FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 9月11日(火)マラソンの日 休職226日 曇り、夜遅くより雨

他の記事を書く予定だったけど、「ちょっと変だぞ!」って思ったので、今日の朝日新聞の記事の話題を書く。
 
tama
←トラだ、トラになるのだアフィリ初心者用トラの穴。ボチッと

 知っている人も多いと思うけど・・・

 『山口・光市母子殺害事件裁判』

 について『行列のできる弁護士事務所』で有名な「橋本徹」弁護士が
した発言が論議を呼んでいる。経過は次のとおり。

 山口県光市の母子殺害事件の裁判をめぐり、タレント活動で有名な橋本徹(38)が、被告の元少年(26)の弁護団の懲戒処分請求をテレビで呼びかけるという前代未聞の行動に出た。弁護団は橋本氏を提訴するとともに、自分たちの立場を説明する集会を開く事態になっている。市民が殺人事件などの審判に加わる裁判員制度が09年に始まる。法廷と実社会との境界が急速になくなりつつある中、一連の騒動は、メディアや刑事弁護はどうあるべきかを改めて問いかけている。 



 結果、どうなったかというと、お決まりのネット内の弁護団中傷が始まり、元少年の実名、顔写真、懲戒請求書の書式の見本などをアップするサイトも現れ、懲戒請求は4022件に及ぶという。

 ネット内での匿名の中傷行為はいつものことであり、情けないばかりだが、ここでボクが気になるのは、肝心の「事件そのもの」について、ボクも含め人々は「マスコミ発表」以外にどれだけ知っているのかということ。

 確かに被害者の夫(父)の怒りの感情はマスコミに吐露され、被告者の青年の一見奇奇怪怪な言動も伴い、マスコミの論調は被告とその弁護団について厳しい傾向にあった。でも、だからといって、それが真実であるかどうかについては、おそらく我々には判断できないし、そもそも真実を明らかにすることが裁判の目的ではないのか。

 懲戒請求を出すのは権利であるから、出す出さないは個人の判断だが、それをあおる発言を同じ弁護士職につくものがするのは違和感を感じる。この被告を弁護すること自体が懲戒にあたるというなら、裁判すら開けないではないか。

 さらに橋本弁護士は、その発言の根拠をこんなふうに語る。

 「僕なりの自信は、他の弁護士より一般の人たちのなんとなくの感覚を感じることができるからです。」
 「弁護団は(一、二審と)なぜ主張を変えたのか、社会に分かる形で説明していない。」
 「世間は怒っている」
 「世論によって刑事罰が左右されてはならない
 「タレント気取りと思われるかもしれないが、自分なりのキャラクターを使った許される発言」


 「なんとなく感じる世間の怒り」が発言の根拠ということだが、それがどんな恐ろしいことか。橋本弁護士本人が言うとおり「世論によって刑事罰」は左右されてはいけないと思う。冤罪であっても、「世間が怒っていれば」罰せられてしまう世界なんて恐ろしくて仕方ない。しかも「なんとなく」なんて・・・「空気が読めない」とでも言いたいのか。

 それでなくても冤罪事件は後をたたないし、起訴されればほとんど有罪という日本の裁判制度の中で、さらに裁判員制度が導入され、法律の素人が無理やり呼び出されて、最終的には多数決で罪を軽重も含めて決定する。こんな無茶が、「なんとなく」の空気の中で実施されれば、それは私刑(リンチ)と変わらないものになってしまうのではないか。

 最後に、弁護団の主任弁護人「安田好弘」氏の発言と市民の司法参加に詳しいという四宮啓早大法科大学院教授の発言を引用して終わろうと思う。

 安田氏
 「弁護士の役割は法廷で真実を追究し、社会に還元すること。場外乱闘はせず、法廷に集中するためにマスコミは無視するのが理想。だが『石を投げよ』とまで言われて、そうはいかなくなった。裁判員制度を前にこのままではまずい、という危機感もある。」
 
 四宮氏
 「橋本さんは法律家という専門職の役割を承知しているはず。弁護士を売りにしてテレビに出ている以上、バラエティー番組であっても発言は行き過ぎ」
 「どう報道するかはメディアの倫理の問題。報道の自由は前提だが、裁判員制度を控え『けしからん』という社会一般の感情と一線を画す刑事裁判の原理原則を踏まえた報道が求められる」


 我々国民も、「説明責任」とばっかり言ってないで、自分で正確な事実・知識をつかむということも大事なのではないだろうか。

 それにつけても「空気を読む」なんてことが、そんなに大事なことなのかバラエティ番組じゃあるまいし・・・あほくさい

 
tama
←パカッ登録すればコロンブスもびっくり

 日記。

 実際に書くこともないから、
 短めに。

 OFFの日なので、
 目覚ましはかけず。
 8時くらいには目覚めたけど、
 午前中はベッドの中でウトウト。

 昼、『末広』で「サンマーメン」
 夕、『末広』で「チキンカツライス」

 昼寝もする。
 トイレの掃除と洗濯。
 レンタルビデオ屋へ行く。

 夜はテレビで、
 『お笑いレッドカーペット』を半分と
 『探偵学園Q』の最終回を見る。

 あとはヴァイオくんと遊んで過ごす。

 明日は「市民大学」の日。
 残すところ、あと2回。

 今日はここまで、
 お休みなさい。
  

 
 

