普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年3月21日(水)国際人種差別撤廃の日 休職58日目 晴れ 暖かい

 今日は起きるのが遅かった。
 調子は決して悪くない。
 でも11時までベッドの中。

 起きてすぐにメールチェック。
 昼は『そばっ子』で、
 「そばっこセット」
 おにぎりは鮭。服

 12時過ぎから掃除の続き、
 ちょっと中途半端な感じだが、
 とりあえずセッティング終了。
 同僚が来るのを待つ。

 「遅れる」と℡があったので、
 ついでに『モンドール』で、
 プリンを買う。
 お茶も買う。

 2時過ぎに来訪。
 職場の話とボクの近況を
 話する。
 職場会の積み立てが、
 けっこう残っていた。
 お土産ももらう。

 同僚が帰ってから、
 レキソタンを飲み、
 モーツァルトを聞きながら、
 リラクゼーション・タイム。

 起きてから夕
 『よこすか家』で「カツ丼」

 明日は『麺屋利休』が、
 オープンなので、
 早速行ってみようと思う。
 
 今日は9時から、『子ぎつねヘレン』をやっていたので、その感想を書く。

 『子ぎつねヘレン

 原作は『子ぎつねヘレンが残したもの』(竹田津 実)という実話。

 奔放な写真家を母に持つ、太一は、母が南の島へ撮影に行くため、母の恋人の北海道の獣医師のもとに預けられる。

 なかなか周囲になじめない太一が、ある日、一匹の子ぎつねを拾う。
 しかし、その子ぎつねは、目も鼻も耳も機能しない、ヘレンケラー状態。だから名前はヘレン。太一はヘレンのサリヴァン先生になろうと一生懸命にヘレンを育てようとする。
 子どもと動物の心の交流を描く感動作。

 いや~、やっぱり「子どもと動物」ものにはよわいですね、ボクは。
これも、やっぱり泣けてしょうがなかった。特に、太一がサリヴァン先生から一歩進んで「ヘレンの母さんになる!」っていうところなんか、だめですわ。ヘレンも、数々の奇跡を起こしながら、太一くんだけは分かるようになっていくんですね。

 実は、これビデオ屋で何度も借りようと思いつつも見逃してきた作品です。テレビでやってもらってよかった。

 北きつねと言えば、大昔に『キタキツネ物語』っていう動物映画の傑作がありましたね。あの子離れのシーンなんかも見事に泣けてしまうのですが・・・。

 さて、今日はTVで見たので、名言を引用するにも、多分にあいまいなものがあるだろうけど、ご容赦願いたい。


 今日の名言

 ヘレンの姿を一心不乱に写真に残す太一の独白

「母さんの気持ちが少し分かった気がする。ヘレンが教えてくれたんだ。僕の生きている世界には、残して置きたいものがあるということを・・・」
 
 ヘレンを最後まで精一杯面倒を見た太一を見た獣医師と母の会話

「あの子に思い出させてもらったよ。どんな生命も精一杯生きているということを・・・」
「ヘレンは太一に育ててもらったけど、太一もヘレンの育ててもらっていたんだ。」


 今日もなんとか良い眠りにつくことができそうだな。明日は、これからの休職期間をどう過ごすか。のんびり考えることにしよう。
何か良いアイディアがあったら、教えて下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
只今帰宅
秋川雅史さんの金沢公演に名古屋から 岐阜2箇所で同級生2人ピックアップ
お昼前には到着 「近江町市場」では海鮮物で満足
「21世紀美術館」で腹こなしの鑑賞 不思議な空間 期待が大きかったかも・・

二人は待ちに待った秋川さんの初コンサート 19時開演
すっかり秋川さんのテノールとトーク笑顔に魅了され握手会でピーク「秋川さんの口から聞いた秋に名古屋公演決定ですって」
知ってまんがナ「あら~良い事聞いたわね でも私は昨日聞いた」と先輩風

バラを娘に男女父娘の気持ちでお聴き下さいのトークから始まった「バラが咲いた」 ジーンと来ます

アンケート記入中聞くとも無く聞こえた会話
20代前半の男の子がお連れの子に「あの声で聴いたらこんな俺でも瞼が熱くなりヤバかった」
これを聞いた我らがおばさん世代鼻の奥がツーン
世代問わず心が温まった秋川さんの金沢公演で元気を頂きおばさん世代の午前様の帰宅と相成りました
2日間で1000キロ走破でした~~
気の合うお友達との交流と他愛の無い会話が元気くれまっせ~~^^
2007/03/23(金) 02:48 | URL | ピッコロ #-[ 編集]
世代を超えた歌声
 今は、「世代を超えた歌がない」って言われてから久しいですが、最近はカラオケ等でも、昔の歌を若い人が歌ったりしていますね。

 もしかしたら、そろそろ世代を超えた歌が求められてきているのかもしれませんね。

 秋川さんの歌は、それにふさわしい気がします。おもしろくなってきましたね。

 1000キロ制覇、お疲れさまです。ゆっくりお休み下さい。

 あっ、それから、もうすで遅いのですが、金沢でしたら、能登の方に『輪島塗美術館』というのがあって、輪島塗の絵画なんかがあってステキですよ。まだのようでしたら、次回(笑)に訪れてみて下さいな。
2007/03/23(金) 09:13 | URL | momo2006 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/133-405e801b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。