普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  2007年4月30日(月)図書館記念日 休職97日目 晴れ! 夏日

 ただいま当ブログにゴジラが来襲しております。
 もしかしたら、音が出ますので、ご注意下さい!!!
 テーマ曲と声が聞きたい方はそのままお楽しみ下さい。
 期間限定でお送りしています。


 朝6時にいったん目覚めるも二度寝。
 9時くらいに起き出す。
 別に調子が悪いわけではない。

 起きたら、すぐにストレッチとヴァイオ君。
 今日は父のところへ見舞い。

 昼は「駅そば」で「魚天うどん」
 「キス」の小さい奴、2尾を選択。
 前の人が途中で注文を変えたりして、
 ちょっとイライラが募る。

 行きはタクシー。
 うわばきを新しいのに変えて持ち帰る。
 歯の調子が悪いので、おかゆをべているとのこと。
 GWになるので、歯医者さんに見てもらえるか心配。

 帰りは「フェリー乗り場」まで歩く。
 フェリーの到着と重なってしまったので、
 混んでいる!また、イライラ。

 家に帰り、書道の練習をする。
 少し、心が落ち着く。
 その勢いで洗濯もする。

 夜は『ローソン』の「三色弁当」と「豆とひじきのサラダ ゴマだれ」をす。
 TVでさんまと所ジョージの『超現代史』を半分だけ見る。
 時の流れの速さを改めて実感する。
 そのあとは映画花よりもなほ』をDVDで見る。

 『花よりもなほ

 Ⅴ6の「岡田准一」が主演している時代劇。ヒロインは子どもがいる未亡人の「おさえ」 演じるのは「宮沢りえ」
 これって、結構歳の差があるはずなんだが、「宮沢りえ」はそれを感じさせない。すごいと思う。

 「岡田」演じる「青木宋佐衛門」は父親を碁の諍いで殺され、その仇討ちのため、上京して、貧乏長屋に住んでいる。
 この貧乏長屋がまた、絵に描いたような貧乏で、実に江戸のスラムと言った感じ。長屋の仲間に「上島竜平」とか「千原兄弟」の上の方とかなんとか新太とか個性的な面々が集まっている。その汚いの何のって・・・かなりリアル!

 時代は徳川綱吉の時代?「お犬様」が出ていたからそうだろうと思う。有名な「赤穂浪士の討ち入り」の「松の廊下」の一年後、まだ討ち入りは果たしていない。そのエピソードも少なからず味付けをしている。

 「宋佐衛門」も自分の仇を見つけるが、仇には妻も子どももおり、まじめに働いている。そんな姿を見ながら、侍という生き方と敵討ちだけを願っている自分の人生に疑問を感じ始めていく。また、同時に長屋の住人との交流を通して、底辺でたくましく生きている庶民の姿も描かれるわけである。

 最初、ちょっとかったるいなあという感じだったけど、後半はなかなかおもしろかった。特に主人公が仇討ちで行ったあることは「なるほどなあ」って感心してみてしまった。今日は、そんな主人公が「おさえ」に対して自身の仇討ちの話をするシーンから・・・。


 今日の名言

 「死ぬ間際に父が手を握って、こう言ったんです。『宋佐、頼む。仇を討ってくれ、宋佐』って・・・剣術もからっきしだめで、父の期待を裏切ってばかりいた私に、唯一、残してくれたのが、その言葉なんです。私にはそれが父のかたみなんです。
 「かたみで・・・」
 「ええ、だから何としても、その父の恨みを私の手で果たさなくては。」
 「そうかしら?・・・宋佐さんの気持ち、わからなくはないけど、でも、私、思うんです。お父上が生れてから死ぬまでの間に宋佐さんに残したものが恨みや憎しみだけだったとしたら、寂しすぎる・・・。」 


 仇討ちも、もう時代遅れ。武士のアイデンティティも揺らいで来た時代なんだろうなあ。戦がなくなっちまえば、侍なんて、何のために生きているか分からなくなるのだろう。そんな、時代の狭間の話。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
 先日から私などの体を心配してくださって、本当にありがとうございました。
 何とか復活しつつあります♪
 こんな私ですが、今後ともよろしくお願いします!
 今の時代って平和だけど、なんだかその事が当たり前になっているのでしょうか?
 でも、今から戦争中や、武士の時代に戻りたいとは思わないんですが、心の問題はもっとわかりやすかったような気がするんですよね。。。
 これも想像でしかないんですけど^^;。
2007/05/01(火) 12:22 | URL | sachiko.t #-[ 編集]
お墓参りに思うこと
先月20日が父の命日で10日ぶりに父とお話のつもりが・・大雨でしたから心此処に在らずで
まぁ!私よりか父の方が私のええ加減さは百も承知の介ですからお花供えて今日はバイバイして来ました

お気楽に生きてそれで好し!と父の庇護の下今もノー天気に生かさせて頂いてます
もうもう亡き父、入院中の母に感謝でっす
高速飛ばして毎日母に顔見せるのが唯一私に出来る事
お互い呼吸してる証拠に口喧嘩するも好し労り合うも好し
父が空から笑いながら見ててくれてますわ
2007/05/01(火) 21:43 | URL | ピッコロ #-[ 編集]
Sachikoさんへ

 もうお体の方は大丈夫ですか?
 あんまり無理なさらないようにしてくださいね。

 世の中が複雑になりすぎて、価値観も多様化し、アイデンティティも揺らいで・・・心も複雑怪奇になっているんでしょうね。新しい枠組みが必要なのかもしれません。

 ピッコロさんへ

 いつもありがとうございます。ボクも今月はお墓参り、行ってまいります。母の日が近いです。
2007/05/01(火) 23:10 | URL | momo2006 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/178-057b4817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。