普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年6月17日(日)ドイツ統一の日 休職144日目 晴れ 夜は涼しい

 ブログ内を熊さんが走り回っておりますが、お気になさらないように!期間限定でお送りしています。見れたあなたはラッキーです。ちなみに、この「こまねこ」さん。映画にもなっているそうです。

 昨日に引き続き、
 昼まで大爆睡状態。
 なんで、こんなに眠いのか

 おかげで一日が短い、短い。
 父の見舞いにも行けず。

 欲もあまりないので、
 「駅そば」をいに行こうと思ったら、
 休みだったので、『玉川』で「親子南蛮うどん」

 15時から、「声楽」のレッスン
 全然、予習してないので申し訳ない。
 次回から新しい曲に挑戦する。
 「千の風」は継続。ボクの声では難曲である。

 夜は、「マルちゃん」の「本気盛 豚骨醤油味」
 ちょっと『利休』の味に似ている気が・・・。

 今日は映画笑う大天使~ミカエル~』を紹介する。

 
tama
←アフェリエイトを始めようとする人はぜひボチっと!

 『笑う大天使~ミカエル~』

 原作は「川原泉」さんのマンガ。ちょっと不勉強で一つも読んだことがないが、ファンからは「カーラ教授」とか「カーラ様」とか呼ばれて親しまれているらしい。

 「聖ミカエル学園」という超お嬢様学校が舞台。「川原」さんのほかの作品でも繰り返し使われているらしい。島の中にある教会を中心とした宮殿のような校舎。そこに渡るには専用の蒸気機関車で渡るようになっている。ちょっと「ハリー・ポッター」みたい。

 生徒もみんな格式の高い、あるいはお金持ちのお嬢様たち。先生方も全部外国人の修道士さん。使う言葉も、学習院みたいに挨拶は「ごきげんよう」のお嬢様言葉。

 そんな中に、ついこの間までは庶民の母子家庭で育った「司條文緒」が転校してくる。彼女は実は伯爵家(?)の血筋で、母の死後、実の兄が彼女を引き取ったというわけだ。少女マンガでは割と好まれる設定かな。

 もちろん、そんなお嬢様学校にも、アウトサイダーはいるわけで、そんな子らと猫をかぶって学園生活を送っているのだが、ひょんなことから超能力を持つようになり、さらに、アジア規模の誘拐事件も絡んで・・・と、まあ、よくぞこんな荒唐無稽な話をつくりあげたものだと思う。ボクはこういうばかばかしいおかしさは好きだけど。

 アクションシーンやら、SFっぽいシーンや謎解きなどもあり、一言で言い表すのは難しいが、楽しい映画である。特に、お嬢様言葉を使いながら、心のつぶやきが関西弁であったり、「ちびまる子」ちゃんみたいなツッコミ風のナレーションが入ったりして不思議なおかしさをかもし出している。

 今日は、その中から、兄に連れられて、実家から離れるシーンから一言。

 「今日の名言」-こんなうまい話はないだろうかと切望する-

 「えらかったね、文緒さん」
 「はい・・・」
 「何もかも全部一人でがんばった。僕がもう少し早く君のことを見つけられれば良かったのに・・・」

 あたしはあの時、泣けへんかったけど、兄ちゃんの背中を見ながら歩くうち、だんだんホッとしてきて、心細いのとか、つらいのとか、だんだん消えていって、月があんまり綺麗で・・・そやから、あたし、ほんまは泣きたかってん。


 明日こそ!父の見舞いに行く!お金も払わなけりゃいけないし・・・。


 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/223-02e43613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。