普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 8月10日(金) 道の日 休職196日 晴れ 猛暑・・・・ 

暑い中、時間差でメンタルと歯医者へ行ってきました。やっぱり少しストレスを感じたのか、通院前後はうとうとと・・・。それとも本当に夏バテか
 
tama
←更新中アフィリ初心者は定期的に見ると良いことが

最低賃金
 注目していた最低賃金
 出ましたね、最低6円~最高19円
 都道府県をABCDでランク付けしています。
 大都市はA、
 景気回復の恩恵を受けていない地方都市ほど、
 低いランク。
 
 どう思いますか。
地域格差はますます広がることだけは確かのようです。
 地方からの人材流出も避けられそうにありません。 
 

 こんな動きも・・・
 

精神障害者の短時間雇用 奨励金制度設け促進

 厚生労働省は、週20時間未満の短時間で働く精神障害者を新たに雇用した企業に、1人当たり月約3万円の奨励金を支給する制度を08年度に新設する方針を固めた。

 最初からフルタイムで働くことが難しい精神障害者のため、短時間勤務の就職先を増やし、徐々に仕事に慣れてもらう狙いがある。必要経費を08年度予算概算請求に盛り込む。

 奨励金の支給は1年程度を想定。1社あたりの支給額の上限は原則として設けない。複数の精神障害者が一緒に働く方が仕事に慣れやすいため、数人を一括採用し、指導員もつけた場合は奨励金の上乗せも検討する。

 厚労省によると、職場環境に慣れることに不安を感じる精神障害者の中には、短時間勤務を望む声が根強い。障害者雇用促進法で企業に達成を義務づけている法定雇用率(従業員に占める障害者の割合=1.8%)の算定対象は、身体・知的障害者が週30時間以上働く人なのに対し、精神障害者の場合は週20時間以上と広くなっているが、さらに短時間での精神障害者の雇用を奨励金により後押ししたい考えだ。

 精神障害者の06年度新規求職件数は、前年度比34%増の約1万9千件。だが、06年度に民間企業(従業員56人以上)で実際に雇用されている精神障害者は約1900人にとどまっている。

 『朝日新聞』(8月8日 朝刊より)



 どうなんでしょうか? また、「偽装請負」みたいにならないと良いのですが・・・健全に運営されるなら、助かる人も多いはず。特に「うつ病」等は、元々、働く能力はあったのですから。

 ここで一休み。アフィリに興味のある人はボチっと
 
AF1


 ちょっとバナーが大きすぎたかな(笑)

 もう一つ!
 『減る賃金、増える残業』(朝日新聞 8月3日 朝刊)
 ・企業の経常利益は01年度からの5年間で1.8倍
 ・役員賞与も2.7倍
 ・株主への配当金も2.8倍
 BUT!
 ・労働者への報酬は3.8%減少
 ・残業は5年連続で増え、年間1811時間
 ・主に働き盛りの30代~40代に仕事が集中する傾向
 ・過労による精神障害の労災認定は過去最高


 なんじゃこりゃあ

  
tama
←暑くてもクールだぜここはちょっと違う世界だぜ

 日記!

 朝7時起床。
 メールだけチェックしてメンタルへ。
 2週間の報告。
 けっこうがんばったことを報告。
 睡眠導入剤だけ代えてもらう。
 今度は「レンドルミン」

 家に1回戻って、
 『そばっ子』で「そばっ子セット」
 うどんを頼んだのにそばが来る。
 どっちでも良かったんだけどね。
 おにぎりはシャケ。
 おにぎりは手製でおいしい。
 少しソファでウトウトする。

 2時に歯医者。
 3回目で慣れたけど、
 やっぱり疲れる。
 今日は右下の歯の治療。
 いっぱい写真を撮られる。
 痛みは疼痛くらい。
 嘔吐もなかった。
 またソファでウトウト。
 食欲がない。
 夜はクラッカーで済ませる。

 洗濯とエアコンの掃除を済ませる。
 明日から使えるぞ!

 テレビは、『ぐるナイ』『太田総理』
 『はだしのゲン 前編』
 漫画ほどの迫力はないけど、やっぱり泣く。
 原爆はあかんわ、ほんとに。

 ゆっくり寝て、明日から図書館へ通う予定。
 おやすみなさい。



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/276-fb85171e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。