FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 2007年5月5日(土)子どもの日 休職102日目 快晴 今日も夏日

 ゴジラは南太平洋上に去りました。
 テーマ曲と声が聞きたい方は、今後は以下のサイトをお尋ね下さい。
 ただし、ここも期間限定だと思います。
  http://www.shigekist-movie.com/godzilla/


 朝4時の起きる。
 「早朝覚醒か!」と思ったけど、
 たぶん、暑さのせい。
 ソラナックスを追加して
 二度寝してしまったので9時起床。
 今日は完全OFF。

 まあ、PCくらいはいじくって、
 昼は『上海亭』にて、いつもの。
 帰ってきてお風呂に入り、
 「千の風になって」を聴きながら、
 今日の声楽のレッスンの続き。
 完全OFFじゃあないな。

 レッスンは、それなりにがんばった。
 でも、「千の風」はやっぱり難関。
 聴いていると楽な気分になれるが、
 歌うと冷や汗と熱気の汗で大変。

 夜は12チャンネルで、「旅もの」を視聴。
 鎌倉と久里浜が出ていた。
 10チャンネルで宮部みゆきの『ブレイブ・ストーリー』を見る。
 原作は読んだことがないが、長編作をまとめるのは難しいの
 だろうな。
 なんか雑な感じがする出来であった。
 今は『ライアー・ゲーム』を見ている。
 たいしておもしろくないが、つい見てしまう。

 今日は『聴いて、ヴァイオリンの詩』を読み終わったので、それを紹介したいと思う。

 『聴いて、ヴァイオリンの詩』(千住真理子

 前にもCD『DOLCE』で紹介した、ヴァイオリンの世界的な演奏者。

 子どもの頃から注目され、「天才」と言われてきた人だが、実は、その道のりは平坦なものではなくて、一時期はヴァイオリンを見るのも嫌なほど落ち込んでいた時期があること。

 しかし、その悩みを乗り越えて、ふたたび、ヴァイオリンの道を邁進して成功をおさめることができたこと。きっかけは家族の支えと、ホスピスでのボランティア体験などがあって、死を目前にした人たちの前で演奏することによって、新たな段階に立つことができたことなどが、気負いのない簡潔な文章で綴っている。一章、一章を味わうように読みすすむことができた。

 後半は、ヴァイオリン奏者の生活とか、演奏旅行の苦労なども描かれており親しめる。


 「今日の名言

 千住家では毎年、クリスマスには「鳥の丸焼き」を焼いていた。真理子さんが海外で過ごした年も、子どもがみんな自立したあとも、お母さんは毎年クリスマスシーズンになると鳥を焼き続けている。

 「思い出は、失ってしまっては意味がない。たとえ忘れ去りたいほどつらい思い出であったとしても、心の中でそっと温めていくうちに、やがてほのぼのとした思い出として蘇ってくることがある。人間だけが持っている『思い出を温める心』は、たとえそうすることで自らを傷つけていたにしても、大切なことなのではないか、と最近思うのだ。」


 この本を読んでいると、言葉によらない兄たちとの心の底からの通じ合いとか、成長段階に応じた運命的な人々との出会いとか、ユング的な世界が展開しているようで、不思議な気持ちになる。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
 ピッコロさんへ

 今、「教育委員会」で『末広鮨』さんの「鮪づくし」を鑑賞中です。

 ボクは鮪は好きだけど、大好物というほどでもありませんが、この「鮪づくし」はおいしそうですね。
200匹に一匹のミナミマグロとか・・

 いずれは行きたいお店でした。

 tekotanさんへ

 ほんとにもう、今日は雨が降って、かったるかったです。季節の変わり目。喘息持ちでもあるので、要注意です。
 tekotanさんは、調子の方はいかがですか。
2007/05/06(日) 20:09 | URL | momo2006 #-[ 編集]
こんにちは。
本当に最近はけっこう暑いですね。
で、今日は急に気温が下がっています。
調子を崩しそうですね。
お互いに気をつけましょう。
2007/05/06(日) 15:10 | URL | tekotan #-[ 編集]
今晩6日フジテレビ
「平成教育委員会」に静岡『末廣』寿司大将が出演され御自ら握られます地元では高名な方で先月お会い出来近々招待受ける予定・・私マグロ関係苦手で・・タイ、平目、タコ、イカ、トリ貝くらいしか口に出来ない・・泣く泣くお断り予定
高価格の食べ物軒並み苦手で・・安上がりな人間です
地元の一流好みの見栄っ張り友達に大将のお店お話したら流石知ってましたわ
「そんじゃそこらの鮨屋と違うよ~ お屋敷でカウンター着けるのは限定の方だけだよ~ 話の種に行っておいで」
「タコ頼めないじゃない」
「構わん 地を出せば良いのよ」
「・・・」
さて 判断や如何なりますか~^^
 
2007/05/06(日) 07:35 | URL | ピッコロ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/183-6a324978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ヴァイオリンソナタの中でも、もっとも美しく気品にあふれるフランクの晩年の傑作のヴァイオリンソナタ。そして、中庸の美をもって知られる近代イギリスの代表的作曲家エルガーのロマンチックなヴァイオリンソナタ。フランクの高揚した気分、エルガーの深い憂愁が的確に演...
2007/10/31(水) 06:53:20 | ヴァイオリンをたくさん集めました