普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年4月26日(木)

 ただいま当ブログにゴジラが来襲しております。
 もしかしたら、音が出ますので、ご注意下さい!!!


 ずいぶん久しぶりだけれど、を見たので記録しておく。
 ちなみに、今までを見なかったわけではなく、見たけれど覚えていなかっただけのこと。難しいんだな、これが。

 今日のはカヌーらしき舟で、川を下っていく
 
 出だしは洞窟の中。
 仲間ははっきりしないけれど、ボクの他に中学校時代の友人と弟。
 視線はの中のボクの視線。

 暗い洞窟の中から、急な川を下っていく。

 途中で滝があるのだが、ボクのカヌーはそれまで、端の崖に沿って移動してきたのだが、この滝の前で、「これは無理だな」と思う。
 そうすると、どこからともなく中年くらいのヒゲ面の原始人みたいなおじさんが現れて、「これと交換すると良い。」みたいなことを言う。見ると、滝のはじに、モノレールのようなレールが引かれている。それに乗ろうとするのだが、なぜか乗れずに、おじさんは板のようなものを出してきて、「これでいいだろう」と言う。途中であきらめようとするのだが、意を決してダイブする。

 滝の下はかなり幅の広い川で、岸の左側には人の列。

 下の町の広場のようなところで(イメージとしては、ハウステンボス風)知り合いの女の子に会う。この時なぜか、女の子がボクのことを好きなのか、それとも、ボクが女の子のことが好きなのか疑問に思う。

 でも、お互いのことを「友達だ」と言う。

 ここで、がさめて、自分の寝室にいると思った。なぜかというと、玄関で音がして灯りがついたと思い込んだため。誰かがいるような気配がして、恐くなって、「だれだあ!だれだあ!」と叫ぶが声が声にならない感じ。

 と思っていたら、本当に目が覚めた。目覚めた感じは悪くない。

 川や滝の夢はブログを書き始めてから、何度か見る。最初は登っていたが、直近2回は下っている。これは何かの変化かもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/172-8f43a3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。