普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年5月9日(水)くじらの日 休職106日目 晴れ 暑し

 疲れていたので、二日ほどブログお休みしました~。
 「」で落ち込んでいたわけじゃないので、ご心配なく!


 上野まで、はるばる「ダ・ヴィンチ」の『受胎告知』を見に行ってきました。美術展も久しぶりです。
 楽しかったけど、疲れました。

 おかげで今日は9時起き。
 いつもよりは遅めです。

 あっというまにお昼。
 歯医者があるので、昼は後回し。
 口の中をおそうじしてもらって、
 次回は型をとるとのこと。
 あれ、苦手なんだよなあ。

 昼は『一頭屋』でランチ。
 「舌平目のパン粉焼き」
 タルタルソースが卵の味がして、
 おいしかった。

 帰ってきてから、
 久しぶりに昼寝。
 2時間、ぐっすり。
 やっぱり疲れているみたい。

 夕は『末広』にて、
 「鳥野菜いためライス」
 そろそろ運動も始めたいなあ。

 『レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像』(国立博物館)

 休職していて唯一「これはいい」と思ったこと。
 それは、比較的空いているときを狙えること。

 『ダ・ヴィンチ展』も、1時間待ちとか覚悟していたけど、さすがにGW開けの人ごみの谷間。人が多いことは多かったけど、待たずに入れました。『受胎告知』も間近でバッチリ。このあとは女子校生の団体がなだれこんで来たので、ラッキー。

 もっとも『ダ・ヴィンチ展』と言っても、本物の絵は『受胎告知』だけで、残りは資料や模型や映像の展示。「ダ・ヴィンチ」の絵画自体が少ないので、いたし方ないし、模型や資料もそれなりに興味深かったので、損をした気はしない。

 『受胎告知』は、その数少ない作品のうちでも、未完とされている『モナ・リザ』を除けば、「ダ・ヴィンチ」本人が全面的に仕上げた単独作で、傷や加筆はほとんどないと言われている。写真や映像では見たことがあるが、実際に肉眼でみると、確かにすばらしい。「ダ・ヴィンチ」の他の絵同様、この絵にも謎はあるらしいけど、そんなものは抜きにして、息を呑むばかり。

 その他の展示も、改めて「ダ・ヴィンチ」の天才性に感嘆する。博覧強記というか、学際的な巨人と呼ぶべきか・・・。まさに天がこの世に遣わした才能である。

 今日はその中から、絵画についての説明のから「ダ・ヴィンチ」に対する評価の一節を抜き出してみたいと思う。


 「今日の名言

 絵画はあらゆる学術の中で最上位に位置すると、レオナルドは考えていた。絵画は遠近法という数学的原理に則り、経験による実証を踏まえ、普遍的な知識の上に成り立っているからだ。
 画家は「目」という根本的な道具を使って描く。目は精神と、つまり魂と直接結びついている。目を介して自然の物事が精神につなぎとめられ、手を用いて精神が描かれる。即ち、絵画とは「精神の記述」にほかならず、自然界のあらゆる形態を完全に模倣するだけでなく、自然には存在し得ない形態を生み出すことすら可能なのであった。


 当時においては、紛れもなく、偉大な哲学者であり、科学者であり、芸術家であったのである。

 しかし、国立博物館の階段で思わずこけてしまったのが、情けなかった。体力は確実に弱まってしまっているようだ。 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/186-65dc2ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。