FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 変わったというか、おそろしい悪夢を見たので、記録として残しておく。

 目覚めたときに恐ろしさで、しばらく気分が沈んだ。

 今日は調子が悪かったので、昼寝をしようとソラナックスを服用しベッドへ。涼しいので、時間的には良く眠れたのだが、悪夢を見た。
それも繰り返し。最近は同一主題を手を変え品を変え繰り返し見ることが多い。

 その主題というのが、家の破壊である。家と言っても今のマンションではなく、ほうりっぱなしにしてある、無人の実家である。

 破壊の理由は、ボクが家に入ると、部屋の配置が勝手に変えてあり、兄と弟がいる。これも本当の兄弟と言う感じではなく、どこかウソくさい。

 二人が「部屋を変えたよ」と言ったので、見比べてみると、兄と弟の部屋には机があり、ボクの部屋にはない。それがきっかけになって怒りの感情が噴出して、そこらへんにある、いすや机や壁までもことごとく破壊をしていく。まさに衝動に突き動かされているという感じでおさえようがない。

 父が説得に来るのだが、この父もうそ臭い。なぜかというと、論理的にボクを説得しようとしているのである。ボクの本当の父は、もっと感情的である。それでも、とまらないで荒れ狂う。

 そこで目が覚めた、だが、すぐにまた眠りにひきずりこまれてしまう。

 今度もやっぱり、部屋をかえてあった。今度は弟だけ。ダブルベッドの上がボクの家であり、部屋の奥には本が雑然と積まれている。これは、何がきっかけで怒り出したのか、分からないが、また暴れ始める。
今度は誰か知らないサラリーマンの人が説得に来たがとまらない。

 そこで、やっぱり目が覚める。まだ頭が眠っているのだが、これ以上、この夢につきあいたくないので、気合を入れておきる。思い返してみての、この破壊衝動には慄然とする。

 ということで、かなり体調が悪いので、いつもの日記はご勘弁を!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ボクもそう思います。日ごろは閉じ込めていた攻撃的な心の状態が、鍵がなくなっている夢の中で、鍵をあけて吹き出てきたような気がします。なぜかっていうのは分からないけれど・・・。
食欲はあるので、気力さえ復活すれば、また色々食べてみますよ。

 うさきちさんも体調に気をつけてくださいな。
2007/07/31(火) 22:15 | URL | momo2006 #-[ 編集]
お疲れ様です
夢で疲れちゃいましたね。私も夢の中で恐るべき自分と出会うことがあります。自分の中に深く深く眠る存在ちゃうかなぁ。死刑囚になる夢を見たこともありますよ。極悪人でした(笑)今日は美味しいもの食べてね!
2007/07/31(火) 13:34 | URL | うさきち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/268-0068157c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック