普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月14日(水) パチンコの日 休職288日 快晴、湿度高し

「やる気がおこらない病」継続中。どうしたもんだろう
 
tama
UFOピンクレディが浮かんだアフィリ初心者は左のボタンを押そう

 今日もやる気がでない
 なんとか、『市民大学』は出たけれど、
 ジムへ行く準備がめんどうくさくて・・・。

 ジムはなし。
 電車で行く。
 『市民大学』は「フロイトの精神分析」の続き。

 目覚まし合わせても、
 時間通り起きられない
 これは困る!!!

 帰りは何とか歩いて帰る。
 帰り道でメイドさんを見る。
 このへんじゃ珍しいのでちら見をする。

 それから、帰ってすぐ眠りに入る。
 16じまで、
 2時間くらい。
 まだまだ眠れる自信はある
 そんなものに自信もってもしょうがないが・・・。

 夜、珍しくサッカーをちょこっとだけ見る。
 今も見ている。

 今日の飯日記
 昼 『田島家』の「味噌ラーメン」タマゴ付け+半ライス 水がπウォーターだった。
 夜 調理パンで軽く済ます。
 最近、気がついたが、
 ボクはあんまりお菓子を買わないが、
 食べ始めると、全部たべてしまうクセがあるようだ。

 今日はやる気がないので、「」の話。

  
tama
波乗りブログサーファーの人も登録を

 うつに負けない57の読む薬39』(斉藤茂太)

 「うつ病であることを周囲に理解してもらおう」

 うつ病の治療は長期戦ですから、周囲の人にうつ病であることを隠しておくには限度があります。会社の上司や同僚、隣近所の人には必要な範囲で症状を明らかにして、理解を求めましょう。

★「わたしはうつ病」といえるほうが良い
・人に隠し始めるときりがなく、それが心の負担になりかねない。
・不幸になったと思わず「病気だけど治療しているから大丈夫」と言えるようになると良い。
・作家の北杜夫、ドストエフスキー、トルストイなども「うつ」だった。

★職場には通院や入院の便宜をはかってもらおう
・職場の上司に病気のことをきちんと説明して、理解してもらう。
・上司や同僚によく相談して、治療に専念できるようにしてもらう。
・「私がいなくても何とかなる」と発想を転換して治療に専念。
・克服したら、職場づくりのために一肌脱ぐつもりで。


 ボクは隠すつもりはないけど、「隣近所」まではちょっとなあ
 理解のある職場ばっかりじゃないし、理解を得ようとする努力は疲れそう・・・。

 さて、これだけでは、何か手抜きみたいなので(手抜きだけど)

 象の背中(秋元康)のアニメ版(象さんが出てくる絵本みたいな感じ)のサイトをみつけたので、興味のある人はクリックしてみてね。
   
 『象の背中』←ここをクリック

 「もしボクがいなくなったら最初の夜だけ泣いてくれ

 お休みなさい。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/369-def2b983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。