FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 2007年6月25日(月)救らいの日 休職151日目 曇り ど~んより

 今日は比較的早く起きられました。「部屋を美しくする月間」を思い出して掃除に取り組み始めました。天候にもめげず、洗濯も済ますことができて、今日はガンバッタと思います。

朝7-9パターンで、
でも、9時には起床。
ルーティンワークを午前中に済ます。

昼は急にトーストが食べたくなったので、
『ローソン』で食パンとハムとゆで卵を買って食す。

午後は『オーラ』を聴いてから、
掃除と洗濯に取り掛かる。
洗濯は2回、
掃除は目標の10分の1くらい。
でも、一歩前進。

夕食は『横須賀家』で「カツ丼」
入れ物がお重に変わって、
味噌汁・デザート付きで500円。
安いと思う

夜はテレビを見て静かに過ごす。

今日は、『急増・30代の「うつ」』という番組をを『NHKスペシャル』で見たので、それを紹介する。あんまり夜は見たくなかったんだけど、
録画がうまく行かなかったので仕方なく・・・。

 
tama
←お小遣いを稼ぎたい人はボチっとね

『急増・30代の「うつ」』(NHKスペシャル)

・「うつ」による休職の60%以上が30代
・原因は、
  ①責任ある立場への昇格
  ②リストラや効率化
  ③成果主義の導入
 
 某企業の例
  人員に余裕なし+若手の減少+仕事の急増+残業、休日返上→うつ

・上場企業のメンタルヘルス対策導入60%以上
 →認識はできている。何もしていない企業はない。
 ⇔原因となる職場の状況に気付いていない。

 某企業のメンタルヘルス対策の例1(自動車部品企業)
  ①管理職のメンタルヘルス研修(?)
  ②班長制の導入=一人の負担を減らす←組織の見直し

 某企業のメンタルヘルス対策2(ベンチャー系IT企業)
  全社をあげて職場復帰のプログラムを組む
  ①復職者への個人面談
  ②チャレンジング・プログラム
    個人の状態に合わせて負担の少ない仕事を各部署から集める。
  ③待遇の切り替え
    正社員→時間負担の少ないパート→正社員

 ・「損して得とれ
   企業にとっても30代の働き盛りの人間に抜けられるのは損
   →メンタルヘルス対策により将来的な得を取る


 『今日の名言』-人間は機械の部品じゃないから-

 お医者さんからの職場復帰へのアドバイス
 「一歩一歩確実に階段を昇っていくように・・・」
 
 企業のメンタルヘルス担当の復職プログラムへのコメント
 「はばたく前の滑走路をつくる」


 「うつ」だけで人口の2~3%と言われている。実際はもっと多いはずだし、他のメンタル等の病気も含めて、適切な処置と場があれば、元気で働ける人間は多いだろう。「労働難民」の問題といい、やっぱり人を使い捨てにする考え方は結局、将来的には国難として噴出してくるだろうと思う。

 

関連記事
コメント
この記事へのコメント
sachikoさんへ

いつもありがとうございます。
ブログやHPを拝見して、いつも「すごいな!」と感嘆しております。

sachikoさんの言うとおり、まったく悲しい世の中です。そして、そういう世の中にしたのは「あなたたちが選んだんだから」って言われるのが悔しいですv-292

「選挙で選ばれたんだから、俺たちは正しい!」って言われるのが、腹だたしいんです。じゃあ、「選挙で選んだ人間にも責任があるんだろう。どう、責任とるんだよ!」っていつも喉元まででているのを押し殺します。

党派がどうだってんじゃないんですよ!

sachikoさんなら分かってもらえると思いますが・・・。

「小さな政府」「民営化」が正しいのなら、税金は少なくていいはずじゃないでしょうか?

何のために税金等を払うのかを、一人ひとりがきちんと考えるべきだと思います。
2007/06/26(火) 23:23 | URL | momo2006 #-[ 編集]
うさきちさんへ

いつもコメントありがとうございます。

お気持ち、すごく分かります。
ボクも「砂漠」とか言いながらも、どこかで「オアシス」を求めていることは否定はできないですv-12ちょっと理屈っぽいけど読んで下されば幸いです。

ご質問の答えですが、詳しいご事情が分からないので何とも言えないのですが、女性の場合メンタル関係で常に上位にあるのが、「職場の人間関係」です。

昨日の番組は男性中心の番組です。その辺は私も抵抗を覚えました。

ただ、必ずしも経験が+に働くわけではないというのは確かです。苦しむことによって「ゆがみ」が生じることは明らかで、逆に言えば、「苦しむ」体験をしていない人の方が「大らか」で「寛容」ではあるようです。想像力があればの話ですが・・・。

ただ人は経験を+にする力を持っているとボクは信じます。「人は悲しみが多いほど~」ってのは幻想ですv-290

でも、痛みが分からない人間は信じられないと思っています。
同じことを言われても、痛みが分かる人間とそうでない人間はやはり違うと思います。一言で言えば、「お前にわかるのかよ!」ってことです。

それから「組織論」で言えば、「人の痛みを感じない方が良い」っていうのは、ある意味で正しいと思いますが、一面的だと思います。「金」が必要なのは当然ですが、「そんなところに金は払いたくない」ってのもあるわけですよね。「金」を払うのはなぜかと考えれば、それは「うさきち」さんを初め、みんなが頑張っているからだと思います。

全然、「うさきち」さんが倒れそうなのを支えるコメントにはなってないと思いますが、何か感じるところがあればと思います。

「荒野」にも、日陰があれば、「旅人の樹」があります。それは優しくうさきちさんを待ってますよ。

ボクもめげそうな気持ちを胸に頑張ります。
2007/06/26(火) 23:06 | URL | momo2006 #-[ 編集]
こんにちは。
 本当にこの社会は、どんどんおかしい方向に行っているように感じます。
 私の住んでいる市が、公立の保育所や幼稚園を民営化にしてしまっています。
 どんな福祉も(介護や育児、障害者に対しても)営利目的にしてしまってはいけないと思うんです。
 純粋に福祉は、困っている人を助ける目的があるにもかかわらず、人には厳しく、病などを持っておる人にも本当に厳しい世の中です。
 このままでは、働く場所も、機会も、失ってしまう人もいますよね。。。
 悲しい世の中です。
2007/06/26(火) 17:06 | URL | sachiko.t #-[ 編集]
微妙な疑問
momoさん。全く、記事に関係ない疑問なんですが…他に話すとこなくて、迷惑承知で書いちゃいます。私はメンタルな病気にかかった人、苦しんだ人は他者の精神に優しいのかな?とか勝手に思っていたんですが、案外そうでもなく、自分の痛みには敏感だけど他者の痛みには余裕が無いのかもなぁとか思っちゃってます。今の仕事の経営者がそうなんです。どうも、互いのマイナスオーラがはじきあうみたいで(笑)マイナスイオンなら体に良かったんですがね~他人の痛みをわかったら、経済は成り立たないのかなぁとか少し悪循環。また、仕事を探すのが辛くて、我慢している自分って、どうよ?とか思いました。結局、他者との関係性に負けてしまう…。荒野を生きぬく予定やったのに、倒れちゃいそう
2007/06/26(火) 01:47 | URL | うさきち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/231-f3394b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック