FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
08年5月8日(木) 休職458日 さわやかな晴れ

プリンターが壊れた 普段は使わないけど、いざというときに無いと困るのだ

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

9条世界会議@2008.5 幕張メッセ
 無事終了したようですね。
 1回限りのイベントにしないように、
 9条の今後をみんなで考えていくことが大切だと思います。

「ミャンマー被災」 

 広大な緑の水田地帯が、褐色の泥沼に変わっている。

 東南アジアの最貧国ミャンマー(ビルマ)を、巨大サイクロンが襲った。イラワジ川が海に注ぐデルタ地帯が暴風雨と高波で大きな被害を受けた。

 死者2万2千人以上、行方不明者は4万1千人以上と国営ラジオは伝えている。国連も、家を失った被災者は100万近くにのぼるとみている。

 被災地の町ボガレイで取材したCNNテレビは、腐乱した死体を人々が川に投げ込んでいる様子を伝えている。人口約10万人のこの町だけで、1万人以上が死亡したという。最大都市ヤンゴンでも停電や断水が続き、水を求めて市民が長い行列を作っている。

 被災から何日もたっているのに、本格的な救援どころか、被害の全容はつかめていない。このままでは伝染病の発生や子どもたちの健康が心配だ。

 ところが、軍事政権の対応は鈍い

 -----攻略ーーーーー


      「朝日新聞」 5月8日 朝刊『人道援助に国を開け』より



 要は「軍事政権」の壁を開かないと、他国や国連やNGOは足止めを食らったままであるとのこと。人権問題で厳しく批判していたアメリカですら、支援を表明している。

 このままでは、2次災害の危険性が高い。いや、すでに始まっているだろう。

 一刻も速い対応が必要だ。災害には国境の壁はないと考えるべきだと思う。

 ちなみにわが国も様々な自然的社会的な要因により、

  国土の10%の洪水氾濫地区に、総人口の約50%が居住し、全資産の75%が集中 している。

 ひとたび、巨大な台風が襲ってきたら被害は甚大なものになるのである。

 ちなみに戦後最大の被害を与えた台風は、1959年の伊勢湾台風であり、死者は5千人にも昇っている。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 その台風が襲った名古屋市には、『くつ塚慰霊碑』と呼ばれるものがある。遺品としてのこされた靴の山から、そう呼ばれているそうだが、経過は以下の通りである。

 名古屋市南区の下村冨士子(しもむら・ふじこ)(88)はあの夜、夫栄完(えいかん)、15歳の一人息子真(まこと)と逃げた。濁流に襲われた3人は、道ばたの木にしがみついた。栄完が冨士子に言った。

 「母さんは泳げる。行け」

 冨士子は女学校時代、ベルリン五輪の金メダリスト前畑秀子(まえはた・ひでこ)に水泳部でしごかれた。「いやだ」「行け」と言い合いの末、泣きながら冨士子は離れた。だが、水中でもがく人に体をつかまれて気を失い、5時間後に救出される。

 翌日、冨士子は、避難所だった中学校で栄完をみつけた。

 「真ちゃんは?」

 「大波にさらわれてしまった」

 栄完は真の腕をきつく握っていた。だが、何度目かの大波で、真の腕がすーっと離れていった。

 夫婦は泣いた。冨士子は「3人で死ねばよかった」と思った。

 避難所の周辺だけで307人が亡くなり、近くに遺品の長靴の山ができた。栄完が、ベニヤ板に詩を書いて掲げた。

 「ここは冷い海でした/胸までつかる水の中/波のしぶきと吹く風に/よろめく足をふみしめて/たがいに励し助け合い/嵐の中に手をとって/頑張りつづけたところです」

 この詩が名古屋市長の小林橘川(こばやし・きっせん)を動かし、「くつ塚慰霊碑」ができる。夫婦はここで、体力が続いた94年まで慰霊祭を開き続けた。

 
                                「2007.7.asahi.com 」より

  
『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

 昨日も地震があった。自然との共生は本当に難しいと思う。
 時々は、やはり過去と現在の災害について考えるのもムダではない。

 ちょうど今、テレビのニュースでミャンマーのことを言っていた。
 死者は何と10万人!
 半端な災害ではないなあ。

 とはいえ、ボクも何にも準備してない。
 しなきゃなという思いと、今はそれどころではないという思いが
 錯綜している。

 でも、「天災は忘れた頃にやって来る」という先人の知恵があるので、
 少しずつでもやっておこう。
 せっかく「防災士」なんて資格も取ったのだから・・・。

 今日はここまで、お休みなさい。


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


関連記事
momo2006は、賛成したよ♪

*このエントリは、ブログペットの「comomo」が書きました。
関連記事
08年5月5日(月) 休職454日 曇り、時々雨

毎日がGW

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

9条世界会議@2008.5 幕張メッセ
  前回、ご紹介した『世界9条会議』
  予想を大きく上回る人々が集結した模様です。
  ちいさな平和の願いがさらに大きな動きはとつながることを期待します。

