。

 お休みなさい。

BlogRanking2←良かったら応援クリックお願いします!

スポンサーサイト



関連記事