普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 平日。3時30分!起床。ベッドから起きられはしなかったから、起床という言葉は適切ではない。目覚めただけである。日に日に「目覚め」が早くなっている。これは一体どうしたことであろうか。

 二度寝をすることもできず、かといって、起き上がることもできず、悶々として過ごすこと何と10時間!職場に連絡することもできず、職場からの連絡もなく、「あきらめられたか。」とは思いながらも、その方が不思議と気持ちは安定している。

 何もやる気も起こらず、中島らもの本をもう一回読み直す。何か回復するヒントがあるかと思って・・・。「睡眠障害がと密接な関係がある」との指摘に不安が募る。最近、朝の目覚めが早くなっているのは明らかだ。

 13時になって、昼食のために家を出る。「上海亭」で「上海ラーメン」を食べようと思うが休日。「上海ラーメン」は豚の角煮が乗っているだけの何の変哲もないものだが、食欲が無いときでも、不思議と食べられるから重宝している。仕方ないので、同じ中華料理の店「朝廷」に向かう。ここはけっこうおいしいから、もっと利用したいけれど、歩きだと少し遠いのが難点。今日は「五目やきそば」、麺が細いので、口の中でちくちくしないので、食べやすい。味は少し濃い目だが、舌がにぶっているので丁度良い感じだ。「トレドミン」と「トフラニール」を2錠ずつ。風邪薬を通常の半分の量を摂取する。

 満足して、次はビデオ屋へ。仕事を休んでいるのに、ビデオとは・・・と少し後ろめたい気にもなるが、前のやつの返却期限が今日なので仕方ない。竹中直人が監督主演の『無能の人』とアニメの『東京ゴッドファーザーズ」を借りる。『マスクオブゼロ』を最初は借りようと思っていたのだが、店員さんから、「一回借りてますね。」と言われ混乱する。記憶がないのだ。

 帰りに、二度と今日は外に出なくてすむように、セブンイレブンにてお弁当「幕の内」を購入。

 家へ帰って、メールのチェック。ここの所のスパム対策がうまくいったのか、八割はスパムをカットできている。対策と言っても、メールの受信ルールをこまめに設定するだけだが、良い感じである。

 今日は眠らないために他の薬は飲まないようにして、入浴とパソコンをいじって過ごす。お風呂に入るのは3日ぶりなので気持ち良い。元々お風呂は大好きなのだが、なかなか入る気も出てこない。つらいというよりは「困ったなあ」という気持ちだ。

 七時に弁当を食べ、上記の薬を再び飲む。DVDで『無能の人』を見る。実在の漫画家、「つげ義春」の原作だが、その世界を映像にするのは難しかっただろうなと思う。決して面白い作品とは言えない。「つげ義春」の漫画の世界を映像化すると、妙に生生しくなって生活観が感じられてしまう。描いている内容は、「つげ義春」の漫画のエピソードをいくつかつなぎ合わせた感じで、感覚は間違ってはいないのだが、何かただの貧乏人の話になってしまっている感じ。それにしても、竹中直人は最近ドラマや映画に出すぎ。ちょっと前のロバート・デ・ニーロみたい。

 「つげ義春」の本はいっぱい出てるけれど、漫画はちょっと手に入れにくいかも。ボクは『貧困旅行記』というエッセイが好き。どれも侘しい旅で、ちっともうらやましくないんだけど、間に挟んである写真やイラストが秀逸。こんな鄙びたシーンに美意識を感じるのは、やっぱり凡人にはできないことである。

 インターネットで、「朝日Nvestグローバルバリュー株オープン」を10000口購入。好調に価額を伸ばしているので、少し買い増しをした。他の株等は上がったり下がったり、下がったり下がったりで、どうもうまくいかない。まあ、あんまりもうけは期待してないけど。

 今日はデパスとメイラックスを一錠ずつ。以前と同じ処方で飲んで寝たいと思う。明日は職場に行けそうな気がするのは、薬のせいだろうか。

 世の中の関係からはずれるということは、一時的であれ旅そのものがそうであり、ささやかな解放感を味わうことができるが、関係からはずれるということは、関係としての存在である自分からの解放を意味する。
         『貧困旅行記』 つげ義春 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/4-90a48d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。