 「守ろう9条 会場外も人・人・人」

 作家の井上ひさしさんらが呼びかけ人となった「9条世界会議」が4日、千葉市の幕張メッセで始まった。憲法9条の意義や核兵器撤廃などについて議論する。

 9条を守ろうという論旨に賛同する市民らが主催者の予想を超えて集まり、主催者によると、3千人以上が会場に入りきれない事態になった。
 
 この日は海外ゲストの発言が相次いだ。ノーベル平和賞を受賞した北アイルランドのマイレッド・マグワイアさんは「9条を放棄しようとする動きが日本にあることを憂慮している」と述べた。

 約1万2千人が入れる会場からあふれた人たちは近くの広場で、集会を開いた。

 会議は5日に分科会などを開き、6日に閉会する。 

                    「朝日新聞」5月5日朝刊より



 ボクのブログがリンクしている「お玉おばさんでもわかる政治の話」の筆者、「お玉」さんも会場には入れなかったらしい。詳しくは上をクリック。

 4月に行われた読売新聞の世論調査でも、

  9条改正に賛成 42.5%
  9条改正に反対 43.1%


 と15年ぶりに9条護憲がわずかに上回った。完全なる草の根の成果だが、安心はしていられない。
 次の矢を放たなければならない。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 憲法9条を守り、生かす活動を進めている地域や職場、分野別の9条の会」が全国で約7千を超えました。

 4月25日に記者会見した小森陽一東京大学教授は、「草の根からの運動を4年近く続けてきたことが『読売』調査でも改憲反対が多数派になった世論の形成に大きな役割を果たしている。この草の根の活動をいっそう広げたい」と語りました。

           『しんぶん赤旗』日曜版 5月4日


 しかし、この「9条の会」は、今までマスコミに積極的に取り上げられたことは少ない。
発起人の一人、作家の澤地久江さんは、それを「犯罪行為」とまで言い切っている。

 確かに、ボクも、今までのマスコミの態度には不信感を募らせていた。
 だからこそ身近に「9条の会」を知らない人は、ぜひ下のバナーをクリックして欲しい。

9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 さて、ボクの方であるが、
 まるで爬虫類の如く、天候により体調が変動している。

 もともと、この時期はボクの鬼門で、
 毎年、恒例のごとく「喘息」に悩まされていた。

 しかし、休職してからの発作は軽いものが1~2回あっただけ。

 やっぱり心身症だったのかな・・・。

 でも体調は波がある。

 これは何とかしたいものだなあ。

 お休みなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


関連記事

08年5月2日(金) 休職451日 曇り、午後からぽつぽち雨が・・・

雨だとやっぱり身体が重い。寝て過ごす。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

9条世界会議@2008.5 幕張メッセ
  昨日もお知らせしましたが、あさって5月4日(日)から。
  「幕張」にて『9条世界会議』が行われます。
  ボクも参加した「ピースウォーク」もここを目指して広島から歩き続けました。

 「世界は9条をえらび始めた」

 「何を目指しているか」
 日本の9条は、日本だけではなく、世界の平和を作り出すための鍵になります。

 軍事費を減らして貧困をなくすこと、武器や基地をなくして地球環境を守ること、アジアに地域平和メカニズムを作ること、一人ひとりの人間の安全が守られる持続可能な社会をつくること・・・9条はそういった可能性を持っています。

 「9条世界会議」は、日本の私たちが、9条のもつ価値を再発見し9条をもう一度選び取るチャンスになります。「9条世界会議」はまた、「武力によらない平和」という考え方を世界の常識にするための地球的ムーブメントを起こす場になります。

                 「9条世界会議パンフレット」より抜粋 


BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

 

『世界の流れと世界から寄せられた声』

 「各国議会は、日本の憲法9条のような戦争を禁止する決議を採択すべきである
                                (ハーグ平和会議 1999年)
 「日本国憲法9条は、アジア太平洋地域全体の集団安全保障の土台となってきた
                       (戦争予防国連会議<GPPAC> 2005年)
 「各国政府は、日本の9条のように、憲法により戦争を放棄すべきである
                      (バンクーバー世界平和フォーラム 2006年)

 「9条は、アジア太平洋に暮らす人々にとっての共有財産です」
                            (ジニー・マニポン フィリピン NGO)
 「かつての侵略の反省から作られた日本の9条をなくすことに賛成できません」
                               (シム・ヨンヒ 韓国 大学教授)
 「9条は、武器や紛争に苦しむアフリカにこそ必要だと思います」
                          (モト・ジュリアス ウガンダ 経済学者)
 「私の国は軍隊をなくしました。平和憲法は、平和な社会を作り上げていくための手段です」
                            (ロベルト・サモラ コスタリカ 学生)
 「すべての国の憲法が9条をもつべきです。今こそ戦争を廃絶するときです」
                          (コーラ・ワイズ アメリカ 平和活動家)


 ちなみに、今回の「9条世界会議」の基調講演は、

  マイレッド・マグワイア(北アイルランド 1976年ノーベル平和法賞)
  コーラ・ワイス(アメリカ ハーグ平和アピール代表)
 となっています。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 珍しく朝早く起きる。
 でも、身体が重い。