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
悪太郎さんへ
 悪太郎さん・・・でいいのかな。

 はじめまして。
 コメント、ありがとうございます。

 ボクもそう思います。残念ながら、ほとんどのマスコミは本当に「空気を読む」のが得意で(笑)

 橋本弁護士も、たぶん、そんな「空気」におどらされていたんだろうなあとも思うし・・・。

 事件の真実を明らかにすることこそ大事だし、その場は今は裁判の場以外にはないだろうと思います。

 検事も弁護団も世論などというあるのかないのかわからないものに乗せられずに、真実を追究して欲しいと切に感じます。
2007/09/12(水) 20:29 | URL | momo2006 #-[ 編集]
能天気さんへ
 それがたいがいの反応だと思います。ボクも被告がしたことに怒りは感じますから。

 その感情が間違っているとは思いません。ああいう切り取られたエキセントリックな場面のみをメディアは取り上げたわけですから。

 「こいつが悪い」
 「こいつが悪い」
 「こいつが悪い」って・・・。

 でも、何か怖いって思いませんか。真実を明らかにしないで、罰することだけが正義の世界って。

 ボクはやっぱり怖いです。
2007/09/12(水) 20:17 | URL | momo2006 #-[ 編集]
うさきちさんへ
 お待ちしておりました(笑)

 確かにそうですね。誰もがいろんなことを言ったりやったりして、一見自由なようなんだけど、その裏ではいろいろと操作された、偽の作られた現実があたかも真実のように描き出される。

 「こんないい生活してる人がいるよ」
 「こんなに高くていいものをみんなが手に入れてるよ」
 「こいつをみんなで責めなきゃおかしいよ」

 ってのが、これでもかと垂れ流されています。

 何か洗脳のメッセージのようで嫌になります。ある意味、今回の件も橋本弁護士が踊らされた側面もあるんじゃないかと思います。

 派手じゃなくても、面白くなくてもいいから、真実を追究するメディアが大切だと思います。

 リハビリ出勤はドキドキするし、ドギマギしておりまする。


 

2007/09/12(水) 19:58 | URL | momo2006 #-[ 編集]
マスコミも情けない というか 卑怯だよ。橋本弁護士が「懲戒請求」という言葉を出す前には、周りのマスコミというか出演者達は(よく覚えてないが、テレビ朝日の朝の9時頃の番組だったかな?)
、弁護団を滅茶苦茶非難して、ストレートには言ってないが、懲戒請求されてもやむを得ないような発言もしていた。ところが、弁護団が橋本弁護士に損害賠償を請求して橋本弁護士の立場が弱くなると、逆に、橋本弁護士を非難していた。こいつらは、どれが正しくて間違えなのかよりも、世間に有利な発言しかしていないと思う。そんなことよりも、まずは、事件の本当の事実は何なのかを知ることが一番重要だと思うけど、違う?
2007/09/12(水) 17:00 | URL | 北川善太郎の弟子 北川悪太郎 #hSCFVYi.[ 編集]
詳しい事はわかりませんが、チラ見したニュースで、この裁判 ドラえもんが出てきて何?????と思いました、そんなにまでして助けて名声を得たいのか、ひねくれ者の私はそんな風に思いました。裁判をゆがめている?そんな風にも感じました。e-281
でも、むつかしい事はわかりません 私一人が考えても、怒っても、世界は変わらんしぃ、という無気力、怠惰で逃げています 
2007/09/12(水) 09:31 | URL | 能天気 #-[ 編集]
お久しぶり(笑)
今か今かと待っていたのに、おかえりの挨拶もしていない、うさきちでした。橋下弁護士の発言は関西の番組ですよね。日曜日に橋下さん、金さんに怒られてましたよ。私はニュースは好きですが、最近、テレビが嫌いです。物が溢れて、正義が溢れ、意見が溢れ…。正直、違和感を覚えます。大好きなノンフィクションライター、名前忘れた(笑)が、世の中の楽しいこと、愉快なことが、電車の窓から、見ているような、遠い国の出来事に感じる時があると表現されてましたが、同じような感慨をテレビに持ちます。ま、貧乏だから(笑)あの液晶テレビも、あのエステも、ああ関係ねぇとゆうひがみかも。
真実を知りたいのに、テレビで写していることは本当かしら?
かつて、崖っぷちの犬が救われるのに、なぜに、人が飢えて死ぬ?どうして、弱い女性を狙って強盗して、殺しちゃう?わかんないことだらけです。11月からのリハビリ出勤ドキドキですね。自分のことのようにドキドキしましたよん!
2007/09/12(水) 01:54 | URL | うさきち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/302-05c56710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
メディアの倫理に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
2007/09/27(木) 05:17:10 | プレサーチ