 案の定、雨の降る様子だ。

 ルーティンワークだけすませ、
 二度寝に入るが眠れない。

 途中で電話がかかってきたり、
 メールが入ったりで、
 うとうとしたと思ったら起こされる

 結果的には、予定通り、銀行まわりはできたのだが・・・

 ああ、「傷病手当」が待ち遠しい。
 明日は実家へ行きます。

 おやすみなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

08年5月1日(木) 休職450日 晴れ、午後から曇り。暖かい

なんだか少しずつ集中力が戻ってきたような気がする。それでも2~3時間が限度だけど・・・

 少しずつ起きる時間が遅くなっている。
 眠れないよりはずっといいけど・・・。

 6時に目覚ましを合わせているが、
 音を聞いたためしがない。

 できれば早起きしたいんだけどなあ。
 時間がもったいない気がする。
 これでもやることは一杯あるんだ。
 (あるようにしてるんだけど

 午前中にPC。
 午後は図書館。

 GWは図書館が休みなので、
 どうしようか思案している。
 歩いていけるタダで時間を潰せる場所はないだろうか?

 そんなこんなの一日です。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 マンガ『からまん』(唐沢なをき
からまん

先日、「LIVIN」へ行ったら、たまたま、「古書展」(というよりは古本展)をやっていて、たまたま105円本で買ったもの。
 作者の「唐沢なをき」は、あのトリビアの元祖・・・って言っていいかな
 あの「唐沢俊一」である。二人の共著もいくつかある。

 ←絵はこんな感じなのだが、結構、毒を含む作風。

 メジャーとは言えないが、マイナーでもない。結構根強いファンがいるようだ。


 ボクはそんなに熱心とは言えないが、気になる漫画家の一人である。

 今回もそんな感じで買ってみたのだが、これがなかなかの珍品

 説明しずらいのだが、例えば、天然記念物であった「トキ」を主人公とする「トキ課長」シリーズ。
自分が天然記念物であることを盾にして、傲慢無礼の数々。最後は毎回、死んじゃったり、殺されちゃったりするんだけど、次の回ではまた生き返っていて、同じような展開を繰り返す。

 「動物愛護団体」が目をむきそうな作品だが、これが結構人気があったらしい。

 あと、シリーズ物のタイトルでいうと普通の高校生なのだが、正体は見世物小屋の「蛇女」である「ひみつのしずかちゃん」とか、生首3人が漫才風な会話を繰り返す「打ち首くん」とか、でぶであることに劣等感を異常に感じている「旗本ダイエット侍」とか・・・トホホである

 トホホで下品で変態っぽいが妙にはまるし、不快感がボクにはない。
 まあ、本当に珍品なのだろう。「楽天」にも「本人の公式サイト」にもなかった。
 ただ、本人の公式サイトが「からまん」と名づけられていることから結構愛着のあったものかもしれない。

 もともとマンガ版画・・・じゃなくて版画でマンガを作ったりした人で、この本でも、ご飯の上に海苔で絵を描いてマンガにしたり、実の母親と共作したり・・・結構、前衛的な作風ではある。

 本人の公式サイトは、ここをクリックしてください。→『からまん』 リンクつなげてます。

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 まじめな話も一つ。5月4日~5月6日、『幕張メッセ』にて『9条世界会議』(←クリック)が行われます。

 戦争の放棄と軍隊の不保持をうたった日本の憲法9条は、アジア・太平洋戦争の惨害と反省の上に立って、世界に対する「不戦の誓い」として生まれました。そして60年にわたって、日本とアジアの人々の信頼関係の基礎となってきました。

 いま世界では、暴力と戦争の連鎖が続いています。イラク情勢は泥沼化し、中東は大きな危機を抱えています。また、朝鮮半島の核問題で、東アジアは新たな軍拡競争にさしかかっています。

 そんな中、日本の9条は、平和をめざし活動する世界の多くの市民に勇気を与える存在です。

 日本国内で「改憲論」が高まる今だからこそ、世界の共有財産としての9条の価値を、世界の人々と共に見つめなおしたいと思います。

                              『9条世界会議 パンフレット』より


 御用とご都合がつく方はぜひ、ご参加を! 近くの方はぜひ参加を!
BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

「今日の名言」-これじゃ、つたわらないよなあー

 青沼しずか(15)はごくフツーのコギャルである。
 ごくフツーの家庭に育ち、ごくフツーの学校に通い、
 ごくフツーに勉強して、ごくフツーに遊び、ごくフツーに恋もする。
 でもただひとつ彼女にはフツーじゃない顔があったのだ。

 「あれーしずかー今日は渋谷寄らないのー」
 「ゴメーン、今日ちょっとバイトー」


 実は彼女は見世物小屋の日本アルプスで拾われた「蛇女」のバイトをしているのだった。
 生きている蛇を食い、食いちぎった頭を客席に放り投げ、鼻の頭に差し込んだ蛇を口から出す。

 「蛇女の道は深く、果てしない!
  がんばれ見世物少女青沼しずか!!
  日本一の蛇女を目指せ!!」


 なんだかなあ・・・である。

 明日は銀行回り。支払いを済ます予定です。
 
 お休みなさい。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!